どうも、麦酒男です。

温度によって味が変わる、というコピーでサッポロビールから
限定販売されている KAORI BROWN をいただきました。

816cef89.jpg



冷蔵庫から出してすぐに飲んだ場合は、どちらかというと
色は濃いが、個性が薄いビールという印象でした。

温度が上がってくると徐々に香りが出てくる感じで、
ホップの香り、麦芽を焙煎した香りを楽しむことができます。
飲む温度やグラスによって、風味や味わいが変わるというのは
多くのビールにとっては当たり前のことなんですが、
ピルスナー全盛の日本でその価値観を打ち出したというのは
意味があるんじゃないかなと思います。

ただ、逆にいろいろなビールがあることを考えれば、
この KAORI BROWN ではちょっと弱い気もします。
このビールだけの特化したものがないというか…
香り際立つビールは他にいくらでもありますからね。
たとえばサンクトガーレンのアンバーエールあたりは、
同じくらいの価格でもっと個性的で味わい深いです。

サッポロビールもクラフトビールに参入というニュースがありましたが、
果たして、これからサッポロビールが造るというクラフトビールと
これまでのビールがどのように異なって来るのか、注目したいと思います。

[関連リンク]
サッポロビールネットショップ(公式サイト)


【送料無料】スワンレイク組み合わせ自由6本セット 3,888円