生ビールブログ

ビールに関するブログです。おいしいお店、ビールの情報、ビアガーデン、ビール美人、つまみレシピ、豆知識…

タグ:ビアバー

どうも、麦酒男です。 ニュージーランド航空さんから航空券を提供していただきまして、 ニュージーランドを旅してきました。ニュージーランドの玄関口である オークランドで、Funk Estate というブルワリーを訪ねました。 実はニュージーランドに旅立つ一週間前、Faceboo ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ニュージーランド航空さんから航空券を提供していただきまして、
ニュージーランドを旅してきました。ニュージーランドの玄関口である
オークランドで、Funk Estate というブルワリーを訪ねました。

ニュージーランド Funk Estate

実はニュージーランドに旅立つ一週間前、Facebook でニュージーランドの
ブルワリー、しかも日本人がヘッドブルワーのブルワリーの
ビールの輸入が始まる、という投稿を目にしました。
せっかくなのでニュージーランドで活躍する日本人のブルワーさんに
会ってみたい! ということで公式サイトからメッセージを送り、
何回かのやりとりをして訪問することになりました。

Funk Estate で Shiggy さんに会う



待ち合わせの時間にブルワリーに着くと、Shiggyさんが迎えてくれました。

Shiggy さん

樽で襲われたわけではなくて、ポーズをお願いしたらこんな写真に…
ということで、ホットピンクが鮮やかな Funk Estate の工場です!

樽洗浄中

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 ニュージーランド航空さんから航空券を提供していただきまして、 ニュージーランドを旅してきました。ウェリントンで最高のビアバーに 出会うことができましたが、それ以外にも何軒かのビアバーや ブルワリーを巡ってきましたので、ご紹介したいと思い ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ニュージーランド航空さんから航空券を提供していただきまして、
ニュージーランドを旅してきました。ウェリントンで最高のビアバーに
出会うことができましたが、それ以外にも何軒かのビアバーや
ブルワリーを巡ってきましたので、ご紹介したいと思います。

PARROTDOG BREWERY


まず行ってきたのは、ウェリントンの街中にあるブルワリー、
PARROTDOG BREWERY(パロットドッグブルワリー)です。
同じエリアには、リコーやシャープのビルもありました。

PARROTDOG BREWERY

日本にも輸入されているブルワリーだったので、
かなり規模が大きいのかと思ったのですが、意外と小さかったです。

街の真ん中に

PARROTDOG BREWERY 工場

工場の横には、ビールとグッズの販売スペースがありました。
パロットドッグのビールは、クラフトトラディショナル、というか
スタンダードなスタイルをしっかりと造っているという印象です。

パロットドッグ ビールリスト

試飲

グッズは商品の改編の時期だったらしく、ほとんどありませんでした。
犬のグッズがほしかったんですが、ちょっと残念でした。

PARROTDOG BREWERY グッズ

BEBEMOS


続いて伺ったのは、ニュータウン地区にあるカフェバー、
BEBEMOS(ベベモス)です。ランチにカレーを食べた後で行ったので、
何も食べられず、TUATARA のビールを1杯いただきました。

ウェリントン BEBEMOS

BEERMOS カウンター

金曜日のお昼過ぎだったんですが、近所の学生さんらしき集団が
ハンバーガーを食べながらビールを飲んでいたり、
マダムらしき女性たちが、ピザを食べていました。

ベベモスでビール

FORK&BREWER


さて、続いて伺ったのは、僕の人生で最高のビアバーとなった
FORK&BREWER(フォーク&ブルワー)ですが、このお店に関しては
こちらの記事をご覧いただければと思います。
⇒ 今までに行ったビアバーでベスト! FORK&BREWERが最高だった!

ウェリントン Fork&Brewer

HASHIGO ZAKE


続いては、お店の名前も特徴的な HASHIGO ZAKE(ハシゴザケ)です。

HASHIGOZAKE

このお店のオーナーは日本で働いてたこともある方だそうで、
それゆえにハシゴ酒という名前なのだそうです。
ビアライゼ、みたいな感覚ですよね、きっと。

お店は地下にあります。この階段を降りていくと、
そこにはビール好きが集まる空間がありました。

HASHIGOZAKE へ

タップもいろいろとありますし、ボトルもいろいろと置いていました。

HASHIGOZAKE TAP

HASHIGOZAKE メニュー

お店の方とお話をしていたら、いろいろなビールをいただいちゃいました。

いただいちゃいました!

カンティヨングース、8WIRED のバレルエイジドビールなどなど…

乾杯!

8WIRED’s Salesman

ビール好きがビールを持ちこんでみんなでシェアしていたり、
ブルワリーのセールスマンが新しいビールを注いでいたり
日本でもこういうビアバーってあるよな~、という感じで
なんだかホッコリしました。また来たいお店になりました!

8WIRED BUMAYE

LITTLE BEER QUARTER


続いて向かったのもビアバーです。このビルの間を入って行きます。

LITTLE BEER QUARTERへの道

やってきたのは、LITTLE BEER QUARTER(リトルビアクォーター)。
こちらもビアバーですが、このあたりから飲み疲れしています。
金曜の夜という事で、店内外ともに大盛況でした。

LITTLE BEER QUARTER

カウンターの中にスタッフが4人いますが…

LITTLE BEER QUARTER カウンター

それ以上にお客さんも多く…

LITTLE BEER QUARTER 店内

リトルビアクォーター

私、ひとりで外で飲んでいましたが、ピルスナーを1杯飲むのに
精一杯でした。ボトルビールもいろいろあったので、
このお店は何人かで来て楽しむのが良さそうですね。

外でひとり

Crafters


最後にもう一軒。ビアバーとボトルショップが併設されている
Crafters(クラフターズ)というお店にやってきました。

Crafters 外観

ビールの種類やサイズ、値段がわかりやすく書かれています。

Crafters

店内も綺麗な感じなんですが、なんだろう…
なんとなく居心地がよくなかったのは、僕が飲み疲れていたから
かもしれません。このお店もいろいろなビールがあるし、
サイズもいろいろなので、みんなで来るのにいいかと思います。

Crafters カウンター

Crafters でビール

店内にはウォークインの冷蔵庫があって、そちらのビールも
買えるようでした。今回の旅のきっかけになったVPAも…

Crafters ボトルショップ

VPA

ということで、この日は6軒のビアバー、ブルワリーを巡りましたが、
フードを食べるタイミングを逃した感じもあり、最後はヘロヘロで…

ラーメンを食べて帰りました。

ワンタン入りラーメン

ニュータウン地区にある BEERMOS 以外はすべて徒歩での移動でしたし、
これだけいろいろなビアバーが歩いていける、という意味でも
ウェリントンはいいなぁ、と思いました。ビール好きならニュージーランド! オススメです!

[関連リンク]
PARROT DOG BREWERY(公式サイト)
BEBEMOS(公式サイト)
HASHIGOZAKE(公式サイト)
LITTLE BEER QUARTER(公式サイト)
Crafters & Co(公式サイト)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 ニュージーランド航空さんから航空券を提供していただきまして、 ニュージーランドを旅してきました。ノースアイランドの南端の街、 ウェリントンではいくつかのビアバーに行きましたが、まずはその中で ベストだったお店を紹介したいと思います。こち ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ニュージーランド航空さんから航空券を提供していただきまして、
ニュージーランドを旅してきました。ノースアイランドの南端の街、
ウェリントンではいくつかのビアバーに行きましたが、まずはその中で
ベストだったお店を紹介したいと思います。こちらのお店です!

NZ Fork&Brewer

FORK&BREWER というお店、入口から階段を上がって行くと…

いざ!

ビールの醸造設備が出迎えてくれます。そう、FORK&BREWER は、
ここで造られたビールが飲めるブルーパブなんですね!

お湯タンク

いくつかビールも醸造中のようです。

ビールタンク

たくさんのタップハンドルが並ぶ圧巻のカウンター


階段を上がって左に行くとレストランスペース、右に行くとバースペース、
とのことで、まずはバーの方に行ってみました。すると、このカウンターですよ!

Fork&Brewer

お店の中心に樽のような冷蔵庫があり、その周りからタップハンドルが出ています。

タップハンドル

金曜日の夕方に伺ったんですが、週末なのに意外と空いているな、なんて思っていたら…

Fork&Brewer 店内

30分くらいでどんどんお客さんが入ってきて、かなりの混雑となりました。

Fork&Brewer 繁盛

いろいろなビアスタイルが楽しめる!


タップハンドルがたくさんあると云う事は、それだけビールがあるということ!
ビールメニューは20種類以上あり、しかも、この場所で造られたビールでした。

Fork&Brewer ビールメニュー

ビールメニューは文字だけですが、特徴や原材料がしっかりと書かれていました。

Fork&Brewer ビールメニュー その2

Fork&Brewer ビールメニュー その3

好きな4種類を選べるテイスターセット(約1,200円)があったので、
そちらをいただきました。まずはライトなビールを4種類選んでみました。
小さい黒板にビールの名前を書いて持ってきてくれます。

テイスティングセット

そして、変わり種のビールもいただきます。左の Sourbet というビールは
ラズベリーとレモンを使ったベルリナーヴァイスで、シロップが付いてきました。
酸っぱすぎたら足してね、という感じでしたが、そのままでも美味しかったです。

テイスティングセット その2

テイスターセットとはいえ、かなりのボリューム。8杯でしっかりと酔いました。
どれもそのビールなりの特徴があって、美味しかったです。

ひとつのブルーパブでここまで出来ちゃったら、他のお店に行く理由って
あんまりないんじゃないだろうか、と思うほどでした。それほどの完成度でした。
今回は食事ができませんでしたが、これで食事まで美味しかったらヤバイです。

ひとりでもグループでもOK!


スタンディングやハイチェアーのカウンター以外にもグループで座れるシートや…

金曜のビアバー

外には…

Fork&Brewer 窓際

バルコニーのシートもありました。

バルコニー

レストラン部分も含めると、かなりの人数が入れそうです。
ただ、テーブル席やレストラン部分は予約がいっぱい入っていたので、
グループで行く時には予約をしていった方が良さそうです。

レストラン部分

出来たてのビールを飲みながら工場見学


冒頭でも触れた通り、バーと同じフロア、すぐ横には工場があり、
その設備を見ることができます。奥まで入ることはできませんが、
飲みながらその様子を眺めることもできるわけです。

仕込中

「ビールには旅をさせるな」と云いますが、まさにここで生まれたビールを
醸造の様子を眺めながら飲める… しかもうまい、って最高ですよ!

醸造中

さらにいろいろなビアスタイルもあるわけで、繰り返しになりますが、
このお店が近所にあったら、ビールに関する欲求はかなり満たされるのでは、
なんてことを考えながら飲んでいました。

樽とタンク

この営業形態やスタイルも含め、このお店が今回の旅で一番の、
いや、今までに行ったビアバーでベストでした! アメリカやヨーロッパも
いいけど、ニュージーランドでまさかこんな出会いがあるとは…
ということで、ビール好きはニュージーランド・ウェリントンの Fork&Brewer を要チェックです!

[関連リンク]
Fork&Brewer(公式サイト)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 ニュージーランド航空さんから航空券を提供していただきまして、 ニュージーランドを旅してきました。モトゥエカ、ネルソンと旅をして、 次の街はウェリントンです。ウェリントンは今回の旅の目的である Garage Project(ガレージプロジェクト) のあ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ニュージーランド航空さんから航空券を提供していただきまして、
ニュージーランドを旅してきました。モトゥエカ、ネルソンと旅をして、
次の街はウェリントンです。ウェリントンは今回の旅の目的である
Garage Project(ガレージプロジェクト) のある街です。

ということで、ウェリントンに到着後、すぐにブルワリーに向かいました!

GarageProject

まずはブルワリーを見学


3月にこのブルワリーのビールを飲んで、実際に行ってみたいと思ってから、
そんなに時間を置かずに来ることができました。「ついに!」という
感じではありませんが、とてもうれしいです。

さて、中に入ると、冷蔵庫につながるドアにたくさんのステッカーが!

ステッカー

今までにリリースしたビールのラベルが貼られているようです。
いろいろなデザインのビールがあったんですねぇ…
扉の横にはタップハンドルがあり、試飲ができるようになっていました。

Cellar Door

さらに奥にはブルワリーのグッズがありました。今回訪問したブルワリーで
もっともグッズが充実していました。UMAMI MONSTER のポスターもありますね。

GarageProject グッズ

いくつかグッズを購入したら、工場の設備を見せていただきました。

GarageProject タンク

ガレージプロジェクトの名前にふさわしく、ガレージの中にはでっかいタンクが
ギッチギチに詰め込まれています。タンクの真ん中には一段高くなっている
エリアがあり、ここから作業をするようでした。

GarageProject!

GarageProject 工場

GarageProject 工場2

今、工場で造られているビール… 僕がここを目指すきっかけとなった
Venusian Pale Ale も造られているようですね… 樽生、飲みたかった。
日本でも飲めるようになるといいなぁ、GarageProject のビール…

Brewwing

さて、ここでスタッフである Kalen さんとお話することができました。
Kalen さんはアメリカ・デンバー出身で、パートナーは日系の方、ということで、
近々、沖縄にも来るかもとのことでした。ビックリ!
お姫様抱っこのお話もして、しっかりと抱かせていただきました!

お姫様抱っこ!

ほんと、ビールというのは面白いし、紡がれる縁に感謝しています。

近くにはタップルームもあります!


工場から徒歩1分のところにタップルームがあるということで、
そちらにも行ってきました。木曜の夜、しっかり繁盛してました。

Garage Project Taproom

奥にはたくさんのタップハンドルが並んでいました。
ハンドルの上に実際のビールが並んでいるんですが、見た目にも綺麗ですし、
色で選ぶことができるというのもいいですね。

Garage Project Taproom タップ

棚に並んだボトルもきっちり綺麗に並んでいて、心地いいです。

棚のビール

さて、せっかくなのでビールをいただきます。が、いろいろと種類があるので、
まずはテイスターセットからいただきました。鏡に書かれているのが、
この日のテイスターメニューなんですが、このあたりもかっこいいですよね~。

ビアフライト

食事は中華風な味付けのオープンラップサンドをいただきました。

ラップ

ほぐした豚肉を中華風の香辛料で味付けしている感じでしたが、
これがクラフトビール的な濃さに負けずに、うまく引き立てるんですよね~。

カリカリ

カリカリに焼き上げられた記事も美味しかったです。
手間のかからなさそうなメニューでありながら、この完成度。さすがです。

Hops on pointe

さて、テイスターを飲み終わり、次に選んだビール Hops on pointe を
飲んでいると、ビールと一緒になんだか物々しい道具が出てきました。

Experiment

ビールに何かを振りかけて…

Experimenting

はんだごてをグラスの中に突き刺しています!

ビールの実験室?

なかなか何を言っているのか、やっているのかわかりづらいと思いますので、
ぜひとも動画でご覧いただければと思います。こちらです。




どうやら最初に振りかけたのは砂糖で、それを加熱することでカラメル的な
ものを作りだしているようです。このビールが美味しいのか、そうでもないのか…
このビールを飲んだ彼の表情をご覧ください。

How?

最後はビールの実験室的な雰囲気に圧倒されてしまいましたが、
これもガレージプロジェクトという名前に合っている気がして、
楽しむことができました。僕は飲まなかったけど…

Garage Project Taproom カウンター

今回の最初の目的であった VPA の樽生が無くて、飲むことは
叶いませんでしたが、次につながった気がするので良し、ですかね。
そして、飲めなかったからこそ、また来たいと思いました。
次こそは VPA の樽生を飲みたいぜ~!!

[関連リンク]
Garage Project(公式サイト)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 ニュージーランド航空さんから航空券を提供していただきまして、 ニュージーランドを旅してきました。初日はモトゥエカに宿泊しましたが、 二日目はネルソンに宿泊、ブルワリー&ビアバーをハシゴしてきました。 FOUNDERS BREWERY まず立ち寄ったのは ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ニュージーランド航空さんから航空券を提供していただきまして、
ニュージーランドを旅してきました。初日はモトゥエカに宿泊しましたが、
二日目はネルソンに宿泊、ブルワリー&ビアバーをハシゴしてきました。

FOUNDERS BREWERY


まず立ち寄ったのは FOUNDERS BREWERY です。
Founders Heritage Parkという公園の中にあるブルワリーで、
隣りには HOP&BEER MUSEUM というものがありました。

FOUNDERS

ということで、まずは HOP&BEER MUSEUM から入ってみました。
入場は無料、係の人はおらず勝手に見学できます。

HOP&BEER MUSEUM


HOP&BEER MUSEUM 1

HOP&BEER MUSEUM 2

HOP&BEER MUSEUM 3

モトゥエカもネルソンもホップの産地として有名で、この施設は
それをさらに広げるために最近できたようです。

HOP&BEER MUSEUM 4

HOP&BEER MUSEUM 5

が、展示は英語、しかも専門用語が多いので、なかなか理解が難しい…
なんとなく、歴史を感じる程度の理解をして、ブルワリーに向かいます。

FOUNDERS BREWERY

中に入ると正面にタップハンドルとビールのメニュー、
そして、その奥に工場の設備を見ることができます。

タップハンドル

公園の中にあるからか、試飲だけではなく、ビアバーとしても営業していて、
テイスティングセットもオーダーすることができました。

FOUNDERS BREWERY 内

ということで、この日のテイスティングセットをいただきます!

テイスティングセット

ピルスナーが一番わかりやすく美味しかったんですし、
香ばしさ全開のウィート&グリートは面白かったです。
スモーキーなレッドエールは、ゆっくり飲むと美味しいけど、
パイントサイズはいらないな、そんなビールでした。

テイスティングメニュー

MAC'S BREWBAR


続いてやってきたのは、ニュージーランドのクラフトビール業界でも
かなり大手であろう MAC'S のビアバー、MAC'S BREWBAR です。

MAC'S Brewbar

樽生で提供されているビールはすべて MAC'S のものなんですが、
ビールの銘柄ごとにタップハンドルのデザインが違ってオシャレです。

かっこいいタップハンドル

こちらでもテイスティングセットをいただきました。
専用のトレイにビールとコースターがセットされて出てきます。

テイスティングセット

各ビール毎にデザインが違いますが、このデザインを活かした
タップハンドルになっていたんですね。

コースター付

ビールのクオリティはどれも高くて、それぞれにちゃんと特徴があり、
美味しかったです。中でも HOP ROCKER が良かったです。

テイスティングセットを頼むと、こんな冊子も付いてきました。
ビールの解説が書いてある冊子で、持ち帰りOKとのこと。

冊子がもらえた

こういうのってありがたいし、ファンを増やすのにいい試みだと思いました。

フィッシュ&チップス

ここでは一品、おつまみをいただきました。ニュージーランドらしいもの、
ってことでリクエストをしたんですが、スタッフが少し困った後に
オススメされたのはフィッシュ&チップスでした。白身魚がこちらのものだとか。

MAC'S のスタッフ

最後はかわいいスタッフとかっこいいタップハンドルを撮影して、
このお店を後にしました。なんとなく、よなよなビアワークスを
彷彿させる、ビールを楽しめるお店でした。お店自体は何か所か
あるようなので、ニュージーランドに来た時にはぜひ行ってみてほしいです。

Sprig and Fern Brewery


3軒目もニュージーランドに何店舗かお店がある
Sprig and Fern Brewery のビアバーです。

SPRIG&FERN TAVERN 外観

この日は Sprig and Fern のビールとサイダーが 17タップありました。

SPRIG&FERN TAVERN

ということで、ここでもテイスターセットをいただきます!
こちらは決まったメニューでは無く、ラインナップから自分で選べました。

テイスターセットのオーダー

ピルスナーやペールエール等、比較的軽めのものを中心にオーダー、
次々にビールが運ばれてきました。

次々にビールが来ます。

見た目的には、なかなかバランスのいいオーダーになりました!

ビアフライト!

中でも、シングルホップピルスナー kohato pilsner が美味しかったです。
このビールはホップが主役のピルスナーで、ここまでストレートに
ホップのいいところもクセも出ているのって珍しいと感じました。でも、好き。

さて、この日は水曜日だったんですが、お店はかなり混雑していました。




店内では、マイクでしゃべりだす人もいたので、何かと聞いてみると、
お店のイベントだったようです。水曜日の夜はお客さんを集めるために
イベントを開催することもあるらしく、この日はクイズナイトでした。

司会の方

グループでも個人でも参加OK、クイズで一番になるとお店のクーポン券が
もらえるそうです。この常連さんたち、これで1グループですって。
これだけいたら文殊何人分の知恵になるんだろう… 勝てたのかな?

水曜日はクイズナイト

この雰囲気もそうですが、やはりビールが美味しくて、今回の旅で
2番目に好きなビアバーになりました。店員さんが美人だったから、
ということも大いに関係しているとは思います。

The Free House


この日、最後に訪れたのは、The Free House というビアバーです。
こちらはブルワリーがやっているお店ではなく、普通の(?)ビアバーのようです。

THE FREE HOUSE 入口

通りに面した入口から奥に入っていくと、隠れ家的な建物がありました。

THE FREE HOUSE 外観

店内も絵本に出てくるようなかわいい雰囲気だったんですが…

THE FREE HOUSE

それはお店の中で流れてた音楽も関係していたかもしれません。




この方々、いつもいるわけではなく、たまたま練習をしていたようですが、
音楽とお店の雰囲気が合ってて、とても心地よかったです。

暖炉で眠る犬

暖炉の前で犬も眠ります。Free House というお店ですが、
犬もいるし、楽器の練習もしているし、自由で良かったです。

THE FREE HOUSEのスタッフ

スタッフの方もそうですが、アットホームな雰囲気で
気軽にビールを楽しめる素敵なお店でした。
少人数でゆっくり話をしたい時にも良さそうですね。

ということで、ニュージーランド・ネルソンのハシゴ酒でした。
家の近所にあったらいいなぁ、と思う素敵なお店が多かったです。
ビールのクオリティも高かったですし、やっぱりホップの産地ってのは
伊達じゃないなぁ、と思った次第です。

さて、この次のハシゴ酒はノースアイランドの南端、ウェリントンです。
お楽しみに!!


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 黄金の虎でしこたま飲んだ後、ホテルに戻り寝てしまったんですが、 目が覚めると夜の9時… まだイケる! もう一軒くらい行きたい! ということで、ホテルの近く(フローレンツ駅)にあったビアバーにやってきました。 お店の名前は Pivovarsky klub ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

黄金の虎でしこたま飲んだ後、ホテルに戻り寝てしまったんですが、
目が覚めると夜の9時… まだイケる! もう一軒くらい行きたい!
ということで、ホテルの近く(フローレンツ駅)にあったビアバーにやってきました。

プラハ Pivovarsky klub ビールクラブ

お店の名前は Pivovarsky klub(ピボバルスキークルー)、
日本語にするとビールクラブ、という意味だそうです。

こちらはお店の1階、夜の9時過ぎということで、
いい感じのお客さんも多かったです。

Pivovarsky klub 店内

店内にはでっかい冷蔵庫があり、ヨーロッパ各国のビールをはじめ、
アメリカのビールもありました。日本のビールは無かったかな。

冷蔵庫

こちらにもビールが… 冷蔵庫は一軍、こちらは二軍って感じでしょうか?

冷蔵エリア

さて、お店には地下があり、奥も見てみたいので地下に降りてみました。
地下は地下でカウンターとテーブル席があり、お客さんもいました。

地下の席

我々はタップハンドル前のカウンターに陣取りました。
タップは6本、ビールメニューがしっかりと額に入っているのが素敵です。

6 Taps

こちらは手元のビールメニューです。だいたい300mlで200円以下という安さ!
どんなビールが出てくるのか、ちょっと心配になるくらいです。

ビールメニュー

そんな中、最初にいただいたのは、ブジェヴノフ修道院で造られている
Benedict というラガービール。ろ過をしていないペールラガーとのことです。
ちなみにブジェヴノフ修道院は、チェコ最古の男子修道院だそうです。

Klášterní pivovar Benedict

このビール、苦味と甘みがあり、そのバランスもよくて美味しかったんです。
ろ過していないからか、若干ざらつく感じというか、クリアでは無かったんですが、
これが近所のビアバーにあったら、毎回飲んじゃうよ、っていうくらい
美味しいビールでした。値段を見て若干引いたけど、そんな必要なかったです!

さて、こちらのお店はフードもいろいろと充実していました。

フードメニュー

まずは軽くサラダをつまみにウォーミングアップをしたら…

サラダ

カンガルーのグリルをいただいてみました。お肉はいろいろ種類が
あったんですが、グラム単位でオーダーできるので頼みやすいです。
カンガルー肉はグラムあたり7円くらいなので、100gで700円ですね。

カンガルーのステーキ

カンガルーのお肉って臭みがあるかなぁ、と思ったんですが、
そんなことはなく、塩胡椒のシンプルな味付けでしたが、
しっかりとした赤身で美味しかったです。

しっかりとした赤身

続いては、色を濃くしてダークラガーをいただきました。

ダークラガー

こちらは逆にスッキリとしていましたが、そこまで印象に残るものでは
無かったですかね。黒ビールの違いがそこまでわからない麦酒男です。

遅れてやってきたのは、ターキーのステーキです。
ターキーはカンガルーより安く、グラム5円くらいでした。う~む、安い。

ターキーのステーキ

ターキーは淡白な味でダークラガーとの相性が良かったです。

さて、ここでお店の人にオススメ聞いてみました。
チェコのピルスナーを極めたかったので、何かピルスナーを、と
オーダーしたところ、こちらのビールが出てきました。
ペルフジモフのプレミアムラガーです。おつまみはほうれん草のペースト、かな。

ほうれん草のペーストとピルスナー

ラガービールは、今までのものに比べると、インパクトに欠けて、
ほうれん草のペーストが結構しょっぱかったこともあり、消化試合な感じに…

ペーストはパンと一緒に

最後はヘロヘロになりながらも、Rye IPA をいただきました。

Chomout Režná Bára Rye IPA

これがまたしっかりとした香りと苦みがあって美味しかったんですよ~。
ただ、スタイル的にアメリカンで、チェコらしさは無かったかな?

いや~、最後の方、写真がボケてきてますが、かなりヘロヘロでした。
それでも美味しかった~! ピルスナーウルケルのような何杯も飲めて
ずっと美味いビールもいいし、こういったホップがしっかりと効いたビールも
また美味しいですねぇ。値段も安いし、プラハ、というか、チェコすごいわ!

すごい陳列

チェコはこのお店が最後のお店になりましたが、ビールの安さと美味しさが
ヤバかったので、またぜひ訪れたい国になりました。ビアスタイルの好みにも
よりますが、今、ビール好きが訪れるべきはチェコなんじゃないか…
そんなことまで思えるプラハのビール紀行でした。プラハ、オススメです!!

[関連リンク]
Pivovarský klub(Trip Advisor)
Pivovarský klub(公式サイト)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 チェコ・プラハでは「黄金の虎」というお店には絶対に行かねば、と 考えていたんですが、その前に「黄金の象」というお店を見つけたので そちらにも寄ってみました。 現地の言葉では U Zlatého slona(ウ ズラテホ スローナ)と言います。 その ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

チェコ・プラハでは「黄金の虎」というお店には絶対に行かねば、と
考えていたんですが、その前に「黄金の象」というお店を見つけたので
そちらにも寄ってみました。

U Zlatého slona 入口

現地の言葉では U Zlatého slona(ウ ズラテホ スローナ)と言います。

壁にも像が!

その名の通り、お店の前の看板も象、中の壁紙も象、壁にも象…

ウ ズラテホ スローナ 店内

かわいかったのはこの予約席のサインです。象の足に予約した人の
名前が書かれているようです。結構な常連さんなのでしょうか。

予約席

さて、こちらがビールメニューです。プラハの多くのお店と同じように
基本のビールはピルスナーウルケルです。500ml で200円弱です。
HOOTERSでは300円弱だったので、やはりあちらはちょっと高いんですね。

ウ ズラテホ スローナ ビールメニュー

ということで、こちらがピルスナーウルケルです!
泡が多めに見えますが、この後、少し落ち着いてくると程よい具合になりました。

ピルスナーウルケル

ここのピルスナーウルケルも美味しかったです!
旨み、苦味、何杯でも飲めそうです。合わせるならシンプルなものが
いいなぁ、と思っていたら、シンプルなパンが出てきました。

パン

これにバターを塗って食べるんですが、これがまた美味しいんですよねぇ…
とはいえ、ちゃんとフードメニューもいただこうということで、まずはオムレツ…

玉子焼き

そして、ソーセージのセットをいただきました。ナイフが刺さってます。

ソーセージにナイスなナイフ

どちらも複雑な味では無いんですが、シンプルに美味しいんです。
なので、行動もシンプルになります。食べる、飲む、食べる、飲む。
これだけで、心の奥底から幸せな気持ちが広がりました。

これも美味しい!

さて、こちらのお店ですが、ビールの注ぎ口がハンドル式ではなく、
横に回すタイプのものでした。クイッとひねって、キュッと切るみたいな。

一度注ぎ

しかもロスを出さない一度注ぎ! ビールが綺麗に注がれていました。
ちょっとだけ動画で撮ってきたので、ご興味のある方はどうぞ。




注がれた時には半分くらいが泡の印象ですが、席に来るとこれくらいに、
そして少し待つと程よい具合になります。後は飲むだけです。

おかわり!

飲めば、これまた綺麗なエンジェルリングが出来ますし、
本当に美味しいビールでした。

エンジェルリング

実は今回の旅で、一番美味しかったのが、ここのビールでした。
プラハに行ったらこのお店には、ぜひ行ってみてほしいです。
お店のデザイン周りだったり、システムだったり、ビールだけではなく、
雰囲気も素敵で、1回の訪問ですがファンになりました。ビールファンはもちろん、
内装やトイレのデザインも素敵なので、飲食店関係の方にもオススメのお店です!

[関連リンク]
U Zlatého slona(公式ページ)
U Zlateho Slona(Tripadvisor)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 名古屋HOOTERSの後は、クラフトビールが楽しめるお店に行ってきました。 伺ったのは、名古屋駅から歩いて10分弱の場所にある TAP ROOM というお店です。 お店の外からも見えるカウンターに加えて、奥にはテーブル席がありました。 土曜日の夜に伺っ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

名古屋HOOTERSの後は、クラフトビールが楽しめるお店に行ってきました。
伺ったのは、名古屋駅から歩いて10分弱の場所にある TAP ROOM というお店です。

名古屋 TAP ROOM

お店の外からも見えるカウンターに加えて、奥にはテーブル席がありました。
土曜日の夜に伺ったんですが、20代くらいの若い人が多い印象です。

奥にはテーブル席

樽生ビールは16 TAP、バランスよくいろいろなビールがある印象です。
お値段は420mlのレギュラーサイズで1,000円くらいですね。

壁のビールメニュー

さて、この日はフーターズで散々飲んで食べた後だったので、
ビールは重く、フードは軽くいただきました。一杯目はYマーケットの
ノワールヘッズというスタウトからいただきます。

YMB ノワールヘッズ

しっかりと重厚感のあるスタウトで美味しいです! このビールに
合わせたのは、TAP ROOMのポテトサラダ(420円)です。

TAP ROOMのポテトサラダ(420円)

このポテサラは昭和的なものとは異なり、洋菓子みたいな、というと
語弊がありますが、かなりコッテリとしたポテサラでした。
個性が強いビールとの相性が良さそうです。

続いては、スパイシータンドリーチキンのタコス風(700円)です。
なんとなくのイメージができずにオーダーしたんですが、
タコス的サンドになる前の形での提供でした。

スパイシータンドリーチキンのタコス風(700円)

これはおつまみというよりも、軽くメインを食べたいという時にいいかも。
チキンは美味しいのですが、気づくとこれだけで食べちゃってました。

もう一品何か食べたいなぁ、と迷っているとスタッフの方が「どて煮」を
オススメしてくれました。名古屋飯・どて煮、ここでいただけるとはうれしい限り。

どて煮

このどて煮がとても美味しかったです。味濃いめなのでいいつまみになるし、
余ったトルティーヤ(タコスの皮)をつけて食べるのにもちょうどよかったです。
これはこのお店に来たら必ず食べてほしいですが(特に旅行で来た方)、
いつも提供しているメニューなのでしょうか…?

オラホ エクストラペールエール

さて、この後、もう1杯ビールを飲んでこの日は解散となりました。
というか、閉店時間だったのかな? 記憶は曖昧ですが、調べたところによると
休前日は27時までやっているそうなので、閉店では無かったようです。

TAP ROOM の魅惑のメニュー

この日いただいたメニューはどれも美味しかったんですが、
それ以外にも美味しそうなメニューがたくさんあったんですよね~。

TAP ROOM スタッフ

夜中までやっているので、はしご酒では後回しにしちゃいそうですが、
少しお腹に余裕を持って行くことをオススメします!

今日の一枚



美人スタッフをお姫様抱っこ!

お店にJAPAN BEER TIMESがあったので… 1,549人目のお姫様抱っことなりました。




[関連リンク]
TAP ROOM 名古屋(facebookページ)
TAP ROOM(食べログ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 2015年の夏に神田淡路町にオープンしたビアバー、 WIZ CRAFT BEER and FOOD に行ってきました。 以前、訪れた熟成肉のお店「エイジング・ビーフ ワテラス」と同じく、 複合施設「ワテラス」の中に入っています。 お店に入ると、まずはズラッと並ん ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

2015年の夏に神田淡路町にオープンしたビアバー、
WIZ CRAFT BEER and FOOD に行ってきました。
以前、訪れた熟成肉のお店「エイジング・ビーフ ワテラス」と同じく、
複合施設「ワテラス」の中に入っています。

神田淡路町 ワテラス WIZ

お店に入ると、まずはズラッと並んだタップハンドルに目が行きます。
この日は25種類のビールがつながっていましたが、30TAPくらいありそうです。

カウンター

店内は落ち着いた雰囲気で、テーブル席とカウンターがあります。
カウンターからは調理のようすも見られるし、スタッフともコミュニケーションが
とりやすい感じでした。

WIZ 店内

さて、こちらがこの日のビールリスト。この日だけかもしれませんが、
他のお店と比べてサワー系のビールの割合が高かったです。
海外のクラフトビールもかなりの数、ラインナップされていました。

ビールリスト

初訪問の僕は、お店のオリジナルのビール、淡路町ゴールデンエールから
いただきました。ベアードビールの工場で造られているビールだそうです。

淡路町ゴールデンエール

すっきりと美味しいビールです。メニューの一番最初に書かれていますし、
クラフトビール初心者にもオススメしやすいビールではないでしょうか。

おつまみもいろいろあります。が、お値段が意外とリーズナブルでした。
まずは、下仁田葱のマリネ(500円)からいただきます。

下仁田葱のマリネ(500円)

下仁田葱の風味に加えて、トビッコの食感がアクセントになっていて
ビールとの相性を高めていました。いろいろなビールと合わせやすそうな
メニューなので、一品目にオススメです。

続いて、餃子という文字が目に入ったのでオーダーしたのが、
甘栗とクレソンの餃子 トリュフ添え(500円)です。

甘栗とクレソンの餃子(500円)

なんでしょう、餃子なのにトリュフとかクレソンとか…
いただいてみて、甘栗の感じはそこまで分からなかったんですが、
皮も餡もまろやかで食べやすい餃子でした。

ここらで次のビールに… 続いては Y.MARKET くつろぎペールエールです。

Y.MARKET くつろぎペールエール

こちらもすんなりといただける、まさにくつろげるペールエールでした。
これも初心者にオススメのビールですね。美味しい!

さて、おつまみをもう一品。これ、見た目だけではなんだかわからないですよね。

肉詰めハラペーニョのフリット(500円)

こちらは肉詰めハラペーニョのフリット(500円)です。
ピーマンではなく、辛くて肉厚なハラペーニョを肉詰めにするという、
なんともビアバーらしいセンスあるメニューじゃないですか!

お肉しっかり辛さびっくり

しっかりお肉が詰まっていますし、辛さも強くて、美味しいメニューでした。
他では見たことのないメニューですし、WIZ に来たらぜひ試してほしい一品です。

さて、ハラペーニョの肉詰めもそうですが、このお店、いろいろなところが
オシャレでいいんですよね。でも、過剰なオシャレではなくて、
穏やかにオシャレというか、センスがいいんですよね。
お店のコースターも裏側はこんな感じになっていました…

コースター

お店のアカウントを書くんじゃなくて、お客さんのアカウントを聞く、
みたいなコミュニケーションがちょっと面白いと思いました。
(これをどうするのかはわからないですけども…)

ビールは1杯1,000円前後、おつまみは500円前後ですし、
食事は美味しくオシャレなので、普段使いにいいお店だと思いました。
神田も近いですし、ハシゴ酒の一軒目としてもいいかもしれません。
オススメです!

[関連リンク]
WIZ CRAFT BEER and FOOD(Facebookページ)
WIZ CRAFT BEERandFOOD(食べログ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 ヤッホーブルーイング公式ビアレストランである 『よなよなBEER KITCHEN』が2015年10月から『YONA YONA BEER WORKS』に リニューアルしました。ということで、よなよなビアワークス 青山店に 立ち寄ってみました。場所は表参道の駅から青山方面にちょ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ヤッホーブルーイング公式ビアレストランである
『よなよなBEER KITCHEN』が2015年10月から『YONA YONA BEER WORKS』に
リニューアルしました。ということで、よなよなビアワークス 青山店に
立ち寄ってみました。場所は表参道の駅から青山方面にちょっと歩いたところです。

赤坂と神田のお店は外からでも店内が見えるようになっていますが、
青山店は場所柄か、隠れ家的に目立たないところにありました。

よなよなビアワークス 青山店

実は写真の扉はスタッフ用で、お客さんは扉の手前の階段を下りていきます。
階段の手すりは工場にありそうなパイプ、そして壁には水曜日のネコや…

階段を降りると

インドの青鬼もいました。樽の手前を右に曲がるとお店です。

青鬼もいます。

この日はひとりでランチビール、という感じだったのでカウンターに陣取ります。
カウンターの前にはビールのタップハンドル。包丁とかナイフになっています。
ビールをヤバくする、というのが『よなよなBEER KITCHEN』の
キャッチフレーズでしたが、こういうことだったのでしょうか…

カウンター

ヤッホーブルーイング公式ビアレストランなので、よなよなエールをはじめ、
ヤッホーのビールが揃っています。中にはここでしか飲めない限定ビールもありました。

ビールメニュー

僕は一杯目はスタンダードによなよなエールをいただきました。
グラスのデザインもシンプルでいい感じですね。内装などもそうですが、
しっかりとデザインされているからでしょうか、かっこいいですね。

よなよなエール

おつまみは軽く… と思っていたんですが、迷っているうちに
いくつか頼んじゃいました。基本的には赤坂店、神田店と同じメニューだと思います。
まずは自家製ピクルス(480円)からいただきます。

ピクルス(480円)

カラフルなメニューで目にも美味しいですし、箸休め的なポジションとして
オススメです。続いては、森のヤッホーサラダ、ハーフ(800円)でいただきました。

森のヤッホーサラダ(800円)

ハーフでこのサイズなので、ひとりなら他のフード無しでこれだけでいいかも。
二人でハーフサイズがちょうど良さそうです。ベーコンとキノコの相性がいいです。

しっかりお腹いっぱいになったんですが、もうひとつ頼んでいました。
鹿肉のソーセージ(650円)です。

ソーセージ(650円)

パリッとした皮の中にはジューシーなお肉が詰まっていました。
かなり熱々で出てきます。切ってから少ししても熱い肉汁でヤケドしそうでした。
猫舌の方は要注意です。これはビールとの相性は間違いありませんね。

ジューシー!

今度はビールが無くなった、ということでもう1杯いただきます。
ローソン限定で発売されていた僕ビール、君ビール。を樽生で…

僕ビール、君ビール。

ちょっと炭酸が強めでドリンカビリティ的には下がっている感じだったかな?
ともあれ、久しぶりに僕君をいただいて満足でした。

さて、青山店ですが、系列の他のお店よりもお店は小さく、
入口や照明もまで隠れ家的な印象でした。みんなでワイワイ飲みに行くのではなく、
仕事帰りやランチデートで使うような、そんなイメージでしょうか。
まあ、青山のイメージとも近いよなよなのお店ですね。

[関連リンク]
YONA YONA BEER WORKS(公式サイト)
ヨナ ヨナ ビア ワークス 青山店(食べログ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 2015年のことになりますが、都立大学にある Craft Beer Diner TAKIEY(クラフトビアダイナー テイキー)に 行ってきました。何人かのビール好きにお気に入りのお店を聞いたんですが、 複数の方がテイキーが挙げていて、気になっているお店でした。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

2015年のことになりますが、都立大学にある
Craft Beer Diner TAKIEY(クラフトビアダイナー テイキー)に
行ってきました。何人かのビール好きにお気に入りのお店を聞いたんですが、
複数の方がテイキーが挙げていて、気になっているお店でした。

都立大学 テイキー

この日はランチタイムにお伺いしたのですが、ほぼ満席で
僕はカウンターでいただくことに。カウンター前にはタップハンドルが並び…

テイキー カウンター

ボトルビールが入った冷蔵庫もありました。

冷蔵庫にもビールがいろいろ

カウンターには持ち帰りメニューもあり、いつ来ても使い勝手が良さそうな、
常連さんの多そうなお店だなぁ、と思いました。早くも数人のビール好きが
このお店を薦めてくれた理由がわかったような気がしました。

おしゃれなカウンター

奥には落ち着いたテーブル席も複数ありました。
週末はゆっくり起きて、ここでブランチ&ビールなんて素敵でしょうね。

奥には落ち着くテーブル席

さて、カウンターに座って、ランチメニューをいただきますが、
まずはビールから… マウイ ビキニブロンドラガーをパイントで!

マウイ ビキニブロンドラガー

遅ればせながらこちらがランチメニューです。パスタ、サンドイッチ、シチュー、
カレー、ドリアをいろいろなメニューがあって悩んでしまいます。

TAKIEY ランチメニュー

僕はビールとの相性を考えてジャークチキンの入ったブリートランチ(1,000円)に
ワカモレをトッピング(+230円)したものをオーダーしました。
値段的にちょっと高めかな、と思いましたが、出てきたプレートを見て納得!

ブリートランチ

3人分くらいはあるんじゃないかってくらいのブリトーでした。

どでかいブリート

ジャークチキンだけではなく、野菜もたっぷり入っていましたし、
これだけでお腹いっぱいになったブリトーでした。いやはやビックリ。

ランチで伺ったので、これだけで退散してしまいましたが、
次回は夜にゆっくりと来てみたいと思います。

[関連リンク]
Craft Beer Diner TAKIEY(公式サイト)
Craft Beer Diner TAKIEY(Facebookページ)
テイキー(食べログ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 渋谷に新しくオープンした「PDX TAPROOM」に行ってきました。 PDX とはアメリカオレゴン州ポートランド国際空港の3レターコードですが、 その名の通り、オレゴンのビールを取り扱っているビアバーです。 お店は渋谷、原宿、表参道の真ん中あたりにあ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

渋谷に新しくオープンした「PDX TAPROOM」に行ってきました。
PDX とはアメリカオレゴン州ポートランド国際空港の3レターコードですが、
その名の通り、オレゴンのビールを取り扱っているビアバーです。

お店は渋谷、原宿、表参道の真ん中あたりにありますが、
一番近いのは渋谷駅でしょうか。宮下公園からもう少し行ったあたり、
2階にお店がありました。ちゃんと見ていないと見逃しちゃうかも…

渋谷 PDX TAPROOM

お店に入ると、正面にカウンター、そしてサーバーが見えます。
ビールは10タップ。メニューを見ると、ローグ、カルデラ、ブレイクサイド、
ホップワークスとオレゴンの4つのブルワリーがラインナップされていました。

ビールは10TAP

奥のテーブル席に座って、お店の入り口側を見るとこんな感じです。
ひとりで来た時には、窓側もしくはサーバーの前のカウンターが良さそうですね。

テーブルとカウンター席

さて、僕は Breakside Brewery の Toro Red からいただきました。

Breakside Brewing Toro Red

繊細ではなく、しっかりと香りのあるアンバーエールです。
そうそう、オレゴンで飲んだビールってこういうのが多かったです!

喉を潤してから落ち着いて店内を見れば、オレゴンやポートランドに関する
いろいろなカードや地図が飾ってありました。

オレゴンのいろいろ

お手洗いにはトライメットの地図や写真もありました。ああ、懐かしい!

お手洗いにもオレゴンのいろいろ

さて、この日はひさしぶりの東京ということで、いろいろなお店に行っていたため、
お食事は軽く、サツマイモのフライドポテトだけいただきました。
ポテトがのっているトレイがオレゴン州の形になってますね。

フライドポテト

サツマイモなだけあって、ポテトは甘い風味があって美味しかったです。
添えられているのは、わさびケチャップ。こちらもいいアクセントになりました。
おつまみとしては、どっしりとした方だと思いますが、
オレゴンのビールとの相性は抜群でした。
(他にもフードメニューは10種類くらいありましたが、基本軽めかな…)

ということで、あとはオレゴンのビールを…

いろんなビール

たくさんいただきました。というか、全部いただきました!

どれもオレゴン産

最後はクリスマスに合わせて、ローグの Santa's private reserve を
いただきました。オリジナルグラスなのが素敵です!
ああ、これぞアメリカンクラフトビールって感じだなぁ、と、そんな感想。
ratebeer あたりで点数が高そうなビールです。

Rogue Santa's private reserve

お店の立地や大きさを考えると、ガッツリ飲みに来る、というお店では
ないのかもしれませんが、買い物やパブクロールの途中に立ち寄ったり、
ゼロ次会で飲むのにオススメのお店です!
(ゼロ次会にしては強めのビールが多いんですけども……)

[関連リンク]
ピーディーエックス タップルーム(食べログ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 カナダ・アルバータ州とのタイアップで旅をしてきました。 カルガリーのダウンタウンの街並みの中に… 急に一軒家が… しかも、PUBというサインが目立ちます。 昼間に見るとこんな感じです。ちょっと不思議な感じです。 お店の入り口の先は階 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。
カナダ・アルバータ州とのタイアップで旅をしてきました。

カルガリーのダウンタウンの街並みの中に…

カルガリー ダウンタウン

急に一軒家が… しかも、PUBというサインが目立ちます。

Canada Hop In Brew Pub

昼間に見るとこんな感じです。ちょっと不思議な感じです。



お店の入り口の先は階段があって2階部分へ… このあたりも一軒家な感じですね。

一軒家的

階段を上がるとバーカウンター、そして奥にはテーブル席がありました。
観光客はいなさそうですが、常連さんが多いのでしょうか。

Hop'n Brew 店内

こちらがビールメニュー。この時すでに10数杯飲んでいたのもあり、
IPAしか目が行ってなかったんですが、home Brew なんてあったんですね…

ビールメニュー

ということで、ここでしか飲めないであろう home brew を見逃し、
ALBERTA Dragon IPA をいただきました。

Dragon IPA

僕はひとりだったので、カウンターで立ち飲みをしつつ、
いろいろと飲み比べをさせてもらいました… が、記憶ががが…

飲み比べ

常連さんの多いアットホームなお店の雰囲気もあるんでしょうね。
写真を見ると、ご機嫌にコミュニケーションをとっていたようです。

立ち飲み仲間

with staff

お姫様抱っこ

この後、彼らに誘われて〆のピザを食べに行きました。

なんか盛り上がった…

が、そこでも盛り上がってお姫様抱っこをしていたら、
彼氏が怒っちゃってたいへ~ん、みたいなこともありましたが、
それもまたいい思い出になりました。あのカップル、大丈夫かな…?

旅人だけどホームな感じのするビアバーでした。
皆さまが訪問される場合には、home brew なビールを飲むのをお忘れなく!

[関連リンク]
Hop In Brew Pub(yelp)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 カナダ・アルバータ州とのタイアップで旅をしてきました。 クラフトビアマーケットといえば、ここ数年、東京で店舗を増やしている CRAFT BEER MARKET を思い出しますが、同じ名前のお店が カナダ・カルガリーにあるということで行ってきました。 サ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。
カナダ・アルバータ州とのタイアップで旅をしてきました。

クラフトビアマーケットといえば、ここ数年、東京で店舗を増やしている
CRAFT BEER MARKET を思い出しますが、同じ名前のお店が
カナダ・カルガリーにあるということで行ってきました。

CRAFT BEER MARKET

サインが白飛びしちゃっていますけども、こんな形のサインなので、
日本にあるクラフトビアマーケットとは関係が無さそうです。
お店はカルガリー以外にも3店舗あるようです。

craftbeermarket.ca

さて、お店は21時を回っていましたが、週末だからか満席!

CRAFT BEER MARKET 店内

受付では「席は無いけど、スタンディングならどこでも…」と言われ、
お店を2周してなんとかカウンターに陣取ることができました。

タップハンドルがたくさん!

こちらのお店、100種類の樽生ビールをいただくことができるとか!

ビールは100TAP

お店の奥には冷蔵庫があり、ビール樽がたくさん繋がっていました。

大きな冷蔵庫

お店の真ん中にあるタップハンドルが並ぶカウンターには、
天井を伝う配管を通ってビールが来ているようでした。
このあたり、日本で云えばクラフトビアマーケットというよりも
Goodbeer faucetsの方がイメージが近い気もしますね。

天井に配管

さて、この日はランチ、ブルワリー見学、ブルーパブと飲み続けてきたので、
1杯目からIPAをいただきました。CENTRAL CITY RED RACER ISA です。

IPA

続いて、STEAM WHISTLE というピルスナーをいただこうと
スタッフにオーダーしたのですが「それ、美味しくないです」とまさかの日本語が!
日本語で話しかけてくれたのは、スタッフのテリーでした。
なんでも日本に住んでいたこともあるんだとか…

まさかの日本語!

ということでカナダのビールを諦めて、オレゴンで美味しかった
デシューツの FRESH SQUEEZED IPA をいただきました。
さすが デシューツ のIPAです。香り良し、苦味良し、バランス良しの
美味しいIPAでした。

デシューツ IPA

ちなみに写真の左に見えるのは、チェイサーのボトルではなく、
チップを入れるためのものでした。この後のお店でもそうだったんですが、
カナダのビアバーではカウンターでもチップを払う習慣があるみたいです。

ということで、落ち着いた雰囲気だった LAST BEST とは違い、
もうちょっと砕けた感じというか、庶民的というか、ガラが悪いというか、
そんな印象のCRAFT BEER MARKET でした。
カナダのビールだけに限らず、北米のビールをいろいろと飲みたい時に
オススメのお店です! ぜひテリーに会いに行ってみてください!

[関連リンク]
Crat Beer Market Restaurant+Bar(公式サイト)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 香港のビアバー巡りも最後になりました。3軒目はちょっと前に オープンしたというコエドビールのお店「COEDO Hong Kong」に してみました。どんな雰囲気なのか見たかったんですよね〜。 とりあえず、The Roundhouse Taproom のあるセントラルから コ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

香港のビアバー巡りも最後になりました。3軒目はちょっと前に
オープンしたというコエドビールのお店「COEDO Hong Kong」に
してみました。どんな雰囲気なのか見たかったんですよね〜。

とりあえず、The Roundhouse Taproom のあるセントラルから
コーズウェイベイに移動します。

香港 コーズウェイベイ

こちらは香港の若者に人気のエリア、という感じでしょうか。
デパートやおしゃれなお店がいろいろありまして… そして、コエドビールです。

コーズウェイベイ コエドホンコン

暖簾や提灯のようなライトが和の雰囲気を醸し出しています。

COEDO Hongkong

店内に入ると黒板にグラスの説明やビールメニューが描いてありました。

デコレーションされています

ビールはコエドの他に、世界中からのゲストビールもありました。

今日のラインナップ

僕はコエドの毬花をいただきました。3軒目ですし、セッションエールで!

COEDO 毬花

毬花、美味しいです。

おつまみも軽くいただきました。こういう時に和風のメニューがあるのは、
ありがたいですね。まずは枝豆から。

枝豆

そして、ししとうもいただきました。がっつり和ですよね。
お皿にはコエドのマークも入っていました。

ししとう

店内はおしゃれな雰囲気ですし、スタッフもフレンドリーでいいお店でした。

コエドライト

ということで、最後にスタッフの方と記念撮影。コエドのC!

コエドのC

ということで、帰国前に頭を和に戻すことができたコエドビールでした。
いいエリアにありますし、若いお客さんも多かったですし、
これから香港でコエドビールが流行ってほしいなぁ…

[関連リンク]
COEDO Hong Kong(Facebook)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 一軒目 The Globe を出た後は歩いて4分、SOHO地区にある The Roundhouse Taproom に行ってきました。 このお店もミッケラーバンコクと同じく CNN の Asia's best beer bars に選ばれていたお店です。 SOHOという欧米人の多い地区、ということで、中 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

一軒目 The Globe を出た後は歩いて4分、SOHO地区にある
The Roundhouse Taproom に行ってきました。
このお店もミッケラーバンコクと同じく
CNN の Asia's best beer bars に選ばれていたお店です。

The Roundhouse 店内

SOHOという欧米人の多い地区、ということで、中に入ると
スーツ姿の人がたくさんいました。今回の旅でスーツの人が
多かったのは、ここと空港くらいだった気がします。
タップはずらりと20タップくらいでしょうか。

The Roundhouse TAP

店内を見上げれば、使わなくなった樽が飾ってあったり…

上を見上げれば空の樽?

いろいろなコースターが飾ってあると思ったら、福岡にあるビアパディの
コースターも見つけましたよ。なんだか嬉しいものです。

福岡のお店のコースターが!

さて、こちらのお店、ビールのメニューはタブレットを使っていました。

メニューはタブレット

進んでるな〜、と思いきや、オーダーは紙に書きます。アナログでした。
食事のメニューもシートになっていました。

オーダーは紙に!

いろいろなビールがあったので、テイスターセットで6種類いただきます。
香港のブルワリーを中心にいろいろといただきましたが、
忘れられないくらいのビールって、なかなかないものですね。

ビアフライト

そして、こちらの名物メニューだという、ショートリブバーガーもいただきました!

ハンバーガー

好みでケチャップやマスタードをかけていただくんですが、
お肉やバンズとソースがよく馴染んで美味しかったです。

White IPA

さて、気に入ったビールをもう一杯、ということでいただいたのは、
最近お気に入りのスタイル、White IPA by HONGKONG Beer Co です。
写真だとかなり色が濃く見えますが、手で持っているからじゃないかと…

最後は次のお店の情報をスタッフさんに伺いつつ、
みんなで記念撮影をしました。先ほどいただいたWhite IPA の名前が
Wushu Warrior という名前だったこともあり、マッスルポーズで!

最後はマッスルポーズで!

ということで、3軒目に向かいます。が、先程は気づかなかったんですが、
となりはボトルショップのようです。アメリカのビールがかなり充実していました。

The Roundhouse の横にあったお店

香港滞在中はのお店で飲むのもよし、買って帰って香港の夜景を眺めながら
楽しむもよし、という感じですかね。The Globe も近いですし、
香港でホッピーなビールが飲みたくなったら、このエリアが良さそうですね。

ボトルがいろいろ…

さて、お次は3軒目。ちょっと馴染みのありそうなあのお店に行ってきましたが、
それはまた明日ということで…

[関連リンク]
The Roundhouse Taproom(公式サイト)
The Roundhouse(Tripadvisor)



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 バンコクから香港のトランジットを経て日本に戻ってきたんですが、 トランジットの時間が16時間あったので、ビアバーを巡ってきました。 最初に行ったお店は、ミッケラーバンコクで出会った「TWINS KITCHEN」の ふたりにオススメしていただいた The ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

バンコクから香港のトランジットを経て日本に戻ってきたんですが、
トランジットの時間が16時間あったので、ビアバーを巡ってきました。

香港!

最初に行ったお店は、ミッケラーバンコクで出会った「TWINS KITCHEN」の
ふたりにオススメしていただいた The Globe というお店です。
セントラルという地区にあるんですが、この地区、ブルジョアな感じで
こんな車も普通に停まっておりました。

おしゃれなクルマが…

ちょっと迷いながらたどり着いたのはこちら…

The Globe 入口

中に入るとカウンターとタップが目に入りました。

The Globe 店内

席について、メニューを見てみるとなかなかの品揃えです。

ビールメニュー その1

香港のビールもありましたが、いただいたのは…

ビールメニュー その2

ニュージーランドのボヘミアンピルスナーです!

ボヘミアンピルスナー

この日はもう何軒か行く予定だったので、軽く行きたかったんです。

ということで、おつまみも軽くポテトフライをいただいたんですが、
すごいデッカイのが出てきました。ナイスカロリー!

でっかいポテトフライに…

そんなわけででっかいポテトフライをいただきつつ、
香港のブルワリー YOUNG MASTER の IPA をいただきました。
ローカルなビールですが、パイントで1,200円くらいでしょうか… なかなかです。

Hongkong The Globe

ということで、今回はビールは2杯だけしかいただけませんでしたが、
おしゃれな雰囲気が素敵なビアバーでした。こういうお店って
オススメしやすいですよね。他のメニューもいただいてみたいものです。
香港のセントラルに行かれた際にはぜひ!

[関連リンク]
THE GLOBE(公式サイト)
The Globe(Tripadvisor)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 先日 Mikkeller Bangkok(ミッケラー バンコク)に来た時に、 スタッフのエロアさんとお話していて、2日後にイベントがあるという ことを聞いた僕は、もちろん伺うことにしました。 旅先では急な予定こそ、面白いことになったりしますからね。 ミッケ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

先日 Mikkeller Bangkok(ミッケラー バンコク)に来た時に、
スタッフのエロアさんとお話していて、2日後にイベントがあるという
ことを聞いた僕は、もちろん伺うことにしました。
旅先では急な予定こそ、面白いことになったりしますからね。

ミッケラー バンコクの facebookページによると…

Tomorrow a film crew will come and do a shoot for a travel magazine.We will open at 15:00, and there will be free snacks for the early birds from 15:00 - 17:00!Hope to see a lot of you.

Posted by Mikkeller Bangkok on 2015年9月20日


ということで、現場に着いたのは16時くらい… ですが、全然人がいない!
いや、スタッフはいるんですけど、他のお客さんがいないんです。

ミッケラー バンコク テラス席

ということで、昼のテラス席で撮影の準備をしているところを見学しつつ…

撮影準備

店内を見て回ったりしていました。2日前の訪問時は夜だったし、
お客さんも多かったですからね。明るい時でもいい雰囲気ですね。

テラス席

入り口のインフォメーションボード

もちろん、ビールも飲めます。2日前には無かった、バンコクオリジナルの
Sukhumvit Pils、Sukhumvit Pale、Sukhumvit wit がありました。
この中では、Sukhumvit Pils がホッピーで好みでした。

本日のTAP

ボトルショップのメニューがあることも発見! WHITE IPAに惹かれます。

ボトルショップ メニュー

相変わらず撮影が始まらないので、壁のイラストと遊んだりしていると…

水を飲め!

外はだんだんと暗くなっていき、ビールは 8WIRED の BLACK IPA に!

8WIRED BLACK IPA

ようやく始まるようで、お店のスタッフが呼び寄せたと思われるお客さんも
増えてきました。テラス席に出るように促され…

はじまる?

テラス席に出て、見てみると「TWINS KITCHEN」の撮影のようです。

HONG KONG TWINS KITCHEN

聞けば、香港の双子の料理人がいろいろなところで料理をするのだとか…
今回はパンケーキスペシャルと書かれてしました。

撮影が始まった!

で、このお食事? おつまみ? は2種類。Sweet(甘い)とSavoury(香ばしい)。
無料でいただけたので、どちらもいただきました。

まずは Sweet。ハニカム&マスカルポーネです。思っていたパンケーキとは
違いますが、ハチミツとマスカルポーネがこってりと甘くて美味しいです。

ハニカム&マスカルポーネ

Savouryはオイスターフライパンケーキとのことで、牡蠣を揚げたものが
薄い皮に挟まれています。パリッと軽い食感のあとにジューシーな牡蠣!
これは BLACK IPA との相性がよかったです。

オイスターフライパンケーキ

さて、今回の撮影は動画で行われていました。フードトラックに
オーダーしに行って、シェフとお客さんが話す様子だったり、
タイの女優さんと双子シェフの絡みもあったりしましたが、
どうやらテーブルでお客さんとシェフが話す画も撮りたいとのこと…

双子のシェフと女優さん

チャンスです! 香港デビューのチャンスです!

目指せ、香港デビュー

そんなわけで「うめぇ〜」Tシャツを着て、アピールした結果!!

美味!

ばっちりテーブル席で会話をする配役をいただきました。
帰りもトランジットで香港に行く予定だったこともあり、
おふたりの香港のビアバーをオススメしてもらったりしました。

撮影快調!

が、撮影だったので、その場面の写真は無く… 誰か、香港で僕を見つけてください。
というか、無事に出演できているのか、それとも異質なオレンジ色の
Tシャツを着たおじさんはすべてカットされているのか… 気になるところです。

そんなミッケラー バンコクでの夜でした。
かなり長い間の滞在だったけど、なかなか面白かったです。旅ですな〜。

[関連リンク]
Mikkeller Bangkok(公式サイト)
Mikkeller Bangkok(Facebookページ)
Mikkeller Bangkok(trip advisor)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 バンコクでもクラフトビールが広がりつつあるようです。 日本だと、ナガノトレーディングやAQベボリューションのような アメリカのビールをメインに輸入しているインポーターさんがいますが、 どうやらタイにもいろいろなビールを輸入している大手の ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

バンコクでもクラフトビールが広がりつつあるようです。
日本だと、ナガノトレーディングやAQベボリューションのような
アメリカのビールをメインに輸入しているインポーターさんがいますが、
どうやらタイにもいろいろなビールを輸入している大手のインポーターさんがいるようでした。

Bangkok CRAFT

ただ、そうなると各ビアバー毎の違いってなかなか出しづらいのでは、
なんて思うんですが、40TAP つながっていて…

タップは40TAP

しかも オープンエアーで飲めるお店に行ってきました。
これは差別化バッチリですね! なんとなくポートランドを思い出しました。

屋外

その名も「CRAFT(クラフト)」というお店です。
アソーク駅、もしくはスクンビット駅から徒歩で2~3分の場所にあります。

さて、40TAP 魅惑のメニューはこちらです。売り切れなのもあるけど…

CRAFT メニューその1

COEDO(コエド)の名前も見えますが、個人的に注目なのは、
オレゴン州のDeschutes(デシューツ)でしょうか。
まだ日本では飲めないデシューツのビールが4つも繋がっています。

CRAFT メニューその2

ということで、やっぱり Deschutes デショー!
Chainbreaker White IPA からいただきました。

Deschutes Chainbreaker White IPA

ちなみに、このグラスに書かれている BEERVANA というのが
インポーターさんのようです。公式サイトを見てみると、
日本からもコエド以外に、ヤッホーブルーイングやベアードビール、
KAGUA もタイに輸入しているようですね。やるな~。

二杯目もデシューツで。Inversion IPA をいただきました。

Deschutes Inversion IPA

デシューツは他にも Pinedrops IPA ってのがありました。
友だちが飲んでいたので、ちょっともらったんですが、
個人的にはそちらの方がフルーティーで好きでした。 残念。

このお店、おつまみはお店に面した出店で売っている感じなのですが、
夜遅かったこともあって、すでに締まっていました。
ということで、近くのコンビニで調達してきたスナックをつまみつつ…

買ってきたおつまみ

クラフトのスタッフとコミュニケーションを楽しんだりしました。
みんなノリがいい! さすがビールのお店です。

クラフトのスタッフ

スタッフの来ているTシャツがかっこよかったので、
「僕の着ているTシャツと交換するか、もしくは売って~!」
とお願いしたんですが、さすがにそれはダメでした。

実は、この後のお会計時に、前日フーターズでクレジットカードを
受け取っていないことに気づき、あたふたするハメになったのですが、
それはまた別のお話。身も心も解放感を感じる楽しいお店でしたよ。
今度は早い時間から行って、フードメニューとのペアリングも楽しみたいと思います。

[関連リンク]
CRAFT BANGKOK(公式サイト)
CRAFT BANGKOK(Facebookページ)
BEERVANA(インポーター 公式サイト)
BEERVANA -クラフトビール in バンコク -(インポーターの日本人スタッフブログ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 CNN で Asia's best beer bar として紹介されていた デンマークのファントムブリュワリー・ミッケラーのビアバー、 Mikkeller Bangkok(ミッケラー バンコク)に行ってきました。 お店は結構わかりづらい場所にあるので、明るいうちに行くか、 しっ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

CNN で Asia's best beer bar として紹介されていた
デンマークのファントムブリュワリー・ミッケラーのビアバー、
Mikkeller Bangkok(ミッケラー バンコク)に行ってきました。

ミッケラー バンコク

お店は結構わかりづらい場所にあるので、明るいうちに行くか、
しっかりと下調べして行った方がいいと思います。
(渋谷で言えば、松濤あたりにあるイメージでしょうか…)

ミッケラーのイラストがお出迎え



さて、馴染みのあるミッケラーのイラストを横目に中に入ると、
ガーデンテラスが見えます。ライトアップされていい雰囲気です。

ガーデン

この日は庭の方には席はありませんでしたが、テラス席はありました。

テラス席

蚊に刺されそうな気もしたので、この日は中に陣取ることに。
アジア系のお客さん3割、あとは欧米系のお客さんという感じかな。

ミッケラー バンコク 店内

コラボやゲストタップも含め、ビールは30TAP



オーダーはカウンターで、キャッシュ・オン・デリバリーです。
TAPは30タップ。ミッケラーのビールはもちろん、コラボビールや
ゲストビールもありました。CNNの記事にはベアードビールもあると
書かれていましたが、この日のラインナップにはありませんでした。

ミッケラー バンコク TAP

さて、1杯目はMikkeller/Grassrootsのコラボビール、
Wheat is the New Hops IPAをパイントでいただきました。
日本円で 1,350円くらい。まあ、いい値段ですよね。

Mikkeller / Grassroots Wheat is the New Hops IPA

フードメニューもあります。メニューには例のイラストが描かれています。
タイにあるということで、祈りの手かと思ったんですが…

メニュー

どうやらあのふたりのハイファイブ的なポーズのようでした。

ちなみに、チェイサーのお水はボトルでもらえるんですが、
これにもミッケラーのイラストが! 徹底してていいですね〜。

お水

この日はフーターズ後の訪問だったこともあり、
ピクルス(約350円)だけいただきました。

フードメニュー

ピクルス

リーズナブルな値段ですが、しっかり入ってて良かったです。
ハンバーガーも気になったんですが、それは次回かな〜。

しっかり入ってます。

ミッケラーらしいジョークや小物もありました。



店内では、ミッケラーらしい(?)ジョークも書かれていたり…

ジョーク

一部、日本のビールファンから物議を醸した中指も…

中指立てて

ちなみに僕はこれを見ると、柴田恭兵の歌を思い出します。



おトクなのは、パイントかハーフパイントか?



ミッケラーバンコクでは、パイントがだいたい400バーツ(約1,300円)。

ミッケラー バンコク パイント

ハーフパイントが200バーツ(約650円)と、しっかり半額だったんですが、
ビールの量的にはパイントの方がオトクだったりするんでしょうか?

ミッケラー バンコク ハーフパイント

隣接のボトルショップもあります



お店の奥には別の建物でボトルショップもありました。

ボトルショップ

中は6畳くらいの広さで、常温棚&冷蔵庫にビールがいろいろありました。
すでに日本では手に入らないコラボビールなんかもあり…

ボトルショップ店内

残念ながら、ここで買ったビールはお店では飲めないようです。
バーは夕方からですが、こちらはお昼からやっているので、
夜までしか時間が取れない場合には、最悪ボトルで買って帰って、
ホテルで楽しむというのもありかもしれません。

アジア No.1 ビアバーなのか?



この日は最後にニュージーランド 8 Wired からのゲストビール、
Black Wired Black IPAをハーフでいただきました。

8 Wired Black Wired Black IPA

CNN ではアジアNO.1ビアバーということで取り上げられていましたが、
ミッケラー厳選の30TAP、ボトルショップ併設、ガーデンテラス、
BBQパーティーやランニングクラブがあったりと、
たしかにビアバーという業態ではかなり進んでいる印象でした。
スタッフの皆さんも楽しそうで、雰囲気も良かったです。
あとは、僕がもう少し英語ができたら… ということで、
やはりビールはコミュニケーションツールだなぁ、と思った次第です。

コミュニケーションと言えば、スタッフのエロアさんと話している時に、
2日後にイベントがある事を聞きまして… 2日後に再訪しました!

が、それはまた別の機会に…

[関連リンク]
Mikkeller Bangkok(公式サイト)
Mikkeller Bangkok(Facebookページ)
Mikkeller Bangkok(trip advisor)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote