どうも、麦酒男です。

サッポロビールから数量限定発売となった「まるごと国産」をいただきました。
「種から、社員がつくりました。」というコピーで売り出している通り、
埼玉県産大麦麦芽、富良野産ホップだけを使って造られたビールとのことです。

サッポロビール まるごと国産

飲んでみると、かなりスッキリとしたビールでした。
サッポロビールのオリジナルホップというと、フラノビューティーを
思い出したんですが、こちらはリトルスターという品種だそうです。
フラノビューティーを使ったホップ畑の香りはかなりフルーティーな
香りでしたが、こちらはもっと汎用的というか中庸というか…
味わい的には、最近のビールのトレンドから外れている気がします。

少し時間をかけて飲んでいるうちに、香りが出てきたりもしたので、
このビールはキンキンに冷やして飲むのではなくて、
それこそ、和膳のように食と合わせていただくのがいいのかもしれません。
ビールは、止渇飲料ではなく至福飲料だという言葉を思い出しました。

お値段的にはヱビスと同じくらいのプレミアムな価格帯なので、
もう少し特徴が際立っているといいなぁ、と思いますが、
これからの展開に期待したいと思います。

[関連リンク]
サッポロビール まるごと国産(公式ページ)