生ビールブログ

ビールに関するブログです。おいしいお店、ビールの情報、ビアガーデン、ビール美人、つまみレシピ、豆知識…

タグ:宮古島

どうも、麦酒男です。 「ぽうちゃたつや」さんで散々食べて飲んだんですが、 一軒で帰るのはもったいない、と思い、宮古島でもハシゴ酒です。 二軒目に伺ったのは、「島おでん たから」さん。 その名の通り、沖縄おでんのお店のようです。 テーブルに座って、ビールをお ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

「ぽうちゃたつや」さんで散々食べて飲んだんですが、
一軒で帰るのはもったいない、と思い、宮古島でもハシゴ酒です。

二軒目に伺ったのは、「島おでん たから」さん。
その名の通り、沖縄おでんのお店のようです。

宮古島 島おでん たから

テーブルに座って、ビールをおでんの盛り合わせを頼むと、
そのふたつが同時に出てきました! ビールとおでん!

ビールとおでん

島おでんの特徴は、青菜とてびち(豚足)でしょうか。
もちろん、島おでん 盛り合わせ(1,000円)には両方入っています。

島おでん 盛り合わせ(1,000円)

このお店の青菜はレタスでした。盛り付けの最後にレタスを軽く
おでんの出汁に通して、盛り付けたら完成、という感じでした。
てびちの脂をほどよく含んだ出汁を吸ったレタスが美味しいんです。

こちらがてびちです。プルンとした脂が苦手な人もいるかも。

てびち

このぷるるんとしたコラーゲンが美味しいんですけどね。
骨が多いのでちょっと食べづらくはありますが…

もちろん、持ち合わせなので、大根や…

レタスと大根

厚揚げにこんにゃく、玉子なんかもありました。

厚揚げとこんにゃく

さて、他にもいろいろとおつまみメニューがありましたよ。
ただ、結構お腹がいっぱいだったので、ひとつだけお願いしようかな、と…

宮古牛ステーキ(3,800円)!

たから メニュー

ではなく、焼きギョーザ(700円)ですかね、ここは。

焼きギョーザ(700円)

冷凍してあったのを焼いたのでしょうか、若干焼き目と皮の食感は
ゆるかったですが、餡に甘みがあって美味しかったです。豚の脂か何かが入っているのかな…

甘味を感じる餃子

お腹いっぱいでもおでんと餃子を美味しくいただけました。
今回は、少しの滞在だったので、次回はもっといろいろ食べてみたいと思います。
このお店はグループでワイワイ飲みたい時に良さそうです。
両隣りのテーブルがそんな感じで楽しそうに飲んでいました。

[関連リンク]
島おでん たから(食べログ)

今日の一枚



夢の跡

うつわのうえが ゆめのあと





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 宮古島・二日目の夜は「ぽうちゃたつや」というお店に行ってきました。 「ぽうちゃ」とは、多良間島の方言で、祭事・御祝い事等に料理を担当する 料理当番の意味、だそうです。ということで、お料理に期待です! 大将の仕事が見られるカウンターに ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

宮古島・二日目の夜は「ぽうちゃたつや」というお店に行ってきました。
「ぽうちゃ」とは、多良間島の方言で、祭事・御祝い事等に料理を担当する
料理当番の意味、だそうです。ということで、お料理に期待です!

宮古島 ぽうちゃたつや

大将の仕事が見られるカウンターに陣取り、まずはビールをいただきます。
お通しは野菜と湯葉の和え物。少し柑橘系の香りがして、上品な演出をしています。

お通し

さて、ビールをいただきながら、本自治のオススメの目を通します。
お酒もオススメメニューがあるのが面白いですね。

本日のオススメ

赤まんぼうに目が留まったので、照り焼きをいただこうと思ったんですが、
女将さんにお話を伺ったところ、刺身もできるということで、
赤まんぼう刺身(700円)をいただきました。

赤まんぼう刺身(700円)

赤マンボウって、ぶつかると死んじゃうマンボウの赤いやつかと思ったら、
マンボウにも似ているけど、分類上はまったく別の魚なんですってね。
刺身は柔らかい赤身で、マグロよりもあっさりした感じでした。

続いては、みじゅん南蛮漬(700円)です。みじゅんは小イワシのことです。

みじゅん南蛮漬(700円)

すっきりと漬かった魚が美味しいのはもちろんのこと、
紅芋が添えられているあたりの、ひと工夫がうれしいですね。

続いては、オーダーが入ってから揚げるがんもどき(480円)です。
ふわふわのがんもどきに、薫り高い出汁が染みて美味しかったです。

がんもどき(480円)

続いて、グランドメニューに載っていたんですが、場違い感があった
ダブルチーズコロッケ(600円)をオーダーしてみました。
が、コロッケがひとつしかないということで、ひとつを春巻にしてもらいました。

ダブルチーズコロッケ&春巻(600円)

ダブルチーズコロッケも美味しかったんですが、春巻がさらに美味しかったです!
白身魚とチーズが入っているんですが、塩加減と食感が程よくて…
ビールとの相性が抜群でした! ビールと一緒にオーダーしてもいいくらいです。

他にも豚串(180円×2)と…

豚串(180円×2)

アーサのかき揚げ(720円)もいただきました。

アーサのかき揚げ(720円)

ビールに合うメニューってことでオーダーしてたんですが、泡盛もいただこうかな、
ということで宮古島の酒造所「菊之露」の親方の酒というものをいただきました。

泡盛(400円)

親方の酒は爽やかで飲みやすいお酒でした。親方っていうから、
かなり個性的なのかと思ったら、その逆の印象でした。

続いて、伊良部の酒造所「宮の華」のオーク樽仕込みもいただきました。

宮の華 オーク樽仕込み

少しですが、色がついているのがわかりますでしょうか?
飲んでみても泡盛とは違う甘い香りが美味しいお酒でした。

美味しい料理を作ってくれる大将と、ちゃきちゃきの女将さんがいる
「ぽうちゃたつや」さん、じっくりとお酒をお料理を楽しめるお店でした。
大将に料理の質問をすると、いろいろと教えてくれて楽しいですよ。
少人数でゆっくり飲みたい時にオススメのお店です!

[関連リンク]
ぽうちゃたつや(食べログ)

今日の一枚



宮古島のネコ

宮古にはかわいい猫が多かったニャーン





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 宮古島マイクロブルワリーの後は、マスターの高橋さんにオススメしていただいた 「島歌ライブ 居食屋 和おん・♪」というお店に行ってきました。 土曜日の20時前に伺ったのですが、店内はほぼ満席… 入口近くのカウンターにギリギリ座ることができま ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

宮古島マイクロブルワリーの後は、マスターの高橋さんにオススメしていただいた
「島歌ライブ 居食屋 和おん・♪」というお店に行ってきました。

島歌ライブ 居食屋 和おん・♪

土曜日の20時前に伺ったのですが、店内はほぼ満席…
入口近くのカウンターにギリギリ座ることができました。

店内にはステージがあり、三線などがありました。
って、ベースがあるのは珍しい!

ステージ

さて、こちらにも宮古島マイクロブルワリーのビールがありましたが、
先ほど、最高に美味しいものを飲んできたばかりなので…

宮古島マイクロブルワリーのビール

オリオンビールをオーダーしつつ、フードメニューを選びます。

オリオンビールとメニュー

まず最初にいただいたのは、海のものいっぱいサラダ(700円)です。

海のものいっぱいサラダ(700円)

細長いお皿に海ぶどうやお刺身が文字通りいっぱいのっています。
海鮮サラダってボリュームが少なくて、物足りないことが多いのですが、
これは満足できるボリュームでした。細長いのがいいのかな…?

続いては、チーイリチー(600円)です。チーイリチー、ご存知ですか?
僕が今まで食べたことのあるチーイリチーは、山羊のものでした。
山羊のホルモン炒めなのですが、一緒に血を使って炒めている、という。

チーイリチー(600円)

こちらは山羊では無く、豚のチーイリチーとのことでした。
で、これが美味しかったんですよ! 血の臭さはもちろんなく、
肉の食感となんとも言えないコク、濃いめの味付けがビールに合いました。

続いていただいたのは、ラフティー(700円)です。
豚の三枚肉(沖縄では皮付き豚ばら肉のことを三枚肉と呼びます)の煮込みです。
簡単に言えば、沖縄風角煮、ですかね。

ラフティー(700円)

脂が多く見えますが、そこまでしつこくなく、皮の食感と
肉の食感のバランスよくて、美味しいお料理でした。

さて、そろそろ島酒、つまり泡盛をいただこうかとメニューを見ていると、
泡盛ピッチャー(1,500円)というのが目に入りました。

泡盛ピッチャー(1,500円)

宮古島ではオトーリという酒文化がありまして…
オトーリ(御通り)は、参加者で「親」となるものが立って口上を述べた後、同じ杯に酒を注ぎなおしてとなりの参加者に渡す。注がれたものはその杯を飲み干し、杯を「黙って」親に返す。「親」は、返された杯に、再度酒を注ぎ、先程飲み干した人の次の人に杯を渡す。杯を渡された人は、同じように一口で杯を干し黙って親に杯を返す。参加者に杯が一巡するまで上記を繰り返し「親」の一人手前までオトーリが回ると、「親」の手前の人は杯を干した後、その杯へ酒を満たし「親」へ返杯する。参照:Wikipedia「オトーリ」

このオトーリ用なのではないかと思ったんですが、オーダーできたので、
これをひとりでいただくことにしました。ジョッキで泡盛をいただきます!

かわいいマドラー

さて、飲み切れるかわからないほどの泡盛が来たところで、
続いてミミガー(300円)です。コリコリで美味しいです。

ミミガー(300円)

肉が続いたので、ゴーヤサラダ(600円)。シャキシャキで美味しいです。

ゴーヤサラダ(600円)

そのうちに島歌ライブが始まりました! 三線にギターにベース!

島歌ライブ

なんだかんだでみんなわちゃわちゃ踊ります。

踊る!

踊りたくない、って方はカウンター席、もしくは二階席をオススメします。
ここからゆっくり見ている… 僕には我慢できませんけども。

上からゆっくりと…

結局、最後は二階席の人たちも混ざってみんなで踊り、最後に記念撮影をしました。
まあ、島ですからね、飲んで踊って、というのがいいですよね。

みんなで記念撮影

観光客が多めのお店ではありますが、せっかくの宮古島ですから、
わいわいと南の島の雰囲気も味わってみてはいかがでしょうか?
お料理も美味しいですし、何よりも楽しい、オススメのお店です!

[関連リンク]
島歌ライブ 居食屋 和おん・♪(食べログ)
宮古島の島歌ライブ 居食屋 和おん・♪(公式サイト)

今日の一枚



チーイリチー、お替わり!

チーイリチーが美味しくてお替わりしちゃいました。





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 宮古島に行ってきました。初上陸です。宮古島に行ったとなれば、 まず向かうのは、ここしかないでしょ~。宮古島マイクロブルワリーです! 宮古島の市街地から歩いて15分弱、タクシーなら5分くらいでしょうか。 こちらのモダンな建物が宮古島マイ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

宮古島に行ってきました。初上陸です。宮古島に行ったとなれば、
まず向かうのは、ここしかないでしょ~。宮古島マイクロブルワリーです!

宮古島マイクロブルワリー

宮古島の市街地から歩いて15分弱、タクシーなら5分くらいでしょうか。
こちらのモダンな建物が宮古島マイクロブルワリーです。

実は3月は不定期営業という感じらしいのですが、
なんとかお願いして、ビールをいただくことができました。

建物の正面に入口があり、中に入るとカウンターがありました。

カウンター

カウンターに座って、見上げるといろいろなビールのボトルがありまして、
窓の奥には醸造タンクが見えました。

いろいろなビール

工場も気になりますが、まずはビールをいただきましょう!
マスター(高橋さん)に注いでもらって、ペールエールからいただきます。

ブルーパブですね!

マスターがビールを好きになったきっかけはバスペールエールだそうで、
好きなビールはやはりイングリッシュペールエールなのだとか。

ペールエール

この時いただいたペールエールはフルーティーな香りと味わいがあって、
(環境や感情もあると思いますが)バスペールエールよりも好みの味でした!
なんだろうなぁ、もっと飲みたいという欲求を刺激される感じでしょうか。

さて、続いてはダークをいただきます。焙煎した麦芽を使ったダークエールです。

ダーク

こちらはドッシリとした印象で、ゆっくり楽しみたいビールですね。
ということで、おつまみにチーズもいただきました。

おつまみ

通常の営業時はいろいろなおつまみがあるそうです。
次回は三枚肉のダーク煮をいただいてみたい…

いつものおつまみ

さて、続いてはヴァイツェンをいただきました。

ヴァイツェン

こちらはスルリと飲みやすい印象でした。ヴァイツェンって
ブルワリーの特徴が出るか出ないか、ハッキリしますよね~。

さて、スタンダードビールを3杯いただいたところで、
スペシャルなコネを使って、特別に醸造設備を見学させていただきました。
煮沸の行程で出てくる道具でちょっと驚きましたが、
それはぜひバーでマスターにお話を伺ってみてください。

タンク

こちらの醸造設備や冷蔵庫は元々、埼玉のA・1ブルワリーで使われていたもので、
A・1ブルワリーが閉鎖される時に譲り受けたものなんだそうです。
宮古島までよく来たなぁ… 今のクラフトビールブームの前ですからね~。

さて、醸造設備の見学をした後で、バーレイワインもいただきました。
しかも、新旧の飲み比べをさせていただきまして…

バーレイワイン、飲み比べ

これまた美味しかったなぁ。片方はアルコール度数が14%もあったので、
かなり酔っぱらいましたが、まさかのバーレイまでいただけてうれしかったです。
(実は、最後にペールエールをもう一杯いただきました…)

今回の初訪問で、やっぱりビールは現地で飲むと違うよなぁ、と
再確認した次第です。今度はシーズン中に伺いたいなぁ…

[関連リンク]
宮古島マイクロブルワリー(公式サイト)
マイクロブルワリー(食べログ)


今日の一枚



宮古島マイクロブルワリーの高橋さんと!

高橋さん、ありがとうございました!




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote