生ビールブログ

ビールに関するブログです。おいしいお店、ビールの情報、ビアガーデン、ビール美人、つまみレシピ、豆知識…

タグ:ビアバー

香港のいろいろなクラフトビールが楽しめるKowloon Taproom(クーロンタップルーム)に行ってきました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

香港のクラフトビールがいろいろと楽しめる Kowloon Taproom(カオルーンタップルーム)に行ってきました。

香港 Kowloon Taproom

店内はこんな感じですが、お店の外にも椅子が並んでいて、外でもビールが飲める感じでした。

Kowloon Taproom 店内

タップは12タップで、香港のクラフトビールがたくさんラインナップされていました。

クーロンタップルーム

こちらがビールメニューです。左が樽生ビール、右がボトルビールで、ボトルビールは3〜4ページくらいありました。

Kowloon Taproom ビールメニュー

僕は Moonzen Brewery の Yuzu Saison(ゆずセゾン)からいただきました。ちゃんとブルワリーのグラスで来るのはうれしいですね。

YUZU SAISON

ゆずセゾン、その名前の通り、ゆずの香りが楽しめるセゾンでした。グラスの形状から想像ができるかもしれませんが、そこまでグイグイ飲む感じではなく、香りを楽しむビールでしょうか。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

静岡ハシゴ酒、三軒目はアオイブリューイングの工場併設ビアバー BEER GARAGE(ビアガラージ)へ行ってきました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

静岡ハシゴ酒、三軒目はアオイブリューイングの工場併設ビアバー BEER GARAGE(ビアガラージ)へ行ってきました。このお店、ビールのヨコタで知り合った Taka さんに連れてきていただきました。

AOI BREWING併設ビアバー BEER GARAGE

結構遅い時間だったんですが、お店はほぼ満席でカウンターにギリギリ座ることができました。駅から離れていることもあり、ここにいるのは皆さん地元の方のようでした。

ビアガラージ カウンター

伺った前日にテレビでアオイブリューイングのMOMO SAISON(モモセゾン)が紹介されたらしく、それを飲んでいる方も多かったです。

BEER GARAGE ビールメニュー

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

静岡ハシゴ酒二軒目はビールのヨコタに行ってきました。コールスローやポテトサラダ、唐揚げはどれも美味しく、ビールとの相性もよかったです。静岡のビアバーといえばここ! ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

静岡のビアバーハシゴ酒、二軒目は「ビールのヨコタ」です。以前から気になっていたお店なんですが、やっと来ることができました! お店は一軒目の AOI BEER STAND から歩いて4〜5分の場所にあります。

静岡 ビールのヨコタ 看板

カウンター席とテーブル席がありましたが、僕はカウンターに陣取り、まずはお店のオリジナルビール・ブロンプトンエールからいただきました。

ブロンプトンエール

おつまみは、ハーフサイズの指定ができたので、ひとりの僕はハーフサイズでお願いしてみました。まずはヨコタのコールスロー(ハーフ 300円)から。

ヨコタのコールスロー(ハーフ 300円)

いろいろな野菜が入っていて、食感がいい感じです。柑橘系の酸味が美味しくて、クラフトビールに合うコールスローだなぁ、と思いました。

続いては、カリフラワーとアンチョビのポテトサラダ(ハーフ 400円)を…

カリフラワーとアンチョビのポテトサラダ(ハーフ 400円)

名前の通り、ポテトの他にカリフラワーが入っていて、それぞれの食感が楽しめる。アンチョビの塩分があるからか、マヨネーズ成分は薄めです。歯応えが欲しい人にオススメ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

静岡でハシゴ酒をしてきました。静岡駅にあるアオイブリューイングの直営店「AOI BEER STAND(アオイビアスタンド)」から静岡ハシゴ酒に出陣です。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

静岡に飲みに行ってきました。東京〜名古屋や大阪を移動する間にあるので、何度となく通り過ぎているんですが、滞在したのは(とは言え一泊ですけども)今回が初めてです。さて、そんな静岡で一軒目に伺ったのは、JR静岡駅と静岡鉄道・新静岡駅の間にある AOI BEER STAND(アオイビアスタンド)です。お店は Den bill というファッションビルの1階にありました。

Den bill 1F AOI BEER STAND

お店はカウンターのみ、6席程度でしょうか。タップは8タップありましたが、到着した時点でつながっていたのは5種類でした。その名の通り、このお店は静岡市のブルワリー「アオイブリューイング」の直営店になります。

アオイビアスタンド カウンター

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

横浜ベイブルーイングの戸塚工場、そして直営店に行ってきました。ボヘミアンスタイルのピルスナーを愛した男が本気で造るピルスナーが飲めます。もちろん、美味しいです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

2017年7月にオープンした横浜ベイブルーイングの戸塚店に行ってきました。が、戸塚に向かう途中で代表の鈴木真也さんに連絡をしたところ「今、工場にいるからこっちに来ませんか?」とのお誘いをいただき、美味しいビールを飲む前に造っている現場を見るべく、工場に向かいました。

横浜ベイブルーイング 戸塚工場



横浜ベイブルーイング戸塚工場

工場では、代表の真也さんが〆の作業をしていました。2011年に横浜にブルーパブをオープンしてから6年でこんな工場にしてしまうとは…

銅製のタンク

真也さんの実現力って本当にすごいなぁ、と思います。

鈴木真也さん

さて、この日はひとりで伺ったのではなく、広島・重富酒店の重富さんも一緒に伺いました。

重富酒店 重富さん

いずれもピルスナーを愛し、造る男と注ぐ男です。僕は飲む(撮る?)男です。

ビールの職人たち

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

大阪・京町堀にある「CRAFT BEER BASE garden(クラフトビアベース ガーデン)」に行ってきました。ハシゴ酒3軒目となるお店でしたが、食事もビールも美味しくいろいろといただきました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

大阪で息子を連れてのハシゴ酒ですが、エデン特急CRAFT BEER BASE BUDときて、三軒目は「CRAFT BEER BASE garden(クラフト ビール ベース ガーデン)」になりました。こちら、二軒目と姉妹店になります。

大阪・京町堀 CRAFT BEER BASE garden

実は二軒目のクラフト ビール ベース バッドに行ったのは友人に会いに行ったからなのですが、働いているお店が変わったらしく、その情報を伺って来てみました。が、このお店、以前は「クラフトビア食堂 dig beer baR」としてやっていたお店なんですね。

クラフト ビール ベース ガーデン

さて、こちらで働いている友人というのがこの方、通称・パッションさんです。

パッションさん

ということで、パッションさんが注いでくれたビールをいただきつつ、軽くポテサラからいただきます。こちらは、マスタードポテトサラダ(500円)というメニューなんですが…

マスタードポテトサラダ(500円)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

大阪・西梅田にあるクラフトビアバー「クラフトビアベース バド (CRAFT BEER BASE BUD)」に行ってきました。少しの滞在でしたが、美味しいビール、そして料理に加えて、スタッフの皆さんとの会話を楽しめました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

大阪・京都の親子飲みツアーですが、エデン特急の次は西梅田にあるクラフトビアベース バドに行ってきました。お店はビルの地下2階にあるんですが、観光客には場所がちょっとわかりづらい、かな。

クラフトビアベース バド (CRAFT BEER BASE BUD)

ビールは7種類、バランスのとれたラインナップでした。暑い中を歩き回っての到着だったので、まずは飲みやすいピルスナーからいただきました。Oskar Blues の Mama's Little Yella Pils です。

Mama's Little Yella Pils

ホップの特徴をほどよく感じるピルスナーで、一杯目にこれを選んで正解でした。

おつまみはポテサラから… 本日のポテサラ(450円)、ということで、かかっているソースが毎日変わる感じでしょうか。

本日のポテサラ(450円)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

チェコ・第二の都市ブルノにある立ち飲みのビアバーVýčep Na stojáka(ヴィチェップ ナ ストヤーカ)に行ってきました。ビールが美味しいのはもちろん、オープンサンドも美味しかったです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

チェコ・第二の都市ブルノに立ち飲みのビアバーがあるということで行ってきました。ブルノの中心街にあるこちら、Výčep Na stojáka(ヴィチェップ ナ ストヤーカ)です。翻訳するとタップルーム・ザ・スタンドってことで、立ち飲みのタップルームという名前なんですね。

Výčep Na stojáka(ヴィチェップ ナ ストヤーカ)

若い人が多い店内



お店に行ったのは日曜日の夜9時くらいでしたが、結構な数のお客さんがいました。時間帯のせいか、立ち飲みだからか、チェコの居酒屋でよく見かけるおじさん層はおらず、若い人が中心でした。

Výčep Na stojáka店内

立ち飲み屋ではありますが、窓際のお客さんでサッシ(?)に座ってる人もいました。あとは、デートの〆に1杯、って人たちも多いのか、カップルが複数組いたのも印象的でした。

女性もいます

店内には大きめの冷蔵庫があり、中ではビールの樽が眠っていました。

樽が眠る

冷蔵庫の温度が表示されるシステムです。これ、お客さんに見せているってことは、樽の冷蔵温度にこだわるお客さんがいるってことですよね。

冷蔵庫の温度?

適当なテーブルを見つけて、自分のコースターを準備したら、いよいよオーダーです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

下北沢のビアバー「うしとら」一号店はどこに行ったのか? 移転したうしとら一号店に行ってきました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

下北沢のビアバー「うしとら」の壱号店が移転し、「風乗りメリー」がオープンしましたが、では「うしとら 壱号店」はどこに行ったのか? 初代(?)うしとら壱号店から踏切を渡って、下北沢駅西口方面に歩くこと約5分、ありました!

下北沢 うしとら 壱号店

カウンターとテーブル席がほどよく配置された店内は、お客さんで満席でした。

ビアバー うしとら

カウンターにはタップハンドルが並んでいます。その数、20タップ以上! 初代壱号店よりも増えています。

うしとら壱号店 店内

こちらはフードメニュー。以前から人気のメニューがしっかり残っていて安心です。

フードメニュー

この日は二軒目だったので、お気に入りのメニューをすべて食べることはできませんでしたが…

うしとらグラス

これだけは食べねば、という2つのメニューはしっかりいただきました。まずは、伊勢角屋の極上赤味噌ピザ(880円)です。

伊勢角屋の極上赤味噌ピザ(880円)

パリパリの皮にシャキシャキのネギ、赤味噌のシンプルだけど深い味わいが美味しいうしとらオリジナルのピザです。ゆず七味をかけていただくとまた美味なんですよね〜。

もうひとつが うしとら麦酒カレー(980円)です。

うしとら麦酒カレー(980円)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

下北沢にオープンした「風乗りメリー」に行ってきました。元々、うしとら一号店だったこちらのお店、元うしとらスタッフの中野さんのお店です。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

下北沢に新しいお店がオープンしたということで行ってきました。場所は以前、ビアバーうしとら一号店があったところ。隣の隣はうしとら二号店ですが、こちらは…

下北沢

風乗りメリーというお店がオープンしていました。

風乗りメリー

風乗りメリーは元うしとらスタッフの中野さんと…

中野さん

TRANSPORTER BEER MAGAZINE の元編集長である白石さんが働くお店です。

白石元編集長

タップハンドルを始め、いろいろなところに「うしとら」の面影を感じられますが、こちらは紛れもなく2017年元旦オープンの「風乗りメリー」です。牛、虎、ときて、羊です。

風乗り

美味しくてオシャレなメニューがいろいろ



さて、こちらがビールメニューです。うしとら時代の冷蔵庫がありますので、タップ数も多いです。

麦酒メニュー

続いてフードメニューです。納豆香菜、仙台味噌、パクチー、ナンプラーなどなど、他のビアバーではあまり見ないものが並んでいて、どれも気になります。

フードメニュー

さて、一杯目は軽く、イージー・ジャック セッションIPAからいただきました。飲みやすいIPAでゴクゴクいけます。

イージージャック セッションIPA

こちらに合わせていただいたのが、鶏ささみとアボカドのポテトサラダ(630円)。まずはこのビジュアルに驚きました! ハンバーガーとかマカロンとか、そんな見た目ですが、ポテトサラダです。

鶏ささみとアボカドのポテトサラダ(630円)

黄色いのはポテトの色ではなくて、唐辛子の色なんだとか。ポテトはマッシュしてありますが、ややピリ辛な刺激があって面白いです。食感はささみが担当、そのふたつをアボカドがまとめている感じでしょうか。

層になってます。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

川崎にあるT.T Breweryに行ってきました。カウンターで一人、3杯のクラフトビールとおつまみをいただいてきました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

川崎にあるT.T Brewery 川崎ラチッタデッラ チネチッタ通り店に行ってきました。この日はクリスマス前の平日、僕はカウンターでひとり飲みでした。

川崎 T.T Brewery

その名の通り、こちらはオリジナルのビールを提供するお店で、この日は7種類のビールがラインナップされていました。

T.T Brewery ビールメニュー

まずはフルーティーラガーからいただいてみました。

フルーティーラガー

ラガーにフルーツ成分を加えたような風味があるんですが、多少雑味みたいなものも感じられて、ドリンカビリティは低い感じでしょうか。グイッと飲むならいいけど、食事と合わせるのが難しいかなと思いました。

さて、その食事メニューはこんな感じです。一品600〜700円くらいのメニューが多いですね。

T.T Brewery メニュー

バッファローチキンがイチオシのようだったので4ピース(580円)いただいてみました。

バッファローチキン・S(580円)

ソースが3つから選べたので、今回は無難にホットチリを選んでみました。ホットチリは思ったよりも辛く、線は細いけど尖っているようなそんなイメージの味でした。今になって「エスニック」ってどんな味だったのか気になっています。

続いて、地海苔のサラダ(680円)です。

地海苔のサラダ(680円)

見た目のボリュームが結構あってビックリしましたが、構成は海苔、リーフレタス、パプリカといったシンプルなものです。味が濃い目だったので、ちびちびといただきました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

横浜にあるビアバー「THRASHZONE(スラッシュゾーン)」の二店舗目「THRASHZONE MEATBALLS(スラッシュゾーン ミートボールズ)」に行ってきました。オリジナルのビールとワイルドなミートボールを楽しんできました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

横浜のエクストリームでメタルなビアバーと言えば、THRASHZONE(スラッシュゾーン)ですが、その2号店が出来たということで行ってきました。

スラッシュゾーン ミートボール (THRASHZONE MEATBALLS)です! なぜミートボールなのかと思ったんですが、略すとMTL(メタル)っぽいからですかね?

関内・THRASHZONE MEATBALLS

お店はJR関内駅から徒歩3分、もしくは日本大通り駅からも歩いていける距離にあります。お店に入ると右側がタップハンドルのある座れるカウンターで、左側はスタンディングのカウンターになっています。

THRASHZONE 店内

この日のメニューはこんな感じでした。7種類のビールのうち、3種類が売り切れていました。ということで、まずはスラッシュゾーンオリジナルのビールがほぼ売り切れだったのですが、唯一あったフラグシップなIPA、SPEED KILLS からオーダーしました。

スラッシュゾーン ミートボールメニュー

ただ、運がいいことにオーナーである勝木さんがいらっしゃったので、いろいろとお話をしつつエクストリームなビールを楽しむことができました。

勝木さん

こちらがSPEED KILLSです。フルーティーながらキレがよく、それでいてしっかりとパンチ力もあるビールです。その名の通り、疾走感のあるビールですが、早飲み&飲み過ぎ注意です。

ビールも然ることながら、スラッシュゾーンはグラスがいいですね!

SPEED KILLS

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 函館のクラフトビアバー「クラフトビア・バル ジュン」に行ってきました。 2016年9月現在、函館でいろいろなクラフトビールが飲めるビアバーは、 ここだけになっているようです。貴重なビアバーです! さて、函館と云えば海鮮! ということで、相性 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

函館のクラフトビアバー「クラフトビア・バル ジュン」に行ってきました。
2016年9月現在、函館でいろいろなクラフトビールが飲めるビアバーは、
ここだけになっているようです。貴重なビアバーです!

クラフトビア・バル ジュン 店内

さて、函館と云えば海鮮! ということで、相性が悪くなさそうな
鬼伝説 シシリアンルージュトマトをいただきました。

鬼伝説 シシリアンルージュトマト

こちらのバー、お通しがありました。お通しはウニと魚卵! さすが函館!

お通しはウニとキャビア

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 新宿御苑前に新しいビアバーがオープンしたということで、 早速行ってきました。このお店、ベイブルーイングで働いていた安藤さんと 名古屋の23 CraftBeerz NAGOYAで働いていた榮川さんが先週オープンしたばかりのお店なんです。 お店に入って正面 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

新宿御苑前に新しいビアバーがオープンしたということで、
早速行ってきました。このお店、ベイブルーイングで働いていた安藤さんと
名古屋の23 CraftBeerz NAGOYAで働いていた榮川さんが先週オープンしたばかりのお店なんです。

Highbury-The Home of Beer-

お店に入って正面がオーダーのカウンターです。こちらのお店、
キャッシュ・オン・デリバリーになります。こちらがビールメニュー。
イギリスの Thornbridge Brewery(ソーンブリッジ ブルワリー)の
ビールが多いですが、メニューの後半にはサッポロ生ビールとヱビスがあります。

ビールメニュー

まずは完全オーダーメイドで注がれるサッポロ生ビールとヱビスビールを
試してみようじゃありませんか、ということでヱビスから!

特製TAPのカウンター

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 シンガポールで日本のクラフトビールを扱っているビアバーに行ってきました。 5つ星ホテル、マンダリン・オーチャード・シンガポールの5階にある Craft Beer Bar Takumi です。この日はカウンターに陣取ったので、 お店の奥の様子はわかりませんが、さ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

シンガポールで日本のクラフトビールを扱っているビアバーに行ってきました。
5つ星ホテル、マンダリン・オーチャード・シンガポールの5階にある
Craft Beer Bar Takumi です。この日はカウンターに陣取ったので、
お店の奥の様子はわかりませんが、さすが5つ星ホテルのバー、といった感じで
高級感のある落ち着いた雰囲気が素敵です。

Craft Beer Bar Takumi

6TAP とお店の看板にも書かれていましたが、樽生は6種類、それに加えて
ボトルビールもラインナップされていました。こちら、日本のクラフトビールがメインです。

Craft Beer Bar Takumi メニュー

僕は Crossroads Brewing Company Singapore のサマーエールを
一杯目にいただきました。ほそ長いグラスに注がれて出てきましたよ。

サマーエール

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 ビアバーのハシゴ酒を楽しんだ今回の旅でしたが、今月開催される F-1 のスタンドも眺めつつ移動して… 辿り着いたのはこちら、CAPITOL THEATER というシンガポールの劇場。 こちら、CAPITOL PIAZZA というショッピングモールになっていて、 この中 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ビアバーのハシゴ酒を楽しんだ今回の旅でしたが、今月開催される
F-1 のスタンドも眺めつつ移動して…

F1のシート

辿り着いたのはこちら、CAPITOL THEATER というシンガポールの劇場。
こちら、CAPITOL PIAZZA というショッピングモールになっていて、
この中にもビアバーがあるんだそうです。

CAPITOL PIAZZA

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 シンガポールのチャイナタウンにあるビアバーに行ってきました。 チャイナタウンのビアバー、イメージとしては、ビアバーというよりも チャイナタウンのビアガーデンでしょうか。 ここまで何杯もビールを飲んできたので、あまり記憶はありませんが ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

シンガポールのチャイナタウンにあるビアバーに行ってきました。
チャイナタウンのビアバー、イメージとしては、ビアバーというよりも
チャイナタウンのビアガーデンでしょうか。

シンガポール チャイナタウン

ここまで何杯もビールを飲んできたので、あまり記憶はありませんが、
チャイナタウンらしき場所を歩いていたのは覚えています。

チャイナタウンを行く

なぜか雑居ビルに入る友だちを追いかけていくと…

階段をあがると…

ビアバーがありました!

ビアバーがありました!

かなりコンパクト、一間、という感じですが、ここに10以上のTAOが
ありました。サッポロビールやネストという日本のビールもあります。

Smith Street Taps

どうやら僕は Green flash の Jibe session IPA を頼んだようです。

Green flash Jibe session IPA

これ以外にもサワーエールや…

ワイルドサワーエール

なんだろう、このビール。いろいろといただいていたようです。

このビール、なんだろう?

常連さんが作ってきたというバンズとお肉、きのこもいただいて、
チャイニーズサンドを楽しみましたよ。美味しかったなぁ。

バンズをいただきました。

こちらの方はインポーターさんだそうです。栓抜きリングでボトルと戦います。

インポーターさんも!

この時は閉店間際、常連さんがいろいろなボトルを開けて飲み比べを
しているようでした。この感じがビアバーっぽくていいですよね。
ビールがあればみんな笑顔になれる、そんな時間が大好きです。

みんなで撮影!

シンガポールにもクラフトビールやマイクロブルワリー、ビアバーが
いろいろとありますが、地元のビール好きが集まっているという点で
このお店は面白いと思いました。無理やりたくさんのTAPがある感じも
アジアな雰囲気でいいですし! 楽しかったです。

チャイナタウンでお姫様抱っこ

最後は常陸野ネストのシャツを着た女性をお姫様抱っこさせていただき、
次のビアバーを目指しました。次のビアバー、このお店の裏にあるんですが、
ブルーパブらしいんです。それはまた、次のブログで…

[関連リンク]
Smith Street Taps(Facebookページ)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 韓国・ソウルにある大箱クラフトビアレストラン DEVIL'S DOOR(デビルズドア)に 行ってきました。なんとなくオススメされて行ってみたのですが、 デザイン等、かなりのこだわりっぷりで、とにかくかっこよかったです。 外観はレンガ造りのでっかい倉 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

韓国・ソウルにある大箱クラフトビアレストラン DEVIL'S DOOR(デビルズドア)に
行ってきました。なんとなくオススメされて行ってみたのですが、
デザイン等、かなりのこだわりっぷりで、とにかくかっこよかったです。

外観はレンガ造りのでっかい倉庫のような感じです。大きすぎて撮れませんでしたが、
入り口はこんな感じです。赤い妖艶な光がデビルズ感(?)を演出しています。

韓国・ソウル DEVIL'S DOOR(デビルズドア)

中に入ると、広い空間、高い天井、ほどよい照明、とかなりオシャレな造りです。

DEVIL'S DOOR(デビルズドア) 店内

店内には醸造設備もあり、その前にはカウンター席も。韓国でもクラフトビールの
ブームなんですねぇ。というか、この写真だけ見たら、韓国だとはわからないんじゃないかな。

カウンターもクール

こちらがメニューです。もちろんビールはこちらで造られたものがメインです。
他のブルワリーのものはボトルでいろいろと用意されていました。

DEVIL'S DOOR(デビルズドア) メニュー

韓国旅行のメンバーと雰囲気に感動しつつ、乾杯!

乾杯!

モザイク・シングルホップで造られたフルーティーで苦味もあるIPAが
美味しかったですし、一緒に行ったメンバーにも人気でした。

カングラス

美味しかったので、CAN GLASS でおかわりをいただきました。
フードも少しいただきましたよ。こちらはフライドマカロニ&チーズボール(約800円)。

フライドマカロニ&チーズボール(800円)

続いて、スイートポテトフライ(約500円)です。

スイートポテトフライ(500円)

フードはまあまあ、だったかな。この雰囲気で期待値が上がっているというのも
あるかと思いますが… ハンバーガーあたりを食べると評価が変わるのかも。

ともあれ、ここの良さは何と言ってもこの雰囲気! ザザッと画像でご覧ください。

広い!

以前のタンク?

タンクが見えます。

でっかいタンク

タップ

2階席もありました。こちらは2階から1階を見下ろしたところです。

2階席からの眺め

振り返って2階席。奥には個室もあるようです。

2階席

2階にも個別にタップがありました。2階だけの貸し切り、なんてこともできるのかも。

2階にもタップ!

こちらはトイレの入り口にあったマーク。デビルです。かっこいいなぁ。
写真はありませんが、トレイも綺麗で良かったです。

トイレのマーク

ということで、韓国のイメージがだいぶ変わったビアレストランでした。
こちらのお店、韓国の財閥グループである新世界グループの経営だそうで、
なるほど、納得のクオリティでした。ビールの味はともかく、この雰囲気、
空間って世界でもそんなにあるものではないと思うので、ビール好きはもちろん、
むしろクラフトビール初心者にオススメのお店になりました。

今日の一枚



実験室?

大人数でビールとチェイサーを頼むと実験みたいになる…




[関連リンク]
DEVIL`S DOOR / デビルスドア(SEOUL NAVI)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 韓国・ソウルでもクラフトビールが流行りつつあるようです。 そこで2016年春にオープンしたばっかりのブルワリーに行ってきました。 伺ったのは、Amazing Brewing Company(アメイジングブルーイング)、 なかなか見つけづらい場所にありました。門 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

韓国・ソウルでもクラフトビールが流行りつつあるようです。
そこで2016年春にオープンしたばっかりのブルワリーに行ってきました。

AMAZING BREWING COMPANY

伺ったのは、Amazing Brewing Company(アメイジングブルーイング)、
なかなか見つけづらい場所にありました。門の中にはテラス、その横の
小屋はキッチンになってるようでした。

キッチン

土曜日の21時過ぎに伺ったんですが、ちょうど満席で待つことに…
僕らは10分程度で入れましたが、入る時には待っている人が増えていました。

順番待ち

中に入ると、右手に醸造設備が見えます。

醸造タンク

そして正面にはカウンターとタップが見えます。

カウンター

ブルワリー自体は新しいのですが、建物は新しいものではなく、
1959年に建てられた木造建築なんだそうです。ブロックの壁と
木の梁の中にビアバーがあるのは、なんだか不思議な気がします。

天井と壁

ちなみにタップ数は1959年にちなんで、59あるそうで、
今のところソウルで最大のタップ数となっています。
この日、提供されていたアメージングオリジナルのビールは5種類、
これに3つ好きなものを選んでのテイスターセットからいただきます。

ソウル AMAZING BREWING COMPANY

オリジナルは、IPA、セゾン、インペリアルスタウト、ラガー、
ペールエールでした。中でも美味しかったのは軽めのIPAでした。

ゲストタップには、いろいろな国のビールがありましたが、
Mikkeller SpontanPassionfruit が美味しかったです。
(サワーエールにハマりつつあるようです…)

フードも少しいただきました。こちらは魚介を使ったセビーチェです。

セビーチェ

シーフードと野菜の上にかかった玉ねぎとトマトのソースが涼しげです。
味としてはそこまで尖っていない、クラフトビールを邪魔しない一品でした。
ヘルシーで見た目も綺麗なのが素敵です。

もうひとつ、豚皮揚げもいただきました。こちらはコッテリ、中華風味でした。

豚皮揚げ

お皿の上に添えられているのは、左からチーズソース、青唐辛子的なもの、
そしてパイナップルでした。パインが一番美味しかったですが、
ビールに合わせて、味が変えられるというのがいいですね。

どこにでもあるビアバーメニューではなく、お料理もオリジナルというのが、
クラフトビールのお店らしくていいですね。いいね、と云えば、いいね!マークの
ビールがありました。お店の人に聞くと「Like ビールだよ」と教えてくれました。

いいね!マーク

とりあえずオーダーしてみると、スタンダードなピルスナーでした。なるほど。

Likeなビール

アメイジングブルーイングは国内最小規模のクラフトブルワリーで、
1回の醸造量は約200リットルほどだそうです。ただ、月に30種類程度の
ビールを造っているそうで、その時々のビールが楽しめそうですね。

お客さんはカップルはもちろん、おじさんのグループや女子会的な
グループもいました。とくに若い人が多かったこともあって、
韓国でのクラフトビールの盛り上がりを感じることのできるお店でした。

[関連リンク]
AMAZING BREWING COMPANY(公式サイト)
Amazing Brewing Company(Facebookページ)

今日の一枚



お姫様抱っこ

お店のスタッフの方を抱っこ! 韓国は男性の方がノリがいい気が…





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 ニュージーランド航空さんから航空券を提供していただきまして、 ニュージーランドを旅してきました。ニュージーランドの玄関口である オークランドで、Funk Estate というブルワリーを訪ねました。 実はニュージーランドに旅立つ一週間前、Faceboo ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ニュージーランド航空さんから航空券を提供していただきまして、
ニュージーランドを旅してきました。ニュージーランドの玄関口である
オークランドで、Funk Estate というブルワリーを訪ねました。

ニュージーランド Funk Estate

実はニュージーランドに旅立つ一週間前、Facebook でニュージーランドの
ブルワリー、しかも日本人がヘッドブルワーのブルワリーの
ビールの輸入が始まる、という投稿を目にしました。
せっかくなのでニュージーランドで活躍する日本人のブルワーさんに
会ってみたい! ということで公式サイトからメッセージを送り、
何回かのやりとりをして訪問することになりました。

Funk Estate で Shiggy さんに会う



待ち合わせの時間にブルワリーに着くと、Shiggyさんが迎えてくれました。

Shiggy さん

樽で襲われたわけではなくて、ポーズをお願いしたらこんな写真に…
ということで、ホットピンクが鮮やかな Funk Estate の工場です!

樽洗浄中

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote