どうも、麦酒男です。

ヤッホーブルーイング公式ビアレストランである
『よなよなBEER KITCHEN』が2015年10月から『YONA YONA BEER WORKS』に
リニューアルしました。ということで、よなよなビアワークス 青山店に
立ち寄ってみました。場所は表参道の駅から青山方面にちょっと歩いたところです。

赤坂と神田のお店は外からでも店内が見えるようになっていますが、
青山店は場所柄か、隠れ家的に目立たないところにありました。

よなよなビアワークス 青山店

実は写真の扉はスタッフ用で、お客さんは扉の手前の階段を下りていきます。
階段の手すりは工場にありそうなパイプ、そして壁には水曜日のネコや…

階段を降りると

インドの青鬼もいました。樽の手前を右に曲がるとお店です。

青鬼もいます。

この日はひとりでランチビール、という感じだったのでカウンターに陣取ります。
カウンターの前にはビールのタップハンドル。包丁とかナイフになっています。
ビールをヤバくする、というのが『よなよなBEER KITCHEN』の
キャッチフレーズでしたが、こういうことだったのでしょうか…

カウンター

ヤッホーブルーイング公式ビアレストランなので、よなよなエールをはじめ、
ヤッホーのビールが揃っています。中にはここでしか飲めない限定ビールもありました。

ビールメニュー

僕は一杯目はスタンダードによなよなエールをいただきました。
グラスのデザインもシンプルでいい感じですね。内装などもそうですが、
しっかりとデザインされているからでしょうか、かっこいいですね。

よなよなエール

おつまみは軽く… と思っていたんですが、迷っているうちに
いくつか頼んじゃいました。基本的には赤坂店、神田店と同じメニューだと思います。
まずは自家製ピクルス(480円)からいただきます。

ピクルス(480円)

カラフルなメニューで目にも美味しいですし、箸休め的なポジションとして
オススメです。続いては、森のヤッホーサラダ、ハーフ(800円)でいただきました。

森のヤッホーサラダ(800円)

ハーフでこのサイズなので、ひとりなら他のフード無しでこれだけでいいかも。
二人でハーフサイズがちょうど良さそうです。ベーコンとキノコの相性がいいです。

しっかりお腹いっぱいになったんですが、もうひとつ頼んでいました。
鹿肉のソーセージ(650円)です。

ソーセージ(650円)

パリッとした皮の中にはジューシーなお肉が詰まっていました。
かなり熱々で出てきます。切ってから少ししても熱い肉汁でヤケドしそうでした。
猫舌の方は要注意です。これはビールとの相性は間違いありませんね。

ジューシー!

今度はビールが無くなった、ということでもう1杯いただきます。
ローソン限定で発売されていた僕ビール、君ビール。を樽生で…

僕ビール、君ビール。

ちょっと炭酸が強めでドリンカビリティ的には下がっている感じだったかな?
ともあれ、久しぶりに僕君をいただいて満足でした。

さて、青山店ですが、系列の他のお店よりもお店は小さく、
入口や照明もまで隠れ家的な印象でした。みんなでワイワイ飲みに行くのではなく、
仕事帰りやランチデートで使うような、そんなイメージでしょうか。
まあ、青山のイメージとも近いよなよなのお店ですね。

[関連リンク]
YONA YONA BEER WORKS(公式サイト)
ヨナ ヨナ ビア ワークス 青山店(食べログ)