生ビールブログ

ビールに関するブログです。おいしいお店、ビールの情報、ビアガーデン、ビール美人、つまみレシピ、豆知識…

タグ:ベルギー

ベルギーの Brouwerij Alvinne(アルヴィン醸造所)のサワーエール Wild West(ワイルドウエスト)をいただきました。サワーエールらしい味わいでしたが… ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ベルギーの Brouwerij Alvinne(アルヴィン醸造所)のサワーエール Wild West(ワイルドウエスト)をいただきました。酸っぱいビールといえば、ベルギー発祥で近年アメリカで流行っているイメージがありますが、そのアメリカでの流行りを意識して、造られたのがこのワイルドウエストのようです。サワーエールを造り、それをさらにボルドーのワイン樽で6〜8ヶ月熟成させたビールとのこと。ゴールデンサワーエールとのことですが、色は濃く見えます。

ベルギー Alvinne Brewery Wild West

いただいてみると、まずは酸味、そしてクリアではない雑味のようなものを感じます。これぞサワーエール、というイメージで飲めるビールではありますが、樽の香りも薄いですし、ブルワリーやインポーターの説明とも食い違う部分があるので、意図した状態で飲めていないのかもしれません。ガッツリと苦いIPAや焙煎香の強いスタウトと違って、香りや風味が大切なサワーエールって、現地と同じ状態で飲むのが難しいビールなんだろうなぁ、と改めて感じました。

結構なにごり

最近飲んだアメリカのサワーエールはホップの特徴を出しているものが多かったんですが、このビールが2012年くらいからリリースされていることを考えると、サワー+ホッピーの流れになったのは最近なのかもしれませんね。これから日本でサワーエールを造るなら、ある程度ホッピーな方が流行に乗れるのかも…?

[関連リンク]
Brouwerij Alvinne(公式サイト)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 "UNI-SEX"ビールをコンセプトにしてベルギーで製造したという NINJA LAGER(ニンジャラガー)をいただきました。 日本での分類は新ジャンルとなる商品です。 いただいてみると、すっきりと飲みやすいビールでした。 グラスに注いでしっかりと飲むよ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

"UNI-SEX"ビールをコンセプトにしてベルギーで製造したという
NINJA LAGER(ニンジャラガー)をいただきました。
日本での分類は新ジャンルとなる商品です。

ベルギー NINJA LAGER

いただいてみると、すっきりと飲みやすいビールでした。
グラスに注いでしっかりと飲むよりも、ボトルのままで
グイッと飲むような、そんなスタイルが合っている気がします。

それにしても、日本ビール株式会社のプロデュースだからでしょうか、
ニンジャの感じがビールに振り切っていない、そのままのニンジャで
面白いですね。ビールオタクではなく、普通の人をターゲットに
している気がします。あとは日本好きな外国人とか…?

ベルギー NINJA LAGER 裏

ビールの公式ページは無いようですが、Facebookページはありました。
ちょいちょいイベントをやっていて、NINJA GIRL(くの一)も
いるんですねぇ… いやはや、NINJA GIRLに会ってみたいでござる!

[関連リンク]
NINJA LAGER / ニンジャラガー(Facebookページ)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 ベルギーのピルスナー、マルテンス・ブルーをいただきました。 250年の醸造技術があるというマルテンス醸造所のビールです。 いただいてみると、軽めのピルスナーという感じで、 最初は甘さ、次に軽い酸味を感じました。劣化しているのでしょうか… 賞 ... 続きを読む

どうも、麦酒男です。


ベルギーのピルスナー、マルテンス・ブルーをいただきました。
250年の醸造技術があるというマルテンス醸造所のビールです。


ベルギー マルテンス・ブルー ピルスナー


いただいてみると、軽めのピルスナーという感じで、
最初は甘さ、次に軽い酸味を感じました。劣化しているのでしょうか…
賞味期限は2013年12月なので、そこまで古くはなってないと思うんですが、
どうなんでしょう…


近所のスーパーで買ったんですが、そこに来るまでに劣化してしまったのか、
それともスーパーでの管理が良くなかったのか…
もしくは、元々こういう味わいなのか…
いや、たまたま僕が手にしたこの缶だけが劣化してるってことも
無くはないですからね… ビールって難しい。


ともあれ、マルテンス醸造所の他のビールを飲みたくなったか、
興味を持ったかというと「答えはノー」なので…
高くてもブランドを守るための努力を惜しまない、というのは
大切なことだよなぁ、と思う反面、こういうビールをリリースすることで
醸造所のプラスになることもあるのかなあ、と思ったり…



マルテンス・ブルー ピルスナー 330ML×24本 4,200円




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote