生ビールブログ

ビールに関するブログです。おいしいお店、ビールの情報、ビアガーデン、ビール美人、つまみレシピ、豆知識…

タグ:発泡酒

キリンビールから発売となった「淡麗グリーンラベル 風そよぐレモンピール」をいただきました。人気の淡麗グリーンラベル初のエクステンションですが、なかなか美味しいので、ライトなビールとしてオススメです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

人気の淡麗グリーンラベルから限定商品が発売されました。その名も「淡麗グリーンラベル 風そよぐレモンピール」です。グリーンラベル風、ではなく、風そよぐ、です。糖質オフの商品の派生商品ってなかなか珍しい気がします。それだけ淡麗グリーンラベルが人気ってことですよね。

キリンビール 淡麗グリーンラベル 風そよぐレモンピール

いただいてみると、とても軽く、それでいてレモンの風味もあって飲みやすいです。ビールの代替品として、というよりも、もっと幅広く楽しめる飲料じゃないかと思いました。ビールの苦味が苦手な人にもいいですし、喉が渇いた時にゴクゴク飲める爽やかな炭酸を探している人にもいいですし。個人的に、通常のグリーンラベルは軽すぎるんですが、これであれば軽くて当然といった感じでいただけます。

キリンビール 淡麗グリーンラベル 風そよぐレモンピール 原材料

原材料を見るとレモンピールは使っていますが(レモンピールにもいろいろあるとは思いますけども…) 、香料は使っていないんですね。左下に小さく「香料無添加」と書かれていますが、あまり大々的に書くのはよろしくないのでしょうか? というところで思い出したのが、同じくキリンビールがリリースしているレモンフレーバーの「フレビア」です。

キリン フレビア

レモン果汁だけでなく香料も酸味料も入っているんですよね。沖縄にはセブン&アイグループが無いので、この商品がどれだけ売れているのかはわかりませんが、発売から2年以上経っていることを考えると、そんなに悪くはないのかな、と思います。フレビアは結構甘さが目立ったのに対して、「風そよぐレモンピール」は香りだけにとどめている感じで好感が持てました。「フレビア」のサイトを見ると「家事の合間にフレビア」的なことが書かれていましたが、アルコール度数3%で酔わない人であれば「風そよぐレモンピール」の方がオススメできるんじゃないかとか思ったり…(リーズナブルだし)

好みはあると思いますが、香料を使っていないライトなフレーバービールとしてオススメです! これからの季節、冷蔵庫に何本か入れておいてもいいんじゃないかと思います。

[関連リンク]
キリンビール 淡麗グリーンラベル 風そよぐレモンピール(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

オリオンビールから沖縄県内のイオン琉球の酒取扱店限定で販売されている「オリオン島恵み」をいただきました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

昨年、オリオンビールから沖縄県内のイオン琉球の酒取扱店限定で発売された「オリオン島恵み」なるビールをいただきました。かなり限定感がある商品ですが、一体どんなビールなのでしょうか?

オリオンビール オリオン島恵み

グラスに注ぐとアセロラ的な香りが漂い、飲んでみると、香りにプラスしてフルーティーな味わいも感じられますが、ビールというよりは、ビアカクテルやジュースのような印象です。

こちらのビールですが、パッケージにもアセローラ(アセロラではない)が描かれている通り、沖縄県本部町のアセローラが一部使用されているそうです。おそらくこちらの会社のものだろうというページには「アセロラでなく、なぜアセローラ?」とのタイトルがありましたが、答えはありませんでした。スペイン語的に発音しても「アセロラー」くらいな気がしますが、果たして…

オリオンビール オリオン島恵み 注意書き

果汁0.1%とのことですが、かなりアセロラ感があるなぁ、と思って原材料を見てみると…

オリオンビール オリオン島恵み 原材料

麦芽、ホップ、大麦、小麦、米、コーン、スターチ、糖類、アセロラ果汁、オレンジピール、コリアンダーシード、酸味料、香料、甘味料(アセスルファムK)

島恵みかぁ… 原材料的には、0.1%のアセロラ果汁が島の恵みだと思うのですが、伊江島の小麦を使った琉球ホワイトが美味しかっただけに、この商品に関してはモヤモヤしてしまいますね…

[関連リンク]
『オリオン島恵み』数量限定で新発売(ニュースリリース)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サントリーさんから「ハロウィンにおすすめの新商品詰合せセット」なるものを いただきました。詰め合わせセットには、こちらの3つの新商品が入っていました。 左から… ・ラドラー パーティーラベル ~ブラッドオレンジ&レモン~ ・クラフトセレ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーさんから「ハロウィンにおすすめの新商品詰合せセット」なるものを
いただきました。詰め合わせセットには、こちらの3つの新商品が入っていました。

サントリー ハロウィンにおすすめの新商品詰合せセット

左から…
ラドラー パーティーラベル ~ブラッドオレンジ&レモン~
クラフトセレクト ザ・パンプキン
サントリー パンプキンスペシャル
です。
見事にみんなオレンジ色のハロウィンカラーです。ということで、
一番ハロウィン色の強いデザインのパンプキンスペシャルからいただいてみます。

サントリー パンプキンスペシャル



サントリー パンプキンスペシャル

飲んでみて… なぜかディズニーランドを思い出しました!
パッケージもひとつだけお城や魔女が描かれていてファンタジーですが、
そういうことではなく、ヨーグルト的な甘さを感じたからでしょうか。
パンプキンというより、洋菓子的な雰囲気なのかもしれません。
こちらの区分は発泡酒で、原材料にはパンプキンと香料が入っていました。

サントリー パンプキンスペシャル 原材料

続いては、クラフトラベルのザ・パンプキンです。

サントリー クラフトラベル ザ・パンプキン



サントリー クラフトラベル ザ・パンプキン

今までのクラフトラベルと同様のパッケージですが、
ビアスタイルはパンプキンとなっています。
こちらはヨーグルトというよりは、かぼちゃ的な甘さがありますが、
飲みやすくて、お祭り的に飲むにはいいかなぁ、と思いました。

ちなみにこちらも発泡酒。原材料にはパンプキンと香料が入っていますが、
パンプキンスペシャルと違うのは、大麦や糖類が入っていないことでしょうか。

サントリー クラフトラベル ザ・パンプキン 原材料

いずれにしても原材料の表記がカボチャではなくパンプキンなのは、
なぜなんでしょうかね… 発泡酒という区分ではザ・パンプキンも
パンプキンスペシャルも同じですが、しっかりと違いを感じられました。
個人的には、何杯か飲むならクラフトラベル ザ・パンプキンですかね。

最後にラドラー パーティーラベルもいただきます。

サントリー ラドラー パーティーラベル ~ブラッドオレンジ&レモン~



サントリー ラドラー パーティーラベル ~ブラッドオレンジ&レモン~

こちらもオレンジ色のパッケージではありますが、パンプキンではなく
ブラッドオレンジを使ったビアカクテルといった感じです。
ブラッド(血)というあたりがハロウィンな気もします。

これまた区分は発泡酒なのですが、無果汁でクエン酸や甘味料を使っていて
かなりドイツの考え方とは離れた商品になっています。
とにかく甘さを感じるので、甘いお酒が好きな人向けですかね。

ハロウィンにオススメなのは…



3つの商品をいただきましたが、食事との相性などなども考えて
ここはやっぱり クラフトラベル ザ・パンプキンをオススメします!
ただし、パーティー等で缶から直接飲むようなシチュエーションであれば、
値段も鑑みてパンプキンスペシャルでもいい気がしました。
缶自体がハロウィン的なデザインですし!

おまけ



さて、サントリーのサイトでは、ハロウィンに合わせて
Trick or Suntoryeat」というキャンペーンをやっています。
トリックオアトリート×サントリー×イートってことで
パーティーが盛り上がりそうな豪華食材のプレゼントとなっています。
オヤジギャグ的ですが、面白いキャンペーンですね!

ということで、ごちそうさまでした!!

[関連リンク]
サントリートピックス(公式ブログ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 17年連続発泡酒売り上げNo.1 というキリン 淡麗がリニューアル、 ということで、リニューアル前後の淡麗を飲み比べてみました。 原材料の大麦を40%増量、製法も変わったようです。 商品名もキリン 淡麗から淡麗極上〈生〉に変わりました。 飲み ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

17年連続発泡酒売り上げNo.1 というキリン 淡麗がリニューアル、
ということで、リニューアル前後の淡麗を飲み比べてみました。

淡麗極上〈生〉と淡麗を飲み比べ

原材料の大麦を40%増量、製法も変わったようです。
商品名もキリン 淡麗から淡麗極上〈生〉に変わりました。

キリンビール 淡麗極上〈生〉

飲み比べたビールですが、淡麗極上〈生〉が2月下旬の製造、
キリン 淡麗 は2月中旬の製造となっています。そこまでの差は無いかな。

製造年月日

注いでみるとこんな感じで、淡麗極上〈生〉の方がちょ~っとだけ
色が濃く見えないこともないですが、ほぼ同じです。

淡麗極上〈生〉と淡麗

飲んでみると、どちらもキリンの発泡酒という感じですが、
淡麗極上〈生〉の方がキリンらしい苦みが強い気がしました。
つまり、ビールの代替品として考えるのであれば、こちらの方が優秀です。

ただ、何度も飲んでいると、そこまでの違いは無いですかね。
ブラインドでテストしたら間違えるだろうなぁ、という感じです。
まあ、17年連続発泡酒売り上げNo.1 ということで、
そこまで大きく変える必要は無いですもんねぇ。

ともあれ、今お店に並んでいる淡麗極上〈生〉であれば、
製造から1か月経っていない新鮮なものだと思いますので、
スーパーやコンビニで見かけたら、試してみてはいかがでしょうか?

[関連リンク]
キリンビール 淡麗極上〈生〉(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 全国イオングループ限定で販売されている ビアカクテル(酒税法上の分類は発泡酒)をいただきました。 パッケージもビールもピンクが目立つ商品となっています。 一口飲んでみると、フワッと香るホップとローズヒップに驚きます。 色物かと思いきや ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

全国イオングループ限定で販売されている
ビアカクテル(酒税法上の分類は発泡酒)をいただきました。
パッケージもビールもピンクが目立つ商品となっています。

アサヒビール ホップ香るピンクのビアカクテル

一口飲んでみると、フワッと香るホップとローズヒップに驚きます。
色物かと思いきや「これ、ありじゃん!」と… が、しかし、後味が薄く、
「アレッ?」となってしまいました。とっても惜しい!
けど、パーティーやらバーベキューやらで雰囲気で飲む時には
なかなかいいんじゃないかと思いました。

原材料を見ると、色素はもちろん、甘味料に調味料も入っています。

原材料など

使っているホップはネルソン・ソーヴィン種だそうで、
甘味料や調味料を使わずに造ったなら、これこそクラフトビールのような
商品になるんじゃないかと思いますが、そこが残念ですね。

アサヒビールは「クラフトマンシップ」という商品をリリースするそうですが、
ポーターやエールもいいけど、こういったフルーツビールや
変わり種のビールこそ、独自のクラフトマンシップが
発揮されて、特徴的なビールができるのではないかと思います。
(キリンのスプリングバレーからラズベリーを使った JZB という
ビールが届きました。が、ちょっと薄い感じがしたんですけども…)

そういう意味では、この「ホップ香るピンクのビアカクテル」は
面白い商品だと思いますし、こういう開発は続けてほしいなぁ、と思いました。

[関連リンク]
アサヒビール ホップ香るピンクのビアカクテル(公式ページ)
http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/pink_beercocktail/





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 セブン&アイグループで先行販売中のキリン フレビアをいただきました。 アルファベットを読むなら、フレイヴィアという感じでしょうか。 フレビアというのは、“フレーバービアスタイル”ということのようです。 外で飲むことも考えてか、王冠では ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

セブン&アイグループで先行販売中のキリン フレビアをいただきました。
アルファベットを読むなら、フレイヴィアという感じでしょうか。
フレビアというのは、“フレーバービアスタイル”ということのようです。

キリン フレビア レモン&ホップ

外で飲むことも考えてか、王冠ではなくスクリューキャップになっています。
内容量は300mlでちょっと少なめですが、ボトルはスリムで持ちやすいですね。

スクリューキャップ

いただいてみると、爽やかな香りと甘さで、ジュースのように飲みやすいです。
たしかにビールの苦みが苦手な人にもオススメできそうです。
ただ、ゴクゴク飲めるだけに300mlはすぐに飲み干しちゃうかも…

そして、ビール好きとして気になったのが原材料です。

原材料など

やっぱりなぁ… 香料も酸味料も入ってますよね…

それだけにレモン感は強いんですが、ホップの香りはそこまでではない気がします。
例えば、キリンビバレッジの NUDA(ヌューダ)では、以前、ホップフレーバーの
ものがありましたが、香料を使ったものでした。こちらも香料を使うのであれば、
もっとホップ感を出してもいいんじゃないのかなぁ、と思うんですが、
そうなるとターゲットが狭くなるのでしょうか…

いずれにしてもこういうスタイルの商品って、あまり息が長くない気がします。
ターゲットがいるようですが、そういう人はサワーとかチューハイとかを
買うんじゃないかと思うんですよね~。
そしてビール好きならベアレンのラードラーを買う、みたいな…
まあ、コンビニで手軽に買えるってのが一番のポイントですかね。

[関連リンク]
キリン フレビア(公式ページ)
“フレーバービアスタイル”の発泡酒を共同開発(ニュースリリース)



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サッポロビールが先行していたプリン体&糖質ゼロのビールですが、 9月2日からサッポロビール以外の各社も一斉に販売を開始しました。 そこで各社商品のスペックと味わいの違いを比較してみました。 サッポロビール 極ZERO 当初は新ジャンルで ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サッポロビールが先行していたプリン体&糖質ゼロのビールですが、
9月2日からサッポロビール以外の各社も一斉に販売を開始しました。

プリン体&糖質ゼロ

そこで各社商品のスペックと味わいの違いを比較してみました。

飲み比べ


サッポロビール 極ZERO
当初は新ジャンルで発売していたものの、発泡酒として再スタートとなった極ZERO。
他社よりも早い7月から販売を開始しています。
ビールが薄まったような風味がするものの、
最後にビールらしからぬ苦みを感じます。これが惜しい…

サントリー おいしいZERO
同社の他のビールと同様、天然水100%仕込みで造られています。
味わいはノンアルコールビールに近い、薄く甘い感じがありますが、
他と比較して旨み的なものが一番感じられるビールでした。

アサヒビール アサヒ スーパーゼロ
飲んだ時に華やかな甘みを感じますが、その後から変な苦みを感じます。
美味しいビールで感じられるホップの苦みというよりは薬品的な苦みなので、
ビール好きには受け入れられないんじゃないかと思います。

キリンビール 淡麗プラチナダブル
飲んでみるとちょっと苦めのジュースのような印象です。が、苦めでありながらも、
スポーツドリンクのような甘みがあり、薬品っぽいというか、複雑怪奇な味でした。

各商品の原材料

ここで各社商品の原材料を見てみましょう。

サッポロビール 極ZERO
麦芽、ホップ、大麦、苦味料、カラメル色素、スピリッツ、水溶性食物繊維、エンドウたんぱく抽出物、香料、酸味料、安定剤(アルギン酸エステル)、甘味料(アセスルファムK)/アルコール分 4%

サントリー おいしいZERO
麦芽、ホップ、糖類、醸造アルコール、香料、酸味料、カラメル色素、苦味料、甘味料(アセスルファムK)、クエン酸K、炭酸ガス含有/アルコール分 5%

アサヒビール アサヒ スーパーゼロ
麦芽エキス、ホップ、カラメル色素、アルコール、食物繊維、米乳酸発酵液、酸味料、香料、乳化剤、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)/アルコール分 5.5%

キリンビール 淡麗プラチナダブル
麦芽、ホップ、大麦、苦味料、糖類、カラメル色素、スピリッツ、香料、酸味料、加工デンプン、甘味料(アセスルファムK)/アルコール分 5.5%

本来は「麦芽、ホップ」だけで済むところですが、これだけいろいろ入っています。
「麦芽、ホップ」だけのビールが100%の健康体とするなら、
かなりドーピングをしている感じがして、不健康な気分になってきます。
これが美味しければいいんですが、正直、美味しくないからなぁ。

ということで、妥協点を探してみようと思い、ゼロではないけどプリン体&糖質が
だいぶカットされているリキュール類を試してみました。

ゼロじゃないやつ

キリンビール 濃い味 糖質ゼロ
ゼロ系発泡酒と比べて、だいぶビールに近くなった印象です。
旨みや香りが自然に出てきている感じ。ただ、なぜでしょうか、
花火の時に火薬が燃える匂いがありますが、それに似た匂いを感じました。

アサヒビール Asahi off
クリアアサヒを始めとするアサヒビールらしさが出ているビールでした。
よく言えば飲みやすい、悪く言えばうすい。でも、今回飲み比べた中では
これが一番ビールに近くて、これなら飲めると思いました。

アセスルファムKが入っている…

ちなみにこちらもいろいろ入っています。
すべてに共通して入っているのは、甘味料のアセスルファムKですね。
今ではいろんなドリンクに入っていて、特に問題は無いようですが、
あまりいい気分がしないのは、ビールオタクだからでしょうか。

そんな中、プリン体はゼロではないものの、糖質ゼロで
ある程度飲めるビールを見つけました。アサヒスタイルフリー です。

アサヒビール アサヒスタイルフリー

原材料は麦芽、ホップ、糖類、カラメル色素、酵母エキス、大豆たんぱくと
アセスルファムKや香料は入っていません。グラスに注いでもそれなりに飲めますが、
オススメなのは、冷やして缶のまま飲むことです。変な香りや風味を感じづらくなり
スッキリとしたビールとして飲むことができると思います。
糖質を気にするけど、それなりに満足感がほしい方にオススメです。
(淡麗グリーンラベルもかなり好評ですよね。糖質70%オフだけど…)

いずれにしても、これらのビールは機能面を重視しているものなので、
美味しいとか添加物とか言いだしたらきりがないのかもしれません。
さて、ビール好きな皆さんはどんな選択をされますか?

[関連リンク]
サッポロビール 極ZERO(公式ページ)
サントリー おいしいZERO(公式ページ)
アサヒビール アサヒ スーパーゼロ(公式ページ)
キリンビール 淡麗プラチナダブル(公式ページ)
キリンビール キリン 濃い味(公式ページ)
アサヒビール Asahi off(公式ページ)
アサヒビール アサヒ スタイルフリー(公式ページ)


月桂冠 糖質ゼロ<紙パック> 1.8L 1,048円

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 プリン体ゼロ、糖質ゼロのビールが話題になっています。 サッポロビール 極ZERO が発泡酒として新スタートを切りましたが、 その他の大手各社も9月2日に一斉に追随するようです。 そんな中、サントリーの「おいしいZERO」を先行でいただきました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

プリン体ゼロ、糖質ゼロのビールが話題になっています。
サッポロビール 極ZERO が発泡酒として新スタートを切りましたが、
その他の大手各社も9月2日に一斉に追随するようです。
そんな中、サントリーの「おいしいZERO」を先行でいただきました。

サントリー おいしいZERO

飲んでみて、まず感じたのはスッキリ感と後に残る甘みでしょうか。
ビールを飲んで、麦芽の甘みを感じることはあるんですが、
ゼロ系のドリンクだと、人工的な甘みを感じてしまいますが、
これもそんな感じでした。甘みの質としては、以前よりも
わざとらしくない、というか、だいぶ進化していると思います。

健康のことを考えれば我慢できる… のかな…?

ただ、原材料を見ると醸造アルコール、香料、アセスルファムKなどなどあり、
健康のためにこれを飲むというところに疑問を感じるのも事実。
糖質制限ダイエットが流行っているようなので、そこでの需要はあるのかな。

おいしいZERO 原材料

ちなみに、楽天でこんな商品を見つけたんですが…



こういうのって登録商標みたいな何かで同じ名前の商品って
出て来ないのかと思っていましたが、お酒とノンアルコールということで
ありなのでしょうかね…

閑話休題。
これからサッポロ、アサヒ、キリンからもダイエット用ビール(?)が
出て来るので、各社出揃った9月に飲み比べをしてみたいと思います!

[関連リンク]
プリン体ゼロ サントリーおいしいZERO(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 スーパードライ ドライブラック ライムブラックをいただきました。 ドライムブラックと略したいくらい長い名前になりましたが、 こちらは BAR STYLE ということでライムが入ったドライブラックです。 グラスに注ぐと、ライムの香りがします。もちろ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

スーパードライ ドライブラック ライムブラックをいただきました。
ドライムブラックと略したいくらい長い名前になりましたが、
こちらは BAR STYLE ということでライムが入ったドライブラックです。

アサヒビール スーパードライ ドライブラック ライムブラック

グラスに注ぐと、ライムの香りがします。もちろん飲んでみても
ライムの香りが前面に出てきます。ドライブラックだと思って飲まなければ、
それだとはわからないくらいです。この味、どこかで… と考えてみたらコロナだ!
ライムを絞ったコロナに印象が近いんですね。

ただ、原材料を見てみるとライムらしきものは入っておらず、
そこにはただ香料とあるだけ… ドライブラック+香料、で
こんなにも印象が変わってしまうのか…

香料が入ってます。

いろいろなことを考えてしまいました。

あんなに美味しいドライブラックを香料で殺している気がする…
が、ライムの香り付けをすることで売れるんだろうなぁ…
でも、ライムを絞ったコロナの方が香料のドライブラックよりも良さそう…
こうなるとドライブラックである必要はないんじゃ…
ドライブラック、余っちゃったのかな…
それにしても香料、すごいパワーだし、なんでもできるんじゃ…
コーヒー味のドライブラック、チェリー味のドライブラック、
カツオ風味のドライブラック、ナポリタン味のドライブラック…
ペプシとかガリガリ君とか変な味のは話題になるからなぁ…

そんなことを考えながら公式ページを見てみたら、
いろいろなバースタイルレシピが載っていました!
なるほどなぁ、汎用性の高いカクテルベース、と考えればいいのかなぁ…

無果汁

ちゃんとビアカクテルにするのは面白いと思うんですが、
ドライブラックはそれだけで美味いので、香料を加えて発泡酒にしちゃうのは
残念だなぁ、とビール好きとしては思いました。ということで、
この夏はドライブラックを買ってバースタイルを試してみようかな。

[関連リンク]
ドライブラック バースタイル(公式ページ)
アサヒスーパードライ―ドライブラック―(公式ページ)


【ケース品】Aスーパードライブラック10L樽 6,017円


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 キリンビールから新発売となった「冬麒麟」をいただきました。 この時期のキリンビールの商品といえば、発泡酒・白麒麟でしたが、 発泡酒よりも新ジャンルの売れる今、若干の方向転換をしたのかもしれません。 今年は白麒麟発売10周年でもあったのです ... 続きを読む

どうも、麦酒男です。


キリンビールから新発売となった「冬麒麟」をいただきました。
この時期のキリンビールの商品といえば、発泡酒・白麒麟でしたが、
発泡酒よりも新ジャンルの売れる今、若干の方向転換をしたのかもしれません。
今年は白麒麟発売10周年でもあったのですが…


キリンビール 冬麒麟


いただいてみると、スッキリ飲みやすくて、おいしいです。
ただ、同じキリンビールの秋味は、キリンにしか出せない味だと思うのですが、
冬麒麟に関してはキリンらしい個性がない気もします。
新ジャンルの商品ということを考えると、
そこまでの苦味やコクは邪魔になるのかな、という気もします。


いずれにしろ、余計な雑味や変な後味は感じられず、
すごく飲みやすい、完成度の高いビールになっているので、
スッキリとしたビールが好きな人にはオススメです!
あと、写真のとおり、泡が素敵ですので、
ぜひ注ぐ時にしっかりと泡を立ててお楽しみください。
 


▼キリンビール 冬麒麟
http://www.kirin.co.jp/brands/fuyukirin/



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 今日はアサヒビールから新発売のジンジャードラフトをいただいてみました。 このビールは生姜エキスを加えて爽快感と刺激を出そうとしたということで、甘すぎないシャンディ・ガフのような感じかな、と邪道な感じもしながら、ある意味で期待して飲みま ... 続きを読む

どうも、麦酒男です。


今日はアサヒビールから新発売の
ジンジャードラフトをいただいてみました。


このビールは生姜エキスを加えて
爽快感と刺激を出そうとしたということで、
甘すぎないシャンディ・ガフのような感じかな、と
邪道な感じもしながら、ある意味で期待して飲みました。


アサヒビール ジンジャードラフト


元となるビールはアサヒビールなので、
やはり味わいがあるというよりは薄く、
生姜がメインなのか、ビールがメインなのか、
よくわかりませんでした。シャンディ・ガフの場合は、
ジンジャーエールとビールというふたつの
完成されたドリンクのコラボですが、
これに関しては、どっちつかずで…。
甘からず、辛からず、美味からず…、
といった感じでしょうか。


若者向けのビール、ということではありましたが、
この味では若者は振り返ってくれそうにありません。
これからのビール販売のテーマとしては
とても興味深かっただけに難しい商品となりました。
ただ、これをしっかりと踏み台にして、
次の新しいビールにつなげてほしいです。
ある意味で歴史に残るビールなのかもしれません。


▼アサヒ ジンジャードラフト
http://www.asahibeer.co.jp/ginger/



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 今日はサッポロの発泡酒「ビバライフ」をいただきました。このビールも最近流行のゼロ系です。こちらは糖質がゼロの発泡酒です。 …普通に想定の範囲内の味です。アッサリというほどでもないけど、まあ、サッパリとしていて… それでいてコクはなく、 ... 続きを読む

どうも、麦酒男です。


今日はサッポロの発泡酒「ビバライフ」をいただきました。
このビールも最近流行のゼロ系です。
こちらは糖質がゼロの発泡酒です。


SAPPORO VIVA!LIFE


…普通に想定の範囲内の味です。
アッサリというほどでもないけど、
まあ、サッパリとしていて… それでいてコクはなく、
ビールらしさもそんなにない感じです。


糖質オフ系のビールは、パンで言うと
コンビニやスーパーの袋に入って売られているパンという感じで
本来のおいしさはなく、テンポラリーなものが多いですね。
このビールもそんな感じで、このビールを買う理由、
ビバライフでなければならない理由がないんですよね。
お店で他の商品よりも安かった、とか
ナインティナインのCMが良かった、とか
そんなことなのかもしれないですね。


プレミアムビールでも、
特別な日には特別なビール=サントリー・プレミアムモルツ
平日にリッチなビール=キリン・ザ・ゴールド
二杯目も色あせない=アサヒ熟撰
ということで、なんとなく違いを打ち出そうとしていますが、
結局、味のことは謳ってないですもんね。
もっと味を謳い文句にするようなビールが出てきて、
なおかつそれが売れてくれたらいいなぁ、と思います。


▼サッポロビール サッポロビバライフ
http://www.sapporobeer.jp/product/l-malt/vivalife/



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote