どうも、麦酒男です。

先日、エーデルピルスが飲めるということで、少しだけ立ち寄ったお店が、
とても美味しそうだったので、すぐに再訪問いたしました。
エーデルピルスが紡ぐ縁に感謝です。お店はこの赤ちょうちんのところです。

赤ちょうちん 牧志 EN-YA 座・バル

ということで、まずはエーデルピルスからいただきます。
1杯550円というありがたい値段です。もちろん味は間違い無し!

エーデルピルス

お通しということで、自家製島和牛のコンビーフをいただきました。
自家製コンビーフとエーデルピルスを置いているお店ということで、
ここが間違いのないお店だということを感じました。

自家製島和牛のコンビーフ

バゲットのサクッとした食感とコンビーフのほどよい塩気、
そしてやはり肉の食感がビールとの相性、というよりも
エーデルピルスとの相性が抜群です!

コンビーフ&ビール

サラダ代わり、というわけではありませんが、ちょっと珍しいメニュー、
県産ヤギのカルパッチョ(900円)をいただきました。
ヤギというと匂いが特徴的と考えている人も多いと思いますが、
こちらのヤギはまったく臭みを感じずに、しっかりとした赤身という感じでした。

県産ヤギのカルパッチョ(900円)

エミュとかダチョウとか、赤身の鶏肉にも近い食感でしたが、
それよりも味わいがしっかりと詰まっている感じでした。
バルサミコソースや添えられた野菜とのハーモニーもバッチリです。

さて、こちらのお店、お肉にこだわっているとのことで、
部位をグラム指定で焼いていただくことができます。

県産島和牛について

この日のお肉を見せていただきました。いろいろ考えた結果…

お肉を選びます。

イチボを選んでみました! 200g、お願いしま〜す!

イチボをカット!

お店の人がカットしたところ、203g! さすがです。

200g!

お肉はじっくりと焼き上げるために20〜30分くらいかかるとのことで、
焼かれるお肉を眺めながら…

イチボが焼かれています。

自家製ピクルス(300円)や…

自家製ピクルス(300円)

自家製スモークの盛り合わせ(650円)をいただきました。

自家製スモークの盛り合わせ(650円)

このスモークも美味しくて、特にレバーとタンの味わいの濃さ、
そして食感がしっかりと残った皮まで楽しむことができました。
濃い目のレバーをいただいたので、ビールからワインに寄り道です。
波々注いでこぼしちゃうやつをいただきました。

もっこすワイン

ということで、メインのお肉の登場です。圧巻!

肉盛り!

イチボの他に、ラムの肩ロース(200g 1,600円)をオーダーしていたので、
それが一緒に出てきました。いやぁ、それにしてもテンション上がります。

こちらがラムの肩ロースです。ラムの香りは残しつつ、ジューシーで美味しいです。
脂っぽさが少ないので、食べ飽きないのもラムの魅力ですよね。

ラムの肩ロース 200g(1,600円)

そして、こちらが県産和牛のイチボ(200g 2,800円)です。

県産和牛イチボ 200g(2,800円)

中までじっくりと焼き上げたお肉は、柔らかく、味わい深かったです。
シンプルにいただくので、ワインでもビールでもどちらにも合いました。

で、さらに美味しかったのが付け合せの野菜のグリルです。
ほどよい塩加減でお肉がメインのステージで名脇役ぶりを発揮していました。

野菜もおいしい!

ここで、ひとつ発見したんですが、お肉の脂を流すためにビールを飲むんですが、
やはりずっと飲んでいると効果が薄くなってくるんですね。

エーデルピルスとクレソン

そんな時に一度、クレソンを食べてからビールを飲むと、
エーデルピルスの美味しさが復活していました。さすがクレソン。
そして、エーデルピルスとの相性の良さにも驚きました。

お肉ばかりをいただきましたが、最後にサービスでテールスープをいただきました。

サービスのテールスープ

こちらはかなりオシャレなテールスープで、バジルの香りと出汁の風味を
楽しめるという、なんとも贅沢なスープでした。美味しすぎて、
お酒を入れて飲みたくなってしまいましたが、さすがに自重しました。

座・バル店内

お店は元々、沖縄料理のお店だったのか、座敷もありますし、
店頭に赤ちょうちんもありましたが、とにかく本格派の美味しいお店でした!
「美味しいお肉が食べたくなったら、ここに来よう!」そう思えるお店です。

[関連リンク]
EN-YA 座・バル(食べログ)
EN-YA(エンヤ) 座・バル(公式ブログ)