生ビールブログ

ビールに関するブログです。おいしいお店、ビールの情報、ビアガーデン、ビール美人、つまみレシピ、豆知識…

タグ:サントリー

どうも、麦酒男です。 サントリーがイオングループ限定で出しているクラフトマンズビアの 第6弾が出ました。その名も「鮮烈の香り」です。 鮮烈なデビュー、とかで使う鮮烈です。強烈な印象ってことです。 注いでみると、アンバーラガータイプということで、 色はちょっと ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーがイオングループ限定で出しているクラフトマンズビアの
第6弾が出ました。その名も「鮮烈の香り」です。
鮮烈なデビュー、とかで使う鮮烈です。強烈な印象ってことです。

注いでみると、アンバーラガータイプということで、
色はちょっと濃いかなぁ、という印象。名前にもなっている香りですが、
鮮烈とまではいかないものの、ホップのいい香りが漂います。

サントリー 鮮烈の香り

飲んでみると、カスケードホップの香りと苦味が程よい、
バランスの取れたビールです。素直に美味しいです。

カラメル麦芽を使用しているとのことですが、その結果、
麦の主張が強くなって、ホップとハイタッチしているというか…
大手メーカーのピルスナーよりも、麦成分とホップ成分が程よく
高まっているといった感じでしょうか。パワーアップ形態みたいな。

アンバーラガータイプ

サントリーはプレミアムモルツもありますし、香りを意識したビールが
多い印象ですが、ホップの特徴がありつつも、食事を邪魔しないというのが、
素晴らしいなぁ、と思いました。汎用性が高い、といいますか、
家の冷蔵庫に常備しておきたいビールです。すでに12本以上買いましたが、
それを飲み干したらケースで買おうと思います。オススメです!

[関連リンク]
サントリー クラフトマンズビア(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サントリーから数量限定で新発売となったプレモル、 をいただきました。香るプレミアムと同じく、 エール酵母を使ったプレミアムモルツですが、 こちらは濃色麦芽を使って。色も濃くなっています。 パッケージの色とビールの色がかなり近いですね。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーから数量限定で新発売となったプレモル、
<芳醇エール>をいただきました。香るプレミアムと同じく、
エール酵母を使ったプレミアムモルツですが、
こちらは濃色麦芽を使って。色も濃くなっています。
パッケージの色とビールの色がかなり近いですね。

サントリー ザ・プレミアム・モルツ<芳醇エール>

いただいてみると、確かにエールタイプのビールなのですが、
プレモルとしての特徴はそんなに感じないかな、というところです。
若干の香ばしさとホップのフルーティーさのあるエール、でしょうか。

ただ、ビールを少し置いてから飲んだら印象が変わりました。
キンキンに冷えたビールでは無く、ちょっとぬるいくらい。
ガスも結構抜けて、微炭酸くらいで飲むと、穏やかで上品な香りと
まろやかな口当たりのビールになりました。

パッケージには、ビールの特徴が書かれていましたが…

パッケージには特徴が…

このビールに関して言えば、オススメの温度や飲み方を
しっかり訴求した方がみんなのためなんじゃないかと思いました。
個人的には、冷やし過ぎず、泡をしっかり立てて、
ガスを抜いて飲むのがオススメです!

[関連リンク]
ザ・プレミアム・モルツ<芳醇エール>(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サントリーのスタンダードビール「モルツ」がリニューアル、 ザ・モルツとなって生まれ変わります。今回は先行して 新しい「ザ・モルツ」をいただくことができました。 飲んでみると「昔ながら」というと語弊があるかもしれませんが、 近年の、ホッ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーのスタンダードビール「モルツ」がリニューアル、
ザ・モルツとなって生まれ変わります。今回は先行して
新しい「ザ・モルツ」をいただくことができました。

サントリー ザ・モルツ

飲んでみると「昔ながら」というと語弊があるかもしれませんが、
近年の、ホップを前面に出した大手のビールではなく、
麦芽の旨みとしっかりとしたコクのあるビールでした。
このビールだけで飲んでもいいし、食事と合わせるのもいいです。
世界よ、これが日本のラガーだ、という感じでしょうか。

アメリカや海外のいろいろなビールが輸入されてきていますし、
日本でもたくさんのクラフトビール・地ビールがあります。
その中で大手のラガービールはどうあってほしいか…
僕の答えはこのビールに近い気がします。
(まあ、グランドキリンとかプレミアムモルツも好きなんですけどね…)

サントリー ザ・モルツ

同じように美味しくて好きだったビールに
「キリン ザ・ゴールド」「アサヒ ザ・マスター」がありますが、
いずれも「ザ・○○」とわかりやすいネーミングで
昔ながらの苦味やコクを打ち出したビールだっただけに
ザ・モルツがどう評価され、どうなっていくのか、期待と不安が半々ですけども…

いずれにしても、僕はこのビールを美味しいと思いましたので、
我が家での晩酌スタメンに組み込みたいと思います。
ちなみに、8/19まで抽選で50,000名に6缶パックが当たるキャンペーンを
実施していますので、何はなくとも応募してみてはいかがでしょうか?

[関連リンク]
ザ・モルツ ビール サントリー(公式ページ)
ザ・モルツ UMAMI実感キャンペーン ザ・モルツ6缶が50,000名様に当たる。(キャンペーンサイト)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サントリーのサントリー クラフトセレクト シーズン2、 スペシャルビターをいただきました。 鮮やかな緑色が面白いビールとなっています。 スペシャルビターというあまり聞きなれないスタイルですが、 公式サイトによる解説は下記の通りです。 北 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーのサントリー クラフトセレクト シーズン2、
スペシャルビターをいただきました。
鮮やかな緑色が面白いビールとなっています。

サントリー クラフトセレクト スペシャルビター

スペシャルビターというあまり聞きなれないスタイルですが、
公式サイトによる解説は下記の通りです。
北米産ビターホップ一部使用による“しっかりとした苦味”と、
爽やかな香りが特長の希少品種シトラホップを一部使用した
レイトホッピング製法による“キリッとキレの良い苦味と
爽やかな香り”を実現しました。


冷蔵庫から取り出してすぐに飲んだ感じだと、苦味も香りもあれど、
あまり好感の持てる感じではありませんでした。
が、しばらく置いてから飲むと、これはこれでホップの香りもあるし
なかなかいいんじゃないかと思いました。

サントリー クラフトセレクト スペシャルビター

これからのシーズン、BBQに持っていって、最後の方にゆっくりと飲むとか、
そういう飲み方が面白そうなビールかなぁ、と思います。
もうひとつのシーズン2のビール「メルツェン」はまだ飲んでいませんが、
夏のサントリーしばりであれば…
金麦⇒プレモル⇒香るプレモル⇒スペシャルビター って感じが
いいのかな~、なんて。ぜひいろんなビールを飲む時の
選択肢のひとつに加えてみていただければと思います。

[関連リンク]
サントリー クラフトセレクト(公式ページ)
クラフトセレクト スペシャルビター(商品情報)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 ペールエールに引き続き、サントリー クラフトセレクトシリーズ、 第一弾のブラウンエールをいただきました。缶にはオススメのグラスが 描かれていますが、この形のグラスがなかったので、似たような形(?)の グラスに注いでみました。色は綺麗なブ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ペールエールに引き続き、サントリー クラフトセレクトシリーズ、
第一弾のブラウンエールをいただきました。缶にはオススメのグラスが
描かれていますが、この形のグラスがなかったので、似たような形(?)の
グラスに注いでみました。色は綺麗なブラウンとなっています。

サントリー クラフトセレクト ブラウンエール

ブラウンエールは、モルトの風味をしっかりと味わうことのできるビールです。
ちょっと酸味のような味を感じるのは個人的に気になるところですが、
他社のブラウンエールでも同じように感じることがあるので、
これはあってもいいものなのかもしれないですね。

サントリー クラフトセレクト ブラウンエール

色が濃いビールということで、燻製と一緒にいただいたんですが、
このビールではちょっと負けちゃいました。薫香の無いチーズあたりが
会うのかもしれませんね。あとはお肉とかでしょうか。
これからのシーズン、食べ合わせやシチュエーションが
ちょっと難しいかもしれませんが、BBQなんかで赤身のお肉と一緒に
いただくなんてのがいいかもしれませんね。もちろん、その時は
缶から直接ではなく、せめてカップに注いで楽しんでいただければと思います!

[関連リンク]
サントリー クラフトセレクト(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 5月12日から全国で発売開始となるサントリーの クラフトセレクトシリーズを先行していただきました。 まずは基本のペールエール サントリー クラフトセレクトは、大手メーカーであるサントリーが 現在のクラフトビールブームを受けて、多彩で個性的 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

5月12日から全国で発売開始となるサントリーの
クラフトセレクトシリーズを先行していただきました。

まずは基本のペールエール



サントリー クラフトセレクトは、大手メーカーであるサントリーが
現在のクラフトビールブームを受けて、多彩で個性的な味わいを楽しめる
シリーズとして発売します。その第一弾がペールエールとブラウンエールです。
ということで、まずは、ペールエールからいただいてみました。

サントリー クラフトセレクト ペールエール

いただいてみると、爽やかな香りと味わいは紛れもない
アメリカンペールエールです。美味しいか美味しくないかで言えば、
もちろん美味しいのですが、香り、苦味のレベルを考えると、
先、しかも結構先に、よなよなエールがいる気がします。
(そして、ビールの完成度としては、香るプレモルの方が上だと思います)

クラフトビールを飲んだことがない人へ



ただ、よなよなエールが個性的すぎると感じる人もいるでしょうし、
クラフトビールへの入り口としてはいいかも、とも思いました。
大手メーカーとしての役割やポジションを考えて、その上で
美味しいペールエールをリリースしたのは支持したいです。

サントリー PALE ALE

缶にはこのビールを飲むのにオススメのグラスや味わいの指標などが
描かれていますが、これは大手メーカーのビールしか飲んだことのない人に
「ビールはキレとかコクだけじゃないんだよ」というメッセージにも
受け取ることができます。まさにここから、ビールの多様性を知り、
クラフトビールの世界に飛び出す人が出てきたらいいなぁ、と思います。

ビールはもっとも多様なお酒なのです!



サントリー クラフトセレクトのページには、こんなイラストがありました。
(ビールとエールが缶なのは、大手メーカーの葛藤がありそうですけども…)

クラフトセレクト

もちろん、このイラストはビールのスタイルがいくつか描かれているだけで
もっといろいろなスタイル、聞いただけではなんだかわからないビールもあります。
ただ、これを宝の地図のように、自分の好みのビールを探す旅に
出るような、そんなきっかけになる人もいるかもしれません。

個人的には(クラフトセレクトシリーズは始まったばかりですが)、
次は大手メーカー初のアメリカンIPAに期待したいところです。果たして!?

[関連リンク]
サントリー クラフトセレクト(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サントリーから発売となったザ・プレミアム・モルツのプレミアム版、 マスターズドリームをいただきました。クラフトビール云々というよりは、 美味しいビールは適正な価格で売れる、もっと簡単に云えば、 ある程度の価格でも美味しければ売れる、とい ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーから発売となったザ・プレミアム・モルツのプレミアム版、
マスターズドリームをいただきました。クラフトビール云々というよりは、
美味しいビールは適正な価格で売れる、もっと簡単に云えば、
ある程度の価格でも美味しければ売れる、という昨今のトレンドがあり、
出てきた商品なのではないかと思います。

サントリー ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム

どっしりとした存在感のプレミアムモルツ



いただいてみると、プレモル特有の香りよりは麦芽的旨みと
ピルスナーとしての程よい苦みを感じる、ドッシリとしたビールでした。
通常のプレモルは、キャラクターは強いけど重みが無かった感じで
逆にそこが華やかなピルスナーとして受けていたのではないかと思います。
TVCM には矢沢永吉さんが出ていますが、プレモルを擬人化すると
及川光博さんくらいのイメージじゃないかな~、なんて思ってます。

で、このマスターズドリームですが、華やかさが無くなったことで
味のある俳優さんのようになった気がしますが、その結果、
個性が弱まった気がします。名脇役的存在感といいますか…
グランドキリンが出てきた時の方がインパクトがあるし、
現状、コンビニで両方売ってたとしたら、グランドキリンを選んじゃうかも…

少し温度が上がると印象が少し違ってきました



ただ、少し温度を上げて飲んでみると、ホップの香りも出てきて
バランスが程よく、美味しくなった気がしました。
このビールは「醸造家の夢」と名前が付いていますが、
かなりアスリート気質のビールなのかな、とも思いました。
ちゃんと練習をして、体調を整えて、それで結果を残すわけです。
ある意味、そこらの素人よりも繊細なのがアスリートだとするならば、
このビールも、温度管理、注ぎ方、グラス等などをしっかり準備して
最適な状態で飲まなければならないのかもしれません。
果たして、それがコンビニで買ったビールを一般家庭で飲む場合に
できるかというと、難しいのではないかと思いますが…

ボトルのネックに付いてる小冊子



このボトルにはネックの部分に小さい冊子が付いていました。

ボトルのネックに付いてる小冊子

ビールに関することが書かれているのですが、そこに書かれている内容には
かなり疑問を持ちました。公式ページでも書かれているような「こだわり」が
書かれていましたが、それよりも美味しい飲み方とかペアリングについて
触れた方がいいんじゃないかと思いました。
サントリーは「ジョッキ生」という商品を出していたりもして、
“頭で飲む”層に向けてもビールを売っているので、そういう方向けには
こういう冊子がポイントだったりするのかもしれませんが、
このビールを買うのはそういう層じゃないんじゃないかなぁ、とも…

いずれにしても、イメージが先行しすぎて、
ちょっと肩透かしをうけた印象のマスターズドリームでしたが、
マスターズドリームハウス」なる旗艦店があるということなので、
近々、そちらでベストな状態のビールをいただいてみたいな、なんて思います。

[関連リンク]
サントリー ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サントリーの新ジャンル「春咲く薫り」が昨年に続き、今年も発売されました。 使用しているホップがシトラホップからネルソンソーヴィンに 変わったらしいですが、果たして風味は変わっているのでしょうか? 冷やし過ぎずにいただきたい新ジャンル ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーの新ジャンル「春咲く薫り」が昨年に続き、今年も発売されました。
使用しているホップがシトラホップからネルソンソーヴィンに
変わったらしいですが、果たして風味は変わっているのでしょうか?

サントリー 春咲く薫り

冷やし過ぎずにいただきたい新ジャンル



新ジャンルの商品なので、普通はすっきり温度は低めで
いただきたいところですが、このビールに限っては温度は高め、
とまではいかなくても、冷やしすぎない方がいいですね。
柔らかい炭酸とフルーティーなホップの香りを楽しめます。
ただ、3口目くらいになると、慣れてしまうのか、
それとも香りが飛んでしまうのか、印象が薄くなります。

まだ飲んだことがない方はお試しを



値段を考えると1杯目限定ということでアリじゃないかな、と。
個人的には昨年のシトラホップの方が好みだったんですが、
これは本当に好みだったり、その時の体調とかによるのかなぁ。
まだ飲んだことがない方であれば、お試しはしてみても
いいんじゃないかと思います。

[関連リンク]
サントリー 春咲く薫り(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 昨年、発売された金麦のバリエーションモデル「金麦 クリアラベル」が この度、リニューアルされたということでいただいてみました。 ゴクゴク飲める爽快な新ジャンル いただいてみると、サントリー モルツや金麦に感じる「香り」が弱く、 「甘い ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

昨年、発売された金麦のバリエーションモデル「金麦 クリアラベル」が
この度、リニューアルされたということでいただいてみました。

サントリー 金麦 クリアラベル

ゴクゴク飲める爽快な新ジャンル



いただいてみると、サントリー モルツや金麦に感じる「香り」が弱く、
「甘い」という感想を持つような人には飲みやすくなっているのでは
ないかと思いました。余計なことを気にせずに、ゴクゴク飲める感じです。
ひっかかりが無く、ゴクゴク飲めるという点で、
クリアアサヒを思い出しました。比較してはないですが、
あちらの方がさらにクセが無いとは思いますが…

金麦クリアラベルのポジションとしては、その名の通り、
金麦とクリアアサヒの間くらいなのかな、と。
サントリーファンのクリアアサヒ好きにオススメ、というところでしょうか。
金麦の特徴は、飲みやすさと香りだと思っているので、
その香りが消えてしまっているのはちょっと残念ですけども。

金麦 クリアラベル パッケージ

今回、パッケージもリニューアルしたんですが、
前回のものよりは、爽快感が出ていていいですよね。
というか、前のは工業的なイメージで美味しそうではないですよね。

春咲く薫りが今年も発売開始



さて、サントリーの新ジャンルといえば、昨年なかなか美味しかった
「春咲く薫り」が先日から発売となってます。
昨年はシトラホップを使っていましたが、今年はホップを変更して
ネルソンソーヴィンホップだそうで、どんな味わいになっているのか、
そちらも楽しみに買ってみようと思います。

[関連リンク]
金麦 クリアラベル(公式ページ)


【2015年2月24日限定新発売!】春咲く薫り 350mlx24本 2,689円


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サントリーがイオングループ限定で販売している クラフトマンズビアシリーズの第三弾「褐色の余韻」をいただきました。 パッケージには「ブラウンエールタイプ」と書かれています。 ブラウンエール・タイプ? サントリーのニュースリリースには、 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーがイオングループ限定で販売している
クラフトマンズビアシリーズの第三弾「褐色の余韻」をいただきました。
パッケージには「ブラウンエールタイプ」と書かれています。

サントリー クラフトマンズビア 褐色の余韻

ブラウンエール・タイプ?


サントリーのニュースリリースには、
『液色が褐色(ブラウン)のエールビール(上面発酵酵母を使用)で、
豊かなコクと香りが特徴』と書かれていました。
ブラウンエールと言い切らず、タイプなのはなぜなんでしょうね…?

さて、いただいてみると、コクや旨みも感じますが、
それよりも爽やかなホップの香りとクリアな爽快感がありました。
ブラウンエールの感想としてはちょっと珍しいかもしれませんが、
数多あるクラフトビールとの差別化になっていて面白いと思いました。
飲むタイミングによっては、薄く感じることもあるかもしれませんが、
和食などのペアリングを考えると全然ありですね。

大手メーカーの多様化に期待


クラフトマンズビア 第一弾の貴富の薫りは微妙でしたが、
ブラウンエールくらいまで来ると、大手らしい特徴が出てくる気がします。
さて、次の第4弾はどうなりますか… 楽しみです!

[関連リンク]
サントリー クラフトマンズビア(公式ページ)


ファインエールズ ランドスライドブラウンエール 6% 330ml×3本 1,944円

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 とれたてホップと云えば、キリン 一番搾りですが、 サントリーのプレモルからも、初摘みホップなるビールが出ていました。 チェコ・ザーツで今年収穫されたファインアロマホップを使用しているとのことです。 注いでみると、綺麗な泡が! そして、 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

とれたてホップと云えば、キリン 一番搾りですが、
サントリーのプレモルからも、初摘みホップなるビールが出ていました。
チェコ・ザーツで今年収穫されたファインアロマホップを使用しているとのことです。

サントリー ザ・プレミアムモルツ 2014初摘みホップ

注いでみると、綺麗な泡が! そして、素晴らしい泡持ちです。
飲んでみるとプレモルらしい香りですが、フルーティーさが増しています。
プレモルは元々香りの素敵なビールですが、その香りがさらにフレッシュに
フルーティーになっているんですね。今年の一番搾りはフルーティーさが
やや控えめだったと思っていた僕にはうれしい香りでした。

いつものプレモルや香るプレミアムもありますが、これが一番好きです!
最近のプレモルはワイングラスで飲むことも薦めていたりするので、
次回はワイングラスでも飲んでみようかなぁ。

やっぱりプレモルはすごいなぁ… プレモルが嫌いだったら別ですが、
そうじゃないなら、早く飲むことをオススメします!

[関連リンク]
サントリー ザ・プレミアム・モルツ(公式ページ)
「ザ・プレミアム・モルツ〈初摘みホップ〉」期間限定新発売(ニュースリリース)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 お盆が終わると秋限定のビールがどんどん出てきますね。 Asahi 深煎りの秋に続いていただいたのは、サントリー 秋の贅沢です。 こちらも新ジャンル、そしてアルコール度数 6% となっています。 飲んでみると、まずはほのかに香ばしい風味を感じ、続 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

お盆が終わると秋限定のビールがどんどん出てきますね。
Asahi 深煎りの秋に続いていただいたのは、サントリー 秋の贅沢です。
こちらも新ジャンル、そしてアルコール度数 6% となっています。

サントリー 秋の贅沢

飲んでみると、まずはほのかに香ばしい風味を感じ、続いて
麦芽の旨みを感じられました。なかなか美味しいんじゃないか、と
飲みこんでから、口の中に少しアルコール感が残ったのがちょっと残念でした。

値段も味わいも、この時期(というか秋)に楽しむ
ビールのバリエーションとしては、ほぼ完成しているんじゃないかと思います。
まあ、そもそも秋味が完成されている美味しいビールで
それをなぞっている気もしますけれども…

ただ、クラフトビールが流行りつつある今、これだけの違いでは
ビール好きを納得させられないですよね。
そう考えると、(秋味ではない)秋限定新ジャンルって、
ビールがあまり好きではない人向けの商品になりつつあるのかなぁ、なんて。
もしそうだとしたら、アルコール度数と飲みごたえを上げるのではなく、
梨とかブドウとか、そういう秋限定のビールの方が
売れるんじゃないかと思ったりもします。
さて、来年の秋にはビールのトレンドはどうなっているんでしょうか…

[関連リンク]
サントリー 秋の贅沢(公式ページ)
秋季限定新ジャンル「サントリー 秋の贅沢」新発売(ニュースリリース)


サントリー【秋限定】-196℃ 秋りんご 350ml×24缶 2,903円


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 プリン体ゼロ、糖質ゼロのビールが話題になっています。 サッポロビール 極ZERO が発泡酒として新スタートを切りましたが、 その他の大手各社も9月2日に一斉に追随するようです。 そんな中、サントリーの「おいしいZERO」を先行でいただきました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

プリン体ゼロ、糖質ゼロのビールが話題になっています。
サッポロビール 極ZERO が発泡酒として新スタートを切りましたが、
その他の大手各社も9月2日に一斉に追随するようです。
そんな中、サントリーの「おいしいZERO」を先行でいただきました。

サントリー おいしいZERO

飲んでみて、まず感じたのはスッキリ感と後に残る甘みでしょうか。
ビールを飲んで、麦芽の甘みを感じることはあるんですが、
ゼロ系のドリンクだと、人工的な甘みを感じてしまいますが、
これもそんな感じでした。甘みの質としては、以前よりも
わざとらしくない、というか、だいぶ進化していると思います。

健康のことを考えれば我慢できる… のかな…?

ただ、原材料を見ると醸造アルコール、香料、アセスルファムKなどなどあり、
健康のためにこれを飲むというところに疑問を感じるのも事実。
糖質制限ダイエットが流行っているようなので、そこでの需要はあるのかな。

おいしいZERO 原材料

ちなみに、楽天でこんな商品を見つけたんですが…



こういうのって登録商標みたいな何かで同じ名前の商品って
出て来ないのかと思っていましたが、お酒とノンアルコールということで
ありなのでしょうかね…

閑話休題。
これからサッポロ、アサヒ、キリンからもダイエット用ビール(?)が
出て来るので、各社出揃った9月に飲み比べをしてみたいと思います!

[関連リンク]
プリン体ゼロ サントリーおいしいZERO(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サントリーがスーパーマーケットのCGCグループ限定で 販売しているグランドゴールドをいただきました。 グランドという名前ですが、発泡酒+リキュールの新ジャンルです。 サントリーの公式ページを見てみると、 ・粒選り麦芽使用 ・2段階ホップ仕 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーがスーパーマーケットのCGCグループ限定で
販売しているグランドゴールドをいただきました。
グランドという名前ですが、発泡酒+リキュールの新ジャンルです。

サントリー GRAND GOLD グランドゴールド

サントリーの公式ページを見てみると、
・粒選り麦芽使用
・2段階ホップ仕込み
・氷点ろ過製法
など、いろいろなことが書かれていますが、
飲んでみると、とてもシンプルなビールでした。

何も考えずに飲めば、新ジャンルだとは気付かないかもしれませんが、
考えながら飲むと、苦み、コク、旨み、キレなどなど特徴は無く、
バランスはいいものの、全体的に平均点以下の印象でした。
バランスがいい、というところが特徴なのかなぁ…
同じサントリーの新ジャンルには素晴らしい出来の金麦がありますし、
クリアアサヒや澄みきりがある中で、これを選ぶ理由が見当たらない…
キャラクターとしては、ちょっとかわいそうなビールなのかもしれない、
と思いました。名前もグランドゴールドって、ありきたりだしなぁ…

SAPPORO 香るホップという新ジャンルもありましたが、
あれもスーパー限定のものでしたね。コンビニチェーンの限定商品と比べて、
スーパーのものは印象の薄いものが多いです。棚の確保もあるとは思うんですが、
面白い商品を開発してくれたらビール好きとしては盛り上がるのになぁ…
もしかしたら、この薄さでマーケティングデータを取っているのもしれませんけども。

[関連リンク]
サントリー グランドゴールド(公式ページ)


ドイツ直輸入ノーアルコールビール!
ヴェリタスブロイ 330mlx24本 1,790円


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サントリーからコンビニで限定発売となった モルツ・サマードラフトをいただきました。 シトラホップを一部使用とのことですが、シトラホップは、 その名前の通り、シトラス(柑橘)系の香りが特徴ですが、 このビールからはその特徴はあまり感じら ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーからコンビニで限定発売となった
モルツ・サマードラフトをいただきました。

サントリー モルツ・サマードラフト

シトラホップを一部使用とのことですが、シトラホップは、
その名前の通り、シトラス(柑橘)系の香りが特徴ですが、
このビールからはその特徴はあまり感じられませんでした。

パンチやインパクトではない、大人しいビールだと思います。
清流のような穏やかな喉越しが一番の特徴でしょうか。
プレミアムモルツと香るプレミアムの関係のように、
オリジナルのモルツよりも少し穏やかにスムーズになった印象です。

夏の余韻がどんなものなのか、わかりませんが、終わった後に
かすかに残る物が余韻だとするなら、晩秋に味わうものなのでしょうか?
夏の余韻という名前ですが、夏真っ盛りの暑い日に涼を求めて
ランチビールとして飲んだり、水分補給として飲むのもいいと思います。

[関連リンク]
サントリー モルツ・サマードラフト(公式ページ)


北海道 中札内産 枝豆!そのまま えだ豆 1kg 930円

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サントリーの代表的なビール、ザ・プレミアム・モルツのバリエーション、 ザ・プレミアム・モルツ〈香るプレミアム〉をいただきました。 パッケージは通常のプレモルのパターンを逆にしたような感じでブルーを基調としています。 こうなるとヱビス ロ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーの代表的なビール、ザ・プレミアム・モルツのバリエーション、
ザ・プレミアム・モルツ〈香るプレミアム〉をいただきました。
パッケージは通常のプレモルのパターンを逆にしたような感じでブルーを基調としています。
こうなるとヱビス ロイヤル セレクションと印象が被るんですねぇ… なるほど。

サントリー ザ・プレミアム・モルツ〈香るプレミアム〉

いただいてみると、スッキリと飲みやすく、スイスイ飲めちゃいます。
グランドキリン → ジ・アロマという感じで、香りがパワーアップしているのかと
想像していましたが、そうではない印象です。
どちらかというと、香りは通常のプレモルの方が強い気がします。
線が細くなったというか、繊細になったというか…
ビールとしては美味しいんですが、プレモルのファンとしては
ちょっと物足りない印象でした。まあ、それだけ
通常のプレモルの完成度が高い、ということだと思います。

プレモルはいろいろな料理と合わせても負け無さそうですが、
こちらは考えないと料理に負けてしまいそうです。
むしろ、何かと合わせるのではなく、このビールだけで
スイスイと飲むのが良さそう。なんですが、通常のプレモルよりも
度数が高かったりするので、気をつけないといけませんね。

それにしても、原材料は一緒で酵母だけを変えたという今回の試み、
面白いと思います。ビール好きのifを叶えた感じでしょうか。
まあ、それが決してうまくいかない、というのもまたいいですね。

最近は、スーパードライのエクストラコールドや
ツートンの一番搾りだったり、スタンダードなビールが
アレンジされることが多いのですが、さて次はどんなビールが出てくるのでしょうか。

[関連リンク]
ザ・プレミアム・モルツ<香るプレミアム>(公式ページ)
「ザ・プレミアム・モルツ〈香るプレミアム〉」期間限定新発売(ニュースリリース)


S.H.フィギュアーツ 侍戦隊シンケンジャー シンケンゴールド 2,980円


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

沖縄に移住した麦酒男・タカバシさんに代わって、 東京のビアバーを駆けずり回っております、はるかです! 今回は、サントリーがザ・プレミアム・モルツの美味しさを広めるために 期間限定で実施しているイベント「ザ・プレミアムビール ヒルズ」に行ってまいりました! ザ ... 続きを読む
沖縄に移住した麦酒男・タカバシさんに代わって、
東京のビアバーを駆けずり回っております、はるかです!

今回は、サントリーがザ・プレミアム・モルツの美味しさを広めるために
期間限定で実施しているイベント「ザ・プレミアムビール ヒルズ」に行ってまいりました!

ザ・プレミアムビール ヒルズには、4つの体験スペースがあります。

ザ・プレミアムビール ヒルズ

A.PREMIUM BAR
ザ・プレミアム・モルツを、様々なアプローチで飲み比べできるスペース。

B.CAFE
ビールの管理や注ぎ方が徹底されていて最高品質のプレミアム・モルツを提供する
「超達人店」と同等の品質でビールが飲めるスペース

C.香るプレミアムSTAND
5月27日に発売となる「ザ・プレミアム・モルツ<香るプレミアム>」を
一足早く100円で体験できるスタンディングスペース。

D.GARDEN
4種類のザ・プレミアム・モルツを各200円で飲むことができる屋外スペース。

今回、サントリーの広報さん、マーケティング担当さんにお話をお伺いしながら、
それぞれのお店を体験することができました!

まずはAの「PREMIUM BAR」。

PREMIUM BAR


沢山のサーバーが用意されていて、様々な温度帯や注ぎ方で提供される
ザ・プレミアム・モルツを飲むことができます。

PREMIUM BAR

また、そのビールとあうおつまみも提供され、ビールとフードのマリアージュも楽しめます。
完全予約制で、当日お店の前のブースで開店1時間前から受付開始になります。

受付

こちらが“TAKUMI”。

TAKUMI

6℃のビールを注いでから、2℃の泡を注ぐという、違う温度で味わうプレモルです。
6℃という温度帯は、家庭用の冷蔵庫とほぼ同じ温度。
このくらいの温度のほうがプレモルの香りやコクをより感じられるとのことです。

2℃のビールと飲み比べをしたところ、
6℃のビールのほうが味のメリハリが感じられるように感じました。

2℃と6℃のビールを飲み比べ

こちらのTAKUMIに合わせるおつまみは、
コッパプラム、大多摩ハムのベーコン、ドライトマトと菊芋チップス。

ドライトマトと菊芋チップスなどのおつまみ

塩気のあるおつまみが、
ビールが飲みたい! → おつまみが食べたい! → ビールが飲みたい!
のいい循環を生むとのことでした。確かに、ビールが進みます!

続いて“AROMA”。

AROMA

特殊なサーバーで12℃に保たれたプレモルが、ワイングラスに注がれて提供されます。
ワイングラスによって、香りや味わいがより一層感じられます。
ただ、白ビールやベルギービールに飲み慣れている方には、少し香りが物足りないかも…?

おつまみは、ファイブテイスト トマト&チェリー。
(すみません、食べるのに夢中になり撮影前にトマトを食べてしまいました…)

ファイブテイスト トマト&チェリー

底に水飴とちょっとしたスパイスがついています。
トマト・チェリーの甘みと酸味、水飴の甘みがビールにマッチして、
よりフルーティーに感じられました。

こちらは“MILK”。

MILK

サーバーから泡だけがグラスに注がれ、そのまま2分ほど待ってから飲むスタイルです。
泡にはホップの成分がたくさん宿っていて、泡が少し鎮まりほどよく炭酸が抜けた状態で飲むと
ホップの香りだけを強く感じまろやかな味わいが楽しめるとのこと。

この“MILK”が、驚きでした…
クリーミーでまろやかでとっても美味しいのです!
ホップって苦いというイメージがありますが、このMILKは全然苦くありません。
むしろホップによる甘さが出ているような… まさに“MILK”。
普段飲んでいるプレモルとのギャップがあって、目からウロコでした。

このビールにあわせるおつまみは、あそ路の呉汁を使ったムース。
(すみません、MILKの旨さに衝撃を受け、またしても写真を撮り忘れました…)
呉汁は大豆のペーストを味噌汁に入れた郷土料理で、
それをムース上にし、さらに底にアクセントとして高菜が入っています。
このムースも、クリーミーでとっても美味しかったです!

最後にスペシャルビールとして、ザ・プレミアム・モルツ<黒>を、
コーヒー豆のランドルを通して注いだものが出てまいりました。
プレモル<黒>のラテ! 2回焼いたあま〜いどら焼きと一緒にいただきます。

プレモルラテとどら焼き

これも半端ない旨さ。
プレモル<黒>本来のコクと味わいが、コーヒー豆によって一層深まっています。
コーヒーの香りもとてもいいです。これは、冬にホットビールにして、
シナモンスティックでかきまわしながら飲みたい!
それと、アフォガードも合いそうですね…
どら焼きも、めっちゃコーヒーとあうやないかーい。

少し休憩してから、BARの隣のスペースにある、BのCAFEに行きました!
こちらのCAFEでは、
ザ・プレミアム・モルツ
ザ・プレミアム・モルツ<黒>
ザ・プレミアム・モルツ<コクのブレンド>
ザ・プレミアム・モルツ<香るプレミアム>
の4種類の生ビールが各1杯400円で堪能できます。

CAFE

さっそく、一般発売に先行して<香るプレミアム>を飲んでみました。
プレモルのエールビールです。

香るプレミアム

エールビールを開発した背景としては、クラフトビールの流行に乗ったというよりも、
プレモルの味わい・コク・香りを最大限にPRするための手段のひとつとして企画した、とのこと。
一口いただいて… これ、普通のプレモルよりも香りとコクがある気がします。
その真偽を確認するために、普通のプレモルと比較しながら飲んでみました。

プレモルと比較

普通のプレモルはのどごし、そして後から鼻に抜ける風味を楽しむもの。
<香るプレミアム>は、口に含ませて少し転がしてからふわっと
口内で香る風味を楽しむもの、という違いを感じました。
そして特筆すべきはきめ細かい泡。
「超達人店」のこだわりの泡です。エールだけど、泡がモリモリ♪
口にヒゲを作れるくらいふわふわな泡で、この泡もいっぱい食べたいくらい美味しいのです。
品質がとても高いと感じました。

メニューには、それぞれのビールにあうフードメニューが3種類記載されています。

メニュー

(この他にもフードは様々あります)

この日は<コクのブレンド>にあわせて「醸造家のガレット」をいただきました。

<コクのブレンド>

<コクのブレンド>は、ザ・プレミアム・モルツとザ・プレミアム・モルツ<黒>が
ブレンドされたもの。ハーフ&ハーフの配分ではなく、
若干、ザ・プレミアム・モルツの方が多いそうです。

そしてガレット。

醸造家のガレット

もちもちとしたガレットの上に水菜や生ハムが乗っています。
<コクのブレンド>の麦芽感を一段と引き立てているような気がしました。
これはこれでビールのおつまみとしてではなく料理として普段から食べたい!

そして、Cの「香るプレミアムSTAND」。

香るプレミアムSTAND

新発売の<香るプレミアム>の生ビールが1杯240ml、100円で試飲できます。
とってもお得!破格!出血大サービス!
サントリーさん、本当にこれでモトが取れるんですかっ?!
ちなみにこんなサイズです!

香るプレミアム

最後にDの「GARDEN」にやってまいりました。

GARDEN

プレモル、プレモル<黒>、<コクのブレンド>、<香るプレミアム>の4種類が
300ml200円で飲めるスペースです。これも安いですし、
会社帰りに同僚と違う種類を買い合って気軽に飲み比べできるのがいいですね。
実際グループでシェアしながら飲み比べている会社員の方も見受けられました。

ここでいちばん印象に残っているものは、おつまみ。
チョリソーやフライドポテト、コンビーフのブルスケッタなど色々ありましたが、
中でもチーズトルティーヤのBBQソースがとってもスモーキーで絶品でした。

チーズトルティーヤのBBQソース

これはプレモルと一緒に絶対に味わってみてください!

それでは、まとめに入ります。

この期間限定イベント、4つのスペースということで、
なかなか分かりにくい仕組みかなぁと思っていたのですが、いざ行って体験してみると、
それぞれのスペースの違いと目的がはっきりしていて、その違いを楽しむことができました!
口や文章で説明するのが難しいと思うので、ぜひ自分の目と鼻と口で体験してみてください。
いちばんのオススメは、完全予約制の PREMIUM BAR です!

サントリーの広報の方と

サントリーの広報の方とお写真も撮らせていただきました!
ここまでプレモルと徹底的にお付き合いすることで、
プレモルに対して、一気に親近感が湧いてきました。
ご案内、どうもありがとうございました!

<オススメのシチュエーション>
「会議が終わった!おーし、お前ら全員ヒルズの下で集合!」
そんな感じで飲みニュケーションする「GARDEN」。
「おうちでは飲めないから、ちょっと1杯飲んでから帰るか!」
そんな感じでフラッと立ち寄る「香るプレミアムSTAND」。
「ビールの違いを楽しんでみようの巻!」
そんな感じで飲み比べする「CAFE」。
「最近刺激が足りなくって…ああビールが飲みたい…」
そんな感じで貴方に驚きと感動をもたらす「PREMIUM BAR」。
シチュエーション別に!TPOに応じて!お選びください!


▼ザ・プレミアムビールヒルズ ザ・プレミアム・モルツ ビール サントリー
http://www.suntory.co.jp/beer/premium/event/hills/
http://www.suntory.co.jp/news/2014/12045.html


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サントリーからイオン系列で限定販売されているビール、 クラフトマンズビア 貴富の薫り(きふのかおり)をいただきました。 ブラウマイスターの資格を持つサントリーの醸造家が、 世界中の多様なタイプのビールを参考に醸造した 「クラフトマンズ ビ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーからイオン系列で限定販売されているビール、
クラフトマンズビア 貴富の薫り(きふのかおり)をいただきました。
ブラウマイスターの資格を持つサントリーの醸造家が、
世界中の多様なタイプのビールを参考に醸造した
「クラフトマンズ ビア」シリーズの第一弾ということです。

サントリー クラフトマンズビア 貴富の薫り

まず商品名にもなっている香りですが、ネルソンソーヴィンという
白ぶどうを思わせる香りが特徴のホップを使っているだけあって、
白ワインに似た華やかな香りがあります。飲んでみると、苦みは少なく、
スッキリとしているのが特徴といった感じでしょうか。

なんとなく、どこかで飲んだことのある味だなぁ、と思ったら
やはりサントリーが3年半前に発売した「かほりの贅沢」というビール、
これに似ているんじゃないかと思い当たりました。
香りが特徴のビールなので、キンキンに冷やさないで飲んだ方がいいですね。
少し時間を置いてからの方が、いい具合に香りが出てきました。

ウィートラガータイプ

かほりの贅沢は新ジャンル、こちらは麦芽100%のビールですが、
特徴が上品で控えめだからか、そこまで印象に違いがありませんでした。
同じホップを使ったビールということでいえば、薫り華やぐヱビスもあるのですが、
比較するとなると、残念ながらヱビスの圧勝だと思います。

クラフトビールが流行ってきていることに対するアプローチもあるのだとすれば、
このビールはもっと尖っていてもよかった気がします。もっと苦く苦くしてみるとか…
まあ、そうなるとイオンでは売れないのかもしれませんが、
そのあたりが大手メーカーの難しいところですよね。

クラフトマンズビアはシリーズということで第二弾、第三弾もあるかと思いますが、
次はどんなビールが出てくるのでしょうか。夏あたりの発売と考えると
柑橘系の香りが強いラガーあたりが出てきたら面白いなぁと思います。

[関連リンク]
サントリー クラフトマンズ ビア 貴富の薫り(公式サイト)
サントリー クラフトマンズ ビア 貴富の薫り(ニュースリリース)


ニュージーランド 8ワイアード ホップワイアードIPA 330ml【2本】1,333円

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サントリーから季節限定で発売されている「春咲く薫り」という ビールをいただきました。日本での分類はリキュール類になります。 発泡酒+小麦のスピリッツで造られていて、アルコール度数は5%です。 いただいてみて、まず感じたのはその名の通り ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーから季節限定で発売されている「春咲く薫り」という
ビールをいただきました。日本での分類はリキュール類になります。
発泡酒+小麦のスピリッツで造られていて、アルコール度数は5%です。

サントリー 春咲く薫り

いただいてみて、まず感じたのはその名の通りの香り!
パッケージに書かれているシトラホップの香りなのか、
華やかな香りがします。少し、ベルジャン酵母のような香りも…

少し時間が経ってくると、香りよりもアルコール感を強く感じてしまうので、
このビールは350mlでスッキリと早くいただいた方が良さそうです。

それにしてもシトラホップとか、レイトホッピング製法とか、
サントリーもしっかりとクラフトビールを視野に入れているようですね。

さて、パッケージにはこんな表記が…

花咲く薫り パッケージ

その発泡酒ってどんな味なんでしょうか… アルコール度数は低く、
薫りは華やかなのかな… このビールも美味しいですが、
原材料の発泡酒に俄然興味を抱いてしまいました。

[関連リンク]
花咲く薫り(サントリー公式)
春季限定新ジャンル「春咲く薫り」新発売(ニュースリリース)


ミッケラー シングルホップシリーズ シトラIPA 660円


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サントリーさんから4月8日に新発売となるビールをいただきました。 その名も「和膳」。和食がおいしくなるビール、とのことです。 見た目はシンプル、普通のピルスナーのようです。 いただいてみると、アルコール度数が3.5%と低いこともあってか、 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーさんから4月8日に新発売となるビールをいただきました。
その名も「和膳」。和食がおいしくなるビール、とのことです。
見た目はシンプル、普通のピルスナーのようです。

サントリー 和膳

いただいてみると、アルコール度数が3.5%と低いこともあってか、
かなりあっさりとしている印象です。和食に合わせて、ということですが、
たしかにビール単体で飲むと物足りないかもしれません。
味わい、風味に関しては麦芽の旨みを感じられます。
アルコール度数的にも、味わい的にも、食事をじゃませずに
さらに美味しくするサポートをするようなビール、という印象です。

和食に合わせるビールと言えば、キリン秋味や馨和が思い浮かびます。
秋味は和の食材の脂(鶏、秋刀魚など)との相性がよくて、
口内をしっかりとリフレッシュしてくれる印象です。
馨和はもう少し主張が強くて、ビールを楽しむことがメインで
それに和のおつまみを合わせていくのが良さそうです。
和膳はおとなしい印象で、日常のいろいろな和食と合わせるのにいいのかな。
4月初旬の発売なので、タケノコや空豆、アサリあたりと
一緒にいただきたいたら幸せになれるんじゃないかと思います。

[関連リンク]
サントリー 和膳(公式サイト)


京都・大枝塚原産 白子たけのこ筍2kg 2,970円


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote