どうも、麦酒男です。

サントリーがイオングループ限定で出しているクラフトマンズビアの
第6弾が出ました。その名も「鮮烈の香り」です。
鮮烈なデビュー、とかで使う鮮烈です。強烈な印象ってことです。

注いでみると、アンバーラガータイプということで、
色はちょっと濃いかなぁ、という印象。名前にもなっている香りですが、
鮮烈とまではいかないものの、ホップのいい香りが漂います。

サントリー 鮮烈の香り

飲んでみると、カスケードホップの香りと苦味が程よい、
バランスの取れたビールです。素直に美味しいです。

カラメル麦芽を使用しているとのことですが、その結果、
麦の主張が強くなって、ホップとハイタッチしているというか…
大手メーカーのピルスナーよりも、麦成分とホップ成分が程よく
高まっているといった感じでしょうか。パワーアップ形態みたいな。

アンバーラガータイプ

サントリーはプレミアムモルツもありますし、香りを意識したビールが
多い印象ですが、ホップの特徴がありつつも、食事を邪魔しないというのが、
素晴らしいなぁ、と思いました。汎用性が高い、といいますか、
家の冷蔵庫に常備しておきたいビールです。すでに12本以上買いましたが、
それを飲み干したらケースで買おうと思います。オススメです!

[関連リンク]
サントリー クラフトマンズビア(公式ページ)