どうも、麦酒男です。

またしてもスーパードライのバリエーションモデルが出ました。
その名もアサヒ スーパードライ エクストラシャープ!
氷点下で酵母を濾過したスーパードライのようですが、
味にはどのくらいの差が出るのでしょうか…

アサヒビール スーパードライ エクストラシャープ

飲んでみると、かなりスッキリとした印象です。
アルコール度数は5.5%ですが、ひっかかる感じは無く飲めました。
そもそもスーパードライ自体がかなりスッキリと美味しいビールなのですが、
さらに磨きがかかった、という感じです。それも、クリアアサヒや
新ジャンルのように、薄いとか水っぽいとか物足りない感じはなく、
味わいがありながらもスッキリとしている印象。ドリンカビリティも高いです。

個人的には、通常版のスーパードライよりもこちらの印象が良いですね。
(飲むシチュエーションにもよるとは思いますが…)
今回は通常のスーパードライとの飲み比べはできていないのですが、
飲み比べしてみても面白いかも。
いずれにしても暑い日にグイッと飲みたいビールです。

[関連リンク]
アサヒ スーパードライ エクストラシャープ(公式ページ)