生ビールブログ

ビールに関するブログです。おいしいお店、ビールの情報、ビアガーデン、ビール美人、つまみレシピ、豆知識…

タグ:グランドキリン

キリンビール グランドキリンの新商品「梅雨のエキゾチック」をいただきました。フルーティーでありつつクリアで、美味しいビールでした。オススメです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

新しいグランドキリンを発見したので買ってきました。「梅雨のエキゾチック」という発音だけだと競走馬みたいなビールですが、アメリカのホップを使い、ベルギーのビアスタイルを参考にコリアンダーシードを使用したとのことで、そんな意味でもサラブレッドのようです。

キリンビール グランドキリン 梅雨のエキゾチック

キャップは重馬場のマーク、ではなく傘マークになっていて、ラベルはステンドグラスであじさいをデザインしている、まさに梅雨時期のビールです。

キリンビール グランドキリン 梅雨のエキゾチック

いただいてみると… 一言でいえば、美味しい! フルティーな香りに程よい苦味、それでいて余計なものを感じないクリアな飲み心地、これは美味しいです。公式情報では「雨が続く梅雨の時期に、ゆっくりと楽しめる奥行きのある味わい」となっていましたが、暑い日にゴクゴク飲むのにもいいんじゃないかと思います。ヒューガルデンホワイトあたりを飲んで、ビールが好きになった人にはぜひ飲んでいただきたいビールです。

梅雨のエキゾチック

ただ、相変わらずのワードセンスというか、ポエムな感じが炸裂していて、「さわやかにして不思議な奥行き」「複雑で奥行きのある味わい」「スパイシーで不思議な余韻」「ゆっくりと楽しめる奥行きのある味わい」と、表現がグルグルしちゃってます。

いずれにしても美味しいので、梅雨が明ける前にぜひお試しいただければと思います。

[関連リンク]
キリンビール グランドキリン(公式ページ)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

新しくなったキリンビールの GRAND KIRIN IPA(インディア・ペールエール)をいただきました。IPAというには苦味が足りない印象ですが、ビールとしては美味しかったです。ただし… ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

新しくなったグランドキリンですが、JPL(ジャパン・ペールラガー)に続いてIPA(インディア・ペールエール)もいただいてみました。

キリンビール GRAND KIRIN IPA(インディア・ペールエール)

グラスに注いだ途端にホップのいい香りが漂います。いただいてみると、甘く熟したような風味と柑橘系ともマスカットともとれる、上等な紅茶のようないい香りを感じました。IPAとしては苦味が足りないなぁ、と個人的には思いますが、ビールとしては美味しい… ちょっと微妙なビールです。アメリカのコンペティションでIPA部門に出したら弾かれそうだけど、別の部門だったら行けるんじゃないか、というようなそんな感じです。

ホップ愛

ちなみに、”芯が通った” ジャパン・ペールラガーは、キリンビール的に苦味の評価は5段階の5でしたが、IPAは5段階の4となってます。なんだかこじれている気がします。IPAのパッケージに書かれているコピーは「ホップ愛香る」ですよ。なんだろうなぁ… ヤッホーブルーイングの真似をしようとしてスベっているように見えます。ポエミーなコピーやタイトルが悪いとは思いませんが、せっかくの美味しいビールを届かぬ言葉で広めようとすることに疑問を感じます。ホップ愛香るって! 今月18日に発売となる「ひこうき雲と私」(ビアスタイル:クラウドセゾン)は果たして…!?

[関連リンク]
キリンビール グランドキリン(公式ページ)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

キリンビールから発売となったGRAND KIRIN JPL(ジャパン・ペールラガー)をいただきました。2017年に刷新されたグランドキリンです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

グランドキリンが新しくなった、というか、2017年版のグランドキリンが出た、という方が正しいのかもしれません。3月に発売になったのは2種類。JPL(ジャパン・ペールラガー)とIPA(インディア・ペールエール)です。まずはJPLからいただいてみました。

キリンビール GRAND KIRIN JPL(ジャパン・ペールラガー)

さて、飲んでみるとホップの香りと苦味をしっかりと感じられるビールになっていますが、少しアルコール感が強い気がします。IPAはまだ飲んでいませんが、IPAのアルコール度数が5.5%、このビールが6%なので、飲む順番が難しそうな気もします。

アルコール感が強いのはグラスに注いでしまったからかなと思い、ボトルからそのままでも飲んで、飲み比べをしてみました。

飲み比べ

そこまで大きな違いはありませんが、苦味は強く、アルコール感は薄く感じられました。個人的な好みはボトルから直接飲む方でした。皆さんもぜひ飲み比べをしてみていただければと思います。

さて、パッケージには「芯が通ったジャパン・ペールラガー」と書かれていますが、どういう意味なのでしょうか… 逆に「芯が通ってないもの」が何なのか教えてほしいです。GRAND KIRIN のページを見ると、ビールスタイルは「ジャパン・ペールラガー」と書かれていますが、この定義も教えてほしいです。このビールと「一番搾り 若葉香るホップ」のスタイルの違いはなんなんだろう、とか…なんだかいろいろモヤッとするビールでした。

[関連リンク]
キリンビール グランドキリン(公式ページ)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 キリンビールからコンビニ限定で発売となったグランドキリン 十六夜の月(イザヨイノツキ)をいただきました。昨年とは使っているホップが違うとのことで、ラベルにも2016 CALYPSO IPA との表記があります。カリプソIPAというスタイルなのかと思いまし ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

キリンビールからコンビニ限定で発売となったグランドキリン 十六夜の月(イザヨイノツキ)をいただきました。昨年とは使っているホップが違うとのことで、ラベルにも2016 CALYPSO IPA との表記があります。カリプソIPAというスタイルなのかと思いましたが、スタイルというよりはカリプソホップを使ったIPAのようです。

キリンビール グランドキリン 十六夜の月 2016 CALYPSO IPA

いただいてみると、IPAですが、かなりすっきりとしていて、あくまで香りがメインで、苦味はそこまで強くない印象です。いや、しっかり苦味もあるのかもしれませんが、苦味よりも香りが際立っていて… 果実酒、というと言い過ぎですけども。

カリプソホップ

カリプソホップの特徴としては、洋梨やりんご、レモンやライムのような香りがあり、そのせいなのかはわかりませんが、酸味に似た味わいが印象に残りました。

ラベル裏

アルコール度数は5.5%ですが、飲みごたえとしては数字よりも軽く感じました。決して美味しくないビールではないですが、IPAとしては好みが分かれるビールなんじゃないかと思います。IPAが好きな人には物足りないような… いかがでしょうか?

[関連リンク]
グランドキリン(公式ページ)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 昨年の夏に発売されたグランドキリンの夏バージョン、ギャラクシーホップが今年も発売となりました。GALAXYHOP -2016 SESSION IPA-です。 昨年と同じように今年もフルーティーで飲みやすいビールです。セッションと云えども、IPA としてはちょっと ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

昨年の夏に発売されたグランドキリンの夏バージョン、ギャラクシーホップが今年も発売となりました。GALAXYHOP -2016 SESSION IPA-です。

グランドキリン GALAXYHOP -2016 SESSION IPA-

昨年と同じように今年もフルーティーで飲みやすいビールです。セッションと云えども、IPA としてはちょっと物足りないというか、もう少しホップの苦味を感じたいところではあります。

ところで公式ページでは、このビールのキャッチコピーに「ひさびさのアロエジェルを、買い忘れた夏の宵」とありました。(AD GALLERY で4パターン見られるうちのひとつです)

「ひさびさに」ではなくて「ひさびさの」アロエジェル、ということは、夏のはじめだから買っておかないといけないアロエジェルを久しぶりだったから忘れちゃった、そんな夏のはじめに飲むビール… ってことですかね。ちなみに、裏のラベルは…

GALAXYHOP -2016 SESSION IPA- 説明

広野に輝く、溢れんばかりの星々のように華やかな香りを実現、とあります。キリンのクラフトマンシップ&手作り感というのはポエムなのか、とちょっと不安になるコピーです。広野に輝く、溢れんばかりの、星々のように、華やかな、って中学生が夜に書いた手紙みたいじゃないですか? このコピーが響く層に売ろうとしている、ということなのでしょうか。う〜む。

[関連リンク]
キリンビール グランドキリン(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 初夏(というか梅雨?)向けのグランドキリンが限定で発売されました。 その名も雨のち太陽のセゾンビールです。コンビニ(ローソン限定)で 買えるセゾンと云えば、ヤッホーの僕ビール、君ビール。もありますね。 コンビニでセゾンが2つも売られるな ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

初夏(というか梅雨?)向けのグランドキリンが限定で発売されました。
その名も雨のち太陽のセゾンビールです。コンビニ(ローソン限定)で
買えるセゾンと云えば、ヤッホーの僕ビール、君ビール。もありますね。
コンビニでセゾンが2つも売られるなんて、5年前には思いもよらなかったです。

キリンビール グランドキリン 雨のち太陽のセゾンビール

さて、そんなグランドキリンのセゾンですが、グラスに注ぐべきか、
瓶のまま飲むべきか迷いました。この瓶で販売されている限りは、
そのまま飲むのが正解なんでしょうか… ともあれ、今回はグラスに注いで…

ほどよい酸味もあってゴクゴクと飲めますし、さすが大手の、という感じで
美味しいです。美味しいのですが、グランドキリンらしさっていうのは、
どの辺にあるのかな~、というのはわかりませんでした。
はっ、だから瓶のまま飲んだ方がいいのかもしれません。難しい。

 雨のち太陽のセゾンビール

セゾンで云えば、僕ビール、君ビール。の方が好みかなぁ。
もっと云えば、志賀高原ビールのインディアンサマーセゾン最強!
どれも美味しいんですけどね。グランドキリンらしさ、という点で
迷ってしまったビールでした。サッポロの空模様シリーズも思い出しましたし…

[関連リンク]
グランドキリン(公式ページ)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 グランドキリンのリニューアルがありましたが、それと同時に2016年春限定バージョン「うららかをる」も発売になりました。パッケージはガッツリ春のイメージですが、桜に頼りすぎてないところが デザインとしていいなぁ、と思いました。Spring Ale と ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

グランドキリンのリニューアルがありましたが、それと同時に2016年春限定バージョン「うららかをる」も発売になりました。パッケージはガッツリ春のイメージですが、桜に頼りすぎてないところが
デザインとしていいなぁ、と思いました。Spring Ale という記述がありますが、ビアスタイルっぽいけど、シーズナルエールってニュアンスですかね。って、ニュースリリースを見たら「小麦麦芽の軽やかさと、華やかなホップの香りが調和した春らしいビアスタイル」とありました……

キリンビール グランドキリン うららかをる

いただいてみると、とにかくフルーティーです。甘さも感じるくらいです。ホップ由来の香り的フルーティーと小麦由来の風味的フルーティーが合わさっているようで、グランドキリン ジ・アロマを思い出しました。僕は ジ・アロマ、好きだったんですが、後半は甘くて、スタンダードな苦いグランドキリンの方が好みだったんですね。と、考えると今回もうららかをるも美味しいけど、スタンダードなグランドキリンの方が好み、さらに言えばリニューアル前のグランドキリンが好みです。

 うららかをる うら書き

グランドキリンの背面ラベルには似顔絵がありましたが、うららかをるにはありませんでした。フルーティーすぎて甘くする感じるビールですが、アルコール度数は5.5%ありますので、苦すぎるビールとのブレンドしても面白いのかも、なんてことも思いました。機会があれば試してみたいと思います。

今後もバリエーションが増えるであろうグランドキリンですが、次はすごく苦いグランドキリンなんていかがでしょうかね~?

[関連リンク]
キリンビール グランドキリン(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 キリンビールの GRAND KIRIN(グランドキリン)がリニューアルました。新しいパッケージ(右側)は黒から白へ、ちょっと落ち着いた印象です。 落ち着いたというよりは、高級感を出した感じでしょうか。ラベルもプラスチック的な素材から高級感のあ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

キリンビールの GRAND KIRIN(グランドキリン)がリニューアルました。新しいパッケージ(右側)は黒から白へ、ちょっと落ち着いた印象です。

リニューアルした GRAND KIRIN

落ち着いたというよりは、高級感を出した感じでしょうか。ラベルもプラスチック的な素材から高級感のある素材に変わっています。

グランドキリン ラベル

さて、グランドキリンを美味しく飲むには、グラスに注がずにそのまま飲んだ方がいいんじゃないかと思いますが、色を見るためにグラスに注いでみました。(このお話はまたの機会に…)

キリンビール GRAND KIRIN(2016)

見た目は今までのグランドキリンと変わらない気がしますが、フルーティーな香りが強くなっている気がしました。

実際にいただいてみると、リニューアル後はフルーティーさ(甘さ?)がプラス、苦味がマイナス、という感じがしました。リニューアルされたビールによくあるのですが、これもまた「飲みやすくなっている」なぁ、と。万人受けを狙っている、というのかな… インディーズバンドがメジャーデビューする感じで、資本主義的あるあるなのかもしれません。

グランドキリン(2016) 裏ラベル

なんだけど、ボトル裏側には何の説明もなく似顔絵が… 誰? 誰? サイトでもなんだかポエム的なことが書いてあったり…(弾丸のような昼間。綿雲のような夜。 …ちょっと意味を考えちゃいました。)
広告やパッケージ的には尖ってきた感じでしょうか?

GRAND KIRIN

いろいろ書きましたが、美味しいビールなのは間違いありません。しかも、クラフトビールに比べて値段もリーズナブルなので、ホップヘッドの普段使いのビールとしてオススメですね。それだけに、苦みが弱くなったのはとっても残念ですけども…

ちなみにコンビニで買えるIPLと云えば、コエドビールの伽羅です。そのうち、日本のIPL飲み比べでもしてみようかなぁ……

[関連リンク]
キリンビール グランドキリン(公式ページ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 12月8日からコンビニ限定で販売されている新しいグランドキリン、梟の森(フクロウノモリ)をいただきました。ウィートストロングエールスタイルということで、原材料に小麦を使用、アルコール度数は7.5%と高くなっています。ビールは濁りのあるライ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

12月8日からコンビニ限定で販売されている新しいグランドキリン、梟の森(フクロウノモリ)をいただきました。ウィートストロングエールスタイルということで、原材料に小麦を使用、アルコール度数は7.5%と高くなっています。ビールは濁りのあるライトブラウンですね。

キリンビール グランドキリン 梟の森(フクロウノモリ)

いただいてみると、まずウィートエールらしい香り、さらに、バナナのようなエステル香が追いかけてくる感じです。濃いめのヴァイツェンが好きな人には好まれそうな味わいです。ただ、アルコール度数が強いので、勢いよく飲むとすぐにフラフラになっちゃいそうな気も…

キリンビール グランドキリン 梟の森 裏書き

「ゆったりとお楽しみください」と書かれているように、何杯か飲んだ後に、デザートのように楽しむのがいいかもしれません。食事と合わせるなら、クリームシチューとかチーズフォンデュとか、冬の濃いめのメニューでしょうか… 完成度は高いながらも、一般家庭では合わせづらそうな、ある意味でクラフト的なビールなんじゃないかと思いました。ただ、どうしてこのビールの名前が梟の森なのか、それは最後までわかりませんでしたけども…

[関連リンク]
キリンビール グランドキリン(公式ページ)
「グランドキリン 梟の森(フクロウノモリ)」をコンビニエンスストア限定で新発売(ニュースリリース)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 キリンビールからコンビニ限定で発売となったグランドキリン 十六夜の月(イザヨイノツキ)をいただきました。3年前から発売が開始されたグランドキリンも、いろいろリリースされてきましたが、ついに風流な日本語になりましたよ。 グラスに注ぐと ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

キリンビールからコンビニ限定で発売となったグランドキリン 十六夜の月(イザヨイノツキ)をいただきました。3年前から発売が開始されたグランドキリンも、いろいろリリースされてきましたが、ついに風流な日本語になりましたよ。

キリンビール グランドキリン 十六夜の月

グラスに注ぐと、フルーツのような香りが漂います。いただいてみると、最初の印象通りのフルーティーな香りを感じます。少し甘さを感じるような味わいですが、クリアで美味しいです。このビールのスタイルはIPAとのことですが、苦味は控えめな気がします。

アルコール度数は5.5%、フルーティーな香りのおかげでグイグイ飲めます。パッケージにはグレープフルーツと書かれていますが、マスカットの方が近い気がしました。(パッケージの月は、グレープフルーツのようですけども…)

グランドキリンとしては、ひとつ前にリリースされたギャラクシーホップのバリエーションなイメージでしょうか。

ネーミングやパッケージから「よなよなエール」を思い出しました。キャップにも、しっかりと月の文字が描かれているようなところも…

月

これをちょっと回してみると…

IPA

IPA になりました。漢字ならではの遊び、いいですね!

微妙な句

パッケージの月も、中にIPAがありました。なんとなく主張している句はわかりやすく、深みも面白みも無いのが残念ですけども…

個人的なビール自体の好みとしては、スタンダードなグランドキリンが勝ります。緑茶的な苦味と麦芽的な旨味が好きです。ただ、これはこれでありかなと。2番目に好きなグランドキリンになりました。さて、次のグランドキリンはどうなりますか。

[関連リンク]
グランドキリン(公式ページ)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 今日も今日とて、昨日に引き続きセッションIPAをいただきました。今回はグランドキリンの新商品 GALAXY HOP(ギャラクシーホップ) です。「ギャラクシー」という品種のホップを使ったビールなのですが、ホップにもいろいろな種類があり、そして特徴が ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

今日も今日とて、昨日に引き続きセッションIPAをいただきました。今回はグランドキリンの新商品 GALAXY HOP(ギャラクシーホップ) です。「ギャラクシー」という品種のホップを使ったビールなのですが、ホップにもいろいろな種類があり、そして特徴があるんですね。

まず、キリンビールがホップに焦点を当てて商品名として押し出してきたこと、そしてビールのスタイルとしてセッションIPAを選んだことは非常に興味深いです。

キリンビール グランドキリン ギャラクシーホップ

グラスに注ぐと華やかな香り、飲んでみるとジュースのような
甘さを感じました。ほんと、ジュースのようです。
グランドキリン ジ・アロマもそうですが、このビール、甘いです!
アルコール度数は4.5%と、それなりにありますが、
普段ビールを飲んでいる僕からすると、度数は3%くらいに感じました。

限定醸造ビール

ビールの名前にもなっているギャラクシーホップの香りがとても印象的に感じられるビールではありますが、これがIPAの系譜であるセッションIPAかというと、苦味が足りず、IPAからは遠い存在に感じます。美味しいんですけどね…

キリンビールがクラフトビール参入を掲げたことでクラフトビールというキーワードがメディアに露出したように、今回のビールが「セッション」だったり「IPA」だったりというキーワードの拡散、訴求に一役買ってくれるのかもしれません。ビールにはいろいろなスタイルがあるということがこのビールを通じて多くの人に伝わればいいなぁ、と思います。

個人的には、このビールに苦味を足したらどうなるのか、そんなビールを飲んでみたいなぁ、なんて思いました。

[関連リンク]
キリンビール グランドキリン(公式ページ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 グランドキリン、そしてグランドキリン ジ・アロマがリニューアルして、全国のコンビニエンスストアで買えるようになりました。ジ・アロマがどのコンビニでも買えるということは、セブン-イレブンが無い沖縄では結構ニュースな出来事だったりします。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

グランドキリン、そしてグランドキリン ジ・アロマがリニューアルして、全国のコンビニエンスストアで買えるようになりました。ジ・アロマがどのコンビニでも買えるということは、セブン-イレブンが無い沖縄では結構ニュースな出来事だったりします。

グランドキリン&グランドキリン ジ・アロマ

どちらともパッケージ、そして中身もリニューアルしているそうです。プルトップも変わっていました。ちょっと可愛くなりましたかね。

グランドキリン&グランドキリン ジ・アロマ

まずはグランドキリン ジ・アロマからいただきました。

グランドキリン ジ・アロマ

フルーティーなホップの香りに加えて、ジューシーとも言える甘さを感じられます。食べ合わせや体調によっては甘すぎるかもしれません。とにかくビールに「フルーティーさ」を求める、という方には超オススメです。

続いてはグランドキリン。こちらはキリンビールのオススメの通り、瓶から直接いただいてみました。ジ・アロマとの違いがハッキリと感じられます。

グランドキリン

グランドキリンはホップの香り、そして苦味をガツンと感じられて、しかもキリンのビールらしい喉越しも感じられます。ある意味で、キリンビールが造るビールの完成形と云ってもいいんじゃないかと思うくらいによくできたビールだと思いました。
(食事と合わせることを考えると、一番搾りあたりの方が汎用性は高いかもしれませんけども…)

ということで、早速、リニューアルしたグランドキリンをいただきました。今回のリリースに際して、公式サイトも変わったようで、craftsmanshipと題してこのビールに関わった個人をフィーチャーしていたりしています。最近の流れをよく読んでいると云うか、あざといと云うか、そういうことなのかとツッコミたくなる気持ちもありますけども…

いずれにしてもグランドキリンは美味しいですし、今後もキリンビールの動きからも目が離せないですね。

[関連リンク]
キリンビール グランドキリン(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 各コンビニの限定が揃ったグランドキリンですが、第6のグランドキリンが登場しました。その名もビタースウィート。ジ・アロマと同じく、セブン-イレブン限定の商品となっています。 やや濃いめの色をしたビールですが、今までのグランドキリンと比 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

各コンビニの限定が揃ったグランドキリンですが、第6のグランドキリンが登場しました。その名もビタースウィート。ジ・アロマと同じく、セブン-イレブン限定の商品となっています。

グランドキリン ビタースウィート

やや濃いめの色をしたビールですが、今までのグランドキリンと比べるとホップの香りはやや控えめに感じます。飲んでみると、ホップの香りを感じますが、そのすぐ後に旨み、そして甘さを感じます。
むしろ、甘さが旨みを超えていく感じ。ビールとしてはなかなか面白い体験ですが、ちょっとジュースを飲んでいるような、そんな感覚もあります。旨みと甘さがごっちゃになるんですが、この甘さをどう捉えるかで、このビールの評価が変わる気がします。甘いのがお好きなら、かな? コクとは違うんですよねぇ。もしかしたらホットビールにしてもいいのかなぁ…

個人的には、ビタースウィートというネーミングに対しては「確かに」と納得がいくのですが、甘すぎるかなぁ、と。ドリンカビリティという点での評価は低いです。

さて、これまでに6つのグランドキリンを飲んだ結果、ジ・アロマ>オリジナル>ホップフルーティー>ブラウニー>マイルドリッチ>ビタースウィートという順で好みでした。ジ・アロマとビタースウィートって紙一重な気もしないでもないんですが、僕はやはりホップの香りが前に出てくるようなビールが好きなのだと思います。

さて、第6の戦士まで登場した毬花戦隊グランドキリンですが、さらなる新戦士の登場となるのか!? 楽しみにしたいと思います!

[関連リンク]
新商品「グランドキリン ビタースウィート」を新発売(ニュースリリース)
グランドキリン(公式ページ)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 ファミリーマート限定のグランドキリン ホップフルーティーをいただきました。ファミマですから、パッケージはもちろんグリーンであります。オリジナル、ジ・アロマ、ブラウニー、マイルドリッチに続いて5つ目のグランドキリンです。一番好きなのはど ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ファミリーマート限定のグランドキリン ホップフルーティーをいただきました。ファミマですから、パッケージはもちろんグリーンであります。オリジナル、ジ・アロマ、ブラウニー、マイルドリッチに続いて5つ目のグランドキリンです。一番好きなのはどれだろう?

キリンビール グランドキリン ホップフルーティー

さて、前置きが長くなりましたが、いただいてみると確かにフルーティーなホップの香りが美味しいビールです。ホップのフルーティーさと云えば、柑橘系の香りに近いのですが、これは他のフルーツの香りもありそうです。トロピカルフルーツというか、ラムネのお菓子というか…

ただ力強い香りや苦みではなく、おっとりとしているかな。このあたりのさじ加減は日本ならでは、もしくは大手ならでは、な気もします。海外のクラフトビールに慣れている人には、パンチが足りないかも。

僕がこれまでに5つのグランドキリンを飲んだ結果、ジ・アロマ>オリジナル>ホップフルーティー>ブラウニー>マイルドリッチという順で好みでした。でも、汎用性を考えるとオリジナルかなぁ。そんなグランドキリンですが、この後はどんな展開になるのでしょうか。今後も楽しみなグランドキリンなのでした。

[関連リンク]
キリンビール×ファミリーマート「グランドキリン ホップフルーティ」新発売(ニュースリリース)
グランドキリン(公式ページ)


Beer Rich(ビアリッチ) 自家製フレーバービールの素 850円

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 サークルK、サンクス限定で発売となったグランドキリン ブラウニーに続き、ローソンで限定販売されているマイルドリッチを飲んでみました。 キリンビールのニュースリリースによると「ビールを定期的に飲用する30代、40代の“働く女性”がメインター ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

サークルK、サンクス限定で発売となったグランドキリン ブラウニーに続き、ローソンで限定販売されているマイルドリッチを飲んでみました。

キリンビールのニュースリリースによると「ビールを定期的に飲用する30代、40代の“働く女性”がメインターゲット」とのこと。性別が違いますが、同世代の僕にはどんな印象となるのでしょうか。

キリンビール グランドキリン マイルドリッチ

かなり明るい色のビールで、飲んでみてもスルスルと飲めちゃいます。その名の通り、飲み口はマイルドで一本で満足できるグランドキリンの印象とはだいぶ離れたものになっています。これはこれで美味しいんですけどね。個人的には、ランチビールなんかでスイッと飲みたいビールです。

ちなみに、名前にリッチとついていますが、これは味わいを表現して付けられたものではないような気がしました。香り、コク、風味のどれか、もしくは全体が突出しているというよりは、パッケージの雰囲気や価格がリッチなのではないかな、と。意地悪な言い方をすれば、スイーツ(笑)向けにリッチと名付けたようなそんな気もしています。イメージ戦略としてのリッチ…
そういえば、クリアアサヒ プライムリッチも青、金、黒、白を使ったパッケージでしたが、それがリッチのイメージなのでしょうか。

リッチ

さて、現在、グランドキリンは4種類販売されていますが、個人的にはジ・アロマ>オリジナル>ブラウニー>マイルドリッチ という順で好みでした。セブン-イレブン のジ・アロマが暖色系、ローソンのマイルドリッチが青、というカラーリングで来ているので、次はファミリーマートの緑で、ホップの苦みが爆発するグランドキリン キングオブホップ… なんて商品が出てくることを期待しております。

[関連リンク]
GRAND KIRIN MILDRICH(公式ページ)


Beer Rich(ビアリッチ) 自家製フレーバービールの素 850円


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 セブンイレブンだけで販売が始まったグランドキリンですが、他のコンビニチェーンでも、限定のグランドキリンが発売となりました。まずは7月下旬にサークルK、サンクス限定で発売となったグランドキリン ブラウニーをいただきました。 キリンビール ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

セブンイレブンだけで販売が始まったグランドキリンですが、他のコンビニチェーンでも、限定のグランドキリンが発売となりました。まずは7月下旬にサークルK、サンクス限定で発売となったグランドキリン ブラウニーをいただきました。

キリンビールのニュースリリースによると「ビールを定期的に飲用する40代、50代の男性をメインターゲット」とのことで僕にはちょっと早いビールのようですが、いかがでしょうか。

キリンビール グランドキリン ブラウニー

グランドキリンよりもビールは濃いめで、飲んでみると香りはありますが、それよりも麦芽の旨みを感じるビールとなっています。ビールをグイグイ飲みながら唐揚げを食べるような感じではなく、薫製を食べながら飲むようなビールだと思いました。たしかにオトナ感あり!

ただ、グランドキリンは香りとほどよい苦みが美味しかっただけにその良さが消えている気がします。グランドキリン、ジ・アロマ、ブラウニーと今のところ三種類いただきましたが、グランドキリンのアイデンティティとはどこにあるのか、すでに発売となっているローソン限定のグランドキリンも楽しみにしたいと思います。アラフォー男性の今のところの好みとしては、ジ・アロマ>グランドキリン オリジナル>ブラウニー となっております。

[関連リンク]
GRAND KIRIN BROWNY(公式ページ)


チタンタンブラー サーモカップ 1,380円(税込、送料込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 コンビニで限定発売となっているグランドキリンのさらに限定版、 グランドキリン ジ・アロマをいただきました。 こちらはセブンイレブン限定の販売となっています。 グランドキリンは味の深さと苦みを楽しむことができましたが、 こちらはアロマという ... 続きを読む

どうも、麦酒男です。


コンビニで限定発売となっているグランドキリンのさらに限定版、
グランドキリン ジ・アロマをいただきました。
こちらはセブンイレブン限定の販売となっています。


キリンビール グランドキリン ジ・アロマ


グランドキリンは味の深さと苦みを楽しむことができましたが、
こちらはアロマという名の通り、柑橘系のフルーティーな香りを楽しめます。
この香りがとても心地よく、クセになる香りで、アルコール度数は
5.5%と決して低くはないのですが、スイスイと飲めちゃいます。


さらにドリンカビリティも高いのか、何杯も飲めるし、飲みたくなる!
こいつはすごいビールが出てきたものです。


原材料を見ると、大麦麦芽とホップの他に、小麦麦芽と乳糖を使っています。


乳糖を加えて醸造しました。


「乳糖を加えて醸造しました。」とパッケージに書かれていますが、
それがどんな意味を持つのか、これだけではちょっとわかりません。
普通の人もわからないと思うのですが、それ以上の説明がない…
誰かへのメッセージなのでしょうか… このあたりの記事を見ると
「ほのかに甘い」と書かれているので、それが狙いなんだろうなぁ、とも。


ともあれ、香りにこだわり、エール酵母を使って醸造されたジ・アロマ、
超オススメのビールです!


▼キリンビール グランドキリン ジ・アロマ
http://www.kirin.co.jp/products/beer/grandkirin/about/aroma.html




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 キリンビールから新発売となったGRAND KIRIN(グランドキリン)を いただきました。“一本で満足できるスペシャリティ・プレミアムビール”を コンセプトに開発した、ワンランク上を目指したプレミアムビール、 しかも瓶で飲むスタイルも提案できるように ... 続きを読む

どうも、麦酒男です。


キリンビールから新発売となったGRAND KIRIN(グランドキリン)を
いただきました。“一本で満足できるスペシャリティ・プレミアムビール”を
コンセプトに開発した、ワンランク上を目指したプレミアムビール、
しかも瓶で飲むスタイルも提案できるようにパッケージにも
徹底的にこだわったビールとのことで、
一部メディアでは、キリンが本気で作ったと謳われていました。


キリンビール グランドキリン


いただいてみると、たしかにガッツリとした味の深さを感じます。
苦味も昭和のキリンビールを思わせる、旨みを引き出す苦さです。
キリンのブラウマイスターやハートランド、秋味が好きな方は、
このビールをかなり好きになるんじゃないかと思いました。僕は好きです!


瓶で飲むスタイルも、ということだったので、ボトルからダイレクトにも
飲んでみました。が、ボトルから飲むと没個性というか、
味わいも苦味も減ってしまう感じがしました。ということで、
このビールはちゃんとグラスに注いで飲むことをオススメします!


それにしても、いくつかのメディアで見かけた「キリンの本気」という
コピーでの売り出し方については、
「いつも本気じゃないんですか?」とツッコミたくなるよなぁ、と。
キリンビールから「本気」というキーワードで売り込んだのかどうかは
わかりませんが、もう少し良いキーワードは無かったのかな、
なんて思いました。採算度外視とか、集大成とか…?
まあ、佐藤浩市さんに「一番搾りでなくちゃもったいない!」と云わせておいて、
その後で淡麗のCMに起用するキリンビールなので、
細かいことは気にしないのかもしれませんが…


キリンビール GRAND KIRIN(グランドキリン)


思うところがあるのが、このビールのコンセプト。
「1本で満足できるうまさ、飲み応え」ということなのですが、
そういうビールの対極にスーパードライが出てきたことで
首位陥落を経験したキリンビールが、ここに来てまたそこに戻るのか、
といったことを思いました。飲食店からすると、1本で満足されては
困るわけですが、今回はコンビニでの販売なのでいいのでしょうか。


ボトルに関しても、最軽量化を図り、手にしてわかるほどの
成功を収めているのですが、瓶と瓶がぶつかる音が軽いのが残念です。
エコのためにも、重量を軽くするのは良いことだとわかってはいるのですが、
グランドキリンという名前なのに、握りつぶせそうなほど
ライトなボトルというのには、違和感を覚えました。


プレスリリースでは、パッケージの特徴について以下の様に書かれています。


・栓抜き不要で、手軽に開栓できるマキシキャップ
・中味を高品質に保つ、黒色を採用
・500ml缶と、高さ・径を同サイズとし、流通過程での取り扱いやすさに配慮
・透明ラベルにロゴを配したシンプルな仕様で、高級感と洗練さを演出


中身のビールもそうですが、これを見ると、パッケージも
かなり工夫されていることがわかります。
このビールはいろいろな意味で実験的な商品なのでしょうね。


それは、ソーシャルメディアに対して最後まで手を出さなかった
キリンビールが、今回、ソーシャルメディアを活用したキャンペーンを
仕掛けたことでも伺える気がします。
今回の「BEER to friends」キャンペーンは、ソーシャルメディアで
2万本をプレゼントするというもので、
僕もお友だちから1本いただくことができました。ごちそうさまです。


いろいろと思ったことを書き綴りましたが、
このビールは約300万本しか出荷されないビールです。(そのうち2万本がプレゼント)
どんなに売れても300万本ということで、
記録よりも記憶に残るビールになるのではないかと思っています。
記録はよくわからないどこかに残るものですが、
記憶はあなたの心の中に残るもの… ぜひこのビールを飲んで
ビールライフの1ページに、このビールを刻んでほしいと思います。
ということで、まだ手に入れていない人は、
酒類取り扱いのセブン-イレブンへ急ぎましょう!


▼キリンビール GRAND KIRIN(グランドキリン)
http://www.kirin.co.jp/brands/grandkirin/




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote