ビールのラベルを見ると書いてある
「非熱処理」という文字。これぞ生ビールの証です。
今、市販されているほとんどのビールに
この表記があります。
つまり市販されているほとんどのビールが
生ビールということです。


お店の機械から注いだビールが生ビールで、
缶や瓶のビールは違うんじゃないか、という
勘違いをよく聞きます。というよりも
お店でもメニューに
・生ビール
・瓶ビール
なんていうメニューがあったりするので
お店がわかりにくくしているのかもしれませんね。


“生”じゃないビールというのは
「熱処理」を行ったビールのことで、
酵母を熱処理で殺したものになります。
(酵母が残ったままだと、どんどん発酵してしまい
味が劣化してしまうのだそうです。)


ただ、現在では酵母を取り除くのに
濾過をしているので熱処理を行わずに
“生”のビールを飲むことができるようになった
と言うわけです。(現在、どこでも手に入れられる
ビールで言えば、キリンのクラシックラガー
熱処理ビールになります。ぜひお試しください。)



はい、どうぞ。苦味がうまい。エグみはそんなにないけど
昔のビールはもっとエグかった気がします。


やっぱり生でしょ。ということで、
今日から「生ビールブログ -とりあえず生!-」をスタートします。