どうも、麦酒男です。

大阪で大阪らしい居酒屋を求めて、天神橋筋商店街に行ってきました。

天神橋筋商店街

たどり着いたのはこちら、アサヒ生ビールの暖簾が輝く天満酒蔵です。

天満酒蔵

店内は奥まで細く長いカウンターが続き、奥にテーブル席があります。
テーブル席から入り口側を見るとこんな感じです。

天満酒蔵 店内

まずはアサヒ生ビールとポテトサラダ(150円)をいただきました。
こちら、大衆酒場の中の大衆酒場といった感じで、いろいろなおつまみが
かなりリーズナブルにいただけるんですね〜。もちろん味もなかなかです。

アサヒ生ビールとポテトサラダ(150円)

味もなかなか、ということで続いては、あじ南蛮漬け(200円)と
つけもの(120円)をオーダーしてみましたが…

あじ南蛮漬け(200円)とつけもの(120円)

あじの南蛮漬けが思ってた感じと違ってちょっとびっくりしました。
関西風だから、とかそういうことなのでしょうか…

シンプルすぎる南蛮漬け

ちょっと違ったといえば、串かつ(300円)も思っていたのと少し違ったかな。
衣の色、ですかね… あとは、ソースは漬けるやつではなくて、かけるやつでした。

串かつ(300円)

がぶり! ふふふ、やはり着痩せするタイプの串かっちゃんでしたね。

ちょっと変わった串かつ

これはどうだろう、と頼んだのが、さば塩焼き(200円)です。よっ、シンプル!

さば塩焼き(200円)

身をほぐせば問題ないし、味も美味しいのでいいんですけどね。
ちょっとびっくりはしますよね。食べれば一緒、みたいな大衆感!

ナイスな鯖!

お店の人がどぶろく的なものを注いでいたので、僕もいただいてみました。
が、これが飲みやすくて、かなり酔っぱらいそうないいお酒でした。

にごり酒

この後、中学時代の友だちや東京からの友だちも交えてまだまだ呑む呑む…

刺し身にもやし

このあたりは誰が頼んだのかわからないんですが、最後までよく食べました。

焼き鳥

ビールは別ですが、おつまみはだいたい200〜300円、ということで、
焼酎の一升瓶をボトルキープして、ひとりで飲んでいるおじさんが多いのも納得です。
「本物の大衆居酒屋とは…?」 その答えを見つけた気がする天満酒蔵でした。

[関連リンク]
天満酒蔵(食べログ)