どうも、麦酒男です。

缶の赤星が売っていますが、同じ生じゃない(熱処理)ビールである
キリン クラシックラガーとの飲み比べをしてみました。
サッポロラガーの缶は限定ものですが、クラシックラガーは
いつも販売していて、カクヤスで買うのがオススメです。

クラシックラガーとサッポロラガー

さて、サッポロ黒ラベルとサッポロラガーは原材料、成分表示ともに
同じ数値になっていましたが、クラシックラガーとはさすがに異なりました。

生じゃないビール成分表示

大きな違いはアルコール度数でしょうか。クラシックラガーは4.5%と
ちょっと低めなんですね。まあ、そこまで気にする程ではありませんが…

生じゃないビールを飲み比べ

飲んでみると、クラシックラガーの方がアルコール度数が低いからか、
スッキリとした印象です。昔ながらのキリンビールの特徴と云えば、
ザラッとした苦みだと思っていたんですが、苦味はサッポロラガーの方が強いかな。

ただ、「泡までうまい」じゃないですが、クラシックラガーは
泡もビールもあまり味に差が無く、グイグイいけちゃう気がしました。
(泡は味わうものではないですが)泡も楽しみたくなるのがクラシックラガー、
対して、食事の脂をしっかりとリセットしてくれるのが
サッポロラガーという感じかなぁ、と思いました。いかがでしょうか?
キリン クラシックラガーは枝豆などのおつまみと一緒にライトに、
サッポロラガーは食事と一緒にガッツリといただくのがオススメです。

[関連リンク]
サッポロビール サッポロラガー(公式ページ)
キリンビール ラガービール(公式ページ)