生ビールブログ

ビールに関するブログです。おいしいお店、ビールの情報、ビアガーデン、ビール美人、つまみレシピ、豆知識…

タグ:クラフトビール

沖縄の南都酒造所のビール、OKINAWA SANGO BEER(オキナワサンゴビール)のIPAをいただいた感想レポートです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

沖縄・南都酒造所が醸造するビールが昨年秋にリニューアルとなりました。以前はニヘデビール(沖縄の方言でありがとうを表す「にふぇーでーびる」にかけたもの)だったのですが、リニューアルしてサンゴビールとなりました。ロゴもラベルも変わったのですが、そんなリニューアルビールのIPAをいただきました。

沖縄 OKINAWA SANGO BEER IPA

いただいてみると、ホップの香りよりも苦味とモルトの個性を感じました。アメリカンなIPAではなく、イングリッシュなIPAに近い印象です。ゴクゴク飲んでもいいですが、それよりも何か食事と合わせたい、それこそ沖縄料理のてびちあたりと合わせると美味しそうだなぁ、と思いました。

ただ、公式なコメントによると…
IPA に使用される大量のホップはハーブの一種で種類によって独特の香りを持ち、ホップの香りを抑えた「イングリッシュ IPA」とホップの香りを強調した「アメリカ ン IPA」に分かれます。
本商品は、IPA 市場で一番人気がある「アメリカン IPA」スタイルをベースに柑橘系の香りのするホップを大量に使用し、爽やかな香りを強調しながらも、
となっているので、このボトルがちょっと個性的だったのかもしれません。

もしくはコーラルウォーターを使用することで、水が硬水に近くなっているのかな、とか。ちなみにコーラルウォーターというのは…

コーラルウォーター

とのことで、ミネラル豊富な硬い水を想像してしまうのですが、どうでしょうか?

沖縄に旅行に来る時には、南都の施設「おきなわワールド」をはじめとするいくつかの店舗で樽生も飲めますので、IPA好きな方はぜひ飲んでみていただければと思います。

[関連リンク]
OKINAWA SANGO BEER(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

秋田県の「あくらビール」が大館地ビールプロジェクトとして展開している ODATE BEER(オオダテビール)の第三弾・ヴァイツェンをいただきました。ホップの風味も感じられる美味しいヴァイツェンでした。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

秋田県の「あくらビール」が大館地ビールプロジェクトとして、ODATE BEER(オオダテビール)というブランドを展開しているようで、その第三弾であるヴァイツェンをいただきました。「秋田県大館市の地域資源である"ホップ"を地域ブランドに育て上げよう」という市民の声から生まれた取り組みだそうで、使用しているホップは100%秋田県大館産なのだそうです。

あくらビール ODATE BEER No.3 ヴァイツェン

いただいてみると、ヴァイツェンらしく、バナナやクローブのような香りを感じられるビールとなっていました。ホップを意識して飲んでみると、ホップのフレッシュな風味も感じられる面白いビールじゃないかと思います。ホワイトIPAのようなホップの苦味や強い個性は無いですが、バナナ的フルーティーさとホップの香りがとてもいいバランスで、ヴァイツェンが好きな人がこれを飲んでホップヘッド(ホップ中毒)の一歩を踏み出すこともあるかもしれないなぁ、なんて思いました。

ビールの苦味が苦手な人はヒューガルデンホワイトからクラフトビールに目覚めることが多いようですが、ヒューガルデンホワイトの次に飲むのはこのビールあたりもいいんじゃないかと思いました。秋田県に旅行に行った時に樽生で飲むのはもちろん、お土産にもオススメのビールです。

[関連リンク]
ODATE BEER(Facebookページ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

アメリカ西海岸のブルワリー Firestone Walker(ファイアストーンウォーカー)の UNION JACK IPA(ユニオンジャック アイピーエー)をいただいた感想レポートです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

久しぶりにどっしりとしたIPAらしいIPAをいただきました。アメリカ西海岸のブルワリー Firestone Walker(ファイアストーンウォーカー)の UNION JACK IPA(ユニオンジャック)です。

アメリカ Firestone Walker Brewing UNION JACK IPA

いただいてみると、しっかりとした苦味とホップの香りを感じます。アルコール度数7.5%の飲みごたえも手伝って、「IPAってこれだよこれ!」と久しぶりにガツンとくるIPAを飲んだ気がしました。

ユニオンジャックという名前ですが、イングリッシュIPAのようでもなければ、ウエストコーストだけでもない、ほどよいバランスで、しかもパワフルにキャラクターが設計されているようです。もちろん、日々進化はしているんでしょうが、僕がIPAにハマったころのIPAのような、ちょっと懐かしくもある美味しいビールでした。

ほんと、アメリカの西海岸には美味しいビールが多いですね。ストーン、グリーンフラッシュ、ピッツァポート、そしてファイヤーストーンウォーカー… 現地に行ったら何を飲めば良いのか、優先順位がわからなくなりそう、というか、IPAばっかり飲んでIPAに飽きたりしそうだよなと。いやはやいやはや。

[関連リンク]
Firestone Walker Brewing(公式サイト)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

信州のブルワリー・玉村本店 志賀高原ビールの「ゆるブルWheat」をいただいた感想レポートです。醸造責任者の佐藤さんによるブログ「ゆるブル」の10周年を記念して造られたビールは、ホッピーなウィートエールでした。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

毎日書き続けて10年を迎えたビールのブログがあるのをご存知でしょうか? 志賀高原ビールの醸造責任者・佐藤さんのブログ「ゆるブル」です。

そして、ゆるブルの10 周年を祝う特別版の Wheat Ale がこの「ゆるブルWheat」です。
初回の投稿時、「小さい頃から、日記を書くという決意が一度も続いたことがない」と書いたのですが、そんなぼくにとっては、まさに快挙!
というわけで、「ゆるブル」10 周年を勝手に祝う特別版の Wheat Ale をつくっちゃいました。
なんと「ゆるブル」10周年!!快挙 (!?) を勝手に祝って「ゆるブルWheat」発売です!!

玉村本店 志賀高原ビール ゆるブルWheat

いただいてみると、ホップの華やかな香りが素敵なウィートエールで、苦味もしっかり感じられます。下手なホワイトIPAよりも苦味を感じますが、ドリンカビリティは悪くないです。お祝いで造られただけあって、華やかではありますが、志賀高原のビールらしくホップの苦味もしっかりとある、納得のビールでした。

残念ながらこのビール、発売してすぐに売り切れてしまったそうです。しかも、ブログでしか告知していないのに… 日本で一番ビールを売っているブログは「ゆるブル」かもしれません。(もしくはサンクトガーレン…?)

今回はブログ10周年の記念ビールでしたが、こういったアニバーサリーなビールをどんなレシピで造るのかというのも、ブルワーやブルワリーの特徴が出ているようで面白いですね。佐藤さん、15周年、そして20周年も期待してます!

[関連リンク]
ゆるブル(ブログ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

秋田県・あくらビールの「なまはげIPA」をいただいた感想です。アメリカンとイングリッシュの間のIPAという感じで楽しめました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

秋田のブルワリー あくらビールのIPA「なまはげIPA」をいただきました。引剥されたようなデザインのラベルでなんともワイルドです。ニュージーランド産の2種類のホップ(モトゥエカ・ネルソンソーヴィン)を使って造られたビールとのことです。

あくらビール なまはげIPA

いただいてみると、ほどよくフルーティーな香り、そして苦味とモルトの旨みを感じます。アメリカンでもなく、イングリッシュでもなく、という感じで(まさに秋田!?)、先日いただいたWild Beer の BIBBLE とも近い印象ですが、こちらの方がもったりとした印象でした。これは好みだと思いますが、料理と合わせるならこちらの方がいいのかなぁ…

ラベルのデザインやネーミングも含め、お土産に良さそうですが、それ以上に楽しめそうな「なまはげIPA」でした。ビール好きな方へのおみやげにオススメです!

[関連リンク]
あくらビール(公式サイト)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

神奈川・厚木のブルワリー サンクトガーレンのフルーツビール「湘南ゴールド」をいただきました。今年も誰にでもオススメできる、初夏を感じる美味しいビールです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

今年もこの季節がやってきました。日本のフルーツビールカテゴリーに燦然と輝くサンクトガーレン 湘南ゴールドの季節です。神奈川県産オレンジ「湘南ゴールド」を使用したこのビールを飲むと夏を近くに感じます。

サンクトガーレン 湘南ゴールド

いただいてみると、今年の湘南ゴールドは大人しい印象でした。基本的にはみかんの香り、風味なんですが、今年は「ゲップまでオレンジ」というパワフルな感じではなく、「ゲップをしないお嬢様」的な雰囲気でしょうか。皮と果実の間にある白いワタの部分のような印象です。みかんの香りが尖っていないので、そう感じるのかな。(もしくはホップ由来の柑橘系の強い香りに慣れすぎたか…)

イベントでは「超湘南ゴールド」があったり、湘南ゴールドのバリエーションが出て来ることを考えると、ベースはおとなしく、イベントで遊ぶ方がいいのかも、なんてことも思います。


いずれにしても初夏の気候にピッタリのグイグイ飲めるビールですし、みかんの香りが素敵なので、誰にでもオススメできます。春夏だけの限定ビールですので、気になる方はお早めに!

[関連リンク]
湘南ゴールド(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

信州・長野のブルワリー、志賀高原ビールの「其の十 / NO.10 Anniversary IPA」をいただきました。アルコール度数は7.5%と低くは無いんですが、香りを楽しみたくてスイスイと飲めちゃう素晴らしいビールでした。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

信州・長野のブルワリー、志賀高原ビールの「其の十 / NO.10 Anniversary IPA」をいただきました。2014年、志賀高原ビールの十周年記念として醸造されたビールで、同社の10番目のIPAでもあるそうです。以前、シンガポールでいただいたのですが、とても美味しかったので日本でも改めて…

志賀高原ビール 其の十 / NO.10 Anniversary IPA

日本で飲んでもやはり美味しかったです! まず感じるのが素晴らしい香り。苦味もしっかりとあるとは思うんですが、それを忘れてしまうくらい、フルーティーかつ上品な香りを感じます。それでいてスッキリとした飲み口で、すぐに次の一口を飲みたくなってしまいます。酒米・美山錦を使っているそうですが、このスッキリ感は美山錦由来のものなのでしょうか。

志賀高原ビールのグラスがあったので、それを使ってみましたが、このビールはもうちょっと香りを楽しめるグラスの方がいいかな、ということでワイングラスでもいただいてみました。

グラスをかえて…

ワイングラスだと香りの特徴がさらに際立ちます。今まで飲んだビールの中でベスト、と言っても過言ではない素敵な香りです。アルコール度数は7.5%と低くは無いんですが、香りを楽しみたくてスイスイと飲めちゃう素晴らしいビールでした。これは多くの方に飲んでもらいたい… オススメです!


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

スペインのクラフトブルワリー・Naparbier(ナパルビア)のAOTEAROA HOPPY PILS(アオテアロア ホッピーピルス)をいただきました。芳しい草の香りを感じられるような、美味しいピルスナーでした。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

スペインのブルワリー・Naparbier(ナパルビア)のAOTEAROA HOPPY PILS(アオテアロア ホッピーピルス)をいただきました。スペインのクラフトビールってそんなに飲んだことがありませんが、まさかホッピーなピルスナーが飲めるなんて!

スペイン ナパルビア アオテアロア ホッピーピルス

飲んでみると、しっかりとホップの風味を感じることができます。単純にフルーティーなホップというよりは、もう少し草の感じが漂います。それこそ、ニュージーランドで飲んだ kohato pilsner に近い味わいで「芳しい草」の香りを楽しめるビールという感じでした。ハーブと一緒で、ハマる人はハマる、そんなビールだと思いました。

ちなみに、AOTEAROAというのは、マオリ語でニュージーランドの事なんだそうです。ちょっと由来まではわかりませんが、パッケージにもニュージーランドのホップを使用している旨が書かれていますし、ニュージーランドに敬意を評したビールなのでしょうか。ラベルのデザインとニュージーランドということで思い出したのが、ニュージーランドのブルワリー・ガレージプロジェクトでした。そこの栓抜きがこんな形だったのです。

ガレージプロジェクト オープナー

が、別物でしたね。ビールの口コミを見ていても、Naparbierの評判は悪くないので、これからも日本で出会う機会が多いかもしれませんね。スペインのブルワリー・Naparbier(ナパルビア)、注目です。

[関連リンク]
Naparbier(公式サイト)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

アメリカ・Pizza Port Brewing(ピッツァポート)のピルスナーをいただきました。フルーティーな香り、果実味のある味わい、程よい苦味… アメリカンクラフトビールのピルスナーとしてはかなり美味しかったです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

Firestone WalkerSaint ArcherSierra Nevada に続き、アメリカ・Pizza Port Brewing(ピッツァポート)のピルスナーをいただきました。グラスに注ぐとすぐにフルーティーな香りが漂いました。

アメリカ Pizza Port Brewing Pick Six Pilsner

いただいてみると、果実のようなフルーティーな風味、そして程よい苦味を感じられます。果実のような香りがあるので、甘さがあるのかもと脳が勘違いをしている気もしますが、それもまた美味しいんですよね。ポント セッショナブル IPA を始め、ピッツァポートのビールはどれもハズレが無くて素晴らしいと思っているのですが、このピルスナーもまた素晴らしいビールでした。

できたてじゃなくっても…



さて、前回いただいたSierra Nevadaのビールは、時間が経っていたので少し残念な感じがしたのかな、と思いましたが、賞味期限を見るとこのピックシックスピルスナーも同じ期日でした。いろいろな要素はあると思いますが、このビールの味は十分なものでした(早めに飲んだらもっともっと美味しかったのかもしれませんけども…)。劣化しやすいビール、しにくいビールがありそうですが、そういう点でもピッツァポートのビールは信頼できるビールだと思いますし、多くの人にオススメしたいビールです。

アメリカのホッピーなピルスナー



アメリカのホッピーなピルスナーを4ついただきましたが、全体的には数年前と比べてレベルがすごく上がっていると思いました。数年前にアメリカでいろいろなピルスナーを飲んだ時には「やっぱりアメリカはペールエールで、ピルスナーは日本の方が美味しいなぁ」なんて思っていたんですが、それは今では変わってきたようです。美味しいビールが増えるってのは悩みが増えることでもありますが、うれしいことでもありますね。2017年のトレンドはどんな感じになりますかね〜。

[関連リンク]
Pizza Port Brewing(公式サイト)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

アメリカ Sierra Nevada Brewing(シエラネバダ ブルーイング)の NOONER PILSNER(ヌーナーピルスナー)を飲んだ感想です。ただ、飲むのが遅すぎたかもしれません。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

Firestone WalkerSaint Archer に続き、またまたホッピーなピルスナーにチャレンジです。今回の Sierra Nevada Brewing もアメリカ・カリフォルニアのブルワリーです。

アメリカ Sierra Nevada Brewing NOONER PILSNER

ビールのスタイルはボヘミアンピルスナーではなく、ジャーマンピルスナーということで甘さを感じるようなものではないのかもしれませんが、香りも苦味も少し弱く感じました。「アレッ?」と思って製造年月日を見てみると、去年の7月… これは飲むのが遅かったのかもしれません。とはいえ、オフィシャルの賞味期限は2017年4月なので、美味しくあってほしい気もします。

ビールはできたてが美味しいわけで…



大抵のビールはできたてが美味しくて、特にピルスナースタイルが缶の中で熟成されるなんて聞いたことがありません。ということで、今回のビールは飲むのが遅すぎたようです。できれば缶詰から2ヶ月以内にいただきたいものですが、アメリカから日本にやってくるとなるとなかなか難しいかもしれないですし、そうなるとやはり自分で飲みに行かなければなんですよね。

たまには劣化しにくいビールもあります



時々時間が経っていても美味しいビールがある不思議… 保存されていた状態だったり、自分の体調にも関わってくるのでなんとも言えないんですけども。ともかくこれはアメリカに行って飲むフラグだと思って、次回、このビールを飲むのを楽しみにしたいと思います。

[関連リンク]
NOONER® PILSNER(公式ページ)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ニューヨークの南、ペンシルベニア州にあるVictory Brewing(ヴィクトリーブルーイング)のPrima Pils(プリマピルス)をいただきました。緑茶のような苦みが美味しいビールでした。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

昨日に引き続き、アメリカのビールをいただきます。今日はニューヨークの南、ペンシルベニア州にあるVictory Brewing(ヴィクトリーブルーイング)のPrima Pils(プリマピルス)です。このビール、以前は瓶でいただいたのですが、アメリカンクラフトビールの流れでしょうか、今回は缶でいただきました。

アメリカ Victory Brewing Prima Pils

一口飲んでみると、緑茶のような苦みが口に広がります。柑橘系の香りでは無く、お茶のような感じなので、どことなく高貴な印象でしょうか。ただ、食事とは合わせづらいのかな、とも… このビールはこのビールだけの世界観があるといいますか、孤高の風味があるので、これだけを楽しむ、ということでもいいのかなと思います。

振り返ってみれば、今まで飲んだプリマピルスって、あまりいい印象ってないんですよね。今回は缶だから劣化が少なかったのか、それとも飲むまでの行程に違いがあったのか… それはハッキリとはわかりませんが、輸送のコストを考えれば瓶ではなく缶になっていくのもわかりますし、沖縄に住んでいると送料もバカにならないので、日本のブルワリーでもこういった試みが広がっていけばいいなぁ、と思います(コンビニの棚を考えると、缶じゃないと並べてもらえない気もしますし)。ついでに言うと、樽もステンレスではなく、返却不要のキーケグがもっと普及したらうれしい限りです。

キーケグとは?
”Keykeg”(キーケグ)とは最新技術を使って作られたペットボトル素材の使い捨て容器で、ビールのみならず、ワインや日本酒にも使える優れた大容量パッケージです。
参考:【プロ向け】キーケグ大解説(CRAFT DRINKS)

閑話休題。昨日に引き続き、このビールも美味しいですし、大手メーカーのピルスナーとの違いが分かりやすいので、クラフトビール初心者の方にもオススメしたいビールです。

[関連リンク]
Victory Brewing Company Prima Pils(公式ページ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

アメリカ エイブリ―醸造所のエル ゴーゼをいただきました。小麦麦芽、乳酸菌、塩、ライムを使ったこのビール、とてもさわやかで毎日飲みたくなるくらいの美味しさでした。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカのブルワリー Avery Brewing(エイブリ―ブルーイング)のEl Gose(エルゴーゼ)というビールをいただきました。とくに予備知識もなく飲んでみたんですが、このビールには驚かされました。

アメリカ Avery Brewing El Gose

このビールのスタイルはその名の通り、「ゴーゼ」というスタイルです。ゴーゼは小麦麦芽に乳酸菌、塩を使ったサワーエール(酸っぱいビール)で、日本の大手メーカーのビールからすると「全然違う」ビールになっています。

原材料を見ると、塩やライムとありますが、飲んでみると塩のしょっぱさは感じません。すっきりとした柑橘系の風味、そして穏やかな酸味を感じられます。アルコール度数は4.5%ですが、アルコールはそこまで感じず、ジュースのようにグイグイ飲めちゃいます。ジョッキでビールが飲みたい時のビールではありませんが、美味しいお酒(もしくはジュース?)を飲んでいる満足感で満たされます。

アメリカ Avery Brewing El Gose 原材料

6月にニュージーランドに行ってから、サワーエールにハマりつつあるのですが、このビールは飲んでも「酸っぱい!」とはならない飲みやすいものでした。逆に言うと、酸っぱさを求めている人には物足りないかもしれませんが、単純においしいと思える素敵なビールだと思います。

大手ビール以外のいろいろなクラフトビールが飲めるようになりましたが、このビールもまたビールの多様性を知ることができる美味しいビールのひとつだと思います。ゴーゼというスタイルのビールを飲んだことが無い方はぜひ試してみてください!

[関連リンク]
Avery Brewing El Gose(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 銀河高原ビールのエクストラペールエールをいただきました。 パッケージには「シトラホップ100%使用」と書かれており、 大手メーカーのような“一部使用”とは違います、という主張が感じられます。 飲んでみると、ホップのフルーティーな香りがあ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

銀河高原ビールのエクストラペールエールをいただきました。
パッケージには「シトラホップ100%使用」と書かれており、
大手メーカーのような“一部使用”とは違います、という主張が感じられます。

銀河高原ビール エクストラペールエール

飲んでみると、ホップのフルーティーな香りがありつつも、
ちょっと単調な印象も受けました。このあたりは、ホップの添加のタイミング等、
レシピによるものなのかもしれませんが、シトラの特徴と云われている
柑橘系の香りや苦味がそこまで際立ってはいないなぁ、と。

大手メーカーもホップを前面に出すビールをリリースしている今、
そうではないブルワリーは、ホップの名前だけではない工夫というか、
そのビールにしかない特徴を出してくれないと面白くないなぁ、と
思ってしまいます。もちろん、派手な特徴は無くても、毎日飲みたいビール、
というのはありますし、そういう商品もいいとは思うんですけどね。
このビールに関しては、シトラホップ100%使用と謳った割には
中庸な印象です。あ、でも、これ、工場で飲んだら印象がだいぶ違うのかも?

[関連リンク]
銀河高原ビール(公式サイト)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 ヤッホーブルーイングがアメリカ向けに開発したクラフトビール、 SORRY UMAMI IPA(ソーリー ウマミ アイピーエー)が全国のローソンで 数量限定発売、ということで、早速いただいてみました。 こちらのビール、アメリカ限定ということで話題になりま ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ヤッホーブルーイングがアメリカ向けに開発したクラフトビール、
SORRY UMAMI IPA(ソーリー ウマミ アイピーエー)が全国のローソンで
数量限定発売、ということで、早速いただいてみました。
こちらのビール、アメリカ限定ということで話題になりましたが、
それ以外にも、「かつおぶし」が入っているってことも話題でした。

ヤッホーブルーイング SORRY UMAMI IPA(ソーリー ウマミ アイピーエー)

いただいてみて感じるのは、というか、鰹節の香りや味わいは感じません。
旨み、という点でもなかなかよくわからないのですが、普通に飲んで
美味しいビールだと思います。ただ、旨みだったり、IPAだったり、
そう思って飲むと、物足りない気もがするのも事実かなぁ、と。

IPAがが飲みたい時に飲んだら物足りないですし、旨みと云われたら
ミッケラーの UMAMI の方が断然、納得感があるんですよね…。
原材料に、コリアンダーシードやオレンジピールも入っていますが、
その風味も薄いので、そういう意味では「がんばったビール」と言える、のかなぁ。

でも、アメリカで売り出すことを考えたら、鰹節はキャッチーですし、
その上でこれだけの完成度って、称賛に値するのではないでしょうか。
IPAとか鰹節とかいろいろ気にしなければ、美味しいビールだと思います!

with dry bonito

アメリカ向けということで、パッケージ裏側の説明は英語です。
I'm sorry.I did't ask you what you like. ってことで、
好みなんて聞いてないぜ、ってやつですね。
…そうか、好みなんて聞いてないんでした! これでいいのだ!
さすが傾いたビールです。ここまで傾けるビール、日本ではなかなか無いかも!?

[関連リンク]
ヤッホーブルーイング(公式サイト)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 イギリスのブルワリー Magic Rock(マジックロック)の HIGH WIRE GRAPEFRUIT(ハイワイヤーグレープフルーツ)をいただきました。 オレンジとイエローカラーリング、そしておばけのデザインがかわいいです。 いただいてみると、ペールエール的なホ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

イギリスのブルワリー Magic Rock(マジックロック)の
HIGH WIRE GRAPEFRUIT(ハイワイヤーグレープフルーツ)をいただきました。
オレンジとイエローカラーリング、そしておばけのデザインがかわいいです。

イギリス Magic Rock Brewing HIGH WIRE GRAPEFRUIT

いただいてみると、ペールエール的なホップの薫りと苦みに加えて
グレープフルーツのフレーバーもしっかりと感じられる美味しいビールです。
ホップもグレープフルーツも過剰ではなく、程よいバランスで
最大限に感じられて、ハンバーガー等と一緒にいただいても良さそうです。

グレープフルーツのビールは、グレープフルーツスカルピンをはじめ、
いくつかありますが、バランスで言ったらこのビールが一番だと思いました。
毎日飲んでもいいくらいです。日本にはオレンジの素晴らしいビール、
湘南ゴールドがありますが、まさかグレープフルーツの素晴らしいビールが
イングランドから出てくるとは驚きました。

かわいいデザイン

イラストもですが、パッケージ全体を見ても、統一感がありますし、
かわいいデザインで親しみが持てますね。他のビールも飲んでみたい、と
思わせてくれるハイワイヤーグレープフルーツでした。

ちなみに、パッケージはオレンジでおばけが描かれていますが、
ハロウィーンとは関係が無く、Magic Rock のデザインは
だいたいおばけやモンスターが描かれていました。
ハロウィンとは関係ありませんが、ハロウィン用のビールとしても
いいかもしれませんね。かぼちゃのビールよりオススメしやすいです!

[関連リンク]
Magic Rock Brewing(公式サイト)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 アメリカのブルワリー Alpine Beer Company(アルパインビアカンパニー) の WIPAをいただきました。名前は Pure Hoppiness(ピュアホッピネス)… 純粋なホップ的幸福、という感じでしょうか。アルパインビアカンパニーは サンディエゴのブルワリーで ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカのブルワリー Alpine Beer Company(アルパインビアカンパニー) の
WIPAをいただきました。名前は Pure Hoppiness(ピュアホッピネス)…
純粋なホップ的幸福、という感じでしょうか。アルパインビアカンパニーは
サンディエゴのブルワリーですが、同じくサンディエゴのブルワリーである
グリーンフラッシュから2014年に買収されています。

アメリカ Alpine Beer Company Pure Hoppiness

飲んでみると、さすがというか、なるほどというか、ホップのグラッシーな
苦味が個性的なおいしいIPAでした。グリーンフラッシュのWIPAは
柑橘系の香りも漂いますが、それよりも草寄りな香りを感じます。
ここは好みになりますが、美味しいWIPAであることには変わりありません。

アメリカでどれだけ流通しているのかとか、グリーンフラッシュとの価格差が
どんなものなのかはわかりませんが、選択肢としてこのビールがあるのは
素敵なことだと思います。まあ、個人的には柑橘系の香りが好みなので、
このビールをファーストチョイスにすることは無いのかな、と思いますが…
草っぽい香りや苦味が好きな方にはオススメのビールです。

[関連リンク]
Alpine Beer Company(公式サイト)
Alpine Beer Company Pure Hoppiness(RateBeer)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 3年前にSARANACのWHITE IPAを飲んで以来、美味しいホワイトIPAを 探していたんですが、やっと出会えました。同じアメリカのブルワリー、 Sierra Nevada Brewing(シエラネバダブルーイング)の Hoppy Wheat IPA です。 JR東京駅八重洲地下街のリカー ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

3年前にSARANACのWHITE IPAを飲んで以来、美味しいホワイトIPAを
探していたんですが、やっと出会えました。同じアメリカのブルワリー、
Sierra Nevada Brewing(シエラネバダブルーイング)の Hoppy Wheat IPA です。
JR東京駅八重洲地下街のリカーズハセガワ本店で購入しました。

Sierra Nevada Brewing Hoppy Wheat IPA

グラスに注ぐとフローラル&フルーティーな香りが漂います。
飲んでみると、苦味はあるけど、エグ味はありません。
香りと苦味のしっかりとしたビールで、喉にもスムースに入ってきます。

いろいろと濃いIPAを飲んでいると、飽きちゃうこともあると思いますが、
これであればずっと楽しみながら飲めるだろうなぁ、と思います。
アルコール度数は6.2%と若干高めですが、肉感の強いハンバーガーと一緒に、
ゴクゴク飲みたいIPAですね。ホッピーウィートIPA、期待通りの美味しさです!

かなりきれいなビールではありますが、フレッシュホップというか、
とれたてのホップを使ったバージョンも飲んでみたいなぁ、と思いました。
来年の今頃、ポートランドで飲めていたら幸せだなぁ。

[関連リンク]
Sierra Nevada HOPPY WHEAT IPA(公式ページ)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 デンマークのファントムブルワリー・Mikkeller(ミッケラー)のサワー(酸っぱい)エールをいただきました。その名も、Spontandryhop Centennial(スポンタン・ドライホップ・センテニアル)です。 ミッケラー スポンタン・ドライホップ・センテニア ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

デンマークのファントムブルワリー・Mikkeller(ミッケラー)のサワー(酸っぱい)エールをいただきました。その名も、Spontandryhop Centennial(スポンタン・ドライホップ・センテニアル)です。


マニアの用語のようですが、ビール好きからすると、どういうビールなのかがわかってしまう、そんな言葉です。それぞれ、発酵、添加、ホップの種類について表わしていて、それが名前になっている感じです。

デンマーク ミッケラー スポンタン・ドライホップ・センテニアル

さて、前置きが長くなりましたが、飲んでみると酸味が心地いいビールです。サワーエールという酸っぱいビールは、昨年まで、僕は美味しいと思わなかったんですが… ついに一線を越えてしまったようで、このビールを美味しく感じました。

サワーエールに関しては、日本のビール好き、マニア、関係者が「おいしい!」「これから日本でも流行る!」と云っていて、個人的には否定的な見方だったんですが、まさか自分が好きになるとは…

さて、僕もまだまだサワーエール初心者なので、このビールがサワーエールの中でどのようなポジションなのか計りかねますが、いびつな特徴が無いというか、バランスが取れていて飲みやすいサワーエールという印象でした。

ミッケラーからは、スポンタンシリーズという名称でいろいろとサワーエールが出ていますが、このドライホップシリーズは比較的入手しやすい値段のようですので、気になる方はお早目に。同じスポンタンシリーズでもローズヒップやハイビスカス、マンダリンあたりは結構高価なので、それこそマニア向きかも。

[関連リンク]
Mikkeller(公式サイト)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 イギリスのブルワリー Weird Beard(ウィアードビアード)の Traditional Spreadsheet Ninja(トラディショナルスプレッドシートニンジャ)という ビールをいただきました。名前、長いです。伝統的な表計算忍者…? ビールのスタイルとしてはピルス ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

イギリスのブルワリー Weird Beard(ウィアードビアード)の Traditional
Spreadsheet Ninja(トラディショナルスプレッドシートニンジャ)という
ビールをいただきました。名前、長いです。伝統的な表計算忍者…?

イギリス Weird Beard Traditional Spreadsheet Ninja

ビールのスタイルとしてはピルスナーとのことですが、
飲んでみると、日本のピルスナーとは違う「荒さ」のようなものを感じます。
ホッピーな風味があるんですが、それが前に出ている反面、
クリアな感じが無く、食事を選びそうな感じです。
ホップの個性が強いビールが好きな人にはオススメできますし、
これはこれで面白くていいビールだなぁ、と思います。
サムライではなくニンジャなだけに、少し線が細い気もしますが…

さて、このWeird Beardというブルワリーですが、ニュージーランドの
GARAGE PROJECT と同じように日本語のビールがいくつかありました。

Tsijiguri 辻斬

辻斬に貞子ですよ。これ、日本だったらNGになるんだろうと思いますが、
こういう突き抜けたデザイン、ほんと出てこないですよね。

Sadako_Stout 貞子

と思ったら、これはイギリスでは問題ないんでしょうか?(商標的に)

グレープフルーツIPA

しかもこのデザインでグレープフルーツIPA ということで、
さらに興味が出てきます。そのうち、日本で飲めますかね?

[関連リンク]
Weird Beard Brew Co(公式サイト)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 夏になってさっぱりすっきり、柑橘系のビールを飲む機会が増えてきました。 先日のグレープフルーツ スカルピンしかり、エリシアン スーパーファズしかり… 日本の柑橘系ビール最高峰と云えば、厚木のブルワリー・サンクトガーレンの 湘南ゴールドだ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

夏になってさっぱりすっきり、柑橘系のビールを飲む機会が増えてきました。
先日のグレープフルーツ スカルピンしかり、エリシアン スーパーファズしかり…

日本の柑橘系ビール最高峰と云えば、厚木のブルワリー・サンクトガーレンの
湘南ゴールドだと思います。2010年の勝手にビールアワードで
選ばせていただきました
が、その評価は今も変わっていません。

サンクトガーレン 湘南ゴールド&湘南の輝きを飲み比べ!

湘南ゴールドは地元のオレンジ「湘南ゴールド」を使ったビールですが、
この度、地元のみかん「湘南の輝き」を使ったビールをいただきました。
ということで、せっかくなのでこの二つのビールを飲み比べてみました。

サンクトガーレン 湘南ゴールド&湘南の輝き

■湘南ゴールド(写真左)
相変わらずゲップまでオレンジです。飲んだ後の返しまでしっかりと
オレンジで、それがとても心地いいですね。香りを楽しんでもいいですし、
喉の渇きを潤すためにゴクゴク飲んでもいいと思います。
柑橘系の皮の風味まで薫るような、瑞々しさを感じるビールです。

■湘南の輝き(写真右)
ビールの香りは湘南ゴールドよりも甘いです。飲んでみても
マーマレードをビールにしたようなみかんの甘みを感じます。
喉が渇いた時、というよりはデザートのように飲みたいビールです。

湘南ゴールドはビール的な苦味も美味しくなりそうですが、
湘南の輝きは、みかんのゼリーやタルトのようなスイーツ感があります。
湘南ゴールドはフルーツビール、湘南の輝きはビアデザート、という感じでしょうか。

果実と果汁

果実が入っているのか、果汁が入っているのという違いも
あるかと思いますが、同じ湘南の柑橘でこの違いは面白いですね。
湘南ゴールドは多くのクラフトビールファンを作り出した
素晴らしいビールだと思いますが、クラフトビールブームの今、
さらなるファンを作り出すのは湘南の輝きなのかもしれません。

なかなか飲み比べできる環境は無いかと思いますが、そんな環境に恵まれたら
ぜひ飲み比べてみてほしい、いや、飲み比べてみるべきビールです。

[関連リンク]
サンクトガーレン(公式サイト)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote