生ビールブログ

ビールに関するブログです。おいしいお店、ビールの情報、ビアガーデン、ビール美人、つまみレシピ、豆知識…

タグ:ドイツ

どうも、麦酒男です。 ドイツは地方ごとにビールのスタイルが違うんですね。例えば、 ケルンであればケルシュが地域のビールだったんですが、 フランクフルトでは、ビールではなく、りんごのお酒とのことでした。 ということで、りんごのお酒を楽しめるお店、Ebbelwoi Unse ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ドイツは地方ごとにビールのスタイルが違うんですね。例えば、
ケルンであればケルシュが地域のビールだったんですが、
フランクフルトでは、ビールではなく、りんごのお酒とのことでした。

ということで、りんごのお酒を楽しめるお店、Ebbelwoi Unserに行ってきました。
Ebbelwoi Unser は「私たちのアップルワイン」という意味でしょうかね…

フランクフルト Ebbelwoi Unser 店内

夕方に行ったんですが、店内はほぼ満席でギリギリ入れた感じでした。
英語版のメニューもあり、まったくわからない、ということはありませんでしたが…

Ebbelwoi Unser メニュー

スタッフのナイスガイがいろいろとオススメしてくれまして…
なんとなく、それに乗っかった感じでオーダーをしました。

ナイス・ガイ

まずはフランクフルトのお酒である、こちらで乾杯です。
ビール的なポジションのりんごのお酒、と聞いていたのですが、いわゆるシードル、
サイダー、りんご酒、ですね。炭酸は無いので、アップルワインというのが
わかりやすいかも。ビール的な要素は無いようでした。

サイダーで乾杯!

さて、オススメに従って、ふたつのフードメニューをいただきました。
まずはカツレツ! これはドイツに来たら食べたい居酒屋メニューでした。

カツレツ!

そして、ソーセージ的なものの盛り合わせです。

ソーセージ

3人で行ったので、適当にカットして取り分けたらいただきます!

カットして…

特に美味しかったのはカツレツで、サクサクの衣に加えて、
中のジューシーなお肉が美味しかったです。ビアバーのトンカツだったら
こういうのはありですよね〜。サッポロビール系のビアホールには、
カミカツがありますが、衣がサクサクなら、分厚くてもいいじゃないかと。

お肉がうまい!

アップルワインは炭酸入りのものも出してくれるということで、
そちらもお願いしました。これは発酵時にガスが発生する、というよりは
サーブする時に炭酸を加えている、というものでした。ハイボール的な?

炭酸入りのものもありました。

ビールもいいけど、少し酸味のあるアップルワインも食事がすすむ
いいお酒だと思いました。ビール的ポジションなのも頷けます。
が、一応ビールもいただこうということで、白ビールもいただきました。

白ビールも!

ピントが後ろのお皿に合っちゃってますけども…

終盤に先ほどのナイスガイがいくつかお酒をサービスしてくれました。
しかも、杏子が入ったものやブランデーなど強いお酒ばかり!

なんだか強いお酒

かなりいい調子に酔っ払ってお店をあとにしたのでした。
最後は美人のスタッフさんと一緒に記念撮影をして、さらにご機嫌に…

お店の美人スタッフと

ビールは少ししか飲まなかったけど、美味しいお酒にお料理、
そして、素敵なスタッフさんに楽しませてもらいました。いいお店でした!
フランクフルトに行ったら、ぜひアップルワインを試してみてください!

今日の一枚



マイン川が綺麗だった…

お店を出てもまだ夕暮れ… マイン川が綺麗でした!




[関連リンク]
Ebbelwoi Unser(TripAdvisor)
Ebbelwoi Unser Apfelweinwirtschaft(Facebookページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 ビール好きですが、フーターズも大好きです。今回のドイツ&チェコ紀行では、 上海のHOOTERSも含めて、3つのフーターズに行きました。 ドイツ・フランクフルトのフーターズがその3店舗目になります。 フーターズがあるのは、若者の集まりそうなお ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ビール好きですが、フーターズも大好きです。今回のドイツ&チェコ紀行では、
上海のHOOTERSも含めて、3つのフーターズに行きました。
ドイツ・フランクフルトのフーターズがその3店舗目になります。

フランクフルト フランケンシュタイナー通り

フーターズがあるのは、若者の集まりそうなお店が並ぶフランケンシュタイナー通り。
パブやバーが多いですが、奥に進んでいくと…

ありました、フーターズ!

ありました、フーターズ!

フーターズ フランクフルト

早めの時間だったからか、お客さんはほとんどおらず、フーターズガールも
ひとり、というなんとも残念な感じでした… 店内が綺麗なだけに淋しいじゃないですか…

Frankfurter Hooters 店内

が、お話を聞くと、これからサッカーの試合があるので、お客さんが
どんどん集まって来るとのこと。中庭もあるし、イベントの時には
かなり大勢のお客さんが集まるんだろうなぁ…

中庭

ビールはいくつかありましたが、このお店のオフィシャルビールっぽい
Krombacher を飲んでみることにしました。

ビールメニュー

せっかくなので1リットルのジョッキでいただきました。
9.4ユーロなので、1,200円くらいでしょうか。チェコ・プラハのフーターズは
ビールが1リットルで500円弱でしたが、やはり変わるものですね…

Krombacher Pils

味は微妙ではありましたが、飲めないほどではない感じでした。好みでしょうか…

こちらのお店のスペシャルはハンバーガーのようで、いろいろなものがありました。
ブルーチーズバーガーってのは初めて見ました。他でもあるのかな?

バーガーメニュー

さて、食事もしないし、ビールも微妙となれば、楽しみなのはフーターズガール。
ということで、最初からひとりでフロアを任されていたフーターズガールと一緒に…

看板ガール?

この感じ! これぞフーターズガールです! 今更ですが、よく見たら
タンクトップにBOSTONって書いてある! ドイツじゃないのか〜!?

さて、サッカーの試合は19時からとのことですが、そこに向けて
お客さんたちも集まり始めました。横のテーブルの男性5人はイケメンだったなぁ。
みんなタイプの違う感じで、バランスが良かったのが印象的でした。

イケメンたち

そして、フーターズガールもこの時間に合わせて出勤となります。
が、ここで新しく加わったフーターズガールに僕の胸はときめいたのでした!

Hooters Girl

いや〜、美人だし、かわいいし、最高です! って、振り返ってみれば、
フーターズにたどり着いた時に、お店の前にいた女性じゃないですか!
(画像手前の背を向けている女性ですね。奥の女性もフーターズガールでした。)

ガールたち

いやぁ、なんだろう、なんかちょっと得した感じがしました。
ありがとうございました! ということで、美人のフーターズガールに
救われた気がしたフランクフルトのフーターズでした。

フーターズってメニューがどこも同じような感じなだけあって、
どんなフーターズガールがいるかで、かなりテンションが変わりますよね…
だからこそ、通いたい… そう思いながらお店を後にしたのでした。

[関連リンク]
Frankfurt Hooters.de(公式サイト)
Hooters(TripAdvisor)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 ドイツ・ケルンで散々、ケルシュを飲んだ後は、500km 南にある ラーバー村のプランク醸造所に行ってきました。プランク醸造所は 先日のワールドビアカップ(WBC2016)で、3つのメダルを獲得した すごい醸造所なんですが、なんと、宿泊できるスペースが ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ドイツ・ケルンで散々、ケルシュを飲んだ後は、500km 南にある
ラーバー村のプランク醸造所に行ってきました。プランク醸造所は
先日のワールドビアカップ(WBC2016)で、3つのメダルを獲得した
すごい醸造所なんですが、なんと、宿泊できるスペースがあり、
ひとり25ユーロ(朝食付)で泊まれるんです。

ドイツ プランク醸造所

夜遅くについた僕は、次の日の朝食のタイミングでたくさんの
ビールをいただくことができました。

パン

まず朝食ですが、美味しいパンにバターをつけていただきます。
もうこれだけで美味しいんですが、今回のメインは…… ビールです!

パンとバターがビールと合う

8種類くらいのビールがあったでしょうか。まずはライトなヘレスから
いただきました。朝一にピッタリのスッキリとした味わい!
僕は朝から飲むのって、そんなに得意じゃないはずなのですが、
美味しくってゴクゴクいただいちゃいました。

ヘレス

飲める、飲めるぞ~っ! ってことで、他のビールも見せていただきます。
樽生からのタップはひとつですが、ボトルのビールがいろいろありました。

いろいろなビールが!

オーダーすると、こんな感じで注いで持ってきてくれます。
どんなスタイルかわからなくても、そのスタイルに合わせたグラスに
ちゃんとした注ぎ方で注いでくれるので安心ですね。

注ぎます。

続いていただいたのは、ピルザールです。スタイルはピルスナーですね。
程よい苦味が美味しいかったです!

ピルザール

さて、お隣のテーブルはご常連さんが座る席だそうで、この日は朝から
村の会議をしているようでした。もちろんビールを飲みながら、です。

ご常連さんたち

そのご常連さんに運ばれてきた白いソーセージを発見!
あれは、午前中にしか食べられないと云われているヴァイスブルスト!
我々の席にももらえませんか? ということで最後の2人分をいただきました。

ヴァイスブルスト

皮をむいて、ペローンと出てきた部分をいただきます!

ヴァイスブルスト、うまし!

ケチャップ的なものもついてましたが、それをつけずとも味わいがあり、
まろやかな旨みがあり、美味しかったです。脂の感じや香辛料的な
強さもないのでビールと一緒だったら、何本でも食べられそうな気がしました。

ラードラー

この後もピルザールを何杯かいただいて、最後はデザート代わりに
ドゥンケルラドラーをいただきました。いやぁ、どれも美味しかった~!

この時にはまだ WBC2016 の結果はわかっていなかったんですが、
お店にはこれまでに受賞した数々のメダルやトロフィーがありましたし、
そんな醸造所で朝からたらふくビールを飲む、という貴重な経験ができました。

記念撮影

最後はこの日、一緒に泊まっていたご夫婦と記念撮影。
我々はここから電車にチェコ・プラハに向かいます。

朝から世界一のビールを飲んだくれできる宿は、
ここくらいかもしれません。飲んだくれでも、そうじゃなくても
最高の醸造所で飲むビール、オススメですよ!(ちょっと遠いですけどね…)

[関連リンク]
Brauerei Michael Plank(Facebookページ)
Brauerei Michael Plank(公式サイト)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 ドイツのブルワリー CREW Republic(クルーリパブリック)の DETOX(デトックス) をいただきました。 スタイルはセッションIPAで、アルコール度数は3.2%です。 デトックスという名前ですが、解毒的なことよりも 治療的な感じ意味合いのようですね。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ドイツのブルワリー CREW Republic(クルーリパブリック)の
DETOX(デトックス) をいただきました。
スタイルはセッションIPAで、アルコール度数は3.2%です。
デトックスという名前ですが、解毒的なことよりも
治療的な感じ意味合いのようですね。ボトルの首のラベルには
ホップと注射器がデザインされていて面白いです。

ドイツ CREW Republic DETOX

飲んでみると、マスカットのようなフルーティーな香りが来ます。
香りがします、というより、来ます! 素晴らしい香り。
ですが、アルコール感は無く、グイグイいけちゃいます。
これはビール初心者にはぜひ飲んで欲しいビールだなぁ。
僕はジュースのよう… なんて思ってしまいましたが、
そう思う僕はデトックス的な治療が必要なのかもしれません。

ドイツのクラフトビールって初めて飲みましたが、
ありきたりなものではなく、指名買いしたくなるビールに
なっているなぁと、クオリティの高さを感じました。

ちなみにこのクルーリパブリックのビールですが、
生ビールブログでも執筆してくれているコバツさんが
インポートしているビールです。そりゃ間違いないわ。

[関連リンク]
CREW Republic(公式サイト)



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote