生ビールブログ

ビールに関するブログです。おいしいお店、ビールの情報、ビアガーデン、ビール美人、つまみレシピ、豆知識…

タグ:サントリー

どうも、麦酒男です。 サントリーからクラフトセレクトというシリーズが生まれ変わって 新発売となりました。昨年は9種のクラフトセレクトが販売されましたが、 2016年のラインナップとしては、昨年も販売されたペールエール、 ゴールデンエールに加えて、ヴァイツェンが新 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーからクラフトセレクトというシリーズが生まれ変わって
新発売となりました。昨年は9種のクラフトセレクトが販売されましたが、
2016年のラインナップとしては、昨年も販売されたペールエール、
ゴールデンエールに加えて、ヴァイツェンが新たに発売となりました。
ということで、サントリーさんからいただきましたのでご紹介します。

サントリー クラフトセレクト ヴァイツェン

グラスに注いでもみると、酵母はろ過しているようで透き通っていますので、
ビールのスタイルとしてはクリスタルヴァイツェンになるのかな、と思います。
キリンのグランドキリン うららかをるもそうだったんですが、
ビアスタイルの定義がメーカーによってまちまちなのが気になります。

ヴァイツェン 裏

さて、いただいてみると、スッキリと飲みやすい白ビールで、
誰にでもオススメできるヴァイツェンになっていると思いました。
もっと濃い方がいいとか、バナナのような香りが強い方がいいとか、
いろいろと好みはあると思いますが、かなり綺麗で飲みやすいなぁ、と。
このビールを飲んでヴァイツェンにハマる人が多い、というよりも、
マニアからの評価を集めそうなビールだなぁ、と。
このクリアな感じ、さすが大手メーカーと云ったところでしょうか。



クラフトセレクトですが、TVCMもオンエアされ、クリエイティブも
気合が入っている気がしますが、アメリカンというかアーバンというか、
この方向性はピンと来ないんですよねぇ… ワインのカクテル、とか
そういうのだったらいいのかも、と思いますが、ビールですからね。
何よりもCMでは缶のまま飲んでいるし、缶に描かれているグラスの立場は…
という感じで、醸造側と広告側の剥離を感じてしまいますけども…

ペールエールとゴールデンエールは通年販売となり、
7月にはビターエールとセゾンが発売となるそうです。セゾン!
クラフトセレクトの日本での展開がどうなるのか、注目したいと思います。

[関連リンク]
サントリー CRAFT SELECT <クラフトセレクト>(公式ページ)
サントリー クラフトセレクト(Facebookページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サントリーの新ジャンル「春の旬味」をいただきました。 名前から察すると、春の華やかさと味わいを意識したビールのようです。 いただいてみると、香りは期待していたほどではなく、 「ほのか」な印象です。苦味もやさしく、悪く言えば薄いかな、 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーの新ジャンル「春の旬味」をいただきました。
名前から察すると、春の華やかさと味わいを意識したビールのようです。

サントリー 春の旬味

いただいてみると、香りは期待していたほどではなく、
「ほのか」な印象です。苦味もやさしく、悪く言えば薄いかな、と。
よく云えば、特徴がほのかなので、食べ物に合わせやすい、かな。

最近の新ジャンルだと、アルコール感や変な雑味を感じることは
ほとんどなく、このビールもその点では安心です。
ただ、「味わい」に焦点を当てるのであれば、もう少し
旨みを引き出す何かがほしい、かなぁ…
まあ、新ジャンルなので、そこまでは求めないですし、
雰囲気重視という気もしますけれども…

これからもいろいろなビールがリリースされますので、
春向けビールのウォーミングアップとして、いかがでしょうか?

[関連リンク]
サントリー 春の「旬味」(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 3月1日より発売となる ザ・プレミアム・モルツ 香るエール を 先行していただきました。プレモルで云えば、香るプレミアムという 商品がありましたが、それのリニューアルという感じでしょうか。 最初はしっかり冷やしたものをいただいたのですが、 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

3月1日より発売となる ザ・プレミアム・モルツ 香るエール を
先行していただきました。プレモルで云えば、香るプレミアムという
商品がありましたが、それのリニューアルという感じでしょうか。

サントリー ザ・プレミアム・モルツ 香るエール

最初はしっかり冷やしたものをいただいたのですが、
それだとフルーツのような甘さはあるものの、
香りや苦味はそこまで際立っていませんでした。
少し温度を上げてからいただくと、香りが花開く感じでした。
苦味よりもフルーティーな香りが強くて、苦いのが苦手な人にも
オススメしやすいビールになっていると思います。
スパークリングワインの代替、というと言葉が微妙ですが、
そんなシチュエーションにこのビールは良さそうです。

今回のリニューアルには、ビールの香りを楽しむ、という
従来のプレモルの楽しみ方のさらなる訴求と、
「エール」という言葉を広めようとする狙いがあるのかな…
と思っていましたが、6缶パックに付いて来る2種類のグラスを見ると
さらに、グラスの違いによる楽しみ方も提案しているんですね。
大手メーカーとしては、一歩踏み込んだ提案じゃないかと思います。

グラス付き6缶パック

さらに、クラフトビールが広がりつつある今、一般の消費者だけではなく、
料理やシチュエーションにあったお酒を提案したい飲食店にとっても、
選択肢としてありがたい(大手の)ビールなんじゃないかと思います。
すでにイタリアンやスペインバルのようなお店で、
香るプレミアムを見る機会が何度かありましたし、
一般消費者だけではなく、飲食店向けのリニューアルなのかもと思ったり…
まだ飲んだことの無い方はぜひ試してみてください!

[関連リンク]
サントリー ザ・プレミアム・モルツ「香るエール」(公式ページ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 コンビニでこんなプレミアムモルツを見かけたので買ってきました。 ザ・プレミアム・モルツ 、収穫された麦芽を空輸して造られた ビールだそうで、ダイヤモンド麦芽の比率が増えているんだとか… まあ、そう聞いても、なんだかすごいのかな? というか ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

コンビニでこんなプレミアムモルツを見かけたので買ってきました。
ザ・プレミアム・モルツ <初仕込>、収穫された麦芽を空輸して造られた
ビールだそうで、ダイヤモンド麦芽の比率が増えているんだとか…
まあ、そう聞いても、なんだかすごいのかな? というか、
よくわからないね、という感じがしなくもなくもないんですけども…

サントリー ザ・プレミアム・モルツ<初仕込>

せっかくなのでワイングラスでいただいてみました。
いつものプレモルとの違いがそこまであるようには思えないんですが、
とても新鮮で美味しいプレミアムモルツだと感じました。
最高に美味しい100点のプレモル、みたいな感じですかね。

1月26日発売ということで、新鮮な状態というのも美味しい理由の
ひとつかもしれません。ま、通常版のプレモルも12月上旬出荷分から
ダイヤモンド麦芽を増量してのリファインを行っているので、
12月中旬以降のプレモルがあったら、飲み比べてみても
いいかもしれませんね。って、実は中身は同じなのかな…?

さて、プレモルですが、香るプレミアムがリニューアルするのか、
3月には「香るエール」という商品が発売となるようです。

香るエール

同じプレミアムモルツでありながら、香る“プレミアム”から“エール”へと
変わるのは、プレミアムよりも「エール」というスタイルや言葉の
定着が狙いなのかな、なんてことも考えられますが、実際はどうなんでしょう。
香るプレミアムと併売は無さそうですので、そろそろ飲み比べるために
そろそろ香るプレミアムを買いだめしておこうかなぁ…
香るエールが発売前にもらえるキャンペーンもやっていますので、
ご興味のある方はご応募してみてはいかがでしょうか?

[関連リンク]
サントリー ザ・プレミアム・モルツ(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サントリーから出ているシリーズ、クラフトセレクトの第5弾、 インディアペールエール(I.P.A.)をいただきました。 パッケージでは、I.P.A.という文字が目立ちます。 キリンのセッションIPAに続いて、大手で2番目のIPAになるでしょうか。 色はほど ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーから出ているシリーズ、クラフトセレクトの第5弾、
インディアペールエール(I.P.A.)をいただきました。
パッケージでは、I.P.A.という文字が目立ちます。
キリンのセッションIPAに続いて、大手で2番目のIPAになるでしょうか。

サントリー クラフトセレクト インディアペールエール

色はほどよく、香りはフルーティーです。飲んでみるとガツンとした
苦味は感じませんが、ほどよい苦味を感じます。これは美味しいですね。
ただ、ビールとしては美味しいですが、とにかく苦いIPAを期待して飲むと
物足りないと思います。プロ野球のホームランバッターと
メジャーリーグのホームランバッターくらい違うかもしれません。
まあ、日本の大手メーカーのビールをメインで飲んでいる人には
かなり驚かれるでしょうし、ビール自体が美味しいこともあって、
これが入口になって、クラフトビールの大海原に漕ぎだす人も
出てくるかもなぁ、と思います。原材料として使用した
カスケードホップの良さが出ていると思いますし、
変に希少なホップを使ってないのもいいなぁ、と…

I.P.A.

このほぼ満点のステータス表示はどうかと思いますけど、
このビール、オススメです! 限定ではなく通年で飲みたいビールです!

[関連リンク]
サントリー クラフトセレクト(公式ページ)
クラフトセレクト インディアペールエール(商品情報)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 昨日に引き続き、ザ・プレミアムモルツの2015初摘みホップヌーヴォーを いただきました。今回は、今年が初登場となる〈香るプレミアム〉です。 しばらく缶の〈香るプレミアム〉を飲んでいなかったので、 ちょっと印象が薄かったのですが、初摘みホ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

昨日に引き続き、ザ・プレミアムモルツの2015初摘みホップヌーヴォーを
いただきました。今回は、今年が初登場となる〈香るプレミアム〉です。

サントリー ザ・プレミアムモルツ〈香るプレミアム〉 2015初摘みホップヌーヴォー

しばらく缶の〈香るプレミアム〉を飲んでいなかったので、
ちょっと印象が薄かったのですが、初摘みホップヌーヴォーを飲んで
「ああ、香るプレミアムだなぁ…」と。そんな印象ではあるのですが、
初摘みホップヌーヴォーゆえの違いをあまり感じられませんでした。
通常のプレミアムモルツ(初摘み)の方は、香りがグッと前面に出ていますが、
香るプレミアムはフルーティーな味わいがプラスになっている感じでしょうか。

キリン一番搾り とれたてホップは凍結させたホップを使い、
サッポロクラシック 富良野VINTAGE は生ホップを使っているそうですが、
この初摘みホップヌーヴォーはいつも通り、ペレットにしての使用ということで、
いつも香りが素敵なビールなので、特徴が出にくいのかもしれません。

近々、通常版の〈香るプレミアム〉、そして初摘みホップヌーヴォー同士を
飲み比べてみたいと思います。それこそ、クラフトラベルの
ゴールデンエールなんかも一緒に飲み比べてみてもいいかもしれませんね。

[関連リンク]
ザ・プレミアム・モルツ<“初摘みホップ”ヌーヴォー>(公式ページ)
「ザ・プレミアム・モルツ“初摘みホップ”ヌーヴォー」数量限定新発売(ニュースリリース)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 今年もプレモル初摘みホップがリリースされました。 ザーツで今年収穫されたファインアロマホップを使用したビールで、 去年に引き続き、2度目の発売となりますが、 今年はボジョレーを意識してか、ヌーヴォーと名前がつきました。 いただいてみる ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

今年もプレモル初摘みホップがリリースされました。
ザーツで今年収穫されたファインアロマホップを使用したビールで、
去年に引き続き、2度目の発売となりますが、
今年はボジョレーを意識してか、ヌーヴォーと名前がつきました。

サントリー ザ・プレミアムモルツ 2015初摘みホップヌーヴォー

いただいてみると、プレモルらしい香りをいつもよりも強く感じます。
スルスルと飲みやすいながらも、素晴らしい香りです。

プレモルらしい香りが伸びた印象で、言い換えれば
サントリーらしい香りですが、それが強くなっているので
食事とのペアリングは簡単ではないかもしれません。
しっかりと冷蔵庫で冷やしてから、このビールだけを
クッと飲むのがいいのかなぁ、なんて思います。

今年は香るプレミアムの初摘みホップヌーヴォーもリリースされているので
次はそちらをいただいてみたいと思います。楽しみです!

[関連リンク]
ザ・プレミアム・モルツ<“初摘みホップ”ヌーヴォー>(公式ページ)
「ザ・プレミアム・モルツ“初摘みホップ”ヌーヴォー」数量限定新発売(ニュースリリース)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サントリーから出ているシリーズ、クラフトセレクトの第4弾、 ゴールデンエールをいただきました。 いただいてみると、クリアな飲みごたえとフルーティーな香りが 美味しいです。パッケージには「白ワインを思わせる」との記述がありますが、 白ワ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーから出ているシリーズ、クラフトセレクトの第4弾、
ゴールデンエールをいただきました。

サントリー クラフトラベル ゴールデンエール

いただいてみると、クリアな飲みごたえとフルーティーな香りが
美味しいです。パッケージには「白ワインを思わせる」との記述がありますが、
白ワインとはちょっと違うかな、と個人的には思いました。
苦味は程よく、香りがしっかりとあるので、甘さを感じる気もしますが、
その甘さがワインにものに近いのかもしれません。

クラフトラベル ゴールデンエール パッケージ

いずれにしても大手メーカーらしい雑味のなさが、
このビールの特徴と合っていて、いいビールだなぁ、と思いました。
同じサントリーで言えば、ザ・プレミアム・モルツ 香るプレミアムと
飲み比べをしてみたら楽しそうだなぁ、なんて思ったので、
今度、やってみたいと思います。ホップ好きな僕は香るプレミアム派かなぁ?

[関連リンク]
サントリー クラフトセレクト(公式ページ)
クラフトセレクト ゴールデンエール(商品情報)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サントリーから期間限定で醸造された新ジャンル 「冬の薫り」をいただきました。 新ジャンルだからな〜、なんてあまり期待せずにいただいたのですが、 まずはアロマホップの香りをしっかりと感じられてビックリしました。 飲んでみると、味わいとい ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーから期間限定で醸造された新ジャンル
「冬の薫り」をいただきました。

サントリー 冬の薫り

新ジャンルだからな〜、なんてあまり期待せずにいただいたのですが、
まずはアロマホップの香りをしっかりと感じられてビックリしました。
飲んでみると、味わいというか、旨みは少ないのですが、
新ジャンルらしいすっきりとした飲み心地です。

香りを感じながらゴクゴク飲むのに良さそうなので、
温度は低め、一杯目のウォーミングアップ的な感じでいただくのが
オススメです。(そういう意味では、3杯以上飲む人向けかも?)

サントリー 冬の薫り 裏面

香りを感じつつ、冬の朝のようなキリッとしているので、
冬の薫りというネーミングは納得です。
冬の水のように、しっかりと冷やして飲むのをオススメします。

[関連リンク]
サントリー 冬の薫り(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サントリーさんから「ハロウィンにおすすめの新商品詰合せセット」なるものを いただきました。詰め合わせセットには、こちらの3つの新商品が入っていました。 左から… ・ラドラー パーティーラベル ~ブラッドオレンジ&レモン~ ・クラフトセレ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーさんから「ハロウィンにおすすめの新商品詰合せセット」なるものを
いただきました。詰め合わせセットには、こちらの3つの新商品が入っていました。

サントリー ハロウィンにおすすめの新商品詰合せセット

左から…
ラドラー パーティーラベル ~ブラッドオレンジ&レモン~
クラフトセレクト ザ・パンプキン
サントリー パンプキンスペシャル
です。
見事にみんなオレンジ色のハロウィンカラーです。ということで、
一番ハロウィン色の強いデザインのパンプキンスペシャルからいただいてみます。

サントリー パンプキンスペシャル



サントリー パンプキンスペシャル

飲んでみて… なぜかディズニーランドを思い出しました!
パッケージもひとつだけお城や魔女が描かれていてファンタジーですが、
そういうことではなく、ヨーグルト的な甘さを感じたからでしょうか。
パンプキンというより、洋菓子的な雰囲気なのかもしれません。
こちらの区分は発泡酒で、原材料にはパンプキンと香料が入っていました。

サントリー パンプキンスペシャル 原材料

続いては、クラフトラベルのザ・パンプキンです。

サントリー クラフトラベル ザ・パンプキン



サントリー クラフトラベル ザ・パンプキン

今までのクラフトラベルと同様のパッケージですが、
ビアスタイルはパンプキンとなっています。
こちらはヨーグルトというよりは、かぼちゃ的な甘さがありますが、
飲みやすくて、お祭り的に飲むにはいいかなぁ、と思いました。

ちなみにこちらも発泡酒。原材料にはパンプキンと香料が入っていますが、
パンプキンスペシャルと違うのは、大麦や糖類が入っていないことでしょうか。

サントリー クラフトラベル ザ・パンプキン 原材料

いずれにしても原材料の表記がカボチャではなくパンプキンなのは、
なぜなんでしょうかね… 発泡酒という区分ではザ・パンプキンも
パンプキンスペシャルも同じですが、しっかりと違いを感じられました。
個人的には、何杯か飲むならクラフトラベル ザ・パンプキンですかね。

最後にラドラー パーティーラベルもいただきます。

サントリー ラドラー パーティーラベル ~ブラッドオレンジ&レモン~



サントリー ラドラー パーティーラベル ~ブラッドオレンジ&レモン~

こちらもオレンジ色のパッケージではありますが、パンプキンではなく
ブラッドオレンジを使ったビアカクテルといった感じです。
ブラッド(血)というあたりがハロウィンな気もします。

これまた区分は発泡酒なのですが、無果汁でクエン酸や甘味料を使っていて
かなりドイツの考え方とは離れた商品になっています。
とにかく甘さを感じるので、甘いお酒が好きな人向けですかね。

ハロウィンにオススメなのは…



3つの商品をいただきましたが、食事との相性などなども考えて
ここはやっぱり クラフトラベル ザ・パンプキンをオススメします!
ただし、パーティー等で缶から直接飲むようなシチュエーションであれば、
値段も鑑みてパンプキンスペシャルでもいい気がしました。
缶自体がハロウィン的なデザインですし!

おまけ



さて、サントリーのサイトでは、ハロウィンに合わせて
Trick or Suntoryeat」というキャンペーンをやっています。
トリックオアトリート×サントリー×イートってことで
パーティーが盛り上がりそうな豪華食材のプレゼントとなっています。
オヤジギャグ的ですが、面白いキャンペーンですね!

ということで、ごちそうさまでした!!

[関連リンク]
サントリートピックス(公式ブログ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サントリーがイオングループ限定で出しているクラフトマンズビアの 第6弾が出ました。その名も「鮮烈の香り」です。 鮮烈なデビュー、とかで使う鮮烈です。強烈な印象ってことです。 注いでみると、アンバーラガータイプということで、 色はちょっと ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーがイオングループ限定で出しているクラフトマンズビアの
第6弾が出ました。その名も「鮮烈の香り」です。
鮮烈なデビュー、とかで使う鮮烈です。強烈な印象ってことです。

注いでみると、アンバーラガータイプということで、
色はちょっと濃いかなぁ、という印象。名前にもなっている香りですが、
鮮烈とまではいかないものの、ホップのいい香りが漂います。

サントリー 鮮烈の香り

飲んでみると、カスケードホップの香りと苦味が程よい、
バランスの取れたビールです。素直に美味しいです。

カラメル麦芽を使用しているとのことですが、その結果、
麦の主張が強くなって、ホップとハイタッチしているというか…
大手メーカーのピルスナーよりも、麦成分とホップ成分が程よく
高まっているといった感じでしょうか。パワーアップ形態みたいな。

アンバーラガータイプ

サントリーはプレミアムモルツもありますし、香りを意識したビールが
多い印象ですが、ホップの特徴がありつつも、食事を邪魔しないというのが、
素晴らしいなぁ、と思いました。汎用性が高い、といいますか、
家の冷蔵庫に常備しておきたいビールです。すでに12本以上買いましたが、
それを飲み干したらケースで買おうと思います。オススメです!

[関連リンク]
サントリー クラフトマンズビア(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サントリーから数量限定で新発売となったプレモル、 をいただきました。香るプレミアムと同じく、 エール酵母を使ったプレミアムモルツですが、 こちらは濃色麦芽を使って。色も濃くなっています。 パッケージの色とビールの色がかなり近いですね。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーから数量限定で新発売となったプレモル、
<芳醇エール>をいただきました。香るプレミアムと同じく、
エール酵母を使ったプレミアムモルツですが、
こちらは濃色麦芽を使って。色も濃くなっています。
パッケージの色とビールの色がかなり近いですね。

サントリー ザ・プレミアム・モルツ<芳醇エール>

いただいてみると、確かにエールタイプのビールなのですが、
プレモルとしての特徴はそんなに感じないかな、というところです。
若干の香ばしさとホップのフルーティーさのあるエール、でしょうか。

ただ、ビールを少し置いてから飲んだら印象が変わりました。
キンキンに冷えたビールでは無く、ちょっとぬるいくらい。
ガスも結構抜けて、微炭酸くらいで飲むと、穏やかで上品な香りと
まろやかな口当たりのビールになりました。

パッケージには、ビールの特徴が書かれていましたが…

パッケージには特徴が…

このビールに関して言えば、オススメの温度や飲み方を
しっかり訴求した方がみんなのためなんじゃないかと思いました。
個人的には、冷やし過ぎず、泡をしっかり立てて、
ガスを抜いて飲むのがオススメです!

[関連リンク]
ザ・プレミアム・モルツ<芳醇エール>(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サントリーのスタンダードビール「モルツ」がリニューアル、 ザ・モルツとなって生まれ変わります。今回は先行して 新しい「ザ・モルツ」をいただくことができました。 飲んでみると「昔ながら」というと語弊があるかもしれませんが、 近年の、ホッ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーのスタンダードビール「モルツ」がリニューアル、
ザ・モルツとなって生まれ変わります。今回は先行して
新しい「ザ・モルツ」をいただくことができました。

サントリー ザ・モルツ

飲んでみると「昔ながら」というと語弊があるかもしれませんが、
近年の、ホップを前面に出した大手のビールではなく、
麦芽の旨みとしっかりとしたコクのあるビールでした。
このビールだけで飲んでもいいし、食事と合わせるのもいいです。
世界よ、これが日本のラガーだ、という感じでしょうか。

アメリカや海外のいろいろなビールが輸入されてきていますし、
日本でもたくさんのクラフトビール・地ビールがあります。
その中で大手のラガービールはどうあってほしいか…
僕の答えはこのビールに近い気がします。
(まあ、グランドキリンとかプレミアムモルツも好きなんですけどね…)

サントリー ザ・モルツ

同じように美味しくて好きだったビールに
「キリン ザ・ゴールド」「アサヒ ザ・マスター」がありますが、
いずれも「ザ・○○」とわかりやすいネーミングで
昔ながらの苦味やコクを打ち出したビールだっただけに
ザ・モルツがどう評価され、どうなっていくのか、期待と不安が半々ですけども…

いずれにしても、僕はこのビールを美味しいと思いましたので、
我が家での晩酌スタメンに組み込みたいと思います。
ちなみに、8/19まで抽選で50,000名に6缶パックが当たるキャンペーンを
実施していますので、何はなくとも応募してみてはいかがでしょうか?

[関連リンク]
ザ・モルツ ビール サントリー(公式ページ)
ザ・モルツ UMAMI実感キャンペーン ザ・モルツ6缶が50,000名様に当たる。(キャンペーンサイト)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サントリーのサントリー クラフトセレクト シーズン2、 スペシャルビターをいただきました。 鮮やかな緑色が面白いビールとなっています。 スペシャルビターというあまり聞きなれないスタイルですが、 公式サイトによる解説は下記の通りです。 北 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーのサントリー クラフトセレクト シーズン2、
スペシャルビターをいただきました。
鮮やかな緑色が面白いビールとなっています。

サントリー クラフトセレクト スペシャルビター

スペシャルビターというあまり聞きなれないスタイルですが、
公式サイトによる解説は下記の通りです。
北米産ビターホップ一部使用による“しっかりとした苦味”と、
爽やかな香りが特長の希少品種シトラホップを一部使用した
レイトホッピング製法による“キリッとキレの良い苦味と
爽やかな香り”を実現しました。


冷蔵庫から取り出してすぐに飲んだ感じだと、苦味も香りもあれど、
あまり好感の持てる感じではありませんでした。
が、しばらく置いてから飲むと、これはこれでホップの香りもあるし
なかなかいいんじゃないかと思いました。

サントリー クラフトセレクト スペシャルビター

これからのシーズン、BBQに持っていって、最後の方にゆっくりと飲むとか、
そういう飲み方が面白そうなビールかなぁ、と思います。
もうひとつのシーズン2のビール「メルツェン」はまだ飲んでいませんが、
夏のサントリーしばりであれば…
金麦⇒プレモル⇒香るプレモル⇒スペシャルビター って感じが
いいのかな~、なんて。ぜひいろんなビールを飲む時の
選択肢のひとつに加えてみていただければと思います。

[関連リンク]
サントリー クラフトセレクト(公式ページ)
クラフトセレクト スペシャルビター(商品情報)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 ペールエールに引き続き、サントリー クラフトセレクトシリーズ、 第一弾のブラウンエールをいただきました。缶にはオススメのグラスが 描かれていますが、この形のグラスがなかったので、似たような形(?)の グラスに注いでみました。色は綺麗なブ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ペールエールに引き続き、サントリー クラフトセレクトシリーズ、
第一弾のブラウンエールをいただきました。缶にはオススメのグラスが
描かれていますが、この形のグラスがなかったので、似たような形(?)の
グラスに注いでみました。色は綺麗なブラウンとなっています。

サントリー クラフトセレクト ブラウンエール

ブラウンエールは、モルトの風味をしっかりと味わうことのできるビールです。
ちょっと酸味のような味を感じるのは個人的に気になるところですが、
他社のブラウンエールでも同じように感じることがあるので、
これはあってもいいものなのかもしれないですね。

サントリー クラフトセレクト ブラウンエール

色が濃いビールということで、燻製と一緒にいただいたんですが、
このビールではちょっと負けちゃいました。薫香の無いチーズあたりが
会うのかもしれませんね。あとはお肉とかでしょうか。
これからのシーズン、食べ合わせやシチュエーションが
ちょっと難しいかもしれませんが、BBQなんかで赤身のお肉と一緒に
いただくなんてのがいいかもしれませんね。もちろん、その時は
缶から直接ではなく、せめてカップに注いで楽しんでいただければと思います!

[関連リンク]
サントリー クラフトセレクト(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 5月12日から全国で発売開始となるサントリーの クラフトセレクトシリーズを先行していただきました。 まずは基本のペールエール サントリー クラフトセレクトは、大手メーカーであるサントリーが 現在のクラフトビールブームを受けて、多彩で個性的 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

5月12日から全国で発売開始となるサントリーの
クラフトセレクトシリーズを先行していただきました。

まずは基本のペールエール



サントリー クラフトセレクトは、大手メーカーであるサントリーが
現在のクラフトビールブームを受けて、多彩で個性的な味わいを楽しめる
シリーズとして発売します。その第一弾がペールエールとブラウンエールです。
ということで、まずは、ペールエールからいただいてみました。

サントリー クラフトセレクト ペールエール

いただいてみると、爽やかな香りと味わいは紛れもない
アメリカンペールエールです。美味しいか美味しくないかで言えば、
もちろん美味しいのですが、香り、苦味のレベルを考えると、
先、しかも結構先に、よなよなエールがいる気がします。
(そして、ビールの完成度としては、香るプレモルの方が上だと思います)

クラフトビールを飲んだことがない人へ



ただ、よなよなエールが個性的すぎると感じる人もいるでしょうし、
クラフトビールへの入り口としてはいいかも、とも思いました。
大手メーカーとしての役割やポジションを考えて、その上で
美味しいペールエールをリリースしたのは支持したいです。

サントリー PALE ALE

缶にはこのビールを飲むのにオススメのグラスや味わいの指標などが
描かれていますが、これは大手メーカーのビールしか飲んだことのない人に
「ビールはキレとかコクだけじゃないんだよ」というメッセージにも
受け取ることができます。まさにここから、ビールの多様性を知り、
クラフトビールの世界に飛び出す人が出てきたらいいなぁ、と思います。

ビールはもっとも多様なお酒なのです!



サントリー クラフトセレクトのページには、こんなイラストがありました。
(ビールとエールが缶なのは、大手メーカーの葛藤がありそうですけども…)

クラフトセレクト

もちろん、このイラストはビールのスタイルがいくつか描かれているだけで
もっといろいろなスタイル、聞いただけではなんだかわからないビールもあります。
ただ、これを宝の地図のように、自分の好みのビールを探す旅に
出るような、そんなきっかけになる人もいるかもしれません。

個人的には(クラフトセレクトシリーズは始まったばかりですが)、
次は大手メーカー初のアメリカンIPAに期待したいところです。果たして!?

[関連リンク]
サントリー クラフトセレクト(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サントリーから発売となったザ・プレミアム・モルツのプレミアム版、 マスターズドリームをいただきました。クラフトビール云々というよりは、 美味しいビールは適正な価格で売れる、もっと簡単に云えば、 ある程度の価格でも美味しければ売れる、とい ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーから発売となったザ・プレミアム・モルツのプレミアム版、
マスターズドリームをいただきました。クラフトビール云々というよりは、
美味しいビールは適正な価格で売れる、もっと簡単に云えば、
ある程度の価格でも美味しければ売れる、という昨今のトレンドがあり、
出てきた商品なのではないかと思います。

サントリー ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム

どっしりとした存在感のプレミアムモルツ



いただいてみると、プレモル特有の香りよりは麦芽的旨みと
ピルスナーとしての程よい苦みを感じる、ドッシリとしたビールでした。
通常のプレモルは、キャラクターは強いけど重みが無かった感じで
逆にそこが華やかなピルスナーとして受けていたのではないかと思います。
TVCM には矢沢永吉さんが出ていますが、プレモルを擬人化すると
及川光博さんくらいのイメージじゃないかな~、なんて思ってます。

で、このマスターズドリームですが、華やかさが無くなったことで
味のある俳優さんのようになった気がしますが、その結果、
個性が弱まった気がします。名脇役的存在感といいますか…
グランドキリンが出てきた時の方がインパクトがあるし、
現状、コンビニで両方売ってたとしたら、グランドキリンを選んじゃうかも…

少し温度が上がると印象が少し違ってきました



ただ、少し温度を上げて飲んでみると、ホップの香りも出てきて
バランスが程よく、美味しくなった気がしました。
このビールは「醸造家の夢」と名前が付いていますが、
かなりアスリート気質のビールなのかな、とも思いました。
ちゃんと練習をして、体調を整えて、それで結果を残すわけです。
ある意味、そこらの素人よりも繊細なのがアスリートだとするならば、
このビールも、温度管理、注ぎ方、グラス等などをしっかり準備して
最適な状態で飲まなければならないのかもしれません。
果たして、それがコンビニで買ったビールを一般家庭で飲む場合に
できるかというと、難しいのではないかと思いますが…

ボトルのネックに付いてる小冊子



このボトルにはネックの部分に小さい冊子が付いていました。

ボトルのネックに付いてる小冊子

ビールに関することが書かれているのですが、そこに書かれている内容には
かなり疑問を持ちました。公式ページでも書かれているような「こだわり」が
書かれていましたが、それよりも美味しい飲み方とかペアリングについて
触れた方がいいんじゃないかと思いました。
サントリーは「ジョッキ生」という商品を出していたりもして、
“頭で飲む”層に向けてもビールを売っているので、そういう方向けには
こういう冊子がポイントだったりするのかもしれませんが、
このビールを買うのはそういう層じゃないんじゃないかなぁ、とも…

いずれにしても、イメージが先行しすぎて、
ちょっと肩透かしをうけた印象のマスターズドリームでしたが、
マスターズドリームハウス」なる旗艦店があるということなので、
近々、そちらでベストな状態のビールをいただいてみたいな、なんて思います。

[関連リンク]
サントリー ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サントリーの新ジャンル「春咲く薫り」が昨年に続き、今年も発売されました。 使用しているホップがシトラホップからネルソンソーヴィンに 変わったらしいですが、果たして風味は変わっているのでしょうか? 冷やし過ぎずにいただきたい新ジャンル ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーの新ジャンル「春咲く薫り」が昨年に続き、今年も発売されました。
使用しているホップがシトラホップからネルソンソーヴィンに
変わったらしいですが、果たして風味は変わっているのでしょうか?

サントリー 春咲く薫り

冷やし過ぎずにいただきたい新ジャンル



新ジャンルの商品なので、普通はすっきり温度は低めで
いただきたいところですが、このビールに限っては温度は高め、
とまではいかなくても、冷やしすぎない方がいいですね。
柔らかい炭酸とフルーティーなホップの香りを楽しめます。
ただ、3口目くらいになると、慣れてしまうのか、
それとも香りが飛んでしまうのか、印象が薄くなります。

まだ飲んだことがない方はお試しを



値段を考えると1杯目限定ということでアリじゃないかな、と。
個人的には昨年のシトラホップの方が好みだったんですが、
これは本当に好みだったり、その時の体調とかによるのかなぁ。
まだ飲んだことがない方であれば、お試しはしてみても
いいんじゃないかと思います。

[関連リンク]
サントリー 春咲く薫り(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 昨年、発売された金麦のバリエーションモデル「金麦 クリアラベル」が この度、リニューアルされたということでいただいてみました。 ゴクゴク飲める爽快な新ジャンル いただいてみると、サントリー モルツや金麦に感じる「香り」が弱く、 「甘い ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

昨年、発売された金麦のバリエーションモデル「金麦 クリアラベル」が
この度、リニューアルされたということでいただいてみました。

サントリー 金麦 クリアラベル

ゴクゴク飲める爽快な新ジャンル



いただいてみると、サントリー モルツや金麦に感じる「香り」が弱く、
「甘い」という感想を持つような人には飲みやすくなっているのでは
ないかと思いました。余計なことを気にせずに、ゴクゴク飲める感じです。
ひっかかりが無く、ゴクゴク飲めるという点で、
クリアアサヒを思い出しました。比較してはないですが、
あちらの方がさらにクセが無いとは思いますが…

金麦クリアラベルのポジションとしては、その名の通り、
金麦とクリアアサヒの間くらいなのかな、と。
サントリーファンのクリアアサヒ好きにオススメ、というところでしょうか。
金麦の特徴は、飲みやすさと香りだと思っているので、
その香りが消えてしまっているのはちょっと残念ですけども。

金麦 クリアラベル パッケージ

今回、パッケージもリニューアルしたんですが、
前回のものよりは、爽快感が出ていていいですよね。
というか、前のは工業的なイメージで美味しそうではないですよね。

春咲く薫りが今年も発売開始



さて、サントリーの新ジャンルといえば、昨年なかなか美味しかった
「春咲く薫り」が先日から発売となってます。
昨年はシトラホップを使っていましたが、今年はホップを変更して
ネルソンソーヴィンホップだそうで、どんな味わいになっているのか、
そちらも楽しみに買ってみようと思います。

[関連リンク]
金麦 クリアラベル(公式ページ)


【2015年2月24日限定新発売!】春咲く薫り 350mlx24本 2,689円


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サントリーがイオングループ限定で販売している クラフトマンズビアシリーズの第三弾「褐色の余韻」をいただきました。 パッケージには「ブラウンエールタイプ」と書かれています。 ブラウンエール・タイプ? サントリーのニュースリリースには、 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サントリーがイオングループ限定で販売している
クラフトマンズビアシリーズの第三弾「褐色の余韻」をいただきました。
パッケージには「ブラウンエールタイプ」と書かれています。

サントリー クラフトマンズビア 褐色の余韻

ブラウンエール・タイプ?


サントリーのニュースリリースには、
『液色が褐色(ブラウン)のエールビール(上面発酵酵母を使用)で、
豊かなコクと香りが特徴』と書かれていました。
ブラウンエールと言い切らず、タイプなのはなぜなんでしょうね…?

さて、いただいてみると、コクや旨みも感じますが、
それよりも爽やかなホップの香りとクリアな爽快感がありました。
ブラウンエールの感想としてはちょっと珍しいかもしれませんが、
数多あるクラフトビールとの差別化になっていて面白いと思いました。
飲むタイミングによっては、薄く感じることもあるかもしれませんが、
和食などのペアリングを考えると全然ありですね。

大手メーカーの多様化に期待


クラフトマンズビア 第一弾の貴富の薫りは微妙でしたが、
ブラウンエールくらいまで来ると、大手らしい特徴が出てくる気がします。
さて、次の第4弾はどうなりますか… 楽しみです!

[関連リンク]
サントリー クラフトマンズビア(公式ページ)


ファインエールズ ランドスライドブラウンエール 6% 330ml×3本 1,944円

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote