どうも、麦酒男です。

今日も今日とて、昨日に引き続きセッションIPAをいただきました。今回はグランドキリンの新商品 GALAXY HOP(ギャラクシーホップ) です。「ギャラクシー」という品種のホップを使ったビールなのですが、ホップにもいろいろな種類があり、そして特徴があるんですね。

まず、キリンビールがホップに焦点を当てて商品名として押し出してきたこと、そしてビールのスタイルとしてセッションIPAを選んだことは非常に興味深いです。

キリンビール グランドキリン ギャラクシーホップ

グラスに注ぐと華やかな香り、飲んでみるとジュースのような
甘さを感じました。ほんと、ジュースのようです。
グランドキリン ジ・アロマもそうですが、このビール、甘いです!
アルコール度数は4.5%と、それなりにありますが、
普段ビールを飲んでいる僕からすると、度数は3%くらいに感じました。

限定醸造ビール

ビールの名前にもなっているギャラクシーホップの香りがとても印象的に感じられるビールではありますが、これがIPAの系譜であるセッションIPAかというと、苦味が足りず、IPAからは遠い存在に感じます。美味しいんですけどね…

キリンビールがクラフトビール参入を掲げたことでクラフトビールというキーワードがメディアに露出したように、今回のビールが「セッション」だったり「IPA」だったりというキーワードの拡散、訴求に一役買ってくれるのかもしれません。ビールにはいろいろなスタイルがあるということがこのビールを通じて多くの人に伝わればいいなぁ、と思います。

個人的には、このビールに苦味を足したらどうなるのか、そんなビールを飲んでみたいなぁ、なんて思いました。

[関連リンク]
キリンビール グランドキリン(公式ページ)