どうも、麦酒男です。

今日もまた那覇のディープスポット・栄町のお店に行ってきました。
夜9時30分からオープンするおでん屋さん「おでん東大」です。
カウンターと座敷があり、30席くらいあるんですが、
開店から15分くらいで満席になっていました。

安里 おでん東大

樽生ビールはもちろんオリオンビールです。なぜかテーブルの上には
大量の名刺が飾られています。観光地の居酒屋さんあるある、かもしれません。
ビールはオリオン以外に、瓶で各社のものがあります。

壁のメニュー

おでんのお店ではあるのですが、このお店の名物として有名なのが焼きてびち。
てびちというのは豚足のことですが、それを焼いたものなのでしょうか。
オーダーしてから出てくるまでに時間がかかるそうなので、
すぐに出てくるものをつまみながら、待つことにしました。

こちらは、ミミガー&マメの刺身です。マメというのは通常、
腎臓のことが多いですが、こちらでは豚のハツとのことでした。

ミミガー&マメの刺身


どちらも思ったよりも柔らかく、もう少し食感があってもいいかな、なんて
思いましたが、前菜代わりと考えたら、これくらいが程よいのかもしれません。

続いてはおでんをいくつか… 大根、青菜、ハツ、玉子。

おでん東大のおでん

どれも味が染みていて、美味しかったんですが、やっぱり大根!
かなり大きいんですが、出汁がしっかりと中まで染みわたっていました。

大根

そして、オーダーから待つこと、20~30分くらいでしょうか、来ましたよ!
焼きてびち(大)!

焼きてびち

肉のエアーズロックなんて喩えがありますが、こちらはオーストラリア大陸でしょうか。
とにかくその大きさに圧倒されました。ふたりなのに大なんて頼むから…

てびちオーストラリア大陸

これに合わせるのはビールしか無いでしょ、ということで
ジョッキを追加して攻略スタート!

ここはビールで!

ペリペリッと、焦げたてびちをはがしつつ、食べればカリッとした部分と
トロッとした部分を楽しむことができます。コクがあってこりゃ美味しい!
食べてはビールを飲み、ビールを飲んではまた食べる…

夢の後…

がんばって食べたものの、やはり大(1,000円)をふたりでやっつけるのは
無謀だったようです。ということで、残った焼きてびちは包んでもらい、
翌日、家でカレーにしていただきました。ラッキー!

焼きてびちカレー

元々は那覇でもディープな場所ということで地元の人が多かったそうですが、
最近は観光客がほとんどのようです。お店に入ってしまえば、
そこまでディープでもないので、沖縄でしか食べられない焼きてびち、
旅行に来た時に試してみてはいかがでしょうか? 夜9時半からだけど。

[関連リンク]
おでん東大(食べログ)


ぷるぷる食感、コラーゲンたっぷりの沖縄の豚足料理てびち 1,620円