生ビールブログ

ビールに関するブログです。おいしいお店、ビールの情報、ビアガーデン、ビール美人、つまみレシピ、豆知識…

タグ:函館

どうも、麦酒男です。 函館では、ジンギスカン、クラフトビールと行って、締めはラーメンにしました。 いつもは飲んだ後にラーメンとか禁じているんですが、旅先だもの… 塩ラーメンを求めて、やってきたのはこちら、「ひらき家」です。 シンプルすぎず、派手すぎず、そ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

函館では、ジンギスカンクラフトビールと行って、締めはラーメンにしました。
いつもは飲んだ後にラーメンとか禁じているんですが、旅先だもの…
塩ラーメンを求めて、やってきたのはこちら、「ひらき家」です。

函館 ひらき家

シンプルすぎず、派手すぎず、そんな店内でした。

函館 ひらき家 店内

写真付きのメニューもありました。かっとびとかゴーちゃんとか気になりますが…

函館 ひらき家 メニュー

まずはサッポロクラシックのジョッキを流し込みます。

クラシック ジョッキ

そして、焼き餃子(450円)です。北海道でも餃ビはうまい!

ギョーザ(450円)

肉肉しいというわけではありませんが、しっかりとした食感の餃子でした。

しっかりとした餃子

焼きワンタン(450円)というメニューもあったので、そちらもいただいてみました。
メニューには「激アツ超人気」と書かれていましたが、お店の人にも「すごい熱いから注意してね」と出されました。

焼きワンタン(450円)

とろんとしたワンタンが焼かれていて、カリッとした部分とテロンとした部分があり、
テロンとした部分がクセものでした。ちょっと間違えると、燃えるような雲を呑む、
そんなことにもなりかねないのでご注意ください。味は餃子よりもこってりとした印象でした。

ここらでサッポロクラシックから瓶ビールの黒ラベルに移りまして…

函館 ひらき家

〆の塩わんたんらーめん(750円)です。シンプルながらそそるビジュアルです。

塩わんたんらーめん(750円)

しっかり飲んで食べての三軒目ですが、旨みたっぷりのスープは美味しいですし、
スープと相性抜群の玉子麺も美味しかったです。食感&喉越しがいいですね〜。

ナイスな玉子麺

ということで、〆の炭水化物をラーメンだけではなく、餃子やワンタンまで、
がっつりいただいてしまいました。北海道は海鮮以外にも昆布や魚の出汁を使った
美味しいラーメンまであるので、最初から最後まで誘惑が多くて困ります。
あ、最近、僕の体重が人生でピークを迎えたこともお伝えしておきます。

[関連リンク]
らーめん ひらき家(食べログ)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 函館のクラフトビアバー「クラフトビア・バル ジュン」に行ってきました。 2016年9月現在、函館でいろいろなクラフトビールが飲めるビアバーは、 ここだけになっているようです。貴重なビアバーです! さて、函館と云えば海鮮! ということで、相性 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

函館のクラフトビアバー「クラフトビア・バル ジュン」に行ってきました。
2016年9月現在、函館でいろいろなクラフトビールが飲めるビアバーは、
ここだけになっているようです。貴重なビアバーです!

クラフトビア・バル ジュン 店内

さて、函館と云えば海鮮! ということで、相性が悪くなさそうな
鬼伝説 シシリアンルージュトマトをいただきました。

鬼伝説 シシリアンルージュトマト

こちらのバー、お通しがありました。お通しはウニと魚卵! さすが函館!

お通しはウニとキャビア

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 函館に行ってきました。いろいろと美味しいものがたくさんの北海道ですが、 まず伺ったお店はジンギスカンのお店「テムジン」です。 到着した日はまだ暑い日でしたので、何よりもまず大ジョッキで乾杯です。 北海道、でっかいどう! ビールはサッポ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

函館に行ってきました。いろいろと美味しいものがたくさんの北海道ですが、
まず伺ったお店はジンギスカンのお店「テムジン」です。

函館 ジンギスカン テムジン

到着した日はまだ暑い日でしたので、何よりもまず大ジョッキで乾杯です。
北海道、でっかいどう! ビールはサッポロクラシックです。

大ジョッキ!

お通しはラムじゃがでした。羊肉の肉じゃがですね。ジンギスカンを
食べに来るくらいなので、お客さんは羊好きだと思いますが、
そんな人にこのラムじゃがはバッチリですね! 煮込まれたジャガイモと
ラム肉は味がやや濃いめで美味しいです。ビールにも合います!

お通しはラムじゃが

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 函館旅行2日目は、金森赤レンガ倉庫にある函館ビアホールに行ってきました。 初日に行った「はこだてビール」とは関係ないようです。 ちょっとややこしいですね。こちらは函館ビアホール。 店内は広くて、天井が高くて開放的。そして真ん中には暖炉 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

函館旅行2日目は、金森赤レンガ倉庫にある函館ビアホールに行ってきました。
初日に行った「はこだてビール」とは関係ないようです。
ちょっとややこしいですね。こちらは函館ビアホール。

函館ビアホール 店内

店内は広くて、天井が高くて開放的。そして真ん中には暖炉があります。
時々、お店の方が薪をくべていました。あったかい雰囲気がいいですね!

函館ビアホールのストーブ

こちらでは、サッポロビール系列のビールと、
オリジナルで造っているビールがいただけるとのこと。
金森麦酒、開拓史ビール、赤レンガビールと3つがオリジナルのようです。

ビールメニュー


こちらはピルスナータイプの函館開拓史ビール。

函館開拓史ビール

そしてエールタイプの赤レンガビールです。

函館赤レンガビール

どちらもガスが強いと云うか、シュワッとする刺激が強かったです。
ランチタイムに行ったんですが、たしかにランチだったら、
これくらいガスがあっても面白いかもと思いましたが、
きっと夜もなんですよね… クラフトビールをいろいろと飲んでいる人でなければ、
シュワッとして美味しい!なんて感想も多いかもしれません。

さて、夜に備えて食事は軽めにオーダーしました。
魅力的なメニューの数々の誘惑に負けず…

季節のメニュー

オーダーしたのは、馬刺と…

馬刺

中島商店のおしんこです。

中村商店のおしんこ

函館の市電堀川町電停のすぐそば、中島町に広がる100軒ほどの商店街を
中島廉売(なかじまれんばい)というんだそうですが、
そこにある中村商店のお新香のようです。
こちらもシュワッとするような食感があり、ビールとよく合いました。

最後にもう1種類の地ビール、金森麦酒をいただきました。

金森麦酒

道南で生産された麦芽とホップを一部使用して造ったビールだそうです。
こちらもやはりガスが強め。すっきり飲めました。
サッポロクラシックも飲んでみたかったんですが、
この後の予定も考えて、この日はここで終了…

割り箸の入った袋には、こんなことも書かれていました。

ご遠慮なく

スタッフは美人さんが多かったので、一緒に撮ってもらえばよかった…
なんて名残りもありつつ、函館ビアホールを後にしました。

金森赤レンガ倉庫は他にもお店やお土産屋さんもありますし、
徒歩圏内に北島三郎記念館もあるので、函館に行った時にはオススメですよ!

[関連リンク]
函館ビアホール(公式サイト)
函館ビヤホール(食べログ)


鮮度最高のいかを贅沢に使った逸品函館ヤマノ中村のいか沖漬3尾 2,500円


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 函館の夜、三軒目にやってきたのはまたも居酒屋! 「大衆居酒屋 魚さんこ」というお店です。 二軒目の「活魚ろばた 汐活」では、活イカが無かったので、 もう一軒、ということでこちらに来たのですが、 こちらでも活イカは無く… 聞いてみると、シ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

函館の夜、三軒目にやってきたのはまたも居酒屋!
「大衆居酒屋 魚さんこ」というお店です。

大衆居酒屋 魚さんこ

二軒目の「活魚ろばた 汐活」では、活イカが無かったので、
もう一軒、ということでこちらに来たのですが、
こちらでも活イカは無く… 聞いてみると、シケで漁に出られなかったんだとか。

なんと!

では、仕方ない、活イカは諦めて、他の美味しいものを食べるしかない!

ま〜、たくさんあるんですよ、美味しそうな、
函館じゃないと食べられなさそうなメニューが!

魚さんこ メニュー

ということで、まずはビールで乾杯して…

魚さんこ ビール


いろいろとお刺身やお料理をいただきます。
まず、こちらはビールに合わせたいラム肉のからあげです。

ラムの唐揚げ

サクッ&ジュワッと美味しいラムでした。これ、北海道じゃなくても
出せそうな気がするんだけど、どうでしょうか、ビアバーのみなさま。

そして刺身が来るということで、ここからは日本酒に!

日本酒メニュー

いろいろありますが、北海道の地酒「鬼ころし」をいただきました。

北海鬼ころし

真つぶ貝。コリッとした食感と甘みが美味かったです。

貝

こちらは珍しい、ほっけの刺身。ほっけさん、石原さとみバリの唇してるのね。

ほっけ刺し

続いては、かじかの刺身。魚の見た目とは裏腹に美味しかったです!

かじか刺し

続いては、どんこの刺身(肝付き)です。

どんこ

この肝を醤油に溶いていただきました。天国でした。これで580円とか!

肝!

日本酒もグイグイとすすみ、調子に乗って活アワビもいただいちゃいました。

活あわび

磯の香りとしっかりとした食感、うまい、うますぎる。

アワビの刺身

かなり幸せな時間を過ごす事ができました。
もちろん次の日は重めの二日酔いでした… が、また行きたいです!
美味しい刺身をたらふく食べたいです!

魚さんこ 店内

お店はこんな感じで、まさに大衆居酒屋です。
いやぁ、函館、来てよかった。そして魚さんこ、オススメです!

[関連リンク]
大衆居酒屋 魚さんこ(食べログ)


【送料無料】蝦夷あわび 50/60g×10枚 4,980円


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 はこだてビールからのはしご、函館の二軒目は 地元の人が集う居酒屋「活魚ろばた 汐活」に行ってきました。 ジ・居酒屋って感じで、いろいろなメニューがたくさんあります。 まずはビール。樽生も瓶ビールもありました。もちろんサッポロビール ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

はこだてビールからのはしご、函館の二軒目は
地元の人が集う居酒屋「活魚ろばた 汐活」に行ってきました。

活魚ろばた 汐活 外観

ジ・居酒屋って感じで、いろいろなメニューがたくさんあります。

活魚ろばた 汐活 メニュー

まずはビール。樽生も瓶ビールもありました。もちろんサッポロビール!

ビール


オーダーしたのは、身欠きにしんを使ったにしん漬け!
いやぁ、身欠きにしんがあると、北に来たなぁ、と思います。

にしん漬け

身欠きニシン(みがきニシン)とは、ニシンの干物のことである。
かつて北日本、特に北海道の日本海沿岸では、春になれば海が白子(精子)で白く染まるほどニシンが押し寄せ、漁村は豊漁に沸き立った。しかし水揚げされた鰊は、生の状態では、日持ちがしない。冷蔵技術が発達していない時代は、内臓や頭を取り除いて乾燥させるのが一番合理的な保存法だった。大量の鰊を日本各地に流通させるため、干物に加工したものが身欠き鰊である。 (参考:Wikipedia


身欠きにしんは、昔よく食べた思い出があるので、懐かしかったです。

続いては、お刺身の盛り合わせも…

刺身3種盛り

となれば、ここはビールよりも日本酒ですよね!
北海道の地酒も気になりましたが、大好きな越乃景虎がお得だったので
越乃景虎をオーダーしてみました。

越乃景虎

一升瓶が無くなりそう、ってことで「ちょっと飲んじゃって」なんて言われ、
スッと飲んでは足され、2杯分くらいいただいちゃいました。
(ここでスイスイ飲んだのが後で効いてくるわけですが…)

函館らしいメニューもいただきたいな、なんてことで
活ほっきとアスパラのバター焼をいただきました。

活ほっきとアスパラのバター焼

ホッキの食感がシャキシャキと美味しかったです!

続いては、汐活オリジナルのいさり火揚げです。

いさり火揚げ

さつま揚げみたいな感じですね。味わいがしっかりとあって
これまた美味しかったです。日本酒とよく合いました!

どのメニューも結構ボリュームが少な目なので、
一人で飲みに来るのもいいかもしれません。

汐活

活イカ(かついか)を食べたかったのですが、今日は無いとのことで、
このあたりで次のお店に移動しました。
(函館なのに、どうして活イカが無いのか、その理由は後でわかるのですが…)

ともかく、地元の人で賑わう居酒屋に来られてうれしいかったです。

[関連リンク]
汐活活魚ろばた(食べログ)


身欠きにしん500g 1,380円


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 函館に行ってきました。夕方に到着して、ホテルにチェックインしたら、 雪景色の中を向かった先は、はこだてビールのレストランです。 はこだてビールといえば、社長のよく飲むビール、ですよね! 入口にも看板が出ていました。3年連続金賞受賞! ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

函館に行ってきました。夕方に到着して、ホテルにチェックインしたら、
雪景色の中を向かった先は、はこだてビールのレストランです。

はこだてビール 外観

はこだてビールといえば、社長のよく飲むビール、ですよね!
入口にも看板が出ていました。3年連続金賞受賞!!

はこだてビール 入口

オープンと同時に入ったので、他にはお客さんはおらず。
奥には醸造用の釜が見えました!

はこだてビール 店内


ビールのメニューはこんな感じ。
五稜の星(ヴァイツェン)、明治館(エール)、北の一歩(エール)、
北の夜景(ケルシュ)、そして社長のよく飲むビールの5種類です。

ビールメニュー

とりあえず全部飲んでみたいので、まずは4種セットをオーダー。

お試し4種セット

おためし4種セットには、おつまみとしてコーンがついていました。
フリーズドライされたコーンだと思いますが、ふんわり軽い食感で
甘さもあり、なかなか美味しかったです。

お通しのコーン

ビールは、昔ながらの地ビール、という印象で、そこまで主張するものは
無かったように思います。個人的に一番飲みやすかったのはケルシュかな。

そこで、社長の登場です。社長のよく飲むビール! アルコール度数10%!

社長のよく飲むビール

通常の2倍のモルトを使用し、1ヶ月かけてじっくり熟成させたということで
かなりガツンと来る、味わいのあるビールでした。

さて、ここからはおつまみです。夜の予定もあったので、ちょっと控えめに…
まずはポテトフライ丸ごと。「丸ごと」が後につきます。

ポテトフライ丸ごと

そして、鮮魚店から旬魚の山椒焼き。

旬魚の山椒焼き

最後は社長のよく食べるジンギスカン。
「社長のよく飲むビール」でつけ込んだオリジナルジンギスカンだそうです。

社長のよく食べるジンギスカン

お料理はいろんな種類があって、誰と来ても困らなさそうでした。
オススメはやはり「社長のよく飲むビール」&「社長のよく食べるジンギスカン」かな。

ビアカクテルメニュー

ビアカクテルのメニューもいろいろとあったので、
軽いデート的な飲みにもいいのかも、と思ったり思わなかったり…
社会人3年目くらいまでかな〜?

はこだてビールは、地ビールブームの時からビールを作りはじめているんですが、
それがクラフトビールブームになった今、ビールの種類を増やしたり、
(ホップが強いものや、ラガータイプのビールなどなど…)
新しいスタイルのビールを造ってみてもいいんじゃないかなぁ…
社長がよく飲むビールが美味しいだけに!

[関連リンク]
はこだてビール公式サイト
はこだてビール(食べログ)


はこだてビール330ml 特別飲み比べ 6本セット 3,456円


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote