生ビールブログ

ビールに関するブログです。おいしいお店、ビールの情報、ビアガーデン、ビール美人、つまみレシピ、豆知識…

タグ:サッポロビール

どうも、麦酒男です。 サッポロビール系ジャパンプレミアムブリューからネット限定で発売された 伝説のSORACHI ACE(ソラチエース)をいただきました。 一口飲んでみて「ああ、これこれ!」とソラチエースを使った 常陸野ネストビールのニッポニアを思い出しました。 ど ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サッポロビール系ジャパンプレミアムブリューからネット限定で発売された
伝説のSORACHI ACE(ソラチエース)をいただきました。

ジャパンプレミアムブリュー 伝説のSORACHI ACE

一口飲んでみて「ああ、これこれ!」とソラチエースを使った
常陸野ネストビールのニッポニアを思い出しました。
どちらもレモングラスだったり、ヒノキのようなユニークな香りがします。
なんとなく落ち着く香りというか、心地いい香りです。

ニッポニアを含め、ソラチエースを使っているビールって、
重くなりがちというか、香りが特徴的なビールの割にゴクゴク飲めるものが
少ない気がするんですが、このビールは軽いですし、いろいろな食事と
合わせられそうな気がします。ジャパンプレミアムブリューを
大手メーカーとしてしまうのも少し違うと思いますが、
このクリアな美味しさはさすがサッポロビール系列だと思いました。

伝説のソラチエースとは?

届いたボックスの中にはソラチエースの説明もありましたが、
大手の技術やノウハウがある中で、こういうクラフトビール的な
アプローチのビールが出てくるというのは面白いです。

大手メーカーがこれほどクラフトビールへのアプローチを
見せているところって他の国にあるのでしょうか?
日本でもサッポロビールとキリンビールが他の二社に対して
かなり差をつけた感じを受けます。

香りに関して好みはあると思いますが、一度は飲んでみてほしいです。
これ、ビールが変わってきたことを感じられるビールです。

[関連リンク]
「Craft Label THAT'S HOP 伝説のSORACHI ACE」WEB限定発売のお知らせ(リリース)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サッポロビールがSNS上のコミュニティグループ・百人ビール・ラボで 「日本一笑顔になれるビールを創ろう!」と集まった開発したビール、 サッポロ カンパイエールをいただきました。 一口飲んでみて「?」となったのですが、特徴のとらえどころが ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サッポロビールがSNS上のコミュニティグループ・百人ビール・ラボで
「日本一笑顔になれるビールを創ろう!」と集まった開発したビール、
サッポロ カンパイエールをいただきました。

サッポロビール カンパイエール

一口飲んでみて「?」となったのですが、特徴のとらえどころがないというか、
エールだけどもラガー的な部分もあり、ホップも感じるけども前に出ておらず…
という感じでした。ニュースリリースによると、
『特長は、日本のピルスナーの飲み飽きない爽快な飲み口とエールの華やかな香りを
融合したスタイル』とのことですが、いいとこどりではなく、凡庸なものに
なってしまっている気がします。この商品はみんなで考えたビールとのことですが、
ある意味で誰かの濃いが主張が入っていない、クラフトビールとは逆アプローチの
ビールだと思います。そういう意味でも、クラフトビールというのはみんなで
考えるものではなく「職人によって造られる」という側面がかなり大事なんだなぁ、
なんてことにも気づかされるビールでした。

カンパイエールとしての面白さはパッケージでしょうかね。

乾杯!

パッケージの表と裏には、男性と女性のイラストが描かれているんですが、
ふたつの缶があると乾杯させることができて、なかなか面白いです。
以前、2本合わせるとセクシーになるパッケージがありましたが、
こういう遊びはこれからもっと出てきたら楽しいなぁ、と思います。

[関連リンク]
「サッポロ カンパイエール」新発売(ニュースリリース)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 缶の赤星が売っていますが、同じ生じゃない(熱処理)ビールである キリン クラシックラガーとの飲み比べをしてみました。 サッポロラガーの缶は限定ものですが、クラシックラガーは いつも販売していて、カクヤスで買うのがオススメです。 さて、 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

缶の赤星が売っていますが、同じ生じゃない(熱処理)ビールである
キリン クラシックラガーとの飲み比べをしてみました。
サッポロラガーの缶は限定ものですが、クラシックラガーは
いつも販売していて、カクヤスで買うのがオススメです。

クラシックラガーとサッポロラガー

さて、サッポロ黒ラベルとサッポロラガーは原材料、成分表示ともに
同じ数値になっていましたが、クラシックラガーとはさすがに異なりました。

生じゃないビール成分表示

大きな違いはアルコール度数でしょうか。クラシックラガーは4.5%と
ちょっと低めなんですね。まあ、そこまで気にする程ではありませんが…

生じゃないビールを飲み比べ

飲んでみると、クラシックラガーの方がアルコール度数が低いからか、
スッキリとした印象です。昔ながらのキリンビールの特徴と云えば、
ザラッとした苦みだと思っていたんですが、苦味はサッポロラガーの方が強いかな。

ただ、「泡までうまい」じゃないですが、クラシックラガーは
泡もビールもあまり味に差が無く、グイグイいけちゃう気がしました。
(泡は味わうものではないですが)泡も楽しみたくなるのがクラシックラガー、
対して、食事の脂をしっかりとリセットしてくれるのが
サッポロラガーという感じかなぁ、と思いました。いかがでしょうか?
キリン クラシックラガーは枝豆などのおつまみと一緒にライトに、
サッポロラガーは食事と一緒にガッツリといただくのがオススメです。

[関連リンク]
サッポロビール サッポロラガー(公式ページ)
キリンビール ラガービール(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 現在、数量限定で缶で販売されているサッポロラガービールを いただきました。通称・赤星! 加熱処理をした生じゃないビールです。 当たり前の話なのですが、お店で飲む瓶の赤星と同じ味わいです。 すっきり、だけど苦い。フルーティーな苦味では無 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

現在、数量限定で缶で販売されているサッポロラガービールを
いただきました。通称・赤星! 加熱処理をした生じゃないビールです。

サッポロビール サッポロラガービール

当たり前の話なのですが、お店で飲む瓶の赤星と同じ味わいです。
すっきり、だけど苦い。フルーティーな苦味では無く、
香ばしさを感じるような、少しザラッとした感じのある苦味です。
このビールを美味しいと思うのは、思い出や刷り込みによるものなのか、
なかなか味の表現がしづらいビールですが、たしかに美味しいんだよなぁ…

缶の正面には2016と入っていますが、裏側を見ると…

始まりのビール

サッポロラガービールが誕生した1876年のラベルが描かれています。
よく見ると星の形が少し違うんですね。星が少し丸く太ってみえますが、
これ、丸い瓶にラベルを貼ったら、もっと太く見えそうな気もします。

さて、せっかくなので、生ビールである黒ラベルとも飲み比べてみました。

サッポロビール ラガー&黒ラベル

やはり黒ラベルの方がスッキリとしています。が、飲み比べてみると、
黒ラベルは少し物足りない気がします。よく焼けているけど焦げ目のない餃子と
焦げ目のある餃子、のような違いでしょうか。アルコール度数や
成分表示はどちらのビールも同じだったんですが、これって
加熱処理をしているかしていないかの違いだけなのでしょうか?

サッポロラガービール&黒ラベル 成分表示

いずれにしても、缶で買えるのは数量限定分だけ!
クラフトビールもいいけど、こういうレジェンドビールも
楽しめる(歴史のある)日本で良かったです。

[関連リンク]
サッポロビール サッポロラガービール(公式ページ)
赤星★探偵団(特設サイト)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 ちょっと出遅れましたが、麦とホップのバリエーションモデル、 Platinum Clear(プラチナクリア)をいただきました。現在の麦とホップは The gold がメインの商品ですが、それにプラチナを当ててくるとは… さて、飲んでみると、かなりスッキリとは ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ちょっと出遅れましたが、麦とホップのバリエーションモデル、
Platinum Clear(プラチナクリア)をいただきました。現在の麦とホップは
The gold がメインの商品ですが、それにプラチナを当ててくるとは…

サッポロビール 麦とホップ Platinum Clear(プラチナクリア)

さて、飲んでみると、かなりスッキリとはしていますが、
ビールというよりも、やはり新ジャンルだなぁ、という薄さを感じます。
喉が渇いた時にゴクゴクと行くのにはいいかも、ですが、
でも、そういう意味では、クリスタルベルグの方が合ってるかな…?

パッケージには「新爽快系」と書かれていますが、
『私にはビールです』というコピーだった麦とホップが、
ビールから遠い方向に、ゴールドよりも上のプラチナというネーミングで
商品を出して来たのは興味深いです。それにしてもこの商品の
キャンペーンでやっているくぅ顔投稿キャンペーンの参加者の少なさ…
提案した代理店は、全社員を動員してキャンペーンを盛り上げてほしいです、
いや、盛り上げなきゃダメでしょう! 参加者、まだ10人もいなくないですか?

くぅ顔投稿キャンペーン

さて、最近のサッポロビールは、ベルグシリーズの成功もありますが、
ヱビスのエクステンションが急に増えたり、黒ラベルの黒ビールが
登場したりと、良くも悪くもいろいろしている感じで面白いと思いつつ…
でも、一抹の不安を感じたりもします。ここ最近の商品で云えば、
クリスタルベルグや至福の苦味、サッポロクラシック 春の薫りは
美味しかったですが、NIPPON PILS やプラチナクリアは
ちょっとよくわからなかったです。まあ、いろいろとやってみて、
なんだと思いますが、それにしてもくぅ顔投稿キャンペーンを見ると、
もったいないなぁ、と感じてしまうのでありました。くぅー!

[関連リンク]
麦とホップ プラチナクリア(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 販売開始以来好調のホワイトベルグですが、2016年6月21日から 数量限定版の商品「クリスタルベルグ」が発売されています。 ベルギーの“セゾンビール”をモデルにした商品とのことですが、 120円くらいで買えるセゾン、どんなビールになっているでしょ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

販売開始以来好調のホワイトベルグですが、2016年6月21日から
数量限定版の商品「クリスタルベルグ」が発売されています。
ベルギーの“セゾンビール”をモデルにした商品とのことですが、
120円くらいで買えるセゾン、どんなビールになっているでしょうか?

サッポロビール サッポロ クリスタルベルグ

グラスに鼻を近づけると、華やかな香りがします。飲んでみると、
ほのかな香りがありますが、セゾン的な酸味は感じません。
ベルギーのセゾンビール、としては疑問を感じる点ではありますが、
それ以前にドリンカビリティの高い美味しいビールだと思います。

クリスタルベルグ パッケージ

そもそも、セゾンビールですが、サッポロビールのリリースによると、
『ベルギーの農家が冬の間に仕込んで、夏に飲むために貯蔵しておいたビールから
発展したもの。アルコール度数は低め、オレンジ色でフルーティな味わいが特長』と
なっています。これだけだと、なんで農家なのかとかオレンジ色という
表記に関して疑問が出てきちゃいますよね…

僕の解釈では、セゾンビールは夏の農作業の合間に水分&栄養補給するために
飲まれたビール、ゆえにスッキリ&アルコール度数は低め、というのが特徴かと。
そういう視点で考えれば、クリスタルベルグはかなり高得点じゃないかと思います。
ビールのスタイルをそのまま造るのではなく、「スタイルに学ぶ」という形で
商品を開発するベルクシリーズ、面白いですね~。

セゾン系ビール

現状、コンビニで買えるセゾンスタイルやセゾン系のビールは3つ、ですかね。
僕ビール、君ビール。はホップの特徴が出ていて、クラフトビール好きも
納得のビールではないかと思います。雨のち太陽のセゾンビールは、
酸味抑え目、ホップも控えめ、という感じで中途半端な印象ではありますが、
もしかしたら初心者向けにはいいのかも… そして、このクリスタルベルグは
すっきりしているし、アルコール度数も4%とそんなに高くないので、
夏の水分補給に良さそうですね。(そういう意味ではセゾン的!)
BBQやビーチパーティーの時にオススメのビールです!

[関連リンク]
サッポロビール ホワイトベルグ(公式ページ)
「サッポロ クリスタルベルグ」数量限定発売(ニュースリリース)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サッポロビールがファミリーマート限定で販売している 「サッポロ ビアサプライズ 至福の苦み」をいただきました。 ビアサプライズという面白いネーミングですが、 驚きのある美味しさをテーマにしている、ということです。 いただいてみると、香り ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サッポロビールがファミリーマート限定で販売している
「サッポロ ビアサプライズ 至福の苦み」をいただきました。
ビアサプライズという面白いネーミングですが、
驚きのある美味しさをテーマにしている、ということです。

サッポロビール ビアサプライズ 至福の苦み

いただいてみると、香りよりもまず苦味の印象がガツンと来ます。
とはいえ、IPAのような重い苦味ではなく、スキッとした苦みです。
例えば、IPAは長い時間かけて煮だしたような濃さを感じることもありますが、
このビールはちゃんと入れた緑茶の苦みという感じでスッキリしています。
苦みを楽しむためのビールというよりは、食事のさらに美味しくする、
食事を楽しむために口内をしっかりとリセットしてくれるビールです。
この苦味の特徴は、同じサッポロのエーデルピルスを彷彿させます。

エーデルピルス

以前、缶でエーデルピルスが販売されたこともありましたし、
ヱビス・ザ・ホップもありますが、この至福の苦みこそ、
樽生のエーデルピルス好きにイチオシのビールです!
ファミマ限定、数量限定ということで、気になる方は早めに試して、
場合によってはガッツリと買っておいた方がいいかと思います。

[関連リンク]
BEER SUPRISE 至福の苦み(公式ページ)
「サッポロ ビアサプライズ 至福の苦み」発売(ニュースリリース)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サッポロビールのプレミアム系といえばヱビスですが、 そのヱビスのさらに上位クラスのビールが出てきました。 ヱビス マイスター 匠の逸品、です。 飲んでみると、これぞ日本のラガービール、という感じで 飲み応えと旨み、そして苦みを感じます。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サッポロビールのプレミアム系といえばヱビスですが、
そのヱビスのさらに上位クラスのビールが出てきました。
ヱビス マイスター 匠の逸品、です。

サッポロビール ヱビス マイスター 匠の逸品

飲んでみると、これぞ日本のラガービール、という感じで
飲み応えと旨み、そして苦みを感じます。これは美味しい!
ホップと麦芽のバランスがいい具合に高まっている、そんな気がします。
日本のビールは、ドライ戦争でスッキリ喉越し系に転換して
行きましたが、もしかしたら、ヱビス マイスターのような方向が
来るべき未来だったんじゃないか、とも思えます。

原材料には、ハラタウトラディション種のロイヤルリーフホップを
一部使用とのことですが、このロイヤルリーフホップというのが
わからないんですよねぇ。ホップの種類ではなさそうですが、
一番麦芽、みたいなことなんでしょうか…?

いずれにしても、あまり深く考えずに飲んで、深い味わいを
体感する方が幸せな気がします。ヱビス<ザ・ホップ>が
スッキリとしていたので、今の僕にはマイスターの方が好みでした。
この5年の間におじさんになったってことなんでしょうか…
ビール好きにはぜひ飲んでいただきたいビールです。オススメ!

[関連リンク]
ヱビス マイスター 匠の逸品(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サッポロビールからギフト限定で復活したヱビス<ザ・ホップ>2016を いただきました。自分にギフトを贈っちゃいましたよ。 先に、樽生でいただいたヱビス・ザ・ホップですが、 果たして違いはあるのか、無いのか、飲んでみたいと思います。 当たり ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サッポロビールからギフト限定で復活したヱビス<ザ・ホップ>2016を
いただきました。自分にギフトを贈っちゃいましたよ。
先に、樽生でいただいたヱビス・ザ・ホップですが、
果たして違いはあるのか、無いのか、飲んでみたいと思います。

サッポロビール ヱビス・ザ・ホップ 2016

当たり前ですが、ビールの見た目は変わらず。飲んでみると、
やはり以前のヱビス・ザ・ホップに比べて、、ホップの印象が薄く、
大人しくなっている印象です。以前はもっと苦く、そして香りも
華やかだった気がするのですが… 思い出は美化されているのでしょうか?

とはいえ、ホップの香りと苦みが綺麗に楽しめるビールですし、
12本セットで買ったので、ホップのフルーティーな香りと苦味を求めて、
グラスの形や温度を変えて飲み比べてみたいと思います。

サッポロビール ヱビス・ザ・ホップ お中元限定

ちなみにこの商品はパッケージにも書かれている通り、お中元限定ですが、
カクヤスの通販でも6本パックを買うことができました。
カクヤスの通販は、購入金額2,500円以上で送料無料なので、
他のビールと合わせれば、すぐに送料無料で手配できると思います。
ということで、ご興味のある方はお早めに~!!

[関連リンク]
ヱビス<ザ・ホップ>2016(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サッポロビールからサークルKサンクスで限定発売となった NIPPON LAGER Premium(ニッポン ラガー プレミアム)をいただきました。 このビール、生ビールではなく、加熱処理をした『ビール』です。 プレスリリースによると、40代以上の男性をターゲッ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サッポロビールからサークルKサンクスで限定発売となった
NIPPON LAGER Premium(ニッポン ラガー プレミアム)をいただきました。
このビール、生ビールではなく、加熱処理をした『ビール』です。
プレスリリースによると、40代以上の男性をターゲットにしたとのことで、
おじさん向けということを明言した珍しいビールとなっています。

サッポロビール ニッポンラガー プレミアム

いただいてみると、思ったよりもフレッシュな印象です。
伝統的なホップ「信州早生」を使用、とのことでその香りが出ているのかな?
もちろん、力強い飲みごたえを感じるのですが、ザラッとするような苦味は
通称・赤星「サッポロラガー」の方が強いかな、と思いました。
ここが結構難しくて、このビールは食事と合わせづらいなぁ、とも……

フレッシュで力強いというのは、それが個性になってしまって
協調性が無い、と云いますか… まあ、チーズやサラミ等など、
シンプルなおつまみと一緒に飲むのにいいんですかね。

このビールは国産麦芽を80%、ホップ「信州早生」を100%使用とのことですが、
サッポロラガーとは飲み比べてみたいですね(できれば焼き鳥でも食べながら…)。
僕は赤星の方が好みなんじゃないかと思っていますが、どうでしょうか?

[関連リンク]
NIPPON LAGER Premium2016(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サッポロビールの黒ラベルと云えば、日本の大手メーカーのビールでも 指標となるような、ピルスナーど真ん中のビールですが、 そのバリエーション(エクステンション)が登場しました。 サッポロ生ビール黒ラベルエクストラブリューです。 通常の黒 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サッポロビールの黒ラベルと云えば、日本の大手メーカーのビールでも
指標となるような、ピルスナーど真ん中のビールですが、
そのバリエーション(エクステンション)が登場しました。
サッポロ生ビール黒ラベルエクストラブリューです。

サッポロ生ビール黒ラベルエクストラブリュー

通常の黒ラベルも売っていますが、それに加えて限定で販売されています。
パッケージは通常版との違いはそこまでありません。
キン肉マンとキン肉マングレートくらいの違いという感じですかね。
エクストラブリューは、<生>が消えていますが、非加熱処理の生ビールです。

黒ラベル パッケージ比較

エクストラブリューは、サッポロ独自の“旨さ長持ち麦芽”を100%使用、
とのことですが、アルコール度数もカロリーもアップしています。
いい麦芽を使ったんだろうなぁ、という印象です。

黒ラベル 原材料比較

いただいてみると、元々の黒ラベルの完成度が高いこともあって、
「相変わらず美味しい!」という印象でした。ホップに特徴がある、
ということではないので、エクストラブリューだけの美味しさというのは、
なかなか感じづらいなぁ、とも思いました。ということで、飲み比べを…

通常版黒ラベルと飲みくらべ

飲み比べてみても、やはりそこまでの違いは感じられず…
どちらも同じ方向性を持ちつつ美味しい、と思いました。
(キン肉マンとキン肉マングレートのような違いは無かったかな…)

これって実は樽生で飲むと、もっと違いが分かるんだろうなぁ、とも…
ビアホールで名人がジョッキに注ぐエクストラブリューって
果たしてどんな味わい、そして喉越しなのか…
サッポロビールには、ビアホールで飲むジョッキの旨さも
広めていってほしいなぁ、と思います。ああ、ビアホール行きたい!!

[関連リンク]
サッポロ生ビール黒ラベル エクストラブリュー(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サッポロビールから期間限定&北海道限定で販売されている 「サッポロクラシック 春の薫り」をいただきました。 沖縄にいながらも通販で手に入る… 便利な世の中になりましたね! いただいてみると、サッポロクラシックらしい麦芽を感じる苦味と ふ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サッポロビールから期間限定&北海道限定で販売されている
「サッポロクラシック 春の薫り」をいただきました。
沖縄にいながらも通販で手に入る… 便利な世の中になりましたね!

サッポロビール サッポロクラシック 春の薫り

いただいてみると、サッポロクラシックらしい麦芽を感じる苦味と
ふんわりとしたホップの香りが心地いいです。
最近はアメリカンなホップをたくさん使ったビールも多いですが、
昔ながらの日本のビールの進化系、といった感じでしょうか。

3杯目くらいから、舌が慣れちゃうのか、味がよくわからなくなるビールも
ありますが、このビールは何杯飲んでも、1杯目のように美味しいんですね。
これはエーデルピルスも同じだと思いますが、麦芽とホップの特徴を
しっかり活かしているからなのでしょうか……?

個人的に、そこまで春を感じる味わいではありませんが、
単純にビールとして美味しい… そんなビールでした。
キリン 一番搾りの横浜工場版もそんな感じなんですよね~。
クラフトビールもいいですが、こういう大手メーカーの美味しいビールも
増えてきているのがうれしいですね!

[関連リンク]
サッポロクラシック 春の限定商品(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 ヱビスとジョエル・ロブションのコラボビール 華やぎの時間に続く コラボビール第二弾、余韻の時間をいただきました。 華やぎの時間は3種のホップを使っているとのことでしたが、 こちらはモザイクというホップをメインに使っているそうで、 フレ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ヱビスとジョエル・ロブションのコラボビール 華やぎの時間に続く
コラボビール第二弾、余韻の時間をいただきました。

サッポロビール ヱビス with ジョエル・ロブション 余韻の時間

華やぎの時間は3種のホップを使っているとのことでしたが、
こちらはモザイクというホップをメインに使っているそうで、
フレッシュな果実のような香り、さらに苦みを感じます。

華やぎの時間は香りのビールだった気がしますが、こちらはそれに
苦味も加わって、ビールとして面白くなっている感じでしょうか。

ヱビス with ジョエル・ロブション 説明

ただ、食事と合わせるということを考えると、難しいビールかもと
思いますし、飲むグラスや温度で結構印象が変わるんじゃないかとも…
タンブラーやワイングラスなど、いくつかの飲み方を試してみる、
という感じで、ビールを楽しむ、深めるのにいいビールだと思いました。
そういう意味でも、余韻を感じられるビールなのかもしれませんね。
このビールがヱビスですからね、変わったよな~、と
クラフトビールブームの余韻ではなく余波を感じるこの頃です。
どうせなら、ラベルでえべっさんが持っている魚をフレンチっぽい
色(シルバー?)にしてもいいんじゃないかと思ったり思わなかったり。

[関連リンク]
ヱビスビール(公式ページ)
「ヱビス with ジョエル・ロブション 余韻の時間」限定発売(ニュースリリース)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サッポロビールの『麦とホップ The gold』が新しくなりました。 麦とホップ ⇒ 麦とホップ The gold ⇒ 麦とホップ The gold Extra Malt と 徐々に名前が長くなっている気がしますが、少年マンガ的な進化、でしょうか。 リリースを見てみても、麦とホ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サッポロビールの『麦とホップ The gold』が新しくなりました。
麦とホップ ⇒ 麦とホップ The gold ⇒ 麦とホップ The gold Extra Malt と
徐々に名前が長くなっている気がしますが、少年マンガ的な進化、でしょうか。

リリースを見てみても、麦とホップ史上最大の麦芽量ということで、
やはりマンガ的わかりやすさがあるような気がします。

サッポロビール 麦とホップ The gold Extra Malt

元々、ビールを目指した新ジャンルとして、先頭を走っていた感のある
麦とホップなので、飲んでみて、やはり美味しいなぁ、という感想です。
発売当時は「私にはビールです」というコピーもありましたが、
これだけクラフトビールが盛り上がってくると、いろんなビールがあって
当然ですし、意味合いも変わってきますからね。突き抜けている感のある
キャッチコピーが分かりやすいのかな、なんて思ったりします。

そんな麦とホップですが、この半年間でいろいろなバリエーションが
出ていたのをご存知でしょうか? The gold、黒以外にも赤、白、紫まで。

いろんな麦とホップ

今回のThe gold Extra Maltも含め、僕がもっとも美味しかった、
というか、気に入った『麦とホップ』を選んでみたいと思います。それは…

麦とホップ The gold コクの極みです!

麦とホップ コクの極み

コクの極み、と言われるとコクを期待してしまうのですが、コクという点では
もちろん、実際のビールには敵いません。ただ、それよりもビールに似せることを
考えて造られた麦とホップが、それ以外の「味わい」を得た感じでした。

このビールは、いつでも誰でもというオールマイティーな存在ではありませんが、
『麦とホップ』のバリエーションモデルとして優秀だと思いました。
ただ、麦とホップのブランドが無くても、リーズナブルで美味しいわけで…
そんなわけで、今年もリリースされることを期待しています!

[関連リンク]
サッポロビール 麦とホップ(公式ページ)
「サッポロ 麦とホップ The gold」リニューアル発売(ニュースリリース)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 今年もジョエル・ロブションとのコラボビールが発売となりました。 昨年までは「薫り華やぐヱビス JOEL ROBUCHON」という名前でしたが、 今年は「ヱビス with ジョエル・ロブション 華やぎの時間」となっています。 いただいてみると、相変わらずス ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

今年もジョエル・ロブションとのコラボビールが発売となりました。
昨年までは「薫り華やぐヱビス JOEL ROBUCHON」という名前でしたが、
今年は「ヱビス with ジョエル・ロブション 華やぎの時間」となっています。

サッポロビール ヱビス with ジョエル・ロブション 華やぎの時間

いただいてみると、相変わらずスッキリとフルーティーな香りと味、
そして追いかけてくるようなフローラルな香りがあります。
食前酒だったり、乾杯の時に良さそうなオシャレな味わいです。

ビールとしてもいただけるし、フレンチにも合わせられるビールとして
スペインのイネディットというものがありますが、あちらよりは
大人っぽいというか、ドライに感じられました。

メモ

昨年の香り華やぐヱビスは「ネルソンソーヴィン」に加えて、
「ハラタウブラン」を使用と書かれていましたが、今年はさらに、
「ハラタウトラディション」も加わって、3種類のホップが使われているようです。
ハラタウトラディション自体はその名の通り、そんなに珍しいホップでも
ないのかなぁ、と思いますが、少し苦みを増やしたイメージでしょうか。

さて、ロブションとのコラボビールですが、これだけでは終わらないようです。
3月には、果物が熟したような香りが特徴だというホップ「モザイク」を使った
「ヱビス with ジョエル・ロブション 余韻の時間」がリリースされます。

ヱビス with ジョエル・ロブション 余韻の時間

食前・乾杯用の華やぎの時間に対して、余韻の時間は
食後のデザート的なビールを目指すのでしょうか。
約1か月後の発売となりますが、こちらも楽しみに待ちたいと思います。

[関連リンク]
ヱビス with ジョエル・ロブション 華やぎの時間(公式ページ)
「ヱビス with ジョエル・ロブション 華やぎの時間」限定発売(ニュースリリース)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サッポロビールから数量限定で販売されているビール、 サッポロ NIPPON PILS(ニッポンピルス)をいただきました。 サッポロビールらしく、国産の原料にこだわったビールとのことです。 値段的には、たとえば黒ラベルよりも30円くらい高いようです(35 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サッポロビールから数量限定で販売されているビール、
サッポロ NIPPON PILS(ニッポンピルス)をいただきました。
サッポロビールらしく、国産の原料にこだわったビールとのことです。
値段的には、たとえば黒ラベルよりも30円くらい高いようです(350mlの場合)。
トーン的にも日本のプレミアム感を演出したパッケージとなっています。

サッポロビール サッポロ NIPPON PILS(ニッポンピルス)

いただいてみると、まさに日本の「飲みなれた」ピルスナーという感じです。
今までずっとアメリカのライトラガーを飲んでいた人がこれを飲んだら、
「なんて美味しいビールなんだ!」と感動するかもしれません。
ただ、今までずっと日本の美味しいピルスナーを飲んで育ってきた僕としては、
そこまでの違いを感じるビールではありませんでした。
……間違いなく美味しいんですけどね。

ちなみに使用している原材料は、北海道産大麦「りょうふう」、
埼玉県産大麦「彩の星」の麦芽、北海道富良野産ホップ「リトルスター」、
東北産ホップ「信州早生」とのことです。
ホップは2つともアロマホップのようですが、いただいてみての印象は
アロマよりもビターという感じでした。もしくは麦の旨み…?

例えば、日本だと初物に対する想いって他の国よりも強いと思いますが、
「純国産」というのも、そういう情緒的なものなのかなぁ、と思いました。
普段、いただいている、たとえば黒ラベルが安心できない原材料で、
このニッポンピルスは国産だから安心ってことでもないですし…
そういう意味では、昔がらの瓶でのリリースにするとか、
もう少し情緒に寄せたパッケージなり、プロモーションなり、
訴求があってもいいのかな、なんて思いました。

このビールだったら、ヱビス・ザ・ホップをいただきたい!
ケースで買いますし! というのが正直なところです。

[関連リンク]
「サッポロ NIPPON PILS(ニッポンピルス)」数量限定発売(ニュースリリース)



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サッポロビールから限定発売となった「深み味わうヱビス」を いただきました。 ・ヱビスビールの約2倍の熟成期間 ・アルコール分やや高めの6% ・深みとコクのあるまろやかな味わい といえば、ヱビス 超長期熟成を思い出しますが、 まさに超長期熟 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サッポロビールから限定発売となった「深み味わうヱビス」を
いただきました。

・ヱビスビールの約2倍の熟成期間
・アルコール分やや高めの6%
・深みとコクのあるまろやかな味わい

といえば、ヱビス 超長期熟成を思い出しますが、
まさに超長期熟成が名前を変えてリリースされた感じでしょうか。

サッポロビール 深み味わうヱビス

超長期熟成は5年前に飲んで以降、いただいていないので
忘れてしまっているのですが、この麦芽とホップのどっしりした感じは
相変わらずの安定感だと思います。しっかり美味しいですね。
ただ、飲み方によっては、ちょっとアルコール感も感じるので、
どのタイミングで飲むかとか、ペアリングとかを考えないといけない、
ちょっと難しいビールかもしれません。食中酒というよりは、
アルコールをいただく、という感じで飲むのがいいですかね。
食事とのペアリングではなく、まさにビールを“味わう”目的で
いただくのにいいビールじゃないかと思いました。

[関連リンク]
サッポロビール 深み味わうヱビス(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サッポロビールから季節限定で発売となっている 冬物語をいただきました。今年で28年目の発売となります。 まず注いでみて思ったのは、ビールの色の濃さですが、 去年の写真と見比べてみて、そんなに変わらなかったので、 気のせいかもしれません。た ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サッポロビールから季節限定で発売となっている
冬物語をいただきました。今年で28年目の発売となります。

まず注いでみて思ったのは、ビールの色の濃さですが、
去年の写真と見比べてみて、そんなに変わらなかったので、
気のせいかもしれません。ただ、去年はアルコール度数が
5.5%だったところ、今年は6%に上がっています。

サッポロビール 冬物語 冬のまろやか仕込

飲んでみると、しっかりとしたコクというよりは、
ガツンとしたアルコール感を感じました。
特徴としては、間違いなく麦です。ホップではありません。
結構しっかりとした味わいなので、何か食事と合わせる、
というよりは、このビールだけをじっくり味わってもいいのかも。
合わせるとしても、こってりとした、シチュー的なものが
いいのかもしれません。個人的には、冬物語は
もっととっつきやすいビールでもいいんじゃないか、
なんてことも思いました。さて、来年、そして30周年のレシピは
どうなるのでしょうか? それはそれで楽しみです。

[関連リンク]
サッポロビール 冬物語(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 北海道限定で販売されているサッポロクラシックの さらに限定版、サッポロクラシック 富良野VINTAGEをいただきました。 収穫仕立ての富良野産ホップを生のまま使用したという この時期だけの特別なビールです。 ホップの苦味、麦芽の旨みを感じられ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

北海道限定で販売されているサッポロクラシックの
さらに限定版、サッポロクラシック 富良野VINTAGEをいただきました。
収穫仕立ての富良野産ホップを生のまま使用したという
この時期だけの特別なビールです。

サッポロビール サッポロクラシック 富良野VINTAGE

ホップの苦味、麦芽の旨みを感じられる素敵なビールです。
いくつかのフレッシュホップを使ったビールを飲んできていますが、
どうしてもホップのワイルドなエグみが残ってしまう気がするんです。
ただ、生のホップを一部使用ということで、そこまでのエグみもなく、
ピルスナーとして、とてもバランスよく、美味しく仕上がっていると思います。

個人的にはエーデルピルスの方が苦味によるリセット感が強くて
好きなんですが、和食と合わせる時やジョッキでグイグイと
飲むような時にはこちらのビールの方が合っている気がします。

今回は缶でいただきましたが、樽生や瓶でも飲んでみたいですよねぇ。
特に瓶で小さいコップに注いで、一口でいただいてみたいものです。
注いではゴクリと飲んで、また注いで… ああ、来年ですかね〜。

[関連リンク]
2015富良野 VINTAGE|サッポロクラシック(公式ビール)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 麦とホップの限定版、 Special をいただきました。 ニュースリリースによると、今回の限定版はスペシャルということで、 上面発酵製法を採用したとのこと。エール(上面発酵)酵母を使った、 という理解でいいのでしょうか… まずは飲んでみたいと思い ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

麦とホップの限定版、<赤> Special をいただきました。
ニュースリリースによると、今回の限定版はスペシャルということで、
上面発酵製法を採用したとのこと。エール(上面発酵)酵母を使った、
という理解でいいのでしょうか… まずは飲んでみたいと思います。

サッポロビール 麦とホップ <赤> Special

少しぬるめでいただいたのですが、カラメル麦芽の香ばしさを
ちゃんと感じられました。麦とホップのシリーズはどれも新ジャンルとは思えない
クオリティだと思いますが、このスペシャルもプラインドでいただいたら
ビールと間違えてしまいそうな… 気がします… たぶん。

ただ、ちょっと気になったのは、飲んだ後で感じるアルコールのような
香りでしょうか。最近の新ジャンルは、このアルコール感の目立たないものが
多かったので、少し懐かしい気もしたのですが、
初めての上面発酵新ジャンルということで、まだまだ発展の余地がある、のかな?
今後、スーパーやコンビニでリーズナブルに買える上面発酵のビールが
増えていくかもしれませんね。100円ちょっとですもんね。

[関連リンク]
サッポロ 麦とホップ<赤>Special(公式ページ)



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote