どうも、麦酒男です。

サントリーから発売となったザ・プレミアム・モルツのプレミアム版、
マスターズドリームをいただきました。クラフトビール云々というよりは、
美味しいビールは適正な価格で売れる、もっと簡単に云えば、
ある程度の価格でも美味しければ売れる、という昨今のトレンドがあり、
出てきた商品なのではないかと思います。

サントリー ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム

どっしりとした存在感のプレミアムモルツ



いただいてみると、プレモル特有の香りよりは麦芽的旨みと
ピルスナーとしての程よい苦みを感じる、ドッシリとしたビールでした。
通常のプレモルは、キャラクターは強いけど重みが無かった感じで
逆にそこが華やかなピルスナーとして受けていたのではないかと思います。
TVCM には矢沢永吉さんが出ていますが、プレモルを擬人化すると
及川光博さんくらいのイメージじゃないかな~、なんて思ってます。

で、このマスターズドリームですが、華やかさが無くなったことで
味のある俳優さんのようになった気がしますが、その結果、
個性が弱まった気がします。名脇役的存在感といいますか…
グランドキリンが出てきた時の方がインパクトがあるし、
現状、コンビニで両方売ってたとしたら、グランドキリンを選んじゃうかも…

少し温度が上がると印象が少し違ってきました



ただ、少し温度を上げて飲んでみると、ホップの香りも出てきて
バランスが程よく、美味しくなった気がしました。
このビールは「醸造家の夢」と名前が付いていますが、
かなりアスリート気質のビールなのかな、とも思いました。
ちゃんと練習をして、体調を整えて、それで結果を残すわけです。
ある意味、そこらの素人よりも繊細なのがアスリートだとするならば、
このビールも、温度管理、注ぎ方、グラス等などをしっかり準備して
最適な状態で飲まなければならないのかもしれません。
果たして、それがコンビニで買ったビールを一般家庭で飲む場合に
できるかというと、難しいのではないかと思いますが…

ボトルのネックに付いてる小冊子



このボトルにはネックの部分に小さい冊子が付いていました。

ボトルのネックに付いてる小冊子

ビールに関することが書かれているのですが、そこに書かれている内容には
かなり疑問を持ちました。公式ページでも書かれているような「こだわり」が
書かれていましたが、それよりも美味しい飲み方とかペアリングについて
触れた方がいいんじゃないかと思いました。
サントリーは「ジョッキ生」という商品を出していたりもして、
“頭で飲む”層に向けてもビールを売っているので、そういう方向けには
こういう冊子がポイントだったりするのかもしれませんが、
このビールを買うのはそういう層じゃないんじゃないかなぁ、とも…

いずれにしても、イメージが先行しすぎて、
ちょっと肩透かしをうけた印象のマスターズドリームでしたが、
マスターズドリームハウス」なる旗艦店があるということなので、
近々、そちらでベストな状態のビールをいただいてみたいな、なんて思います。

[関連リンク]
サントリー ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム(公式ページ)