どうも、麦酒男です。


本日より「2013 WBC™日本代表応援商品 アサヒ ウイニングブリュー」が新発売となり、
2013年もビールが動き始めました。2012年はスーパードライ ドライブラックや
フローズン一番搾りなど、既存のブランドのバリエーションがヒットした印象ですが、
今年はどんな年になるのでしょうか。
ということで、まずは3月までに発売が予定されているビールをまとめてみました。


アサヒビール
▼2013 WBC™日本代表応援商品 アサヒ ウイニングブリュー(新ジャンル)
1月22日(水)期間限定新発売


日本代表応援商品 アサヒ ウイニングブリュー




アメリカ産ホップを使った観戦にぴったりの爽快な味わい、とのことです。
クラフトビール好きだと、アメリカ産ホップと聞いて、苦いものを思い浮かべそうですが、
アサヒの新ジャンルですし、ガブガブいけるものになるんじゃないかと思います。


クリアアサヒ プライムリッチ(新ジャンル) 3月12日(火)新発売


クリアアサヒ プライムリッチ


最高級濃度の原麦汁エキスを使用し、『クリアアサヒ』本体で培ってきた
当社独自のクリアな後味を実現する製法を活用することで
“最高級のコク”と“クリアな後味”を実現、とのことです。
コクがあってクリアで… というのがいまいち想像できないのですが、
どんな感じになっているのか、楽しみに待ちたいと思います。


アサヒビールに関しては、こんな気になるリリースもありました。


アサヒスーパードライ-ドライブラック-(ビール) 2月13日(水)クオリティアップ
複数のアロマホップを最適な比率で配合し、上質で爽やかな香りを高め、
従来よりも雑味を低減した黒麦芽由来の原料を新たに使用することで、
さらに爽快なキレ味を実現しているそうです。
個人的には、今のドライブラックがかなりお気に入りなのですが果たして…


サッポロビール
サッポロ 蔵出し生ビール(ビール) 1月30日(水)新発売


サッポロ 蔵出し生ビール


「サッポロ復活総選挙」で1位を獲得した名作ビールをコンビニ限定発売で復活、とのこと。
僕は「サッポロ復活総選挙」では、焙煎生ビールを推したのですが、残念ながら…
でも、多くのファンに望まれたこのビールを楽しみたいと思います。
たしか蔵出し生ビールって飲んだことがないので、まあいっか!


薫り華やぐヱビス 2月20日(水)新発売


薫り華やぐヱビス


世界中で数多くの星を獲得し、世紀最高の料理人と呼ばれる
フレンチの巨匠ジョエル・ロブション氏と手を組み、共同開発することで生まれた
新しい味わいのヱビス。原料にフランス・シャンパーニュ地方の上質な麦芽と、
香味豊かなホップであるネルソンソーヴィン種を使用したとのこと。
エビス・ザ・ホップのような香りではなく、もっとフルーティーな感じなのでしょうか。
こういったタイアップものって、あまり美味しかったイメージがないのが
気がかりですが、果たしてどうでしょうか?


キリンビール
一番搾り スタウト(ビール) 2月6日(水)リニューアル


一番搾り スタウト


「それはスタウトじゃないでしょ!」とビールのスタイルについて突っ込まれていた
一番搾りスタウトですが、下面発酵酵母から上面発酵酵母に変更し、本当のスタウトになります。
飲食店やスーパーなどの量販店で「ホットスタウト」を冬の新しい楽しみ方として展開する、
とのことで、夏はフローズン、冬はホット、というビールの新しい形を広めるきっかけになるかも。
「一番搾りビールゼリーチョコレート」とセットにして販売する
「一番搾りチョコと楽しもう!おうちでホットスタウトセット」も登場するとのことですよ。


キリン 濃い味 DELUXE(デラックス〉(新ジャンル) 2月20日(水)


キリン 濃い味〈DELUXE(デラックス)〉


アルコール6%の飲みごたえに、カラメル麦芽による濃い味らしい香ばしい風味と、
チェコ産ファインアロマホップの上質で穏やかな苦味でしっかりとしたボディ感と余韻が
感じられる豊かな味わいに仕上げたそうです。しっかりとしたボディ感で
デラックスといえば、あの方ですが、CMに登場したりするのでしょうか…


サントリー
グラン ドライ(新ジャンル) 3月26日(火)新発売


サントリー グラン ドライ


“ノドにグッとくる強い刺激と飲みごたえ”を徹底的に追求した、とのことですが、
生産終了となったマグナム ドライの後釜、といった感じなのでしょうか…
サントリーはプレミアムモルツの売り上げがキリンラガーを抜いて好調とのことですが、
他のビール系の新商品に関しては、あまり振るっていない印象もあります。


ということで、各社それぞれのビールが出てきますが、
お花見もありますし、コンビニ限定のビールなんかも出てくるのではないでしょうか。
いずれにしても、おいしく、そして楽しいビールを飲めるように、
健康第一で楽しんでいきたいと思います!