生ビールブログ

ビールに関するブログです。おいしいお店、ビールの情報、ビアガーデン、ビール美人、つまみレシピ、豆知識…

タグ:イタリア

イタリアのブルワリー Birrificio Rethia(ビリフィーチオ レーツィア)のアメリカンIPA JET-LAG(ジェットラグ)をいただきました。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

イタリアのブルワリー Birrificio Rethia(ビリフィーチオ レーツィア)のアメリカンIPA JET-LAG(ジェットラグ)をいただきました。このブルワリーのビールは初めていただきます。

イタリア RETHIA JET-LAG American IPA

グラスに注いでみると、かなり濃いビールなのがわかります。アメリカンIPAとのことですが、飲んでみるとホップの香りよりもモルトの風味の方が強いです。ラベルには「麦芽のうまみとホップの苦味を力強く感じるビール。麦芽由来の樹木や焙煎香、ホップが作り出す華やかな柑橘香を感じます。」と書かれているので、本来はホップの香りもあったのだと思いますが、日本に旅をしてくるまでに飛んでしまったのでしょうか。

イタリア RETHIA JET-LAG American IPA 輸出用?

上記同様、ラベルには「直射日光を避け、20℃前後の温度変化の少ない場所で保存」「6℃から10℃にに冷やしてからお召し上がりください」と書かれています。このあたりにホップの特徴が飛んでしまった理由がありそうですね。LOTTO の表記がどのタイミングの日付かわかりませんが、2016年7月というのも随分前に感じますし、ジェットラグ(時差ボケ)という名前が皮肉に感じられるほどです。これは現地で飲んでみないと、ですね。

250ml のボトルで約400円という価格なので、このクオリティでしか輸入できないとなると、ビール好きに受け入れられるのは難しいかもしれません。RETHIAのビールは他にもペールエールやベルジャンホワイト等も輸入されているようですが、そちらはどうでしょうか。

[関連リンク]
Birrificio Rethia(公式サイト)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 イタリアのクラフトブルワリー、ブリューフィストの 24Kゴールデンエールをいただきました。 醸造の拳! ブリューフィスト… 日本語にするなら醸造の拳かな? 18K ではなく、24K ということで、ゴールデンエールの中でも 純度の高いゴールドというイ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

イタリアのクラフトブルワリー、ブリューフィストの
24Kゴールデンエールをいただきました。

醸造の拳!


ブリューフィスト… 日本語にするなら醸造の拳かな?
18K ではなく、24K ということで、ゴールデンエールの中でも
純度の高いゴールドというイメージですかね。

イタリア BREWFIST 24K Golden Ale

写真で見てわかる通り、かなりの泡、そして泡もちです。
飲んでみると、フルーティーな香り、風味と程よい苦味があり、
完成度の高いゴールデンエールだと思いました。

柑橘系がポイントのおつまみと一緒にどうぞ


イメージとしては、柑橘系のドレッシングのような、
そういう爽やかさと苦味でしょうか。
レモンをかけて食べると美味しい、唐揚げとかフライとか
そういうものとペアリングするのがいいかなぁ、と思いました。

ブリューフィストは箕面ビールとコラボしていたし、
今後もいろいろと飲めるんじゃないかと期待しています。
他のビールも飲んでみたいなぁ。

[関連リンク]
BREWFIST ITALIAN ALES(公式サイト)


【在庫限りの特別価格】ブリューフィスト スペースマン IPA 330ml×3本セット 1,652円

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 イタリアのビール、メナブレア ストロングビールをいただきました。 先日はアンバービールを飲みましたが、かなりスッキリしていたので、 こちらのストロングスタイルがどんな感じなのか期待しつつ。 飲んでみると、たしかにストロングな感じですが、 ... 続きを読む

どうも、麦酒男です。


イタリアのビール、メナブレア ストロングビールをいただきました。
先日はアンバービールを飲みましたが、かなりスッキリしていたので、
こちらのストロングスタイルがどんな感じなのか期待しつつ。


イタリア メナブレア ストロングビール


飲んでみると、たしかにストロングな感じですが、アルコールの香りが強い気がします。
アルコール度数は6.5%なのですが、それ以上に強く感じます。
ビールとしては、グイグイ飲むものではなく、少しずつ飲むのがいいかもしれません。
日本への輸入の過程でこういう風味になったのか、
それとも元々の味なのかわかりませんが、グイグイ飲まないのであれば、
ワインの方がいいかも、なんてことも思ってしまいます。
日本にもこういった高アルコールのビール(新ジャンル?)がありますが、
それを考えると、コストパフォーマンス的に選びづらいビールかもしれません。


▼Birra Menabrea
http://www.birramenabrea.com/



イタリア メナブレア ストロングビール 420円



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 今日はイタリアのMENABREA(メナブレア) アンバービールを いただきました。このビールはワールド・ビア・チャンピオンシップで 金賞を獲ったことのあるビールなんだとか。 ちなみに、2009ワールド・ビア・チャンピオンシップでは、 「アサヒ・ザ・マ ... 続きを読む

どうも、麦酒男です。


今日はイタリアのMENABREA(メナブレア) アンバービールを
いただきました。このビールはワールド・ビア・チャンピオンシップで
金賞を獲ったことのあるビールなんだとか。
ちなみに、2009ワールド・ビア・チャンピオンシップでは、
「アサヒ・ザ・マスター」が金賞を獲って話題になりましたね。


イタリア メナブレアアンバービール


アンバービールということなのですが、コーンを使っているからか、
アンバーな色から受ける見た目の印象よりもスッキリとしています。


若干、アルコール感が強い感じはしますが、他のアンバーに比べると
発泡酒に近い印象でしょうか。イタリアのビールだけにピザにいいかも。
チーズの脂やクセをしっかりと流してくれそうです。


▼Birra Menabrea
http://www.birramenabrea.com/



イタリア メナブレアアンバービール 420円



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote