どうも、麦酒男です。

サントリーからコンビニ限定で販売されているビターロースト 大人の深煎りを
いただきました。おとなのふかいり、なかなか面白い響きですね。

サントリー ビターロースト 大人の深煎り

さて、このビールはロースト麦芽を使ったビールですが、
色、香り、風味、味わい… どれをとってもローストな感じで、なかなか美味しいです。
ローストという点で云えば、本格派、というよりは、入門編という感じですが、
サントリーが限定で売り出す、としたらこのくらいになるんだろうなぁ、と思います。

おとなのふかいり

パッケージには「英国産ロースト麦芽一部使用」と書かれていますが、
そういえばイギリスのバスペールエールにも近い印象です。
そんなわけで、この系統のビールファンはいると思うのですが、
このビールのファンというのは生まれづらいんじゃないかな、とも思いました。

グリンドキリンやロブションのヱビスなどなど、ホップの特徴を
前に出してくるビールが多い中で、麦芽の特徴を出してくるビールというのも
なかなか興味深いですが、同じ系統のビールがあるだけに廉価版的な…
いや、これ以上の深入りは、オトナとしてやめておこうと思います。

[関連リンク]
サントリー ビターロースト(ニュースリリース)