生ビールブログ

ビールに関するブログです。おいしいお店、ビールの情報、ビアガーデン、ビール美人、つまみレシピ、豆知識…

タグ:ドイツ&チェコビール紀行

どうも、麦酒男です。 ドイツは地方ごとにビールのスタイルが違うんですね。例えば、 ケルンであればケルシュが地域のビールだったんですが、 フランクフルトでは、ビールではなく、りんごのお酒とのことでした。 ということで、りんごのお酒を楽しめるお店、Ebbelwoi Unse ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ドイツは地方ごとにビールのスタイルが違うんですね。例えば、
ケルンであればケルシュが地域のビールだったんですが、
フランクフルトでは、ビールではなく、りんごのお酒とのことでした。

ということで、りんごのお酒を楽しめるお店、Ebbelwoi Unserに行ってきました。
Ebbelwoi Unser は「私たちのアップルワイン」という意味でしょうかね…

フランクフルト Ebbelwoi Unser 店内

夕方に行ったんですが、店内はほぼ満席でギリギリ入れた感じでした。
英語版のメニューもあり、まったくわからない、ということはありませんでしたが…

Ebbelwoi Unser メニュー

スタッフのナイスガイがいろいろとオススメしてくれまして…
なんとなく、それに乗っかった感じでオーダーをしました。

ナイス・ガイ

まずはフランクフルトのお酒である、こちらで乾杯です。
ビール的なポジションのりんごのお酒、と聞いていたのですが、いわゆるシードル、
サイダー、りんご酒、ですね。炭酸は無いので、アップルワインというのが
わかりやすいかも。ビール的な要素は無いようでした。

サイダーで乾杯!

さて、オススメに従って、ふたつのフードメニューをいただきました。
まずはカツレツ! これはドイツに来たら食べたい居酒屋メニューでした。

カツレツ!

そして、ソーセージ的なものの盛り合わせです。

ソーセージ

3人で行ったので、適当にカットして取り分けたらいただきます!

カットして…

特に美味しかったのはカツレツで、サクサクの衣に加えて、
中のジューシーなお肉が美味しかったです。ビアバーのトンカツだったら
こういうのはありですよね〜。サッポロビール系のビアホールには、
カミカツがありますが、衣がサクサクなら、分厚くてもいいじゃないかと。

お肉がうまい!

アップルワインは炭酸入りのものも出してくれるということで、
そちらもお願いしました。これは発酵時にガスが発生する、というよりは
サーブする時に炭酸を加えている、というものでした。ハイボール的な?

炭酸入りのものもありました。

ビールもいいけど、少し酸味のあるアップルワインも食事がすすむ
いいお酒だと思いました。ビール的ポジションなのも頷けます。
が、一応ビールもいただこうということで、白ビールもいただきました。

白ビールも!

ピントが後ろのお皿に合っちゃってますけども…

終盤に先ほどのナイスガイがいくつかお酒をサービスしてくれました。
しかも、杏子が入ったものやブランデーなど強いお酒ばかり!

なんだか強いお酒

かなりいい調子に酔っ払ってお店をあとにしたのでした。
最後は美人のスタッフさんと一緒に記念撮影をして、さらにご機嫌に…

お店の美人スタッフと

ビールは少ししか飲まなかったけど、美味しいお酒にお料理、
そして、素敵なスタッフさんに楽しませてもらいました。いいお店でした!
フランクフルトに行ったら、ぜひアップルワインを試してみてください!

今日の一枚



マイン川が綺麗だった…

お店を出てもまだ夕暮れ… マイン川が綺麗でした!




[関連リンク]
Ebbelwoi Unser(TripAdvisor)
Ebbelwoi Unser Apfelweinwirtschaft(Facebookページ)


どうも、麦酒男です。 ビール好きですが、フーターズも大好きです。今回のドイツ&チェコ紀行では、 上海のHOOTERSも含めて、3つのフーターズに行きました。 ドイツ・フランクフルトのフーターズがその3店舗目になります。 フーターズがあるのは、若者の集まりそうなお ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ビール好きですが、フーターズも大好きです。今回のドイツ&チェコ紀行では、
上海のHOOTERSも含めて、3つのフーターズに行きました。
ドイツ・フランクフルトのフーターズがその3店舗目になります。

フランクフルト フランケンシュタイナー通り

フーターズがあるのは、若者の集まりそうなお店が並ぶフランケンシュタイナー通り。
パブやバーが多いですが、奥に進んでいくと…

ありました、フーターズ!

ありました、フーターズ!

フーターズ フランクフルト

早めの時間だったからか、お客さんはほとんどおらず、フーターズガールも
ひとり、というなんとも残念な感じでした… 店内が綺麗なだけに淋しいじゃないですか…

Frankfurter Hooters 店内

が、お話を聞くと、これからサッカーの試合があるので、お客さんが
どんどん集まって来るとのこと。中庭もあるし、イベントの時には
かなり大勢のお客さんが集まるんだろうなぁ…

中庭

ビールはいくつかありましたが、このお店のオフィシャルビールっぽい
Krombacher を飲んでみることにしました。

ビールメニュー

せっかくなので1リットルのジョッキでいただきました。
9.4ユーロなので、1,200円くらいでしょうか。チェコ・プラハのフーターズは
ビールが1リットルで500円弱でしたが、やはり変わるものですね…

Krombacher Pils

味は微妙ではありましたが、飲めないほどではない感じでした。好みでしょうか…

こちらのお店のスペシャルはハンバーガーのようで、いろいろなものがありました。
ブルーチーズバーガーってのは初めて見ました。他でもあるのかな?

バーガーメニュー

さて、食事もしないし、ビールも微妙となれば、楽しみなのはフーターズガール。
ということで、最初からひとりでフロアを任されていたフーターズガールと一緒に…

看板ガール?

この感じ! これぞフーターズガールです! 今更ですが、よく見たら
タンクトップにBOSTONって書いてある! ドイツじゃないのか〜!?

さて、サッカーの試合は19時からとのことですが、そこに向けて
お客さんたちも集まり始めました。横のテーブルの男性5人はイケメンだったなぁ。
みんなタイプの違う感じで、バランスが良かったのが印象的でした。

イケメンたち

そして、フーターズガールもこの時間に合わせて出勤となります。
が、ここで新しく加わったフーターズガールに僕の胸はときめいたのでした!

Hooters Girl

いや〜、美人だし、かわいいし、最高です! って、振り返ってみれば、
フーターズにたどり着いた時に、お店の前にいた女性じゃないですか!
(画像手前の背を向けている女性ですね。奥の女性もフーターズガールでした。)

ガールたち

いやぁ、なんだろう、なんかちょっと得した感じがしました。
ありがとうございました! ということで、美人のフーターズガールに
救われた気がしたフランクフルトのフーターズでした。

フーターズってメニューがどこも同じような感じなだけあって、
どんなフーターズガールがいるかで、かなりテンションが変わりますよね…
だからこそ、通いたい… そう思いながらお店を後にしたのでした。

[関連リンク]
Frankfurt Hooters.de(公式サイト)
Hooters(TripAdvisor)

どうも、麦酒男です。 黄金の虎でしこたま飲んだ後、ホテルに戻り寝てしまったんですが、 目が覚めると夜の9時… まだイケる! もう一軒くらい行きたい! ということで、ホテルの近く(フローレンツ駅)にあったビアバーにやってきました。 お店の名前は Pivovarsky klub ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

黄金の虎でしこたま飲んだ後、ホテルに戻り寝てしまったんですが、
目が覚めると夜の9時… まだイケる! もう一軒くらい行きたい!
ということで、ホテルの近く(フローレンツ駅)にあったビアバーにやってきました。

プラハ Pivovarsky klub ビールクラブ

お店の名前は Pivovarsky klub(ピボバルスキークルー)、
日本語にするとビールクラブ、という意味だそうです。

こちらはお店の1階、夜の9時過ぎということで、
いい感じのお客さんも多かったです。

Pivovarsky klub 店内

店内にはでっかい冷蔵庫があり、ヨーロッパ各国のビールをはじめ、
アメリカのビールもありました。日本のビールは無かったかな。

冷蔵庫

こちらにもビールが… 冷蔵庫は一軍、こちらは二軍って感じでしょうか?

冷蔵エリア

さて、お店には地下があり、奥も見てみたいので地下に降りてみました。
地下は地下でカウンターとテーブル席があり、お客さんもいました。

地下の席

我々はタップハンドル前のカウンターに陣取りました。
タップは6本、ビールメニューがしっかりと額に入っているのが素敵です。

6 Taps

こちらは手元のビールメニューです。だいたい300mlで200円以下という安さ!
どんなビールが出てくるのか、ちょっと心配になるくらいです。

ビールメニュー

そんな中、最初にいただいたのは、ブジェヴノフ修道院で造られている
Benedict というラガービール。ろ過をしていないペールラガーとのことです。
ちなみにブジェヴノフ修道院は、チェコ最古の男子修道院だそうです。

Klášterní pivovar Benedict

このビール、苦味と甘みがあり、そのバランスもよくて美味しかったんです。
ろ過していないからか、若干ざらつく感じというか、クリアでは無かったんですが、
これが近所のビアバーにあったら、毎回飲んじゃうよ、っていうくらい
美味しいビールでした。値段を見て若干引いたけど、そんな必要なかったです!

さて、こちらのお店はフードもいろいろと充実していました。

フードメニュー

まずは軽くサラダをつまみにウォーミングアップをしたら…

サラダ

カンガルーのグリルをいただいてみました。お肉はいろいろ種類が
あったんですが、グラム単位でオーダーできるので頼みやすいです。
カンガルー肉はグラムあたり7円くらいなので、100gで700円ですね。

カンガルーのステーキ

カンガルーのお肉って臭みがあるかなぁ、と思ったんですが、
そんなことはなく、塩胡椒のシンプルな味付けでしたが、
しっかりとした赤身で美味しかったです。

しっかりとした赤身

続いては、色を濃くしてダークラガーをいただきました。

ダークラガー

こちらは逆にスッキリとしていましたが、そこまで印象に残るものでは
無かったですかね。黒ビールの違いがそこまでわからない麦酒男です。

遅れてやってきたのは、ターキーのステーキです。
ターキーはカンガルーより安く、グラム5円くらいでした。う~む、安い。

ターキーのステーキ

ターキーは淡白な味でダークラガーとの相性が良かったです。

さて、ここでお店の人にオススメ聞いてみました。
チェコのピルスナーを極めたかったので、何かピルスナーを、と
オーダーしたところ、こちらのビールが出てきました。
ペルフジモフのプレミアムラガーです。おつまみはほうれん草のペースト、かな。

ほうれん草のペーストとピルスナー

ラガービールは、今までのものに比べると、インパクトに欠けて、
ほうれん草のペーストが結構しょっぱかったこともあり、消化試合な感じに…

ペーストはパンと一緒に

最後はヘロヘロになりながらも、Rye IPA をいただきました。

Chomout Režná Bára Rye IPA

これがまたしっかりとした香りと苦みがあって美味しかったんですよ~。
ただ、スタイル的にアメリカンで、チェコらしさは無かったかな?

いや~、最後の方、写真がボケてきてますが、かなりヘロヘロでした。
それでも美味しかった~! ピルスナーウルケルのような何杯も飲めて
ずっと美味いビールもいいし、こういったホップがしっかりと効いたビールも
また美味しいですねぇ。値段も安いし、プラハ、というか、チェコすごいわ!

すごい陳列

チェコはこのお店が最後のお店になりましたが、ビールの安さと美味しさが
ヤバかったので、またぜひ訪れたい国になりました。ビアスタイルの好みにも
よりますが、今、ビール好きが訪れるべきはチェコなんじゃないか…
そんなことまで思えるプラハのビール紀行でした。プラハ、オススメです!!

[関連リンク]
Pivovarský klub(Trip Advisor)
Pivovarský klub(公式サイト)


どうも、麦酒男です。 今回のドイツ&チェコの旅は、このお店がお目当てで計画しました。 いろいろなビール関係者にお話を聞いてみると、多くの方がこのお店を 最高だったと語っていて、「いつかは行ってみたい」と思っていました。 プラハにある「U Zlatého Tygra(黄金 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

今回のドイツ&チェコの旅は、このお店がお目当てで計画しました。
いろいろなビール関係者にお話を聞いてみると、多くの方がこのお店を
最高だったと語っていて、「いつかは行ってみたい」と思っていました。

プラハにある「U Zlatého Tygra(黄金の虎)」というお店です。

U Zlatého Tygra

黄金の虎のオープンは15時。電話で予約する自信が無かったので、
オープン前に行って、なんなら並ぼうと思っていましたが、
40分前には人影は無かったので、近所で飲みながら開店を待つことに。

U tří růží(3本の薔薇)で自家醸造ビール


お店の斜向かいくらいにあるU tří růží(3本の薔薇)にやってきました。
こちらはまだ新しい醸造所だそうで、いわゆるブルーパブですね。

U tří růží Praha

樽生のビールは6種類あるようでしたが、この後のこともあるので軽く…
Lager(ラガー)をいただくことにしました。

3つのバラで

ピルスナーウルケルと同じような丸っこいジョッキに入ったラガー、
これで250円くらいです。ウルケルも安いですが、小規模醸造のビールも
安いんですね~。今度はここもしっかりと飲みに来てみたいです。

3つのバラ Lager

今回はカウンターでいただきましたが、奥にはテーブル席もありました。
サイトを見ると、レストランも併設されているようで、
かなりしっかりと食事がいただけるみたいです。

U tří růží Praha 店内

いよいよ黄金の虎(U Zlatého Tygra)へ


開店15分前になったので、黄金の虎に移動しました。
この時もまだ誰もおらず… 我々が一番乗りでした。

黄金の虎 入口

10分くらい前からでしょうか? 人がどんどん並び始めました。
ビールのために開店前から並ぶのは僕らだけじゃなかった!

さて、いよいろ開店です! お店の扉が開き、中に入ると
ぶっきらぼうに、どこでも座んな、という雰囲気が漂います。
ただ、席には予約のサインが置かれているところもあり、
そのテーブルに座れるのは、その時間までということでした。

18時から予約席

基本的に席はすべて常連さんの予約で埋まっていて、常連さんが来るまでは、
一見さんも飲める、って感じなのかな、と。いいシステムですね。

ピルスナーウルケルで乾杯!

ということで、ここからは飲めばどんどん追加で出てくる
ピルスナーウルケルを飲み続けます。僕らは6人掛けの席に座りましたが、
もちろん相席で座ります。この日は僕らの他に、
オーストラリアから来たご夫婦とプラハ在住のご常連さんと一緒になりました。

同じテーブルのお客さんと

隣りのテーブルは15時スタートの常連さんたち… 皆さん、お店に入って来ると、
お店のスタッフと握手をして席に座っていました。いい雰囲気です。

ご常連さん

それにしてもピルスナーウルケルですよ。こちらのウルケルも
間違いなく美味しくて、ゴクゴク飲めます。アルコール度数が4.5%と
ちょっと低めというのもあるかもしれませんが、とにかく飲めちゃう!

ゴクゴク飲めちゃう!

すぐに2杯目をいただき… 飲み終わると、後ろのサーバーから
ビールが出てきます。そしてまた飲む!

すぐに2杯目

ちなみに、ケルンのお店でもそうでしたが、飲み終わると次のビールが
出てくるお店は、紙に線を書いて最後に計算するシステムのようです。

紙に書かれます。

こちらは白身魚の酢漬け、だったかな… 結構味が濃かったので、
おつまみはこれだけで十分でした。なによりもビール、です!

味濃いめの魚料理

パンと一緒に

最終的にはふたりで11杯も飲んでました! いやはやビックリです。
滞在時間は2時間半だったんですが、まさかの5.5リットルです。

ふたりで11杯も飲んでいた…

ピルスナーウルケルは美味しかったし、ドリンカビリティも高かった…
すごいビールです。もちろん、お店の雰囲気やお客さんも素敵で、
帰りたくなかった、ということもありますね。

でっかいおじさんが多い

一緒のテーブルに座った常連さんは英語が堪能だったので、
みんなでビールの話から、戦争の話まで… いろいろなお話をしました。

常連さんも交えて

再会を!

最後は旅人みんなで撮ってもらいました。

記念撮影

プラハの黄金の虎、今回の旅の目的地。ここのビールが一番美味しかった、という
わけでは無かったんですが、一番楽しくて、一番飲んだ、ということは
間違いありません。美味しいビールとともに、夢のような時間を過ごせました。

また常連のおじさんに会いに行けるといいなぁ…

[関連リンク]
U Zlatého Tygra(TripAdvisor)
U Zlatého Tygra(公式サイト)


どうも、麦酒男です。 チェコ・プラハでは「黄金の虎」というお店には絶対に行かねば、と 考えていたんですが、その前に「黄金の象」というお店を見つけたので そちらにも寄ってみました。 現地の言葉では U Zlatého slona(ウ ズラテホ スローナ)と言います。 その ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

チェコ・プラハでは「黄金の虎」というお店には絶対に行かねば、と
考えていたんですが、その前に「黄金の象」というお店を見つけたので
そちらにも寄ってみました。

U Zlatého slona 入口

現地の言葉では U Zlatého slona(ウ ズラテホ スローナ)と言います。

壁にも像が!

その名の通り、お店の前の看板も象、中の壁紙も象、壁にも象…

ウ ズラテホ スローナ 店内

かわいかったのはこの予約席のサインです。象の足に予約した人の
名前が書かれているようです。結構な常連さんなのでしょうか。

予約席

さて、こちらがビールメニューです。プラハの多くのお店と同じように
基本のビールはピルスナーウルケルです。500ml で200円弱です。
HOOTERSでは300円弱だったので、やはりあちらはちょっと高いんですね。

ウ ズラテホ スローナ ビールメニュー

ということで、こちらがピルスナーウルケルです!
泡が多めに見えますが、この後、少し落ち着いてくると程よい具合になりました。

ピルスナーウルケル

ここのピルスナーウルケルも美味しかったです!
旨み、苦味、何杯でも飲めそうです。合わせるならシンプルなものが
いいなぁ、と思っていたら、シンプルなパンが出てきました。

パン

これにバターを塗って食べるんですが、これがまた美味しいんですよねぇ…
とはいえ、ちゃんとフードメニューもいただこうということで、まずはオムレツ…

玉子焼き

そして、ソーセージのセットをいただきました。ナイフが刺さってます。

ソーセージにナイスなナイフ

どちらも複雑な味では無いんですが、シンプルに美味しいんです。
なので、行動もシンプルになります。食べる、飲む、食べる、飲む。
これだけで、心の奥底から幸せな気持ちが広がりました。

これも美味しい!

さて、こちらのお店ですが、ビールの注ぎ口がハンドル式ではなく、
横に回すタイプのものでした。クイッとひねって、キュッと切るみたいな。

一度注ぎ

しかもロスを出さない一度注ぎ! ビールが綺麗に注がれていました。
ちょっとだけ動画で撮ってきたので、ご興味のある方はどうぞ。




注がれた時には半分くらいが泡の印象ですが、席に来るとこれくらいに、
そして少し待つと程よい具合になります。後は飲むだけです。

おかわり!

飲めば、これまた綺麗なエンジェルリングが出来ますし、
本当に美味しいビールでした。

エンジェルリング

実は今回の旅で、一番美味しかったのが、ここのビールでした。
プラハに行ったらこのお店には、ぜひ行ってみてほしいです。
お店のデザイン周りだったり、システムだったり、ビールだけではなく、
雰囲気も素敵で、1回の訪問ですがファンになりました。ビールファンはもちろん、
内装やトイレのデザインも素敵なので、飲食店関係の方にもオススメのお店です!

[関連リンク]
U Zlatého slona(公式ページ)
U Zlateho Slona(Tripadvisor)


どうも、麦酒男です。 ドイツ&チェコの旅では、訪れるすべての国にHOOTERSがありまして、 上海の次はチェコのHOOTERSに行ってきました。 基本的にフーターズのメニューはどこも一緒なので、 プラハ的なものを食べてから行こう、ということで、近所のお店で ウォーミングア ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ドイツ&チェコの旅では、訪れるすべての国にHOOTERSがありまして、
上海の次はチェコのHOOTERSに行ってきました。

基本的にフーターズのメニューはどこも一緒なので、
プラハ的なものを食べてから行こう、ということで、近所のお店で
ウォーミングアップをしてからフーターズに向かうことにしました。

STARE CASY

近所にあった「STARE CASY」というお店、1階はビアホール、
地下はレストランになっているようでした。我々は軽くビールを飲み…

ピルスナーウルケル

そしてオススメのセットを食べて、フーターズに向かいます。

ソーセージ盛り的な

いろいろな誘惑とジョークが迎える


フーターズを目指していると、フーターズの看板が見えますが、
その手前の面もなかなか… これは効果的な看板ですよね… むう。

迷う看板



続きを読む

どうも、麦酒男です。 ドイツ・ケルンで散々、ケルシュを飲んだ後は、500km 南にある ラーバー村のプランク醸造所に行ってきました。プランク醸造所は 先日のワールドビアカップ(WBC2016)で、3つのメダルを獲得した すごい醸造所なんですが、なんと、宿泊できるスペースが ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ドイツ・ケルンで散々、ケルシュを飲んだ後は、500km 南にある
ラーバー村のプランク醸造所に行ってきました。プランク醸造所は
先日のワールドビアカップ(WBC2016)で、3つのメダルを獲得した
すごい醸造所なんですが、なんと、宿泊できるスペースがあり、
ひとり25ユーロ(朝食付)で泊まれるんです。

ドイツ プランク醸造所

夜遅くについた僕は、次の日の朝食のタイミングでたくさんの
ビールをいただくことができました。

パン

まず朝食ですが、美味しいパンにバターをつけていただきます。
もうこれだけで美味しいんですが、今回のメインは…… ビールです!

パンとバターがビールと合う

8種類くらいのビールがあったでしょうか。まずはライトなヘレスから
いただきました。朝一にピッタリのスッキリとした味わい!
僕は朝から飲むのって、そんなに得意じゃないはずなのですが、
美味しくってゴクゴクいただいちゃいました。

ヘレス

飲める、飲めるぞ~っ! ってことで、他のビールも見せていただきます。
樽生からのタップはひとつですが、ボトルのビールがいろいろありました。

いろいろなビールが!

オーダーすると、こんな感じで注いで持ってきてくれます。
どんなスタイルかわからなくても、そのスタイルに合わせたグラスに
ちゃんとした注ぎ方で注いでくれるので安心ですね。

注ぎます。

続いていただいたのは、ピルザールです。スタイルはピルスナーですね。
程よい苦味が美味しいかったです!

ピルザール

さて、お隣のテーブルはご常連さんが座る席だそうで、この日は朝から
村の会議をしているようでした。もちろんビールを飲みながら、です。

ご常連さんたち

そのご常連さんに運ばれてきた白いソーセージを発見!
あれは、午前中にしか食べられないと云われているヴァイスブルスト!
我々の席にももらえませんか? ということで最後の2人分をいただきました。

ヴァイスブルスト

皮をむいて、ペローンと出てきた部分をいただきます!

ヴァイスブルスト、うまし!

ケチャップ的なものもついてましたが、それをつけずとも味わいがあり、
まろやかな旨みがあり、美味しかったです。脂の感じや香辛料的な
強さもないのでビールと一緒だったら、何本でも食べられそうな気がしました。

ラードラー

この後もピルザールを何杯かいただいて、最後はデザート代わりに
ドゥンケルラドラーをいただきました。いやぁ、どれも美味しかった~!

この時にはまだ WBC2016 の結果はわかっていなかったんですが、
お店にはこれまでに受賞した数々のメダルやトロフィーがありましたし、
そんな醸造所で朝からたらふくビールを飲む、という貴重な経験ができました。

記念撮影

最後はこの日、一緒に泊まっていたご夫婦と記念撮影。
我々はここから電車にチェコ・プラハに向かいます。

朝から世界一のビールを飲んだくれできる宿は、
ここくらいかもしれません。飲んだくれでも、そうじゃなくても
最高の醸造所で飲むビール、オススメですよ!(ちょっと遠いですけどね…)

[関連リンク]
Brauerei Michael Plank(Facebookページ)
Brauerei Michael Plank(公式サイト)


どうも、麦酒男です。 ドイツ&チェコにビールを飲みに行ってきました。 フランクフルトに到着後、最初に向かったのはケルンでした。 ケルンと云えば、大聖堂が有名ですが、ビール好きであれば ケルシュというビールでお馴染みの街ですね。 ケルシュは、ケルン近郊の醸造 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ドイツ&チェコにビールを飲みに行ってきました。
フランクフルトに到着後、最初に向かったのはケルンでした。
ケルンと云えば、大聖堂が有名ですが、ビール好きであれば
ケルシュというビールでお馴染みの街ですね。

ケルン大聖堂

ケルシュは、ケルン近郊の醸造所だけが名乗れるビアスタイルで、
シャンパーニュ地方のシャンパンのような感じですね。
ちなみに、他の地域で造られた同ビールは、ケルシュ風とか
ケルシュスタイルと呼ばれることがあります。

ケルンに行ったら本場のケルシュを飲まなくては!ということで、
ビールのお店をハシゴしてきました。

Brauhaus-Sion(ブラウハウス・シオン)


まず入ったのは、ブラウハウス・シオンというお店。Webで調べたら最初の方に
出てきまして、どうやら有名なお店のようだったので行ってみました。

ブラウハウス・シオン

お店に入ると、すぐにビールを注ぐカウンターがあり、たくさんのグラスが
ありました。僕はひとりである旨を伝え、奥に案内してもらいました。

ブラウハウス・シオン店内

店内にはいくつかの部屋があり、それぞれに雰囲気が違いました。
僕が案内されたのは、おそらくお店の真ん中に位置するスペースで、
中庭や奥のプライベートルームに出入りする人も見ることができました。

いろいろな部屋がありました。

さて、座るとまずはビールが出てきます。これがケルシュです。
ケルシュはこういった細長いグラスで飲むんだそうです。

シオンのケルシュ

食事をひとつ頼みはしたんですが、クセのないビールで飲みやすいので、
グラスはすぐに空になります。そうすると、すぐに次のビールを
持ってきてくれます。人数が多い時には、このケルシュ専用のトレイに
ビールをたくさん積んで運んでいました。握力が鍛えられそうです、これ。

どんどん持ってきてくれます。

さて、一品頼んだおつまみですが、豚ひき肉とオニオンをバゲットに
のせたものでした。4.5ユーロなので、500円ちょっとですかね。

豚ひき肉とオニオン(4.5ユーロ)

結構色が赤くて心配になりましたが、美味しかったです。
味はそこまで濃く無くて、ケルシュとの相性も悪くなかったです。

ビールを何杯飲んだかはコースターに書いていました。

2杯目

僕の場合は、ここまでで2杯飲んだってことですね。
3杯目を空にして、次のお店に移動しました。

Papa Joe's Biersalon(パパ・ジョーズ ビアサロン)


続いて伺ったのは、パパ・ジョーズ ビアサロンです。
このお店、後ほど訪ねるレーベンブロイ・ケルン・レストランの方が
オススメしてくれたお店ですが、この時はまだ知りませんでした。

Papa Joe's Biersalon(パパ・ジョーズ ビアサロン)

ケルシュが飲めるだろう、ということで入ってみました。
店内はご常連さんが半分、観光客が半分という感じでした。

パパ・ジョーズ ビアサロン店内

パパ・ジョーズ ビアサロン店内 2

カウンターに陣取ってケルシュをいただきます。ここのケルシュは、
Gaffel Kölsch(ガッフェルケルシュ)というケルシュのようです。

Gaffel Kölsch

一軒目のシオンは、自家醸造のビールでしたが、こちらはいろいろなビールが
飲めるビアバーのようですね。続いていただいたのはピルスナーでした。
Konig Pilsner(ケーニッヒ・ピルスナー)というビールです。

Konig Pilsner

さて、ここまで3種類のビールを飲んでみましたが、僕としては
どうもしっくりこないというか、感動するほど美味しいものでは
ありませんでした。寝不足だからかな~、なんて思いつつ…

店内には、いろいろな人形やジュークボックスらしきものがあり、
お金を入れるとしゃべりだしたり、演奏をする仕掛けになっていました。

パパ・ジョーズ ビアサロン ジュークボックス

人形が動いたりしゃべったりする感じ、なんとなくディズニーランドを
思い出しました。カリブの海賊あたりが頭をかすめたんだと思います。

人形が演奏

結構本格的な音だったので、ぜひ動画でご覧ください。(音が出ます)




Lowenbrau Koln Restaurant(レーベンブロイ・ケルン・レストラン)


さて、続いては、ぶらついてて見つけたこちらです。
ミュンヘンのブルワリー、レーベンブロイのレストランなんですね。
テラス席では団体さんが盛り上がっていたので、中のカウンターに陣取りました。

Lowenbrau Koln Restaurant(レーベンブロイ・ケルン・レストラン)

レーベンブロイ・ケルン・レストラン 店内から

中にはカウンターの他にテーブル席もありました。
この建物自体がレーベンブロイのレストランとホテルを兼ねているようです。

レーベンブロイ・ケルン・レストラン カウンター

ここにケルシュはないので、まずはヘレスからいただきました。
ヘレスもケルシュと同様、スッキリと飲みやすいビールなのですが、
飲みやすいビールを飲み過ぎたのか、ちょっと飲み疲れ感が…

レーベンブロイ ヘレス

ということで、またピルスナーに寄り道をしてみました。

レーベンブロイ

飲み疲れていたはずなのに、このピルスナーがとても美味しかったのです!
これには驚きました。まず、日本で飲んだことのあるレーベンブロイと
印象が全然違ってビックリ、さらにこの日に飲んだビールの中で
一番美味しくて二度ビックリという感じでした。ケルンなのに… と思いつつ、
さらに美味しいケルシュを探して、店を出ました。

KÖLSCH TREFF(ケルシュ・トレフ)


続いて伺ったのは、駅構内にあるお店で、こちらはドムケルシュが
飲めるようでした。僕がドイツのケルシュで唯一飲んだことがあったのが、
このドムケルシュでした。さて、日本との違いはどれほどのものか?

KÖLSCH TREFF

店内では樽型のサーバーからおじさんがどんどんビールを注ぎます。

どんどん注ぐおじさん

駅構内のお店らしく、カウンターには煩雑にコースターが置かれています。
適当にコースターを選んで、陣取ります。

コースターがいっぱい!

日本で飲んだドムケルシュの印象は覚えていないのですが、
やはりここでも飛び切り美味しい、とはならず、どうやらケルシュ疲れを
起こしているんじゃないかと思いました。

Dom Kölsch

念のためにもう一杯飲んでみましたが、やはりケルシュが美味しいとは思えず…
どうやら僕はケルシュが好きじゃないんだろうなぁ、と結論づけました。

CURRYWURST EXPRESS(カリーブルスト・エクスプレス)


なんとなく、祭りで踊れない寂しさのようなものを抱えながら歩いていると、
美味しそうな香りを嗅ぎつけました。カリーブルスト・エクスプレス!

CURRYWURST EXPRESS(カリーブルスト・エクスプレス)

そういえば、ビールはたくさん飲んでいるのに、食事はそんなに
していないことに気が付いて、食べてみることにしました。

カリーブルストとパン

カウンターでソーセージを選んだら、パンとマスタードと一緒に
お皿に入れてもらいます。ソーセージもパンもマスタードも、
どれもめっちゃ美味しかったです! まあ、お腹が空いていたというのも
あると思いますが、今回の旅で食べたソーセージはすべて
美味しかったんですよね。さすがドイツです。

パンとソーセージがうまい!

この後、別の街に移動しなければ、ということで、お腹を満たした僕が最後に行ったのは…

再びレーベンブロイ・ケルン・レストラン


アンコールで再びレーベンブロイ・ケルン・レストランでした!
いやはや、ここのピルスナーが美味しかったんですよ~!

マースジョッキで!

レーベンブロイのピルスナーを1リットルのジョッキ、通称・マースで
いただきます。でっかいけど、ドイツでマースでビールを飲める幸せ!

レーベンブロイが一番うまかった!

最後に、ビールを注いでくれたおじちゃん、そしてグラスを洗うところから
教えられていた青年と一緒に記念撮影をしました。美味しかった、Danke!

ケルンで記念撮影

ケルンでミュンヘンのピルスナーにハマる


ケルンでいくつかのビールを飲みましたが、結果的に一番気に入ったのは
ミュンヘンのピルスナー、というオチでした。僕の好みがそうなんだろうなぁ。

レーベンブロイのピルスナー

この後の旅でも、自分のビールの好みについてわかることがあるんですが、
それはまだ先のお話。ケルンのケルシュが好みじゃなかった、ということに
若干凹みつつ、ケルンを後にしたのでした。

続く…

[関連リンク]
Brauhaus-Sion(公式サイト)
Papa Joe's Biersalon(公式サイト)
Lowenbrau Koln Restaurant(公式サイト)
Kölsch-Treff(yelp)