ビール批評

フランス クローネンブルグ1664

どうも、麦酒男です。

今日はフランスのビール、
クローネンブルグをいただきました。

フランス クローネンブルグ

飲み口は、よくあるヨーロッパのビールっぽいのですが、
他とビールよりも素直に入ってくるなぁ、と思って
原材料を見てみると酸化防止剤が入っていませんでした。
おそらくそれが答えなんじゃないかと思うのですが…。
つまりで現地で飲む味でいただけたわけですね。
大麦とホップだけのプレミアムビールなのに
とってもさっぱりしていて(いい意味で)、すごく不思議でした。
フランスといえばワインのイメージが強かったので
あまり期待してなかったのですが、これはおいしかったです。

このビールはフランスのアルザス地方で
作られているということですが、
アルザスはドイツとの国境沿いの地域で
ドイツ領になったこともある地域です。
ということでビールもしっかりとしたものに
仕上がっているのかもしれませんね。


フランス クローネンブルグ1664 330ML 364円




  1. 勝手にビールアワード2017-2018

    ブロガー・イベント

    発表! 勝手にビールアワード 2017-2018
  2. クラフトビール

    ビールの知識

    クラフトビール初心者だったら、まずはお店で飲んだ方がいいね!
  3. 家でもうまいビールを飲むための8つの教え

    ビールの知識

    家でもうまいビールを飲むための8つの教え(2015年版)
  4. ビールの価格比較! どこで買うのがお得?

    ビールの知識

    ビールの価格比較! どこで買うのがお得?【2017年6月更新】
  5. HOOTERS TOKYO

    おいしいお店

    HOOTERS TOKYOに行ったので改めてフーターズをオススメしてみる!
PAGE TOP
Translate »