どうも、麦酒男です。

アメリカ・サンディエゴのブルワリー AleSmith Brewing(エールスミス ブルーイング)のジャーマンスタイルピルスナー Spezial Pils(スペルツィアルピルス)をいただきました。

エールスミス スペルツィアルピルス

いただいてみると、ホップの香りを感じつつも、少しザラッとした苦味とそして旨みを感じます。この苦味と旨みがドイツっぽいなぁ、という印象でなかなか美味しいです。ただ、ジャーマンなだけにグラスではなくジョッキでグイグイいただきたいですね。ジャーマンスタイルピルスナーは飲むスタイルもそれに合わせることが重要だと気付かされました。

あとは、グイグイ飲んじゃうのには値段がちょっとお高いので、そのあたりが難しいところです。例えば、Löwenbräu Pils(レーベンブロイ ピルス)がいい状態で手に入るなら、そちらの方が安くていいよなぁ、という感じでしょうか。世界に美味しいビールがたくさんある中で、定番に近いものって展開が難しいですよねぇ。

[関連リンク]
AleSmith Brewing(公式サイト)