サンフランシシコ・ベイエリアからチアーズ♪
こんにちは。サンフランシスコ・ベイエリア在住のシサロンです。

第1回 ビールオタクの夢が叶うイベントでご紹介した、
注目のブリューワリーRare Barrel。バークレーにある
サワービール専門ブリューワリーですが、なんとポルシェから
テレビCMの撮影に使わせてほしいという打診があったそうです。

企画案は「スーツを着たブリューワーがポルシェに乗って通勤するシーン」。
Rare Barrel側が提示した撮影条件は「うちのブリューワーがスーツを着て
ポルシェに乗って通勤できるように、撮影後はスーツとポルシェを置いていくこと」。
結局、この企画案は流れたのですが、ベイエリアンの反応は
「でかした!」「良い宣伝になったのにもったいない」
「スーツを着たブリューワーなんて見たことない」などさまざまでした。

BayAreaBeer 2-1


さて、2月第2週はお祭り騒ぎの一週間、毎年恒例のSF Beer Weekです。
期間中の10日間、毎日100近いビールイベントがベイエリアのここかしこで開催されます。
イベント内容は、テイスティイング、フードペアリング、勉強会、
限定ビールのリリースなどさまざま。

今回は、メンバーになっているBay Area Beer Socialsからの案内で
「究極のビールテイスティングイベント(The Ultimate Beer Tasting Event)」に
行ってきました。40人の人数制限もあり、チケットはイベント6週間前に完売。
急遽、時間帯を変えて追加開催を決定したものの、こちらも即完売。
毎年たいへん人気なイベントです。

BayAreaBeer 2-2

主催のAmsterdam Cafeは、普段からビールのセレクションが好評で
ファンも多いサンフランシスコのビアバーです。
このイベントでは、最初にグラスとビールリストが渡され、
究極の40種類の樽生&ボトルビールを2時間一本勝負で試飲します。
6つのビールスタイル毎に(Wheat/Session, IPA/Pale,
Amber/Browns/American Strongs, Stouts/Porters,
Sours/Fruit, Belgians)6-8種類の逸品ビールを比較できることもあり、
真剣にメモを取りながら試飲している人も多かったのが印象的でした。

個人的に5つ星を付けた銘柄は、次のとおり。

Firestone XVII17th Anniversary (tap)
Peak Organic Espresso Amber (tap)
Goose Island Bourbon County Stout (tap)
Oud Beersel Geuze (bottle)

BayAreaBeer 2-3

この4銘柄とは別に、最も印象に残ったのはNew Belgium Le Terroir (tap)。
サワーエールなのに、IPA並みのホップの渋みとスモークビールを彷彿させる
燻製アロマ。ビールスタイルの常識なんてなんのその、
この斬新さを楽しまずにはいられない!と思わせてくれる出会いでした。

「カリフォルニア!地ビール飲み歩き」では、
ベイエリアで話題のビアバーや注目の地ビールを紹介しています♪
http://craftbeerca.blog.fc2.com/