どうも、麦酒男です。

アメリカはシアトルにある Pike Brewing Company に行ってきました。
シアトルにはスターバックスの1号店や「フィッシュ!」で有名な
パイクプレイスマーケットがあるんですが、その近所にあるブルワリーです。

シアトル パイクプレイスマーケット

パイクプレイスマーケットから出て、1st Avenue をちょっと下ったあたりの建物の中に
Pike Brewing の直営店 The Pike Pub(パイクパブ)はあります。
パイクプレイスマーケットと同じピンクのネオンが目印です。

パイクブリューイング

観光地にあるブルワリーってどんなんだろうと思っていたんですが、
中はとても広くて、タップが並ぶカウンターが3ユニットくらいありましたよ。
お店にはでっかいタンクもあったりして、まるでテーマパークみたいです。

タンク



日本では、でっかい+オシャレ+ブルーパブってまだ無さそうですよね。
一番近いのは、やはり観光地にあるハーヴェストムーンあたりでしょうか…

Pike Brewing Company

さて、こちらがビールメニューですが、ビールの種類が多いので
サンプラーセットをオーダーします。サンプラーセットは
パイクブリューイングのスタンダードなビールが6種類飲めるセットと、
その他のビール6種類が飲めるセットがありました。

ビールメニュー

ということは、どっちもオーダーしますよね。

やはりこう並ぶと圧巻ですね~。

テイスターセット

各ビールの説明もちゃんとついてきます。ゲストビールは名前だけだけど…

サンプラーの説明

連日のビールで飲み疲れもあったのでしょうか、セッションIPAが一番美味しかったです。
やはり無理なく飲めるというのは大切だなぁ、と思いました。

さて、食事もいただきますよ。この近辺は魚介類が名産ということで、
まずはクラブチャウダー! クラム(貝)じゃなくてクラブ(蟹)です。

クラブチャウダー

クラムチャウダーには貝の出汁を期待しますが、こちらは出汁よりも食べ応え。
そして、ビールとの相性がいい感じです。ペールエールも使っているそうで
相性の良さにも頷けます。胡椒がいいアクセントになってました。
日本の離れて数日、出汁が恋しくなったらクラムチャウダーを頼むんですが、
ここではガッツリとビールを楽しむことになりました。

続いては、ほうれん草のサラダ。海老をのせてもらいました。

スピナッチサラダ

箸休めというか、連日のハンバーガー攻めに少しでも抗おうという感じですね。
トマトやほうれん草が落ち着くんです。バランスは大事ですね。

そしてもうひとつ、肉以外のメニューを、ということでローストオニオンをオーダー。
どんなお料理が出てくるのかなぁ、と思ったら…

ローストオニオン

こんな感じで豪快なのが出てきました。写真だとイマイチわかりづらいんですが、
これ、おっきくて分厚いんですよ。ステーキって感じでした。
その割に、火の通りが程よくて、ナイフでカットしてホクホクいただきました。

観光地にあるブルワリーだし、とちょっと舐めていたんですが、
いい意味で裏切られたパイクブリューイングでした。
ここで満足してしまって、スタバの創業者が造った Redhook Brewery
行くのを忘れてしまうくらい、満足しました。そこだけちょっと失敗でしたね…

[関連リンク]
Pike Brewing Company(公式サイト)
Pike Brewing Company(Yelp)


イクスピアリ オリジナル地ビール
ハーヴェストムーン 選べる3本セット