どうも、麦酒男です。


六本木で開催されている東京ビアパラダイス2010(ビアパラ2010)に行ってきました。
このビアパラは去年まで同時期・同場所で開催されていたビールデンバーに代わり、
今年から開催されるビールのイベントでドイツビールと地ビールが飲めます。


ということで、サンクトガーレンのクリスタルヴァイツェンをいただきました。


ビアパラ サンクトガーレン クリスタルヴァイツェン



飲んでみると通常のヴァイツェンらしい小麦のフルーティーさよりも、
ほうじ茶のような苦味を感じました。何も知らずに飲んだら
小麦のビールとは思わないかも。興味深いです。


このクリスタルヴァイツェンのように、
ここだけでしか飲めないビールもあったりするのもビアパラの特徴かも。
ということで、各社のブースを見てみたいと思います。
まずは1杯目のビールを飲んだサンクトガーレン。


サンクトガーレンブース


どこかで見たことのある人が… と思ったら電話しているのは、
渋谷・グリフォンのマスターでした。


こちらも地ビール、富士桜高原ビールのブースです。
先日のワールドビアカップで銅賞に輝いたラオホもいただけます。


富士桜高原ブース


ここからはドイツビールです。まずはエルディンガー。
ヴァイスビア(白ビール)が有名ですので、エルディンガー・ヴァイスをぜひ。


エルディンガーブース


続いて、シュパーテン。世界で初めてラガービールを造った醸造所なんです。


シュパーテンブース


この他にも「フランツィスカーナー」「パウラーナー」「クロンバッハ」「ビットブルガー」などなど、
いろいろなドイツビールがありますので、気になったものを飲んでいただければと…


僕は、世界で初めての「元祖ラガービール」をいただきました。リンダ(美人)が注いでくれました。


リンダが注ぐシュパーテン


食事を出してくれるブースもあります。
ソーセージ5本とプレッツェルで3000円、みたいなメニューが多いので、
数人でシェアするのがオススメです。


お食事もあります


この日はひとりで行ったので、カレーソーセージ・ジャーマンポテト付(600円)をいただきました。
となりのビールがシュパーテンの元祖ラガービールです。


ビア&ソーセージ


座席の数は結構あります。が、土日は埋まっちゃうかなぁ。
シートの上には天井があるので、雨が降っても安心です。


ヒルズの屋根


この日、ステージでは、ドイツ・オーストリアの民族音楽を演奏していました。
やっぱりライブで音楽が流れていると、ビールがすすみますね。


ステージでのイベント


乾杯の歌なんかも唄うので、みんなで乾杯しつつ、楽しい時間が過ごせます。
そういえば、ヒルズアリーナへの入場料が200円かかるのですが、
平日に限り、twitter で無料になるサービスがあるとのこと。
twitter をやっている人は使ってみてもいいかもしれません。


ということで、ビアパラ2010は6/20(日)まで。毎日11:30から21:00までオープンしています。
お近くの方、お昼から飲みたい方はぜひ行ってみてください!


▼東京ビアパラダイス2010(ビアパラ2010)
http://www.beerpara.jp/