どうも、麦酒男です。

17年連続発泡酒売り上げNo.1 というキリン 淡麗がリニューアル、
ということで、リニューアル前後の淡麗を飲み比べてみました。

淡麗極上〈生〉と淡麗を飲み比べ

原材料の大麦を40%増量、製法も変わったようです。
商品名もキリン 淡麗から淡麗極上〈生〉に変わりました。

キリンビール 淡麗極上〈生〉

飲み比べたビールですが、淡麗極上〈生〉が2月下旬の製造、
キリン 淡麗 は2月中旬の製造となっています。そこまでの差は無いかな。

製造年月日

注いでみるとこんな感じで、淡麗極上〈生〉の方がちょ~っとだけ
色が濃く見えないこともないですが、ほぼ同じです。

淡麗極上〈生〉と淡麗

飲んでみると、どちらもキリンの発泡酒という感じですが、
淡麗極上〈生〉の方がキリンらしい苦みが強い気がしました。
つまり、ビールの代替品として考えるのであれば、こちらの方が優秀です。

ただ、何度も飲んでいると、そこまでの違いは無いですかね。
ブラインドでテストしたら間違えるだろうなぁ、という感じです。
まあ、17年連続発泡酒売り上げNo.1 ということで、
そこまで大きく変える必要は無いですもんねぇ。

ともあれ、今お店に並んでいる淡麗極上〈生〉であれば、
製造から1か月経っていない新鮮なものだと思いますので、
スーパーやコンビニで見かけたら、試してみてはいかがでしょうか?

[関連リンク]
キリンビール 淡麗極上〈生〉(公式ページ)