生ビールブログ

ビールに関するブログです。おいしいお店、ビールの情報、ビアガーデン、ビール美人、つまみレシピ、豆知識…

タグ:IPA

沖縄の南都酒造所のビール、OKINAWA SANGO BEER(オキナワサンゴビール)のIPAをいただいた感想レポートです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

沖縄・南都酒造所が醸造するビールが昨年秋にリニューアルとなりました。以前はニヘデビール(沖縄の方言でありがとうを表す「にふぇーでーびる」にかけたもの)だったのですが、リニューアルしてサンゴビールとなりました。ロゴもラベルも変わったのですが、そんなリニューアルビールのIPAをいただきました。

沖縄 OKINAWA SANGO BEER IPA

いただいてみると、ホップの香りよりも苦味とモルトの個性を感じました。アメリカンなIPAではなく、イングリッシュなIPAに近い印象です。ゴクゴク飲んでもいいですが、それよりも何か食事と合わせたい、それこそ沖縄料理のてびちあたりと合わせると美味しそうだなぁ、と思いました。

ただ、公式なコメントによると…
IPA に使用される大量のホップはハーブの一種で種類によって独特の香りを持ち、ホップの香りを抑えた「イングリッシュ IPA」とホップの香りを強調した「アメリカ ン IPA」に分かれます。
本商品は、IPA 市場で一番人気がある「アメリカン IPA」スタイルをベースに柑橘系の香りのするホップを大量に使用し、爽やかな香りを強調しながらも、
となっているので、このボトルがちょっと個性的だったのかもしれません。

もしくはコーラルウォーターを使用することで、水が硬水に近くなっているのかな、とか。ちなみにコーラルウォーターというのは…

コーラルウォーター

とのことで、ミネラル豊富な硬い水を想像してしまうのですが、どうでしょうか?

沖縄に旅行に来る時には、南都の施設「おきなわワールド」をはじめとするいくつかの店舗で樽生も飲めますので、IPA好きな方はぜひ飲んでみていただければと思います。

[関連リンク]
OKINAWA SANGO BEER(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

アメリカ・ハワイのブルワリー KONA BEER (コナビール)のキャスタウェイ IPAをいただいた感想レポートです。夏にびったりのフルーティーで飲みやすいIPAです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカ・ハワイのビールといえば、KONA BEER(コナビール)が有名ですが、そのコナビールのIPAをいただきました。ハワイアンスタイルのIPA、キャスタウェイ IPAです。

アメリカ KONA BEER キャスタウェイ IPA

ハワイアンスタイルってどんなかな〜、と思って飲んでみたんですが、華やかでフルーティーな香りに加えて、程よい苦味が夏にピッタリのビールでした。カラッとした暑い気候、時折吹く涼しい風を感じながら、ハンバーガーやフライドチキンを食べつつ、このビールを飲む… なるほど、これはハワイの気候にピッタリ、最高です! アルコール度数は6%ですが、パイントグラスでたっぷりと、グイグイ飲みたいビールだと思いました。

日本の梅雨時期だと、もう少しじっくりと飲めるビールがいいかもですが、梅雨明けしたらハワイのビールの出番ですね。Amazonやカクヤスでも手に入る、比較的入手しやすいビールですし、パッケージも味も受け入れやすいと思いますので、夏のホームパーティー等にぜひ用意してみてはいかがでしょうか?

[関連リンク]
Kona Brewing Company(公式サイト)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

アメリカ西海岸のブルワリー Firestone Walker(ファイアストーンウォーカー)の UNION JACK IPA(ユニオンジャック アイピーエー)をいただいた感想レポートです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

久しぶりにどっしりとしたIPAらしいIPAをいただきました。アメリカ西海岸のブルワリー Firestone Walker(ファイアストーンウォーカー)の UNION JACK IPA(ユニオンジャック)です。

アメリカ Firestone Walker Brewing UNION JACK IPA

いただいてみると、しっかりとした苦味とホップの香りを感じます。アルコール度数7.5%の飲みごたえも手伝って、「IPAってこれだよこれ!」と久しぶりにガツンとくるIPAを飲んだ気がしました。

ユニオンジャックという名前ですが、イングリッシュIPAのようでもなければ、ウエストコーストだけでもない、ほどよいバランスで、しかもパワフルにキャラクターが設計されているようです。もちろん、日々進化はしているんでしょうが、僕がIPAにハマったころのIPAのような、ちょっと懐かしくもある美味しいビールでした。

ほんと、アメリカの西海岸には美味しいビールが多いですね。ストーン、グリーンフラッシュ、ピッツァポート、そしてファイヤーストーンウォーカー… 現地に行ったら何を飲めば良いのか、優先順位がわからなくなりそう、というか、IPAばっかり飲んでIPAに飽きたりしそうだよなと。いやはやいやはや。

[関連リンク]
Firestone Walker Brewing(公式サイト)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

信州のブルワリー・玉村本店 志賀高原ビールの「ゆるブルWheat」をいただいた感想レポートです。醸造責任者の佐藤さんによるブログ「ゆるブル」の10周年を記念して造られたビールは、ホッピーなウィートエールでした。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

毎日書き続けて10年を迎えたビールのブログがあるのをご存知でしょうか? 志賀高原ビールの醸造責任者・佐藤さんのブログ「ゆるブル」です。

そして、ゆるブルの10 周年を祝う特別版の Wheat Ale がこの「ゆるブルWheat」です。
初回の投稿時、「小さい頃から、日記を書くという決意が一度も続いたことがない」と書いたのですが、そんなぼくにとっては、まさに快挙!
というわけで、「ゆるブル」10 周年を勝手に祝う特別版の Wheat Ale をつくっちゃいました。
なんと「ゆるブル」10周年!!快挙 (!?) を勝手に祝って「ゆるブルWheat」発売です!!

玉村本店 志賀高原ビール ゆるブルWheat

いただいてみると、ホップの華やかな香りが素敵なウィートエールで、苦味もしっかり感じられます。下手なホワイトIPAよりも苦味を感じますが、ドリンカビリティは悪くないです。お祝いで造られただけあって、華やかではありますが、志賀高原のビールらしくホップの苦味もしっかりとある、納得のビールでした。

残念ながらこのビール、発売してすぐに売り切れてしまったそうです。しかも、ブログでしか告知していないのに… 日本で一番ビールを売っているブログは「ゆるブル」かもしれません。(もしくはサンクトガーレン…?)

今回はブログ10周年の記念ビールでしたが、こういったアニバーサリーなビールをどんなレシピで造るのかというのも、ブルワーやブルワリーの特徴が出ているようで面白いですね。佐藤さん、15周年、そして20周年も期待してます!

[関連リンク]
ゆるブル(ブログ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

秋田県・あくらビールの「なまはげIPA」をいただいた感想です。アメリカンとイングリッシュの間のIPAという感じで楽しめました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

秋田のブルワリー あくらビールのIPA「なまはげIPA」をいただきました。引剥されたようなデザインのラベルでなんともワイルドです。ニュージーランド産の2種類のホップ(モトゥエカ・ネルソンソーヴィン)を使って造られたビールとのことです。

あくらビール なまはげIPA

いただいてみると、ほどよくフルーティーな香り、そして苦味とモルトの旨みを感じます。アメリカンでもなく、イングリッシュでもなく、という感じで(まさに秋田!?)、先日いただいたWild Beer の BIBBLE とも近い印象ですが、こちらの方がもったりとした印象でした。これは好みだと思いますが、料理と合わせるならこちらの方がいいのかなぁ…

ラベルのデザインやネーミングも含め、お土産に良さそうですが、それ以上に楽しめそうな「なまはげIPA」でした。ビール好きな方へのおみやげにオススメです!

[関連リンク]
あくらビール(公式サイト)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

イギリスのブルワリー Wild Beer Co(ワイルドビア)のちょっと変なIPAをいただきました。EVOLVER IPA(エヴォルヴァー アイピーエー)というビールです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

個人的に注目しているイギリスのブルワリー Wild Beer Co(ワイルドビア)のちょっと変なIPAをいただきました。EVOLVER IPA(エヴォルヴァー アイピーエー)というビールで、サワーエールで使用されるブレタノマイセス酵母を使って発酵させたIPAなんだとか。

イギリス Wild Beer Co EVOLVER IPA

いただいてみると、酸味は感じず、渋みのようなものを感じるIPAと言ったところでしょうか。率直に「美味しいか?」と聞かれると、ちょっと戸惑っちゃうビールではあります。IPA感はあるんだけどなぁ…

IMG_1131

ボトルの裏の解説を見てみると、最初の3ヶ月はフレッシュなペールエールのような感じで、6ヶ月経つといろいろな風味の化合物が輝き始めるとのこと。僕が飲んだのは3ヶ月以内のビールでは無さそうだけど、これからさらに変化するのでしょうか。Evolver = 進化、そんな名前のビールですし、このビールは2本買っておいたのですが、正解でした。

イギリス Wild Beer Co EVOLVER IPA ✕2

夏になったらもう1本を飲んでみようと思います。今回の印象からだいぶ変わるんだろうか…

我が家の冷蔵庫に眠るWild Beer Co のビールはあと3本…

Wild Beer Co のビール

[関連リンク]
Wild Beer Co(公式サイト)
ワイルド・ビア|正規輸入代理店(公式サイト)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

イタリアのブルワリー Birrificio Rethia(ビリフィーチオ レーツィア)のアメリカンIPA JET-LAG(ジェットラグ)をいただきました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

イタリアのブルワリー Birrificio Rethia(ビリフィーチオ レーツィア)のアメリカンIPA JET-LAG(ジェットラグ)をいただきました。このブルワリーのビールは初めていただきます。

イタリア RETHIA JET-LAG American IPA

グラスに注いでみると、かなり濃いビールなのがわかります。アメリカンIPAとのことですが、飲んでみるとホップの香りよりもモルトの風味の方が強いです。ラベルには「麦芽のうまみとホップの苦味を力強く感じるビール。麦芽由来の樹木や焙煎香、ホップが作り出す華やかな柑橘香を感じます。」と書かれているので、本来はホップの香りもあったのだと思いますが、日本に旅をしてくるまでに飛んでしまったのでしょうか。

イタリア RETHIA JET-LAG American IPA 輸出用?

上記同様、ラベルには「直射日光を避け、20℃前後の温度変化の少ない場所で保存」「6℃から10℃にに冷やしてからお召し上がりください」と書かれています。このあたりにホップの特徴が飛んでしまった理由がありそうですね。LOTTO の表記がどのタイミングの日付かわかりませんが、2016年7月というのも随分前に感じますし、ジェットラグ(時差ボケ)という名前が皮肉に感じられるほどです。これは現地で飲んでみないと、ですね。

250ml のボトルで約400円という価格なので、このクオリティでしか輸入できないとなると、ビール好きに受け入れられるのは難しいかもしれません。RETHIAのビールは他にもペールエールやベルジャンホワイト等も輸入されているようですが、そちらはどうでしょうか。

[関連リンク]
Birrificio Rethia(公式サイト)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

アメリカ・サンディエゴのブルワリー Karl Strauss(カールストラウス)の Aurora Hoppyalis IPA(オーロラホッピアリス)をいただきました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカ・サンディエゴのブルワリー Karl Strauss(カールストラウス)の Aurora Hoppyalis IPA(オーロラホッピアリス)をいただきました。ライトイエローなビールは、グラスに注ぐとフルーティーなホップの香りが漂います。

アメリカ Karl Strauss AURORA HOPPYALIS IPA

いただいてみると、フルーティーなホップの香り、そして程よい苦味を味わえます。先日いただいた Sierra Nevada の GOLDEN IPA と同じように小麦を使っているためか、飲み口はフルーティーかつジューシーな風味も感じられて、ゴクゴク飲みたくなります。印象としてはこちらの方がクリアなので、いろいろなシチュエーションで楽しめそうです。

ホップをたくさん添加して、ジュースのような「ジューシーさ」が楽しめる New England IPA が話題になりつつありますが、小麦を使い、飲み口もフルーティーにした IPA は、本来の IPA(の楽しみ方)の先にあるような気がして個人的に好みです。2012年にサンディエゴに行った時に飲んだ Centurion IPA もライトイエローでクリアな IPA でしたし、どうやら僕の好みはこのあたりにあるようです。またサンディエゴに行って飲みたいなぁ。

[関連リンク]
AURORA HOPPYALIS IPA(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

アメリカ・ノースカロライナのブルワリー Sierra Nevada Brewing(シエラネバダ ブルーイング)の限定ビール GOLDEN IPA をいただきました。柑橘系の香りが素晴らしい、美味しいビールでした。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカ・ノースカロライナのブルワリー Sierra Nevada Brewing(シエラネバダ ブルーイング)のGOLDEN IPA をいただきました。

アメリカ Sierra Nevada Brewing BEER CAMP® GOLDEN IPA

飲んでみると、柑橘系の素晴らしい香りとフルーティーな味わいを感じられます。小麦麦芽を使ったIPAとのことですが、フルーツは入っておらずホップだけでこのジューシーさを出しているってのは信じられないくらい、すごいフルーツ感です。クリアな感じというよりは、ホップの果実(ってのがあったとして)を絞ったようなジューシーさがある印象です。アルコール度数は6.5%でアルコール感はありませんし、柑橘系の香りが好きな人だったら、いつ飲んでもいい、超絶オススメのIPAとなっています。

さて、このビールはシエラネバダ ブルーイングが企画する BEER CAMP の一環で造られた限定ビールなのです。BEER CAMP はいろいろなブルワリーとのコラボレーションでスタイルにこだわらない多くのビールを造ったり、そのビールを携えてアメリカの8つの都市でイベントをするんだそうです。



コラボレーションブルワリーに、日本からは常陸野ネストビールでおなじみの木内酒造が参加していて、柚子を使ったホワイトIPAを醸造したのだとか。他のブルワリー(エイブリーやニュージーランドのガレージプロジェクトも!)のビールも面白そうなものばっかりです。これ、どうにかして、フルセットが日本で手に入らないものでしょうか…

[関連リンク]
Sierra Nevada Brewing Co.(公式サイト)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

アメリカ Epic Brewing Company の Tart 'n Juicy Sour IPA(タート・ジューシー・サワーIPA)をいただきました。サワー(酸っぱいビール)でありつつ、IPAという謎なビールです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカにはいろいろなブルワリーがあり「なにそれ!?」というようなビールも多いのですが、今回はそんなビールをいただきました。ユタ州の Epic Brewing Company の Tart 'n Juicy Sour IPA(タート・ジューシー・サワーIPA)です。サワー(酸っぱいビール)でありつつ、IPAという謎なスタイルなのですが、果たしてどんな味わいなのでしょうか。

アメリカ Epic Brewing Tart 'n Juicy Sour IPA

香りはフルーティーですが、飲んでみると酸味、そして苦味を感じます。まさに、サワーエールとIPAの特徴をハーフ&ハーフで併せ持ったビールです。美味しいかと言われると「まずくはない…」という感じでしょうか。酸味も含めフルーティーな味わいもあるんですが、ん〜、まずくはないです。アルコール度数は4.5%と低めですし、飲みづらいわけではないんですけど… 頭(もしくは舌)が混乱しているんでしょうか。

Epic Brewing のサイトを見ると、パイントグラスで飲むことをオススメしていますので、グイっと飲む感じでいいんでしょうかね。アルコール度数を低くしたセッションIPAがありますが、概念だけで考えたらセッションIPAってこんなビールなのかもしれないなぁ、という気もしました。ともかく、世界でも珍しいユニークなビールだと思いますので、いろいろなビールを飲みたいという方はもちろん、まだサワーエールにハマっていないという方にも飲んでみてもらいたいビールです。

[関連リンク]
Epic Brewing Company(公式サイト)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

信州・長野のブルワリー、志賀高原ビールの「其の十 / NO.10 Anniversary IPA」をいただきました。アルコール度数は7.5%と低くは無いんですが、香りを楽しみたくてスイスイと飲めちゃう素晴らしいビールでした。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

信州・長野のブルワリー、志賀高原ビールの「其の十 / NO.10 Anniversary IPA」をいただきました。2014年、志賀高原ビールの十周年記念として醸造されたビールで、同社の10番目のIPAでもあるそうです。以前、シンガポールでいただいたのですが、とても美味しかったので日本でも改めて…

志賀高原ビール 其の十 / NO.10 Anniversary IPA

日本で飲んでもやはり美味しかったです! まず感じるのが素晴らしい香り。苦味もしっかりとあるとは思うんですが、それを忘れてしまうくらい、フルーティーかつ上品な香りを感じます。それでいてスッキリとした飲み口で、すぐに次の一口を飲みたくなってしまいます。酒米・美山錦を使っているそうですが、このスッキリ感は美山錦由来のものなのでしょうか。

志賀高原ビールのグラスがあったので、それを使ってみましたが、このビールはもうちょっと香りを楽しめるグラスの方がいいかな、ということでワイングラスでもいただいてみました。

グラスをかえて…

ワイングラスだと香りの特徴がさらに際立ちます。今まで飲んだビールの中でベスト、と言っても過言ではない素敵な香りです。アルコール度数は7.5%と低くは無いんですが、香りを楽しみたくてスイスイと飲めちゃう素晴らしいビールでした。これは多くの方に飲んでもらいたい… オススメです!


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 ヤッホーブルーイングがアメリカ向けに開発したクラフトビール、 SORRY UMAMI IPA(ソーリー ウマミ アイピーエー)が全国のローソンで 数量限定発売、ということで、早速いただいてみました。 こちらのビール、アメリカ限定ということで話題になりま ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ヤッホーブルーイングがアメリカ向けに開発したクラフトビール、
SORRY UMAMI IPA(ソーリー ウマミ アイピーエー)が全国のローソンで
数量限定発売、ということで、早速いただいてみました。
こちらのビール、アメリカ限定ということで話題になりましたが、
それ以外にも、「かつおぶし」が入っているってことも話題でした。

ヤッホーブルーイング SORRY UMAMI IPA(ソーリー ウマミ アイピーエー)

いただいてみて感じるのは、というか、鰹節の香りや味わいは感じません。
旨み、という点でもなかなかよくわからないのですが、普通に飲んで
美味しいビールだと思います。ただ、旨みだったり、IPAだったり、
そう思って飲むと、物足りない気もがするのも事実かなぁ、と。

IPAがが飲みたい時に飲んだら物足りないですし、旨みと云われたら
ミッケラーの UMAMI の方が断然、納得感があるんですよね…。
原材料に、コリアンダーシードやオレンジピールも入っていますが、
その風味も薄いので、そういう意味では「がんばったビール」と言える、のかなぁ。

でも、アメリカで売り出すことを考えたら、鰹節はキャッチーですし、
その上でこれだけの完成度って、称賛に値するのではないでしょうか。
IPAとか鰹節とかいろいろ気にしなければ、美味しいビールだと思います!

with dry bonito

アメリカ向けということで、パッケージ裏側の説明は英語です。
I'm sorry.I did't ask you what you like. ってことで、
好みなんて聞いてないぜ、ってやつですね。
…そうか、好みなんて聞いてないんでした! これでいいのだ!
さすが傾いたビールです。ここまで傾けるビール、日本ではなかなか無いかも!?

[関連リンク]
ヤッホーブルーイング(公式サイト)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 アメリカのブルワリー Alpine Beer Company(アルパインビアカンパニー) の WIPAをいただきました。名前は Pure Hoppiness(ピュアホッピネス)… 純粋なホップ的幸福、という感じでしょうか。アルパインビアカンパニーは サンディエゴのブルワリーで ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカのブルワリー Alpine Beer Company(アルパインビアカンパニー) の
WIPAをいただきました。名前は Pure Hoppiness(ピュアホッピネス)…
純粋なホップ的幸福、という感じでしょうか。アルパインビアカンパニーは
サンディエゴのブルワリーですが、同じくサンディエゴのブルワリーである
グリーンフラッシュから2014年に買収されています。

アメリカ Alpine Beer Company Pure Hoppiness

飲んでみると、さすがというか、なるほどというか、ホップのグラッシーな
苦味が個性的なおいしいIPAでした。グリーンフラッシュのWIPAは
柑橘系の香りも漂いますが、それよりも草寄りな香りを感じます。
ここは好みになりますが、美味しいWIPAであることには変わりありません。

アメリカでどれだけ流通しているのかとか、グリーンフラッシュとの価格差が
どんなものなのかはわかりませんが、選択肢としてこのビールがあるのは
素敵なことだと思います。まあ、個人的には柑橘系の香りが好みなので、
このビールをファーストチョイスにすることは無いのかな、と思いますが…
草っぽい香りや苦味が好きな方にはオススメのビールです。

[関連リンク]
Alpine Beer Company(公式サイト)
Alpine Beer Company Pure Hoppiness(RateBeer)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 3年前にSARANACのWHITE IPAを飲んで以来、美味しいホワイトIPAを 探していたんですが、やっと出会えました。同じアメリカのブルワリー、 Sierra Nevada Brewing(シエラネバダブルーイング)の Hoppy Wheat IPA です。 JR東京駅八重洲地下街のリカー ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

3年前にSARANACのWHITE IPAを飲んで以来、美味しいホワイトIPAを
探していたんですが、やっと出会えました。同じアメリカのブルワリー、
Sierra Nevada Brewing(シエラネバダブルーイング)の Hoppy Wheat IPA です。
JR東京駅八重洲地下街のリカーズハセガワ本店で購入しました。

Sierra Nevada Brewing Hoppy Wheat IPA

グラスに注ぐとフローラル&フルーティーな香りが漂います。
飲んでみると、苦味はあるけど、エグ味はありません。
香りと苦味のしっかりとしたビールで、喉にもスムースに入ってきます。

いろいろと濃いIPAを飲んでいると、飽きちゃうこともあると思いますが、
これであればずっと楽しみながら飲めるだろうなぁ、と思います。
アルコール度数は6.2%と若干高めですが、肉感の強いハンバーガーと一緒に、
ゴクゴク飲みたいIPAですね。ホッピーウィートIPA、期待通りの美味しさです!

かなりきれいなビールではありますが、フレッシュホップというか、
とれたてのホップを使ったバージョンも飲んでみたいなぁ、と思いました。
来年の今頃、ポートランドで飲めていたら幸せだなぁ。

[関連リンク]
Sierra Nevada HOPPY WHEAT IPA(公式ページ)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 オリオンビールのクラフトシリーズ第3弾が発売されました。 今回はセッションIPA、その名もRyukyu Session(琉球セッション)です。 まさか大手メーカー発のセッションIPA、オリオンが二番手になるとは… グラスに注ぐと心地よいフルーティーなホッ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

オリオンビールのクラフトシリーズ第3弾が発売されました。
今回はセッションIPA、その名もRyukyu Session(琉球セッション)です。
まさか大手メーカー発のセッションIPA、オリオンが二番手になるとは…

オリオンビール 琉球セッション

グラスに注ぐと心地よいフルーティーなホップの香りがします。
飲んでみるとそれに加えて、ジューシーな、甘みのような味わいが
ある気がします。原材料は麦芽とホップだけなので、フルーツのような
甘さがあるとは思えないんですが、柑橘系の香りと苦味から
脳が甘さもあるんじゃないかと、空白を埋めているのかもしれません。

いずれにしても、苦味よりもホップのフルーティーさが前に出ていて、
面白いセッションIPAになっています。個人的には、もっと苦味が
ほしいところですが、ビールファンの評価も得つつ、さらに多くの人に
ウケることを考えれば、この感じなのかなぁと思いました。

こちらは缶の裏側の説明です。なんだかちょっとモヤッとするのは、
「捜せ!をテーマに」とか「Projectが活動中」とか、言い回しのせいでしょうか。

オリオンのクラフトビール

オリオンビールはこの2年間、毎年一商品の割合でクラフトプロジェクトのビールを
醸造&販売していて、毎年10月に行われる「沖縄の産業まつり」では樽生の
ビールが飲めるんですよね。今年もお祭りがありますが、そこで樽生は
リリースされるのでしょうか? このビールだったら違いがわかりやすいし、
沖縄の人たちにも、従来のビールとは違う魅力を伝えられる気がします。
何より苦味が少なく、フルーティーな香りが特徴というのがいいですね。
もしかしたら、沖縄にたくさんのホップヘッドを生み出すブレイクスルービールに
なるかもしれない琉球セッション… これは期待です!

[関連リンク]
オリオンビール Ryukyu Session(公式ページ)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 アメリカ・サンディエゴのブルワリー BALLAST POINT Brewing の Grapefruit Sculpin(グレープフルーツ スカルピン)をいただきました。 BALLAST POINT のスカルピンIPA といえば、IPA の中でも 定番といえる美味しいビールですが、そのグレープフルー ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカ・サンディエゴのブルワリー BALLAST POINT Brewing の
Grapefruit Sculpin(グレープフルーツ スカルピン)をいただきました。
BALLAST POINT のスカルピンIPA といえば、IPA の中でも
定番といえる美味しいビールですが、そのグレープフルーツ版です。

アメリカ BALLAST POINT Brewing グレープフルーツ スカルピン

グラスからは、フルーティーなホップに加えて、グレープフルーツの
いい香りが漂います。飲むとさらにグレープフルーツの皮のような
渋みも感じることができます。IPA ですし、決して甘いビールではありませんが、
たしかにグレープフルーツを感じる美味しいビールです。
アルコール度数は7%なんですが、強すぎず弱すぎずな感じもいいですね。

バラストポイントのビールは、この他にもパイナップルやハバネロを使った
スカルピン IPA や、スイカやマンゴーを使ったビールもあります。
これがどれもしっかりとフルーツの香りがして、ビールともマッチしていて
美味しいんです。スイカもなかなかでしたが、グレープフルーツがベストでした。
このビール、オススメです! IPA 好きでまだ飲んでいないという方はぜひ!

ラベルずれてる

そういえば、今回買ってきたボトルはめっちゃラベルがずれていました。
なかなか珍しい気がするのですが、いかがでしょうか?



[関連リンク]
BALLAST POINT Brewing(公式サイト)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 昨年の夏に発売されたグランドキリンの夏バージョン、ギャラクシーホップが今年も発売となりました。GALAXYHOP -2016 SESSION IPA-です。 昨年と同じように今年もフルーティーで飲みやすいビールです。セッションと云えども、IPA としてはちょっと ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

昨年の夏に発売されたグランドキリンの夏バージョン、ギャラクシーホップが今年も発売となりました。GALAXYHOP -2016 SESSION IPA-です。

グランドキリン GALAXYHOP -2016 SESSION IPA-

昨年と同じように今年もフルーティーで飲みやすいビールです。セッションと云えども、IPA としてはちょっと物足りないというか、もう少しホップの苦味を感じたいところではあります。

ところで公式ページでは、このビールのキャッチコピーに「ひさびさのアロエジェルを、買い忘れた夏の宵」とありました。(AD GALLERY で4パターン見られるうちのひとつです)

「ひさびさに」ではなくて「ひさびさの」アロエジェル、ということは、夏のはじめだから買っておかないといけないアロエジェルを久しぶりだったから忘れちゃった、そんな夏のはじめに飲むビール… ってことですかね。ちなみに、裏のラベルは…

GALAXYHOP -2016 SESSION IPA- 説明

広野に輝く、溢れんばかりの星々のように華やかな香りを実現、とあります。キリンのクラフトマンシップ&手作り感というのはポエムなのか、とちょっと不安になるコピーです。広野に輝く、溢れんばかりの、星々のように、華やかな、って中学生が夜に書いた手紙みたいじゃないですか? このコピーが響く層に売ろうとしている、ということなのでしょうか。う〜む。

[関連リンク]
キリンビール グランドキリン(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 映画SRサイタマノラッパー、NHK Eテレ シャキーン等でおなじみ、 ビール好きな宇都宮出身双子のラッパー「P.O.P(ピーオーピー)」と 「ろまんちっく村クラフトブルワリー」のコラボボールをいただきました。 P.O.P について、まずはこちらをご覧くだ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

映画SRサイタマノラッパー、NHK Eテレ シャキーン等でおなじみ、
ビール好きな宇都宮出身双子のラッパー「P.O.P(ピーオーピー)」と
「ろまんちっく村クラフトブルワリー」のコラボボールをいただきました。
P.O.P について、まずはこちらをご覧ください。
伯方の塩♪ コーーージマ♪ 富士〜サファリパーーーク♪



そんな P.O.P とのコラボビール、ラベルも双子になっています。
中身は同じ BEER SO GOOD!、セッションIPA とのことです。
あ、写真のポジション、逆にしちゃってますね。すみません。

ろまんちっく村クラフトブルワリー BEER SO GOOD!

さて、グラスに注いで飲んでみると、フルーティーなホップの香りが弾けます。
柑橘系、というよりもパッションフルーツだったりメロンのような南国系、
トロピカルな香りです。セッションIPA なこともあって、飲み口は軽く、
夏の野外のライブとかでゴクゴク飲みたい、そんな味わいです。
ここまでトロピカルなフレーバーは初めてですが、美味しいですね!
そして個人的には、ろまんちっく村クラフトブルワリーのビールでベストでした。

セッションIPA

こちら、残念ながらすでに通販では完売しており、あとは宇都宮のお店でしか
買えないようです… 宇都宮に行かれた際には餃子を食べた後で
ぜひとも、このビールを探してみてほしいと思います。

たのしいことばかりありますように!

たのしいことばかりありますように!

[関連リンク]
オリジナルビール「BEER SO GOOD!」を発売!(P.O.P 公式ページ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 アメリカ・サンディエゴの Mike Hess Brewing のダブルIPAを いただきました。こちら、ただのライ麦を使ったダブルIPAで アルコール度数は8%、苦味を表わす数値は 100 IBU となっています。 グラスに注ぐと、IPAらしくホップのフルーティーな香り ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカ・サンディエゴの Mike Hess Brewing のダブルIPAを
いただきました。こちら、ただのライ麦を使ったダブルIPAで
アルコール度数は8%、苦味を表わす数値は 100 IBU となっています。

アメリカ Mike Hess Habitus Double IPA

グラスに注ぐと、IPAらしくホップのフルーティーな香りが漂います。
飲むとしっかり苦いのですが、その先にふんわりと甘みがあり、
ゆっくりと飲むのにいいビールだなぁ、と思いました。
あまり冷やし過ぎずに、映画でも見ながらじっくり飲むと、味わいの変化も
楽しめて良さそうです。IPA好き、ライビール好きには自信を持って
オススメできる、美味しいビールです。

今回は缶でいただきましたが、樽生だとどうなるんだろう。フレッシュな感じが
出ていると、ビールの雰囲気が変わっちゃう気がしますが… 興味深いところです。

World Beer Cup 2014 金賞受賞

さて、このビール、World Beer Cup 2014 のライ麦ビールカテゴリーで
金賞を受賞したビールで、美味しいのは確かなのですが、
それよりも気になったのがプルトップです。これ、わかりますでしょうか?

ちょっと変わったトップ

プルトップをひねるとパッカーン!

パカーン!

と、蓋の部分が大きく取れます。そのまま飲む、ということなのか、
それとも注ぐ時に泡が立たない仕掛けなのか、設計の意図はわかりませんが、
どちらにしてもこのビールに向いていると思いました。
日本でもワンカップの瓶を茶色にしたり、そんな感じでいろいろな
パッケージが出てきたら面白いなぁ、と思いました。

[関連リンク]
HABITUS DOUBLE INDIA PALE ALE(公式ページ)
Mike Hess Habitus Rye IPA(Ratebeer)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 ウェールズのタイニー・レベルのビール「HADOUKEN」をいただきました。 ハドーケン、そう、あの波動拳です。格闘ゲーム・ストリートファイターの 技のひとつですね。ラベルには波動拳のコマンドがデザインされています。 グラスに注ぐと、AMPLIFIED ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ウェールズのタイニー・レベルのビール「HADOUKEN」をいただきました。
ハドーケン、そう、あの波動拳です。格闘ゲーム・ストリートファイターの
技のひとつですね。ラベルには波動拳のコマンドがデザインされています。

ウェールズ TIny Rebel HADOUKEN

グラスに注ぐと、AMPLIFIED(増幅した)IPA の名の通り、しっかりとした
ホップの香りが漂います。飲んでみても、フルーティーな香り、そして
ガッツリとした苦みを感じます。IPA の中でも強めの IPA ですね。
アルコール度数は7.4%ですが、甘味はそこまで感じず、
とにかくホップが楽しめる IPA になっていると言えるでしょう。
IPA が好きという方であれば、ストライクなビールじゃないかと思います。

それだけにどうしても、ラベルだったり、ビールの名前について
いじりたくなってしまいます。(味に関しては間違いないので…)

ウェールズ TIny Rebel

ストリートファイターというゲームの中で、波動拳という技は
最初こそ必殺技という感じでしたが、最近のシリーズでは、
「とりあえずビール」ってくらいに必殺技感は無くなっています。
ってことを考えても、このビールの名前は昇竜拳の方が
良かったんじゃないか、なんてことも思いますが、
きっと世界中のビール&ゲームファンから突っ込まれているんだろうなぁ…

タイニーレベルのビール

ちなみに、タイニー・レベルのビールには、RYU だったり、
ダブルドラゴン(京都醸造とのコラボ!)だったり、
ソニックブームというものもありました。アクションゲーム好きなのかな?
公式サイトのソースにも、タイニー・レベル感が出ていていいですね。

[関連リンク]
Tiny Rebel Brewing(公式サイト)
TIny Rebel Japan|タイニー・レベル・ジャパン|正規輸入代理店(公式ページ)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote