生ビールブログ

ビールに関するブログです。おいしいお店、ビールの情報、ビアガーデン、ビール美人、つまみレシピ、豆知識…

カテゴリ:ゲストブログ > オ州酒別館

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。 もう夏になりましたね。夏になるとお天気が暑くなって クラフトビールの消費量が上がりますようね。 でもクラフトビールを飲めば飲むほどお金が飛んで行っちゃいます。 日本では1パイントが大体1,000円~1,200円します。どうすればいいで ... 続きを読む
皆さん、オ州酒別館へウエルカム。

もう夏になりましたね。夏になるとお天気が暑くなって
クラフトビールの消費量が上がりますようね。
でもクラフトビールを飲めば飲むほどお金が飛んで行っちゃいます。
日本では1パイントが大体1,000円~1,200円します。どうすればいいでしょうか?

一つの提案があります。ポートランドでビールを飲む!
僕がよく通うポートランドのお店のビール値段を紹介しま~す!

日本人には信じられない値段でクラフトビールを提供するお店は
僕の近所の Alameda Brewing Company(アラメダ・ブルーイング・カンパニー)です。
土曜日にアラメダへ行くと $5 でグラウラーを買えます。
なお、グラウラーひとつで4パイント入りますので1パイントのコストは$1.25。
つまり約127円。スゴイ!!! クラフトビールですよ!

アラメダ


グラウラーは基本的に家、キャンプ、ホームパーティーで飲みますが
お店で安く飲むことも当然できます。例えば、僕の近所のブルワリーは
Mash Tun Brewpub(マッシュ・タン・ブリュパブ)です。
その場で造られた新鮮なビールを楽しめます。しかし、火曜日になると
1パイントの値段がたった $2 です。ようするに205円で美味しいクラフトビールを頂けます!
毎週火曜日に行きたくなりますね!

Mash Tun

奥さんのレイちゃんとよく通うピザレストランはLife of Pie(ライフ・オブ・パイ)です。
ピザはイタリア製のウッドオーブンで焼かれて凄く軽くて美味しいです。
そしてクラフトビール4種類が提供されます。午後6時までにお店へ行くと
ハッピーアワーです。ハッピーアワーメニューでは、マルガリータピザが $5 で
クラフトビールのワンパイントが $3 です。
ですから815円によって美味しいピザ+クラフトビールが頂けます!
日本では中々ない値段ですね。。。

Life of Pie

日本の話をしながら、和食&リーズナブルなクラフトビールはどうでしょう?
僕のお勧めはダウンタウンポートランドにある「しげぞう」という日本食レストラン。
通常のジャパニーズレストランと違ってしげぞうはクラフトビールを提供しています。
そしてハッピーアワー時間に22オンス(650ml)のジョッキが $5 だけです。これもスゴイ!

しげぞう

お店のクラフトビールの値段が安くても、やっぱり毎日に外食をするのは高くなります。
ですからコスト削減の方法としてお家で食べることがキーポイントですね。
そうなるとクラフト(瓶、缶)ビールを買って家で飲みましょう。
ビールの買い物ならFred Meyer(フレッド・マイヤー)というスーパーがベストかもしれません。
僕はほとんど毎週行きます。クラフトビール ワンケースがこの間は$13.99でした。
計算をすると355ml 瓶が一本119円です。ナイスな値段と思わない?!

Fred Meyer

ということで安くて美味しいクラフトビールを飲みたかったら
ポートランドが本当「ビール天国」である。今年、行きません?

オレゴン(ポートランド)で待っています!

▼オ州酒ブログ

http://oshuushu.com/
https://www.facebook.com/oshuushu

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。 GWを楽しんだ後は、やっぱり夏休みのことを考えますよね。 今年は「ビール天国」のポートランドへ行きませんか? 実は、僕は4月にサラリーマンの仕事を辞めて5月からはフルパワーで 日本人のお客さんがオレゴンの美味しいクラフトビー ... 続きを読む
皆さん、オ州酒別館へウエルカム。

GWを楽しんだ後は、やっぱり夏休みのことを考えますよね。
今年は「ビール天国」のポートランドへ行きませんか?

実は、僕は4月にサラリーマンの仕事を辞めて5月からはフルパワーで
日本人のお客さんがオレゴンの美味しいクラフトビールを味わえるように
日本語によるビールツアーを提供しています。詳しくはツアーのページで。

バス


しかし、オ州酒のツアーに参加しなくてもポートランドへ行くことは本当にお勧めです。
なぜかと言いますと世界の最高ビール観光地ですから。

ポートランドへ行くべき理由が沢山あります。

理由#1:醸造所の数

ジャーマン

現在ポートランド市内に醸造所53軒があります。凄くない!?
僕は6年以上ポートランド暮らしをしていますが、まだまだ感動することが多いです。
ポートランドの各所にブルワリーがあります。
ですから、様々なビールまたはビールスタイルを楽しめます。
ポートランドでは、IPA(インディア・ペール・エール)がビールスタイルの王様ですが、
ベルジャン、ジャーマン、サワースタイルのビールを造る専門醸造所もあります。
つまり、皆が喜ぶような幅広いビールチョイスがあります!

理由#2:移動しやすい

自転車

アメリカの他の大都市と違って、ポートランドは結構コンパクトです。
こちらの公共交通機関はアメリカの中でも進んでいます。
路面電車、バスが便利です。自転車を借りることも可能。タクシーも安いです。
ですからアメリカの他の街と違って、車は必要ありません。
沢山美味しいビールを飲むなら、それは大事なポイントですね。

理由#3:安い

メニュー

一般的にポートランドの値段が安い。オレゴン州では、消費税がない(0%)から。
スゴいと思わない!? そしてクラフトビール自体が安い。
日本なら1パイントで¥1,000〜¥1,200にするでしょう。
しかし、ポートランドなら$4 〜$5(約¥400〜¥500)が通常の値段です。
$6(約¥600)なら本当に高い方だね。ポートランドで貯金しましょう!

理由#4:天気

テラス

ポートランドの夏の天候は最高です。
11月から6月までは雨がよく降りますが7月から10月までは、
ほとんど毎日が晴れです。湿度は全然低いので蒸し暑くない。
日本では考えられないことでしょう!
ですから夏になると皆は外にあるテラス、パティオ、フロントポーチなどで
ビールを頂きます。アウトドアで飲むビールは特に美味しいね!

理由#5:楽しい日帰り

山!

オレゴンの有名な大自然を見るために、ポートランドから離れても
美味しいクラフトビールがありますよ!
2時間の距離でアストリア市、ユージーン市、フッド・リバー市まで行けます。
各街では、沢山クラフトビールのブルワリーがあります。
ですから山、川、海をゆっくりみながら美味しいビールが飲めます!

ポートランドっていい場所でしょう?
オレゴンで待っています!

▼オ州酒ブログ

http://oshuushu.com/
https://www.facebook.com/oshuushu

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。 クラフトビールを飲む場所はどこですか? クラフトビールのバー? 醸造所の直営店またはタップルーム? オレゴンでも日本と同じような場所でクラフトビールを飲みます。 僕らオレゴン人も美味しいラガー、ペールエール、IPA、ベルジャン ... 続きを読む
皆さん、オ州酒別館へウエルカム。

クラフトビールを飲む場所はどこですか?
クラフトビールのバー? 醸造所の直営店またはタップルーム?

オレゴンでも日本と同じような場所でクラフトビールを飲みます。
僕らオレゴン人も美味しいラガー、ペールエール、IPA、ベルジャンスタイル、
スタウトなどをクラフトビールにフォーカスするお店でいただきます。

しかし他の所でもクラフトビールを飲めます。
日本で考えられないところで最高に美味しいビールを楽しめる。
今回のコラムでは、ちょっと変わったクラフトビールを飲める場所をご紹介します!


高級レストラン

Higgins

ポートランドでは美味しいレストランが沢山あります。
こちらの「フードシーン」は全米で有名です。お店の選択は広くて
どちらへ行くかを決めるが大変! もちろん、高級レストランがいっぱいあります。
提供するドリンクは当然にカクテル、ワインです。
ビールも提供しますが、クラフトビールは当たり前のことです。
例えば「Higgins」というファンシーなレストランのビールメニューは感動的です。
大手メーカーのビールも提供しますが、少し恥ずかしいです。
つまり、大手メーカーのビールよりクラフトビールの方が
レストランの高級イメージに合います。いいでしょう!

下らないバー

Club 21

オレゴン州では怪しいバーがやっぱりあります。
ようするにちょっと怖くて入り難いお店ですね。
タカバシさんも経験がありますがこういうバーに窓がなくて中が暗い。
スタッフとお客さんはほとんどニコニコしない。
つまり、アウトサイダーはそんなにウェルカムのような気持ちをしない。
日本ならオヤジたちが集まる近所のスナックと同じことだろう。
と言ってもメリットがあります。生クラフトビールを安く提供します!
もちろん、バァドワイザー、クアーズなどもありますが
クラフトビールを提供することが当たり前です。

ストリップクラブ

Mary's

僕はタカバシさんほどはストリップクラブへ行きませんが、
たまに「研究」というかたちで訪ねます。
始めてのポートランドストリップクラブはダウンタウンにあるMary’sでした。
(ポートランドの有名なビアバーのベイリズタップルームのすぐ近くです)
50年代からのストリップバーですがインテリアが格好よくてレトロです。
ビックリしたのはメニューにクラフトビールがありました!
他のクラブにもクラフトビールがありまして
毎年、ブルヴァナーツアーズはストリップバー巡りのツアーを提供します!

映画館

Kennedy School

映画を見ながら美味しいクラフトビールを頂くことは最高だと思わない?
ポートランドの映画館の何ヶ所かは映画とビールのコンビを提供します。
一番有名なのは改装された小学校のKennedy Schoolです。
映画館の入り口にバーがあり、その場で造られたクラフトビールが販売されます。
つまりブルワリーパブ+映画館だ! とても楽しい夜を過ごせますよ!
日本に同じようなところがあるかな?

プロスポーツのスタジアム

Timbers

アメリカの通常のプロスポーツスタジアムへ行くと
大手メーカーのビールがノーマルです。でも、やっぱりポートランドは違う。
ここのプロスポーツチームが2つあります。
プロバスケットのブレイザーズとプロサッカーのティンバーズ。
両方のチームのスタジアムにウィドミヤーのクラフトビールが提供されています。
いいね、 IPAを飲みながら自分が好きなチームを応援して盛り上がること!
面白いのはウィドミヤーがティンバーズとコラボして
特別なGreen & Gold Kolshを提供します(グリーンとゴルドはティンバーズの色です)。

オレゴンで待っています!

▼オ州酒ブログ
http://oshuushu.blogspot.com/
https://www.facebook.com/oshuushu


皆さん、オ州酒別館へウエルカム。 以前の記事で紹介しましたが、「グラウラー」というビール容器は メリットが本当に沢山あります。素材としてグラスと金属のグラウラーがあります。 格好いいセラミックのグラウラーもあります。 オレゴンではグラウラーは3年前から急に ... 続きを読む
皆さん、オ州酒別館へウエルカム。

以前の記事で紹介しましたが、「グラウラー」というビール容器は
メリットが本当に沢山あります。素材としてグラスと金属のグラウラーがあります。
格好いいセラミックのグラウラーもあります。

オレゴンではグラウラーは3年前から急に人気が出てきました。
お客さんがビアバーで Growler Fill(グラウラーのフィルアップ)を
している場面を良く見るようになりました。

ビアバー

現在、オレゴン(特にポートランド市)ではグラウラー革命が進行中です。
ようするに Growler Fill が出来るところが急に増えてきました。
今回のコラムでは、グラウラーがフィルアップしてもらえる面白いお店を紹介します!

ポートランドに到着してからグラウラーをすぐにフィルができますよ!
ポートランド国際空港(PDX)のコンコースD(デルタ航空の方)に
ローグのタップルームがあります。
そして好きなビールのグラウラーが手に入ります!
日本に帰る直前にもグラウラーを買えます。いいアイディアでしょう?

空港のローグ


ポートランドのスーパーでは瓶・缶ビールだけを提供しません。
お店によりますが、高級スーパーの Whole Foods Market には
Growler Filling Stationがあり、グラウラーのフィルをしてくれます。
ワインもグラウラーに入ります(値段がお得です)!
そして中ランク Safeway というスーパー(ホーソン地区)も
グラウラー用の生ビールを販売しています。

スーパー

ポートランドのコンビニでも、グラウラー入りの生ビールが買えます。
ホーソン地区の 39th Mini Mart は外から見ると
アメリカのコンビニらしくて少し怪しいお店です。
しかし、中に入るとクーラー・ケースはクラフトビールでいっぱい。
グラウラー・ステーションもあります。「ビール・ギーク」用のコンビニだ!

コンビニ

ハイ・テックのグラウラー・ステーションもあります。
Tin Bucket というボトルショップ(お酒屋さん+バー)は
グラウラーをフィルするため、通常のタップの代わりに
特別なグラウラーフィリングの設備があります。
ビール醸造所の機械のように、その専用設備は酸素からビールを守ります。
ですから2ヶ月、経ってもビールが美味しいです。
(詳しくはオ州酒「本館」へどうぞ)

ハイテック

そして2014年2月にポートランド初のグラウラー専用のお店がオープンします。
店名は「Growlers」になります。ビールのクーラー・ケースがなくてバーもない。
ようするにグラウラー用のタップ(48個!)しかありません。
グラウラー・オンリーのコンセプトですね!
ビール以外にシードルとミードのフィルも提供する予定があるそうです。

こんな「革命」って楽しい!

オレゴンで待っています!

▼オ州酒ブログ
http://oshuushu.blogspot.com/
https://www.facebook.com/oshuushu


皆さん、オ州酒別館へウエルカム。 あけましておめでとうございます! 2013年は良い年だったでしょうか? オレゴン州のクラフトビール業界では2013年はいい年でした。 州内の醸造所の数は153軒まで伸びています。凄い数ですね。 (ポートランド市内だけで52件あります) 通常 ... 続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。


あけましておめでとうございます! 2013年は良い年だったでしょうか?
オレゴン州のクラフトビール業界では2013年はいい年でした。
州内の醸造所の数は153軒まで伸びています。凄い数ですね。
(ポートランド市内だけで52件あります)


通常、そんなにたくさんの醸造所があると競争率が激しくなります。
しかし、クラフトビール業界では共通の「敵」は
大手メーカー(バドワイザー、クアーズなど)です。
ですからオレゴンの様々な醸造所はお互いに競争相手にしません。
その代わりにお互いに相談したり手伝ったりコラボレーションをします。


でもやっぱり他のクラフトビール醸造所と競争しなくても
差別化を付けないと儲からないようだね。
ですからサワービール、ジャーマンスタイルオンリー、
ベルジャンスタイルオンリーなどの細かいフォーカスをする醸造所が最近に生まれた。


サワービールを飲んだ後の麦酒男。。。
サワービールを飲んだ後の麦酒男。。。


2013年からもう一つのフォーカスが誕生しました。それは「ガストロ・パブ」です。
なお、ブルワリーは当然に美味しいビールを造ることが目的です。
ですからパブがあると普通の「パブフード」をしか提供しません。
ようするに重くて塩辛い(ソールティー)な味をするご飯が多いです。
確かにこのようなご飯が美味しい。値段がまま安いだし。


ガストロパブメニュー




続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。 アメリカの「サンクスギビング」を知っていますか? 日本語で「感謝祭」の意味です。サンクスギビングでは、 家族や友達が集まって暖炉に火を付けて子供とボードゲームをします。 メインは御馳走になるサンクスギビングディナーです。 ター ... 続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。


アメリカの「サンクスギビング」を知っていますか?
日本語で「感謝祭」の意味です。サンクスギビングでは、
家族や友達が集まって暖炉に火を付けて子供とボードゲームをします。
メインは御馳走になるサンクスギビングディナーです。
ターキー(七面鳥)、マッシュ・ポテト、グレイビー・ソース、
クランベリー・ソース、パンプキンパイなどのメニューは人気ですね。


ゲーム


僕は毎年に友達を招待して奥さんと料理を用意します。
(僕は必ずターキー係になります)
なお、普通の家ではサンクスギビングディナーとワインを飲みます。
でも、オ州酒家ではワインよりクラフトビールを飲みます!


以前と少し違って、今年のサンクスギビングでは
ペアーリングになるビールの4コースメニューを用意しました。
友達が少しワイワイしました。食前にフル・セールのピルズナーを出しました。
ご飯を食べる前ですから軽い(低アルコール度)ビールが良いだろう。
苦みがするビールですからホップが大好きのオレゴン人の友達に大好評だった。


フルセイル




続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。 日本では「秋の味」または「秋季節限定」のビールが良くありますね。 缶、瓶のラベルに紅葉のイメージがありまして奇麗なデザインです。 しかし、ビールの「秋味」の意味が良く分からない。紅葉の味じゃないでしょう。 逆にオレゴン州では ... 続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。


日本では「秋の味」または「秋季節限定」のビールが良くありますね。
缶、瓶のラベルに紅葉のイメージがありまして奇麗なデザインです。
しかし、ビールの「秋味」の意味が良く分からない。紅葉の味じゃないでしょう。


逆にオレゴン州では「秋味」のビールの意味は凄くクリアー。
それはパンプキンビールです。日本人にとって少し変でしょう。
ほんまにビールにカボチャの味かい?


パンプキンタップ
パンプキンビールから本物のパンプキンタップを!




続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム! ホップはビールの主な原料とご存知でしょうか。 ホップのお陰でビールの苦味と香りが出るんです。大事な役割ですね。 通常、ビール醸造所はペレットの形に成っている乾燥したホップを使用します。 ペレットにされたホップはやっぱり便利で ... 続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム!


ホップはビールの主な原料とご存知でしょうか。
ホップのお陰でビールの苦味と香りが出るんです。大事な役割ですね。
通常、ビール醸造所はペレットの形に成っている乾燥したホップを使用します。
ペレットにされたホップはやっぱり便利です。
運びやすくて腐らない状態でホップ産地から離れても醸造所は一年中ビールを造れますから。


しかしペレット型になって乾燥されたホップは当然にフレッシュじゃないよね。
幸いにホップ産地のオレゴンでは
「フレッシュホップ」の限定クラフトビールがあります。
ようする収穫直後にとれたてホップを使用するビールが一時期的に手に入ります。


3本の瓶


毎年、オレゴンのフレッシュホップビール70種類ぐらいが
9月から10月まで販売されます。
やっぱり「旬」のホップが加えてあるビールは格別の美味しさです。
ホップの苦味が当然に変わりますが一番大きいな違いが香りです。
ホップの深い香りがしてホップのフレッシュさを本当に味わえる。
{ホップのジュース}を飲むみたい。日本で中々見付け難いだろうけどお勧めです。




続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。 オレゴン州では夏はまだまだ続いています。 日本の夏と違って、毎日に乾燥していい温度(27℃)です。気持ちいいです。 夏になるとオレゴン人はよくキャンピングします。 オレゴン州は大自然が多い州ですから、キャンプ場がいっぱいありま ... 続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。


オレゴン州では夏はまだまだ続いています。
日本の夏と違って、毎日に乾燥していい温度(27℃)です。気持ちいいです。


夏になるとオレゴン人はよくキャンピングします。
オレゴン州は大自然が多い州ですから、キャンプ場がいっぱいあります。
山の中、川のそば、海の前にキャンプができるところが沢山あります。
動物がよく見えて時々キャンプ場にアプローチしてきます。


ハナちゃんと鹿


外でキャンプをするとやっぱり全てが美味しくなる。
旨い空気を吸いながらキャンプファイヤーを作って
バーべキューを用意して皆と一緒に食べるのは最高ですね。


キャンピングの食卓




続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。 今回のコラムで「ビールの親戚」のCiderを紹介します。 日本語で発音は「サイダー」ですが、清涼飲料のサイダーの意味ではありません。 少しややこしいですが英語で Cider と Hard Cider があります。 Cider の方はフルーツジュースの意味 ... 続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。


今回のコラムで「ビールの親戚」のCiderを紹介します。
日本語で発音は「サイダー」ですが、清涼飲料のサイダーの意味ではありません。
少しややこしいですが英語で Cider と Hard Cider があります。
Cider の方はフルーツジュースの意味で Hard Cider の方が
日本語で「シードル」の意味です。でも最近、Hard Cider のメーカーも
自分の商品を Cider と呼びます。ややこしいでしょう。。。


とにかくシードルはアメリカの植民地時代から飲まれた酒類です。
ベース原料は必ずりんごですが他のフルーツまたは他の原料の添加が可能です。
例えばチェリーシードルの醸造にはチェリーが使用されます。
ビールのようにシードルは低アルコール度(4〜8%)で(微)炭酸がでます。


チェリーシードル


伝統的な酒類であってもアメリカではシードルは最近まで人気がなかった。
全国の流通があり、知られているブランドのシードルがないですから。
その結果、大勢なアメリカ人はシードルを飲んだことがないだろう。


スタッフ




続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。 「フルーツビール」をご存知ですか? 呼び方のとおりフルーツビールはフルーツが添加されるビールです。 フルーツそのまま、フルーツピュレー、あるいはフルーツジュースを 発酵中のビールに入ります。フルーツの実を使用する場合もあるし ... 続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。


「フルーツビール」をご存知ですか?
呼び方のとおりフルーツビールはフルーツが添加されるビールです。
フルーツそのまま、フルーツピュレー、あるいはフルーツジュースを
発酵中のビールに入ります。フルーツの実を使用する場合もあるし、
フルーツの皮だけを使うビールもあります。
結果として美味しくて夏期に合うような味がでます。


ポスター


毎年6月にポートランドにて Portland Fruit Beer Festival が開催されます。
世界唯一のフルーツビールフェストらしいです。この祭りはお薦めです!
なぜかというと、珍しいクラフトビールが沢山飲めます。
もっと詳しくに説明するとオレゴンの様々なクラフトビール醸造所は
このお祭り専用の限定フルーツビールを提供します。
ようするに他の場所、他の時に飲めないビールばかりがあります。


入れ墨




続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。 ビールが大好きで「ビールを造ろう!」と思ったことがありますか? 自分の手で醸造されたビールを飲みたくない? 自家醸造の夢を見ますか? いい夢ですね。 でも大変です。まず日本では自家醸造は基本的に違法です。 醸造免許がないとアル ... 続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。


ビールが大好きで「ビールを造ろう!」と思ったことがありますか?
自分の手で醸造されたビールを飲みたくない? 自家醸造の夢を見ますか?


いい夢ですね。


でも大変です。まず日本では自家醸造は基本的に違法です。
醸造免許がないとアルコール度1%以上のビールを造ることは禁止されています。
自家醸造の一つの大きな×です。。。





続きを読む

皆さん、オ州酒別件へウエルカム。 お桜は咲き終わって春が来ましたね。天気がよくなると夏休みのことを考えます。 海外旅行をする人々が多くてだいたい今くらいに旅のプランニングが始まります。 僕はビールが大好きな「生ビールブログ」の読者の皆さんにお勧めがあります。 ... 続きを読む

皆さん、オ州酒別件へウエルカム。


お桜は咲き終わって春が来ましたね。天気がよくなると夏休みのことを考えます。
海外旅行をする人々が多くてだいたい今くらいに旅のプランニングが始まります。
僕はビールが大好きな「生ビールブログ」の読者の皆さんにお勧めがあります。
今年、海外へ行くならクラフトビール観光をしませんか?


発酵タンク


ようするに海外へ行って様々なビール醸造所、またはビア・バーを訪ねて
美味しいクラフトビールを飲みながら現地の人と楽しむことです。


僕は海外へ行くと必ずそうします。凄く楽しいです。
お陰様で僕は大勢の日本人「ビール友」ができました。
タカバシさんもその中の一人です!


ビール友




続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。 オレゴン州のポートランドでは2月~3月に 大好きなクラフトビールイベントが沢山あります。 一つは Zwickelmania(ズイックルマニア)です。 もう一つはBeer Brawl(ビールバトル)です。 日本で中々ない行事ですが今回のエントリーで紹介 ... 続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。


オレゴン州のポートランドでは2月~3月に
大好きなクラフトビールイベントが沢山あります。
一つは Zwickelmania(ズイックルマニア)です。
もう一つはBeer Brawl(ビールバトル)です。
日本で中々ない行事ですが今回のエントリーで紹介させて頂きます。


ビールケッグの忍者! ビールケッグの忍者!
簡単に説明しますと Beer Brawlはクラフトビールの
ブラインド・テイスティングのコンテストです。
しかし他のビールコンテストと全然違います。
ビールではなく、優秀な産地・州を決定します。
4つの州(オレゴン州、カリフォルニア州、ワシントン州、コロラド州)の
代表ビール3スタイル(ペール・エール、IPA、ブリュワーズ・チョイス)が出ます。
各ビールの得点を足して一番得点をとる州が優勝します。


一般人ジャッジ




続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。 オレゴン州では2月の天気は相変わらず曇って雨がよく降りますね。 全ては「グレー」な感じがします。この時期はお日様に全然会えなくて 青空のことを忘れてしまう。こんな時によく晴れるカリフォルニアへ行きたいなぁ。 しかし2月のオレ ... 続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。


オレゴン州では2月の天気は相変わらず曇って雨がよく降りますね。
全ては「グレー」な感じがします。この時期はお日様に全然会えなくて
青空のことを忘れてしまう。こんな時によく晴れるカリフォルニアへ行きたいなぁ。


しかし2月のオレゴンに超明るいところがあります。
それはPresidents’ Day(大統領の日)の3連休の土曜日に行う
Zwickelmania(ズイックルマニア)という凄いイベントです。


ズイックル ズイックルはこんな感じです。
イベントのネーミングは変ですが「ズイックル」というのは醸造所発酵タンクの注ぎ口です。ビールの品質を確認するためブリュワーはズイックルから新鮮なビールを注いで試飲します。ようするにズイックマニアの目的は一般の人々に醸造所とクラフトビールの高品質を紹介することである。


オレゴン唯一のイベントですが、ほぼ全てのクラフトビール醸造所は
ズイックマニアの日にオープンハウス状態してくれます。
つまり一般の人々は醸造所内に自由に入れる。


人々




続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。 今年の初エントリーですから、あけましておめでとうございます! オレゴンはまだまだ寒いです。天気がよくなったら「ビール観光」で 日本人はオレゴンでまで行ってクラフトビールを飲むでしょう。 ビールは美味しいですから日本へ持って帰 ... 続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。


今年の初エントリーですから、あけましておめでとうございます!


オレゴンはまだまだ寒いです。天気がよくなったら「ビール観光」で
日本人はオレゴンでまで行ってクラフトビールを飲むでしょう。
ビールは美味しいですから日本へ持って帰りたくて友達とシェアしたいです。
クラフトビールの持ち帰り方に関するアドバイスはオ州酒ブログ(本館)へどうぞ。


しかし、クラフトビールを持って帰る前にビールショッピングは当然必要です。
オレゴンでビールの買い物は他の州とほぼ同じです。
でもいくつかの違いがあります。特に容器関係の呼び方は少し奇妙です。
ですから、ちょっとした「ビール英会話」は参考になるでしょう。
今回のエントリーで紹介させて頂きます!




続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。 12月になりましたね。オレゴンでは天気は寒くなって 皆はクリスマスの用意をしています。この時期が素敵です。 天気が変わるとオレゴン人のビール好みも変わります。 一年中、僕らはホップがたっぷり入っているビールが好きです。 しかし ... 続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。


12月になりましたね。オレゴンでは天気は寒くなって
皆はクリスマスの用意をしています。この時期が素敵です。


天気が変わるとオレゴン人のビール好みも変わります。
一年中、僕らはホップがたっぷり入っているビールが好きです。
しかし冬になるとより強くってよりモルティーなビールが好き。
ですから毎年の冬に出る限定(シーズナル)ビールを楽しみにします。
去年と今年に冬限定ビールのラインアップの中に
凄く面白いトレンドが現れた。樽熟成ビールがドンドン誕生しました。


樽熟成中ビールの前のオ州酒ママとパパ 樽熟成中ビールの前のオ州酒ママとパパ
「生ビールブログ」の読者は樽熟成のことをご存知でしょう。
ワインやスピリッツを熟成するために木(オークが多い)の樽が
よく使用されています。樽の木と樽の造り方によってバニラ、甘草(licorice)、
キャラメル、チェリー、ローストなどの風味がワインとスピリッツの味が入り込む。
樽のお陰で香りと色も変わります。
結果としてはスムーズでコンプレックス(複雑)な美味しい味がするお酒です。




続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。 この間、ポートランドのビールツアーで日本人のお客さんと訪問したブリュワリーで クラフトビールを飲んでいた。お客さんはその醸造所で少し変わったビール容器を見て 「あっ、レッドさん、あのデカイ瓶って何?!」と聞きました。 実はお ... 続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。


この間、ポートランドのビールツアーで日本人のお客さんと訪問したブリュワリーで
クラフトビールを飲んでいた。お客さんはその醸造所で少し変わったビール容器を見て
「あっ、レッドさん、あのデカイ瓶って何?!」と聞きました。


実はお客さんはグラウラー(Growler)のことを発見しました。


グラウラー


グラウラーは普通のビール瓶と違う。まず大きさが違います。
アメリカではスタンダードのビールボトルには12オンス(約355ml)の量が入っています。
しかし、グラウラーは64オンスになります。4つのパイントグラスと同じ量です。
そのデカさで、グラウラーは基本的にお持ち帰り用のビール容器です。


グラウラー並び




続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。 「生ビールブログ」の読者は良くご存知と思いますけど ビールの主な材料はお水、大麦、酵母と。。。 ホップです。 ホップがなければ僕らは大好きなビールの味が全然変わる。 ですからホップは本当に大事ですね。でも知っていましたか? オ ... 続きを読む

皆さん、オ州酒別館へウエルカム。


「生ビールブログ」の読者は良くご存知と思いますけど
ビールの主な材料はお水、大麦、酵母と。。。 ホップです。


ホップがなければ僕らは大好きなビールの味が全然変わる。
ですからホップは本当に大事ですね。でも知っていましたか?
オレゴンはホップの大産地です。アメリカ全州の中でオレゴンは
ホップ産地として2位を占めて日本全国のホップ生産量の8倍になります。
この豊かな地域からオレゴンのクラフトビールカルチャーが生まれたでしょう。


ホップ畑


そして僕らオレゴン人はホップクレイジーです。
一年中にホップがいっぱい入っているIPA系のクラフトビールは大人気。
ですから香りと味は特別な限定フレッシュホップ(とれたて旬ホップ)ビールの時期になると
こちらのビールファンは凄く喜ぶ。


フレッシュホップの時期は9月の収穫でスタートです。
当然にホップファームの収穫が行いますが個人の収穫もあります。
ここは産地ですから個人でホップを簡単に庭で育ちます。
今年の春に僕は始めて庭にホップを植えて9月にホップ爆発だった。
娘のハナちゃんは収穫の手伝いをしてくれた。


ハナちゃん




続きを読む

皆さんはじめまして。 アメリカオレゴン州のクラフトビールをクロースアップする 「オ州酒ブログ」のレッドです。 日本語は下手でも昔から僕は生ビールブログの大ファンです。 ブログを読んで写真を見て凄い憧れがあります。 僕の世界では麦酒男はビールブロガーの芸能人また ... 続きを読む

皆さんはじめまして。
アメリカオレゴン州のクラフトビールをクロースアップする
オ州酒ブログ」のレッドです。


日本語は下手でも昔から僕は生ビールブログの大ファンです。
ブログを読んで写真を見て凄い憧れがあります。
僕の世界では麦酒男はビールブロガーの芸能人またはスターです。
それで9月に麦酒男にやっと会えてお姫さんだっこされて夢の一つを実現できた。。。


お姫さんだっこ


その後、生ビールブログにエントリーを寄稿するように麦酒男から依頼が入りました。
喜んでYesと返事した。もし生ビールブログの読者の皆さんに少しでも
オレゴン州のクラフトビールカルチャーを教えさせて頂けば嬉しいです。


オレゴン州のクラフトビールカルチャー


ということではじめてのエントリーですから自己紹介をさせて頂きます。


2008年にスタートしたオ州酒ブログは主にオレゴンのクラフトビールを紹介するサイトです。
「ビール天国」と呼ばれているオレゴンではクラフトビール醸造所120社があります。
ポートランド市内だけで51社が頑張っています。世界一のクラフトビール街です!


オ州酒ブログのフォーカスは様々なクラフトビールの評価をするより
日本人の「ビア・ツーリスト」に楽しくてインサイダー情報を提供することです。


ビア・ツーリスト


御陰さまで4年間にブログ読者の人数は多くなりました。
そして今年の夏からポートランドのトップビールツアー会社の
ブルヴァナー・ツアーズとコラボして 日本語によるビールツアーを
初めて 提供させて頂きました。日本人に「ビール天国」を見せることは凄く楽しいです。


ビール天国


これから毎月に「オ州酒別館」というコラムで生ビールブログの読者さんに
オレゴンのクラフトビール世界の紹介する予定です。
独特なこと、面白いこと、または少し変わっていることをカバーします。ぜひ読んで下さい。


オレゴンで待っています!


▼オ州酒ブログ
http://oshuushu.blogspot.com/
https://www.facebook.com/oshuushu