生ビールブログ

ビールに関するブログです。おいしいお店、ビールの情報、ビアガーデン、ビール美人、つまみレシピ、豆知識…

タグ:ベイエリア在住

サンフランシシコ・ベイエリアからチアーズ♪ こんにちは。サンフランシスコ・ベイエリア在住のシサロンです。 かなり月日が経ってしまいましたが、SF Beer Week の最終日、 SF Beer Weekに参加したブリューワリーが一堂に会する 閉会パーティーに行ってきました。当日チケ ... 続きを読む
サンフランシシコ・ベイエリアからチアーズ♪
こんにちは。サンフランシスコ・ベイエリア在住のシサロンです。

かなり月日が経ってしまいましたが、SF Beer Week の最終日、
SF Beer Weekに参加したブリューワリーが一堂に会する
閉会パーティーに行ってきました。当日チケットは80ドル、
それでも毎年完売してしまうという大人気のイベントですが、
Bay Area Beer Socials の案内で45ドルの前売りチケットをギリギリでゲット。
会場は、ドイツの老舗ビールメーカー Trumer Brauere のバークレー醸造所です。

バークレー醸造所


開場と同時にイベント会場に入ると、既に沢山の人。
人だかりができている列に行ってみると、
なんと Russian River の Pliny the Younger 2014 がサーブされているではないですか!
Pliny the Younger と言えば、春季限定のトリプルIPA(ホップの使用量が通常のIPAの3倍)で、
2週間に限り Russian River の醸造所のみでサーブされると言う
幻に近いビールです。今年も世界中のビールオタク15,000人余りが、
このビールを目当てに泊りがけで長蛇の列を作ったと言うニュースを見たばかり。
このイベントで何の前宣伝もなく惜しみなくサーブしている様子に、
半信半疑で「これ、本当にPliny the Younger?!」と聞いている人が
ちらほらいたのも無理はありません。初めて口にしましたが、
崇高なアロマと強いホップ力が完璧に調和した、
11%のアルコール度を全く感じさせない口当たりまろやかな逸品です。

Pliny the Younger 2014

イベント開催中の4時間にわたって、主催者のTrumerによる
ブリューワリーツアーが15分毎に開催されていました。
Trumerと言えばドイツピルスナーですが、カリフォルニア州のTrumerビール消費量は
米国最大規模だそうです。王道ドイツピルスナーを試飲しながら、
非常に丁寧でフレンドリーな説明を聞いていたら、すっかりTrumerファンになってしまいました。
最後の締めは、前々から楽しみにしていたTrumerピルスナーのクリーム入りドーナッツ♪
散々飲んで食べた後でしたが、3個はペロリといけました。

Trumerピルスナーのクリーム入りドーナッツ

余談ですが、会場までの交通手段に迷っていたところ、
日本にも最近上陸した高級タクシー配車サービス Uber
SF Beer Week 期間中、20ドル無料クーポンを配布していることを発見。
ベイエリアの飲んだくれをターゲットに、Uberアプリ利用者を劇的に増やすという意味で、
最適なプロモーションだったのではないでしょうか。

「カリフォルニア!地ビール飲み歩き」では、
ベイエリアで話題のビアバーや注目の地ビールを紹介しています♪
http://craftbeerca.blog.fc2.com/


サンフランシシコ・ベイエリアからチアーズ♪ こんにちは。サンフランシスコ・ベイエリア在住のシサロンです。 第1回 ビールオタクの夢が叶うイベントでご紹介した、 注目のブリューワリーRare Barrel。バークレーにある サワービール専門ブリューワリーですが、なんとポル ... 続きを読む
サンフランシシコ・ベイエリアからチアーズ♪
こんにちは。サンフランシスコ・ベイエリア在住のシサロンです。

第1回 ビールオタクの夢が叶うイベントでご紹介した、
注目のブリューワリーRare Barrel。バークレーにある
サワービール専門ブリューワリーですが、なんとポルシェから
テレビCMの撮影に使わせてほしいという打診があったそうです。

企画案は「スーツを着たブリューワーがポルシェに乗って通勤するシーン」。
Rare Barrel側が提示した撮影条件は「うちのブリューワーがスーツを着て
ポルシェに乗って通勤できるように、撮影後はスーツとポルシェを置いていくこと」。
結局、この企画案は流れたのですが、ベイエリアンの反応は
「でかした!」「良い宣伝になったのにもったいない」
「スーツを着たブリューワーなんて見たことない」などさまざまでした。

BayAreaBeer 2-1


さて、2月第2週はお祭り騒ぎの一週間、毎年恒例のSF Beer Weekです。
期間中の10日間、毎日100近いビールイベントがベイエリアのここかしこで開催されます。
イベント内容は、テイスティイング、フードペアリング、勉強会、
限定ビールのリリースなどさまざま。

今回は、メンバーになっているBay Area Beer Socialsからの案内で
「究極のビールテイスティングイベント(The Ultimate Beer Tasting Event)」に
行ってきました。40人の人数制限もあり、チケットはイベント6週間前に完売。
急遽、時間帯を変えて追加開催を決定したものの、こちらも即完売。
毎年たいへん人気なイベントです。

BayAreaBeer 2-2

主催のAmsterdam Cafeは、普段からビールのセレクションが好評で
ファンも多いサンフランシスコのビアバーです。
このイベントでは、最初にグラスとビールリストが渡され、
究極の40種類の樽生&ボトルビールを2時間一本勝負で試飲します。
6つのビールスタイル毎に(Wheat/Session, IPA/Pale,
Amber/Browns/American Strongs, Stouts/Porters,
Sours/Fruit, Belgians)6-8種類の逸品ビールを比較できることもあり、
真剣にメモを取りながら試飲している人も多かったのが印象的でした。

個人的に5つ星を付けた銘柄は、次のとおり。

Firestone XVII17th Anniversary (tap)
Peak Organic Espresso Amber (tap)
Goose Island Bourbon County Stout (tap)
Oud Beersel Geuze (bottle)

BayAreaBeer 2-3

この4銘柄とは別に、最も印象に残ったのはNew Belgium Le Terroir (tap)。
サワーエールなのに、IPA並みのホップの渋みとスモークビールを彷彿させる
燻製アロマ。ビールスタイルの常識なんてなんのその、
この斬新さを楽しまずにはいられない!と思わせてくれる出会いでした。

「カリフォルニア!地ビール飲み歩き」では、
ベイエリアで話題のビアバーや注目の地ビールを紹介しています♪
http://craftbeerca.blog.fc2.com/


サンフランシシコ・ベイエリアからチアーズ♪ はじめまして。サンフランシスコ・ベイエリア在住のシサロンです。 生ビールブログのゲストブログに参加してみたい!とタカバシさんに打診したところ、 快いお返事を頂き、時々お邪魔させて頂くことになりました。 ビールが絡ん ... 続きを読む

サンフランシシコ・ベイエリアからチアーズ♪


はじめまして。サンフランシスコ・ベイエリア在住のシサロンです。
生ビールブログのゲストブログに参加してみたい!とタカバシさんに打診したところ、
快いお返事を頂き、時々お邪魔させて頂くことになりました。
ビールが絡んだできごとをベイエリアからお届けします。
どうぞよろしくお願いします。


ベイエリア在住地ビールブログ


ベイエリアでは、ほぼ毎日、ビアフェスやビールイベントがどこかしらで開催されています。
今回は、メンバーになっているBay Area Beer Socialsからの案内で
「ビールオタクの夢が叶うイベント
(This event is a beer nerd's dream come true)」というフレーズに心ひかれ、
RateBeer Gallery II に行ってきました。主催のRateBeerはビールのSNSサイトで、
私もビールやブリューワリーの評価を見たい時によく利用します。
他にもUntappedBeerAdvocateというサイトがあり、
ベイエリアンはだいたいこの3つの何れかで
自分の飲んだビールのスコアを記録しているようです。


このイベントには、13のブリューワリーから24種類の銘柄が登録され、
参加者は、試飲したビールから上位3種類のビールに投票します。
それだけにブリューワーも気合いが入っていて、それはもうすばらしい自信作の勢ぞろい。
その他、ボトルビールのオークションあり、専門家のレクチャーあり、
ここまで内容の濃いビールイベントは初めてでした。


ビールに投票




続きを読む