生ビールブログ

ビールに関するブログです。おいしいお店、ビールの情報、ビアガーデン、ビール美人、つまみレシピ、豆知識…

タグ:アメリカ

どうも、麦酒男です。 アメリカはシアトルのブルーパブに行ってきました。 こちらはPyramid Brewing(ピラミッドブルーイング)という 醸造所直営のビアバーになります。建物の前にはピラミッドがあります。 さらに入口に近づくとこんな感じです。場所はシアトルの駅前、 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカはシアトルのブルーパブに行ってきました。
こちらはPyramid Brewing(ピラミッドブルーイング)という
醸造所直営のビアバーになります。建物の前にはピラミッドがあります。

ピラミッドエールハウスのピラミッド

さらに入口に近づくとこんな感じです。場所はシアトルの駅前、
MLB マリナーズの本拠地であるセーフコ・フィールドや
NFL シアトル・シーホークスや MLS シアトル・サウンダーズFC の
本拠地であるセンチュリーリンク・フィールドからすぐの場所です。

シアトル ピラミッドエールハウス

店内はかなり広め。スポーツのシーズンの時には、ここがいっぱいになるようです。
スタジアムに入れなくても、ここでビールを飲みつつ観戦ってのもいいですね。

ピラミッドエールハウス 店内

カウンターに陣取っての一杯目は India red session ale をいただきました。
アメリカではセッションエールが増えてきました。飲みやすいビール大歓迎!

India red session ale


さて、落ち着いてビールメニューを見ると、こちらで醸造しているビールだけで
かなりの数がありました。飲みきれねえ… とてもじゃないけど飲みきれねえ。

ビールメニュー

ということで、こういう時のテイスターセットです。写真的にも素晴らしい!

Pyramid Alehouse サンプラーセット

この5つのビール(実はひとつはサイダーですが…)に合わせるのは、
カラマリストリップスという、細長いイカフライです。
リングをカットしたら細長くなりますね。

カラマリストリップス

マヨネーズをガッツリつけて食べるのがアメリカ流、たぶん。

続いては、名物だというワイルドアラスカンサーモンをいただきます。
この肉厚のカットがアメリカ流、たぶん。

ワイルドアラスカンサーモン

日本のビアバーだとこういうサーモンってあまり出てこないので
なかなか興味深かったです。もちろん、美味しかったですし。
ご飯の上にのっていたので、日本風に言えば、焼きジャケご飯とか?

ワイルドアラスカンサーモン

こちらのブルワリーは元々オレゴンにあったそうですが、
シアトルに移転してきたんだそうです。そんなこともあるんですね。

受賞歴

いろいろなアワードのメダルなんかも掲げられていました。
日本では馴染みが少ないブルワリーではありますが、人気なのかな~。

そうそう、お土産もいろいろありました。こういうのはうれしいです。

ピラミッドエールハウス グッズ

そんなわけでビールも食事もお土産も、もひとつ、雰囲気も楽しめました。
スタジアムの近くにある広いクラフトビールのお店… 日本でもできないかなぁ。
名古屋あたりだったら、スポーツチームもあるし、ブルワリーもあるし、
良さそうなんじゃないかと思うんですけど、どうでしょうか。

[関連リンク]
Pyramid Brewing Seattle Alehouse(公式ページ)
Pyramid Brewing(yelp)


富士山/フジサン/グラス/父の日/ビアグラス 日本の最高峰、富士山がグラスになりました。4,078円


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 オレゴン州とワイントン州の境目にある街・バンクーバーに行ってきました。 バンクーバーというとカナダの街を思い出しますが、アメリカにもあるんですね。 公園を散歩していると、ビアバーらしき看板を見つけました。 看板が指す方向に歩いてみる ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

オレゴン州とワイントン州の境目にある街・バンクーバーに行ってきました。
バンクーバーというとカナダの街を思い出しますが、アメリカにもあるんですね。
公園を散歩していると、ビアバーらしき看板を見つけました。

ワシントン州バンクーバーで

看板が指す方向に歩いてみると、ありましたよ、Loowit Brewing です。

Loowit Brewing Company - Vancouver ...

中に入ると赤い壁、そしてカウンターで飲んでいるお客さんが見えます。
平日の夕方ですが、結構お客さんがいて、やはり時間がゆったりと流れている感じ。

ルーウィット店内

メニューは壁にかかった黒板に書かれています。

メニューボード


ビアフライト(テイスターセット)は4種類で5.5ドル、6種類で7.5ドル。
ということで、6種類のテイスターをオーダーしてみました。

Loowit Brewing Company  テイスターセット

季節限定のスッキリ系からスタンダードなビールまで。
ビールの色がとてもきれいです。ドイツスタイルのデュンケルもありつつ、
ブロンドエールやIPAなどなど、一通り揃えている感じですね。

スッキリ系

芳醇なホップの香りが楽しめつつ、スッキリと飲めるブロンド&サマーエールが
美味しかったです。(訪問したのは9月だったので… 今は何が飲めるんだろう…)

ゆったりとしたバンクーバーらしく、地域の常連さんが多く来ていました。
というか、地域の人じゃないのは我々くらいだったんじゃかないかと。
お店の中にはペット用のお皿もあって、微笑ましかったです。

ペット用

ボトル販売の冷蔵庫、そして奥には…

奥には…

醸造設備がありました。そうなんです、ブルーパブなんですね、ここ。

醸造設備

今までにアメリカのいくつかのビアバーを巡ってきましたが、
ここでしか見なかったものを発見! それはアーケードゲームです。

アーケード!

とっても懐かしいガントレットやストリートファイターII がありました。

ビールを飲みつつゲームをしている人、飲みながら話をしている人、
グラウラーのビールを買いに来る人、いろいろな人がいましたが、
地域に根付いている感じがうらやましい、そんな素敵なお店でした。

[関連リンク]
Loowit Brewing Company(公式サイト)
Loowit Brewing Company(yelp)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 CASCADE BREWING(カスケードブルーイング)のブルーパブ、 バレルハウスに行ってきました。カスケードブルーイングは 日本ではまだあまり馴染みのない酸っぱいビール(サワーエール)を たくさんラインナップしているブルワリーのようです。 ランビッ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

CASCADE BREWING(カスケードブルーイング)のブルーパブ、
バレルハウスに行ってきました。カスケードブルーイングは
日本ではまだあまり馴染みのない酸っぱいビール(サワーエール)を
たくさんラインナップしているブルワリーのようです。
ランビックという酸っぱいビールを飲んだことのある人は多いかな?

CASCADE BREWING BARREL HOUSE(カスケードブルーイング バレルハウス)

中に入ると結構な広さで、たくさんの人がビールを飲んでいました。
かなり特徴的なサワーエール中心のお店だというのに、
ちゃんと賑わっているのは、ポートランドならでは、なのかなぁ。

バレルハウス 店内

サワーエールという、ここにしかない魅力もあるんだと思いますが、
この日、一緒に行ったメンバーでサワーエールが好きという人はおらず…

カウンター

カウンターの前にはタップが並んでいますが、その名前の通り、
バレル(樽)のあしらいがあります。そして上を見上げれば、
ビールのメニューがあります。ここも種類豊富ですね~。

本日のビール


いろいろと飲み比べたいので、みんなでサンプラーを頼みました。
僕は、ウィートスタウト(小麦の黒ビール)やIPA、
そして定番のサワーエール2つをチョイスしました。

オーダー

ということで、みんなの分と一緒にビール、キターッ!

ビール、キターッ!

横に並べてみると圧巻です。何がどれなんだかわすれないようにしないと…

カスケード バレルハウス

僕のオーダーしたものは4杯で8.5ドル。ポートランドは消費税がないので楽ですね。

レシート

サワーエールは、やはり酸っぱくって、味の個性を吟味するまでには至らず…
慣れもあるんだろうなぁ。梅干しとかレモンとか、酸っぱいものは好きなので
美味しいとは思うんですが、ビールの美味しさじゃないんだよな~、なんて思ってました。
食事やデザートと合わせると、未知なる扉が開くのかもしれませんね。

今回一緒に行ったメンバーはだいたいそんな感じの感想だった気がします。

記念撮影

そんなメンバーとみんなで記念撮影! まだ二軒目だったのでみんな元気ですね!

日本でサワーエールを飲む機会はそんなに無い気がしますが、
海外ビールに詳しい人からは、時々その評判を聞くので、
そろそろ日本でも広がって行くのかもしれません。

まだサワーエールを飲んでいない方は、ぜひ最初に飲む時の顔を
写真に撮ってみるといいかもしれません。酸っぱいあの顔になると思います!

[関連リンク]
CASCADE BREWING BARREL HOUSE(公式サイト)
CASCADE BREWING(公式サイト)
Cascade Brewing Barrel House(yelp)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 ポートランドのダウンタウンを歩いていたら、 Yard House(ヤードハウス)というビアバーに出会いました。 ヤードハウスはアメリカ西海岸を中心に20以上の州にお店があります。 外の看板はシンプルですが… 中にはこんな空間が広がっています。か ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ポートランドのダウンタウンを歩いていたら、
Yard House(ヤードハウス)というビアバーに出会いました。
ヤードハウスはアメリカ西海岸を中心に20以上の州にお店があります。

外の看板はシンプルですが…

ヤードハウス

中にはこんな空間が広がっています。かっこいい!

Yard House Portland

カウンターに陣取れば、たくさんのタップが目の前に!

ヤードハウス タップ


見上げれば、限定ビールの情報や…

サインボード 今日のスペシャル

サンプラーセットの内容が表示されています。
こちらは6種類の IPA が飲めるサンプラーセット。

IPA 6パック

続いて、ベルジャンのセットもあるようです。

ベルジャン6パック

IPA好きとしては、IPAのセットをいただくわけです。
サンプラーセットのトレイって、木製のところが多いですが、
ここはイメージに合わせてか、メタルでした。クールです。

IPAセット

各IPAの説明が書かれたカードも一緒に出てきました。
こういうのがしっかりしているのは、チェーン展開しているからこそでしょうね。

IPA説明

食事は軽く、クラムチャウダーをいただきました。
塩分、ミネラルを摂りつつ、出汁的な味わいもいただける、
日本人にはありがたいメニューじゃないかと思います。

クラムチャウダー

さらにありがたいことにオイスタークラッカーもついてきました。
シアトルのパイクブルワリーでも付いてきたけど、
クラムチャウダーにはオイスタークラッカーが当たり前なのでしょうか。

オイスタークラッカー

この日はこれだけしか食べなかったのですが、公式サイトを見ると
美味しそうな食事がたくさん載っていました。次はいろいろいただきたいなぁ。

ビールをサーブするスタッフがみんな美人だったのが印象的。
みんな、様になってました。あと、写真で見ると、空間の使い方が贅沢だなぁ、と。

サーブするスタッフ

最後はホワイトIPAをいただきました。が、どのブルワリーのものだったか…

ホワイトIPA

クラフトビールを扱うビアバーというと、温かみを感じるデザインのところが
多い気がするんですが、ターミネーターが出てきそうな、こういうお店もなかなか
かっこよくていいなぁ、と思いました。他のヤードハウスもこんな感じなのかな?
Hooters じゃないけど、他のヤードハウスにも行ってみたいですね。

[関連リンク]
Yard House Restaurants(公式サイト)
Yard House(yelp)


グリーンフラッシュ Hop Odyssey White IPA 650ml 1,520円


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 シアトルで最大のタップ数を誇るのではないかという TAP HOUSE GRILL(タップハウスグリル)というお店に行ってきました。 元々、このお店のことを知らなかったのですが、 宿泊したホテルでもらったガイドに載っていたので せっかくだからと行ってみ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

シアトルで最大のタップ数を誇るのではないかという
TAP HOUSE GRILL(タップハウスグリル)というお店に行ってきました。

元々、このお店のことを知らなかったのですが、
宿泊したホテルでもらったガイドに載っていたので
せっかくだからと行ってみたら、ハンパないタップ数だった、という。

TAP HOUSE GRILL 店内

夜9時くらいに行きましたが、店内は満席でした。
少し待てば座れるとのことで、ウェイティングスペースで
メニューを見つつ待ちます。160 BEERS ON TAP!

TAP HOUSE GRILL メニュー


10分少々待って、テーブル席に案内されました。
テーブルには、今日のビールなるメニューもありました。
最近、ハマっていたホワイトIPAがある!と思ったら…

今日のメニュー

ウィートIPAでした。でも珍しいのでオーダー!

Wheat IPA

小麦を使っていますが、フルーティーというよりもIPAの強さが
前面に出ている感じでした。この日はパイクブルワリーに続いての
2軒目だったので、ガツンとくるビールでよかったかな。

二軒目ですが、食事も少々いただきます。まずはメキシカンチョップサラダ。

メキシカンチョップサラダ

コブサラダ的なものの上にチキンがのっています。
軽めにサラダ、と思ってオーダーしたのですが、
こんなにガッツリと肉がのっているとは…

続いて、サクッとしたフライ的なものがいただきたいな、ってことで
オーダーしたのが、クリスプカラマリ。サクッとしたイカフライですね。

クリスプカラマリ

こちらは食感も良かったですが、甘辛のチリソースがいい仕事をしてました。
ふたりで二品オーダーしたのですが、すごいボリュームでびっくり。
このお店は4〜5人で来て、みんなでシェアしつつがいいのかな。

と思ったら、隣のテーブルのファミリーは、でっかいお皿に入ったパスタを
ひとり一皿食べていてビックリしました。アメリカンサイズだったのか…

ということで、ゆっくり食べつつ飲もうと思い、二杯目は重めのビールを…
Fort George の VORTEX IPA だったかな。お水も一緒にいただきました。

Heavy Beer

今回はテーブル席でいただきましたが、
このお店みたいにたくさんタップがあるビアバーでは
カウンターでの眺めを楽しみつつ、というのがいいかも。

TAP HOUSE GRILL カウンター

デパートもオフィスビルもある銀座のような立地で、
客層はファミリー2割、デート2割、仕事帰りのビジネスマン6割って感じでした。
お店の会員になるとお得なこともあるようで、職場の近所にあったら
ひとりでも会社のメンバーとも来ちゃうだろうなぁ、と思いました。

会員特典

ちなみに、シカゴにも TAP HOUSE Grill というお店があるのですが、
そちらとは別のお店のようです。シカゴもいつか行ってみたいなぁ。

[関連リンク]
TAP HOUSE GRILL(公式サイト)
Tap House Grill(Yelp)



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 アメリカはシアトルにある Pike Brewing Company に行ってきました。 シアトルにはスターバックスの1号店や「フィッシュ!」で有名な パイクプレイスマーケットがあるんですが、その近所にあるブルワリーです。 パイクプレイスマーケットから出て、 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカはシアトルにある Pike Brewing Company に行ってきました。
シアトルにはスターバックスの1号店や「フィッシュ!」で有名な
パイクプレイスマーケットがあるんですが、その近所にあるブルワリーです。

シアトル パイクプレイスマーケット

パイクプレイスマーケットから出て、1st Avenue をちょっと下ったあたりの建物の中に
Pike Brewing の直営店 The Pike Pub(パイクパブ)はあります。
パイクプレイスマーケットと同じピンクのネオンが目印です。

パイクブリューイング

観光地にあるブルワリーってどんなんだろうと思っていたんですが、
中はとても広くて、タップが並ぶカウンターが3ユニットくらいありましたよ。
お店にはでっかいタンクもあったりして、まるでテーマパークみたいです。

タンク



日本では、でっかい+オシャレ+ブルーパブってまだ無さそうですよね。
一番近いのは、やはり観光地にあるハーヴェストムーンあたりでしょうか…

Pike Brewing Company

さて、こちらがビールメニューですが、ビールの種類が多いので
サンプラーセットをオーダーします。サンプラーセットは
パイクブリューイングのスタンダードなビールが6種類飲めるセットと、
その他のビール6種類が飲めるセットがありました。

ビールメニュー

ということは、どっちもオーダーしますよね。

やはりこう並ぶと圧巻ですね~。

テイスターセット

各ビールの説明もちゃんとついてきます。ゲストビールは名前だけだけど…

サンプラーの説明

連日のビールで飲み疲れもあったのでしょうか、セッションIPAが一番美味しかったです。
やはり無理なく飲めるというのは大切だなぁ、と思いました。

さて、食事もいただきますよ。この近辺は魚介類が名産ということで、
まずはクラブチャウダー! クラム(貝)じゃなくてクラブ(蟹)です。

クラブチャウダー

クラムチャウダーには貝の出汁を期待しますが、こちらは出汁よりも食べ応え。
そして、ビールとの相性がいい感じです。ペールエールも使っているそうで
相性の良さにも頷けます。胡椒がいいアクセントになってました。
日本の離れて数日、出汁が恋しくなったらクラムチャウダーを頼むんですが、
ここではガッツリとビールを楽しむことになりました。

続いては、ほうれん草のサラダ。海老をのせてもらいました。

スピナッチサラダ

箸休めというか、連日のハンバーガー攻めに少しでも抗おうという感じですね。
トマトやほうれん草が落ち着くんです。バランスは大事ですね。

そしてもうひとつ、肉以外のメニューを、ということでローストオニオンをオーダー。
どんなお料理が出てくるのかなぁ、と思ったら…

ローストオニオン

こんな感じで豪快なのが出てきました。写真だとイマイチわかりづらいんですが、
これ、おっきくて分厚いんですよ。ステーキって感じでした。
その割に、火の通りが程よくて、ナイフでカットしてホクホクいただきました。

観光地にあるブルワリーだし、とちょっと舐めていたんですが、
いい意味で裏切られたパイクブリューイングでした。
ここで満足してしまって、スタバの創業者が造った Redhook Brewery
行くのを忘れてしまうくらい、満足しました。そこだけちょっと失敗でしたね…

[関連リンク]
Pike Brewing Company(公式サイト)
Pike Brewing Company(Yelp)


イクスピアリ オリジナル地ビール
ハーヴェストムーン 選べる3本セット


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 アメリカ オレゴンのお土産のビールを飲んでみました。 ポートランドのブルワリー、BASE CAMP の SAISON DE CHETCO です。 ビールのスタイルはセゾンで、オレゴン州チェットコ川へのハイキングを イメージして造られたビールなんだそうです。 色は ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカ オレゴンのお土産のビールを飲んでみました。
ポートランドのブルワリー、BASE CAMP の SAISON DE CHETCO です。
ビールのスタイルはセゾンで、オレゴン州チェットコ川へのハイキングを
イメージして造られたビールなんだそうです。

アメリカ BASECAMP SAISON DE CHETCO

色は濃い目ですが、飲んでみるとまぎれもなくセゾンです。
アルコール度数は6.6%とやや高めで、飲んでもそれを感じます。
冷えた状態から飲み始めましたが、温度が上がってくると
甘さも感じられて、より美味しくなりました。面白いなぁ。

BASECAMP SAISON DE CHETCO

BASE CAMP のボトルは去年も買って帰ってきたんですが、
アルミで出来てていいんですよね~。飛行機の移動でも安心感があります。
他のメーカーでは見ないんですけど、他のメーカーにも広がっていくと
いろいろとうれしいですよねぇ。軽いし、丈夫だし、広がらないかな~。

[関連リンク]
Base Camp Brewing Co.(公式サイト)


【HARLEY-DAVIDSON】ハーレーダビッドソン RACE DAY
パイントグラス バケツセット


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 アメリカはオレゴン州ポートランドにある Burnside Brewing(バーンサイドブリューイング)でランチしてきました。 こちら、ランチタイムからビールもフードもガッツリ楽しめるんです。 テラス席もあるので青空の下、飲むのもいいかなぁ、なんて思 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカはオレゴン州ポートランドにある
Burnside Brewing(バーンサイドブリューイング)でランチしてきました。
こちら、ランチタイムからビールもフードもガッツリ楽しめるんです。

PDX Burnside Brewing Co

テラス席もあるので青空の下、飲むのもいいかなぁ、なんて思ったのですが
カウンターやタップが見たかったので中に入りました。
このあたり、ビールオタクのチョイスですね…

カウンター


中は結構広めで、カウンターの他にテーブルが10席くらいかな。

Burnside Brewing Co

アートが飾られていたりしますが、ホップの蔓なんかもあるのがブルワリーらしいですね。

Beer taster set

とにかくいろいろなビールがあったので、テイスターセットをいただきました。
14種類で18ドル。ふたりで飲んでちょうどいい感じでしょうか。

いろいろ飲みます

いろいろと飲みましたが、一番好みだったのは、
Project Ake というビール。Ale じゃなくて Ale なのかな…

お気に入りのビールは…

苦味とフルーティーな香りが素敵なビールでした。

そして食事はハンバーガーをいただきました。

ハンバーガー

厚めのパティがしっかりとグリルしてあって香ばしいです。
が、中はほどよくレアで、さすがアメリカ!という感じでした。

この後もいろいろハンバーガーをいただきましたが、
スタンダードなハンバーガーでは、今回の旅で一番美味しかったです。

もうひとつ、タコスもいただきました。

タコス

蒸してホロホロになった豚肉を使ったカルニタスというものを
包んでいただくカルニタスタコスです。

カルニタスタコス

ライムを少し絞っていただくんですが、淡白なお肉&ライムなので、
ケルシュとかヴァイツェンとか、そういうスタイルに合いそうです。

タコスの付け合せには人参のスープが付いてきたのですが、
これはビールに合わせるのがちょっと難しかったです。

スープ

やはりアメリカのビールは肉と合わせるのが至高、と思いましたよ。
そりゃIPAが流行ります、と云う感じでしょうか。
今回のハンバーガーはしっかりとグリルされていたこともあって
スタウトもかなり美味しくいただけましたけども…

ああ、アメリカのハンバーガーがこんなに美味しくて、
そしてビールとの相性がいいのはなんでなんだろう。
また、アメリカにバーガー&ビールを楽しみに行きたいです。

[関連リンク]
Burnside Brewing Co(公式サイト)
Burnside Brewing Co(Yelp)


【送料無料】【クロックス】Crocband Hamburger

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 アメリカ・オレゴン州 ポートランドには多くのブルワリーがありますが、 その中でも Deschutes Brewery(デシューツブルワリー)は メガブルワリーとして有名なようです。日本での知名度はそんなでもないかな… ということで、雰囲気を知りたくて、デ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカ・オレゴン州 ポートランドには多くのブルワリーがありますが、
その中でも Deschutes Brewery(デシューツブルワリー)は
メガブルワリーとして有名なようです。日本での知名度はそんなでもないかな…
ということで、雰囲気を知りたくて、デシューツの直営店に行ってきました!

Deschutes Brewery & Public House

土曜の午後だったのですが、たくさんの人が来ていました。
今回のアメリカ紀行では珍しく、順番待ちとなりました。さすがですね。
そして、こんな機械を持たされました。人気の証!?

呼び出し


待っている間に黒板のメニューを見たり…

サインボード

たくさんあるブルワリーグッズを見たりして過ごしました。

グッズも充実!

日本までの帰路が短かったら、いろいろなグッズが欲しいところなんですが、
国内での乗り換えもあるので、涙を飲んで断念…

10分くらい待ってお店の中に通されました。
待ちましたが、決して小さいお店というわけではなく…

店内

ポートランドでも大きい方なんじゃないかと思いました。
カメラで写真を撮っていると、ポーズしてくれる人もいます。
さすがビール好き! サムズアップで応えておきました。

店内

店内

タップ&カウンター

さて、席に座ったらビールを選びます。例によっていろいろありますので、
今回もビアフライト(テイスターセット)をいただきました。

ビールメニュー

Mirror Pond Pale Ale というペールエールが、通常版、カスク版、
フレッシュホップ版とあったので、その3つを飲み比べてみました。

テイスターセット

フレッシュホップ版はやはり独特の香りがあって、ちょっとバランスが悪い感じ。
対してカスク版はフルーティーさが増していて美味しかったです。
こういう飲み比べができるのが、現地ならではって感じでうれしいです。

さて、遅めのランチもいただきました。名前に惹かれた『バイソンバーガー』です。
メニューを見ると…
Crater Lake Bison, smoked pomegranate pork belly,
fresh asiago, frisee, pomegranate molasses aioli
と書かれていますが、バイソンの肉が入っているくらいしかわかりません。

BISON BURGER

ハンバーガーのパテは、かなり粗挽きのお肉を使っていました。
バイソンの力強いイメージと重って、そりゃもう、食感まで美味しかったです。

バイソンバーガーがぶり

お店の奥には醸造設備もあり、ガラス越しに見ることができました。

醸造設備

そして、ビールには関係ありませんが、トイレのジェットタオルがダイソンでした。
ダイソン エアブレード、吸引ではないですが、すごい威力でした。

ダイソン

ビールも料理もトイレまでも楽しんだデシューツのお店でした。
ここは少人数で来るのもいいけど、みんなでワイワイしつつ、ゆっくりと飲みたい、
なんてことを思いました。優雅なビアタイムを過ごせるお店でしゅーつ!

[関連リンク]
Deschutes Brewery(公式サイト)
Deschutes Brewery & Public House(Yelp!)



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 白いIPA、White IPA にハマりました。今回はアメリカ・カリフォルニアのブルワリー、 Sierra Nevada Brewing の SHOW WIT WHITE IPA をいただきました。 飲んでみると、アプリコットのような香りがしますが、 ベルジャン酵母によるものと思えば納得 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

白いIPA、White IPA にハマりました。今回はアメリカ・カリフォルニアのブルワリー、
Sierra Nevada Brewing の SHOW WIT WHITE IPA をいただきました。

アメリカ SIERRA NEVADA SHOW WIT WHITE IPA

飲んでみると、アプリコットのような香りがしますが、
ベルジャン酵母によるものと思えば納得の香りです。
苦みも感じますが、それよりもフルーティーさが前に出てきています。
これはこれで美味しいけど、IPAというには、ちょっと物足りない気も…

調べてみると IBU は 40 とのことなので、IPA とついてはいるけど、
スタイルはベルジャンスタイルなんですよね。
同じベルジャンだったら XX bitter の方が全然苦く感じるかな。

こういったスタイルの原材料として、オレンジピールとコリアンダーの
組み合わせはよくみかけますが、このビールはオレンジではなく、
レモンピールを使っているそうです。オレンジよりも甘い香りが控えめで、
より酵母の特徴が出ている感じです。このビールと合う食事はなんだろうと思ったら
ブルワリーのサイトに答えがありました。ブルワリーのオススメは、
白身魚のグリルやローストポークに柑橘系ソースとのこと。
今の日本で云ったら、もしかしたら秋刀魚にかぼすとかも合うのかもしれませんね。

[関連リンク]
Sierra Nevada Brewing(公式サイト)
SNOW WIT™ WHITE IPA(公式ページ)


IBC2014金賞受賞! Eccentric White IPA(エキセントリックホワイトIPA)3本セット 1,680円


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 アメリカ・サンディエゴのブルワリー、 グリーンフラッシュの WHITE IPA をいただきました。 こちら、同社のホップオデッセイシリーズという限定ビールのひとつです。 WHITE IPA と言えば、去年いただいた SARANAC WHITE IPA が美味しくて、 勝手にビ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカ・サンディエゴのブルワリー、
グリーンフラッシュの WHITE IPA をいただきました。
こちら、同社のホップオデッセイシリーズという限定ビールのひとつです。
WHITE IPA と言えば、去年いただいた SARANAC WHITE IPA が美味しくて、
勝手にビールアワード 2013-2014 でも表彰させていただきましたが、
グリーンフラッシュの WHITE IPA はどうでしょうか?

アメリカ Green Flash Brewing Company WHITE IPA

グラスに注ぐと、少し濁ったゴールドなビールがお目見え、
柑橘系のフルーティーな香りも広がります。飲んでみると、
ミカンのような香りの後に、フレッシュなホップの苦みが来ます。
苦味と香りはしっかりと余韻を残すので、
おつまみは無しでこれだけで楽しみたいビールです。

SARANAC のものと比べるとスパイシーさというか、ホップ以外の個性を
あまり感じないので、スムーズに味わうことができると思います。
個人的な好みとしては、もう少し複雑な味わいがある方が好みなので
SARANAC のWHITE IPA をまた飲みたくなってしまいました。

WHITE IPA というビールはスタイルで云えば Belgian IPA になるそうなのですが、
他にも、Sierra Nevada Brewing やAnchorage Brewing Company などでも
醸造しているようなので、他の醸造所の WHITE IPA も飲んでみたいなぁ…

[関連リンク]
Green Flash Brewing Company(公式サイト)
Belgian IPA(Beer advocate)


Green Flash BrewingグリーンフラッシュHop Odyssey White IPA 650ml 1,520円

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 カルディで見たことの無いビールを見つけたので、早速買ってきました。 缶に入ったこのビールですが、Butcher's Brewing(肉屋の醸造所)というアメリカの ブルワリーのビールです。そして、Mucho Aloha HPA(ハワイアンペールエール)という ハワイア ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

カルディで見たことの無いビールを見つけたので、早速買ってきました。
缶に入ったこのビールですが、Butcher's Brewing(肉屋の醸造所)というアメリカの
ブルワリーのビールです。そして、Mucho Aloha HPA(ハワイアンペールエール)という
ハワイアンなネーミングのビールとなっています。

アメリカ Butcher's Brewing Mucho Aloha HPA

公式サイトを見ると、バナナやシトラスのような香りを感じられるとありますが、
今回、いただいたものは、そこまでの特徴は無く、やや甘みを感じるペールエールでした。
カルディで売られるまでの行程を想像するに、劣化したんじゃないかと…
日本では初めて見かけたビールだけにこれは残念でした。

Butcher's Brewing は2010年にカリフォルニア州サンティーに誕生したブルワリーで
Free Range IPA や Nut Brown Ale などなど他にもいろいろなビールを出しています。
樽生で日本に登場する日も遠くないかもしれませんし、サンディエゴからそう遠くない街の
ビールなので、できれば現地でいろいろと飲んでみたいと思いました。

それにしてもクラフトビール需要が高まったからか、本当に様々なビールを
口にする事ができますが、状態によって、味わいがかなり左右されるという事実が
もう少しちゃんと広まるといいなぁ、と思いました。日本の大手メーカーでも
「製造後3日以内に工場から出荷するスーパードライ」なんてものがあるので
ちょっと考えるとフレッシュなものがいいというのは想像できそうですが、
ほとんどの人はそこまで興味を持っていないんじゃないかとも思います。
せっかく美味しく造られたビールなので、美味しくいただきたいですよね。

[関連リンク]
Butcher's Brewing(公式サイト)


【送料無料】ハワイアンビール 飲み比べ12本セット 5,400円


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 シアトルのクラフトブルワリー TWO BEERS BREWING のセッションIPAです。 セッションなので、IPAですがアルコール度数は4.8%と低め。 パッケージには INDIA STYLE SESSION ALE と書かれています。 インディアペールエール セッションスタイルではない ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

シアトルのクラフトブルワリー TWO BEERS BREWING のセッションIPAです。
セッションなので、IPAですがアルコール度数は4.8%と低め。
パッケージには INDIA STYLE SESSION ALE と書かれています。
インディアペールエール セッションスタイルではないのかな…

アメリカ TWO BEERS BREWING TRAILHEAD ISA

いただいてみると、セッションIPAらしく、香りは華やか、
苦みはほどほどで軽く飲みやすいです。

ただ、飲み込んだ後にカルピスの飲んだ後のような感じがあったんですが、
これはなんなんだろう。もしかして劣化…? 好意的に捉えるなら、デザートのような
面白い風味と味わいがあるビールで、アルコール度数が低くもあるので
最初の1杯、もしくは、デザート代わりに最後の1杯でもいいのかも。
まあ、Trailhead(トレイルの起点)という名前のビールなので、
IPAが好きなビールファンがまず最初に飲むのに最適の1杯かもしれません。

いずれにしても劣化があるのか、それともこのビールの特徴なのか、
また飲んで確認してみなければと思います。

[関連リンク]
TWO BEERS BREWING(公式サイト)


ブリュードッグ "IPA is Dead"2014
330ml×4本飲み比べセット 2,400円



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 お仕事でコストコのビールをいただきました。 詳細はまた別途お知らせできればと思いますが、 どれもアメリカのブルワリーが造っているビールでした。 これは、コストコの自社ブランド『カークランドシグネチャー』の商品で 4種類(ラガー、ペール ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

お仕事でコストコのビールをいただきました。
詳細はまた別途お知らせできればと思いますが、
どれもアメリカのブルワリーが造っているビールでした。

Kirkland Signature Handcrafted Beer

これは、コストコの自社ブランド『カークランドシグネチャー』の商品で
4種類(ラガー、ペールエール、アンバーエール、IPA)のビールが各6本ずつ、
計24本入っています。日本で買うと3,980円とのこと。
1本当たり約165円ってことで、かなり安く感じられますよね。

アメリカで買うと同じものが 20ドルしないそうなので、
これまたビックリしちゃう値段だったりするんですけども……

造っているのは、HOPPEN UND MALZ BREWING とラベルに書かれています。

HOPPEN UND MALZ BREWING


聞いたことのないブルワリーだったのですが、調べてみました。
MYMONEYBLOG の記事によると HOPPEN UND MALZ BREWING とは
Gordon Biersch のことなんだそうです。そう、台湾で行ったブルワリーです!

ちなみに、Gordon Bierschは、先日のワールドビアカップでも
Traditional German-Style Bock部門で金賞を受賞していたりします。

で、現地コストコでは、西海岸と東海岸で醸造しているブルワリーが違うとかで、
日本に来ているのは西海岸のビールになります。
ちなみに、東海岸は、New Yorker Brewing Company となっていますが、
これは SARANAC を造っている Matt Brewing Company なんだそうです!
うわ~、White IPA 飲みたい!!

さて、アメリカで醸造されているビールですが、ラベルには日本版になってます。

表記は日本語

味に関しては、お仕事の都合もあるので多くは語りませんが、
ペールエールと IPA はリピートしたいくらい美味しかったです!

冷蔵されている商品じゃなかったり、そういった条件の悪さはあると思いますが、
コストパフォーマンスはかなりのものなんじゃないかと思いました。
日本のクラフトビールはいろいろあって高価ですが、せめて味では
このレベルを凌駕しないとまずいよなぁ、なんてことも思った次第です。

お近くにコストコがある方は、ぜひお試しいただければと思います。

[関連リンク]
コストコ(公式サイト)


富士山世界遺産登録記念1Lボトル 御殿場コシヒカリラガー 2,050円


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 アメリカ Stone Brewing のセッションIPA、 GO TO IPA をいただきました。 とにかくフレッシュな香りがすごいです。 そんなものはないですが、搾り立てのホップジュースのようです。 ボトルには ENJOY FRESH と書かれていますが、 そのキャッチに偽 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカ Stone Brewing のセッションIPA、
GO TO IPA をいただきました。

アメリカ Stone Brewing GO TO IPA

とにかくフレッシュな香りがすごいです。
そんなものはないですが、搾り立てのホップジュースのようです。
ボトルには ENJOY FRESH と書かれていますが、
そのキャッチに偽りなし、と云ったところでしょうか。

ENJOY FRESH

逆に言えば、アルコール度数は4.5%と低いのですが、
それよりも低く感じられて、少し物足りない気もします。

これはこのビールに限ったことではないのですが、
セッションIPAということで、最初の一杯としてのセットアッパー、
もしくは、途中の休憩として飲むのがいいかなと思いました。

[関連リンク]
STONE® GO TO IPA™(公式サイト)



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 アメリカ Pizza Port Brewing のポント セッショナブル IPA という ビールをいただきました。ビールの色は少し薄い感じです。 フルーティーな香り、ほどよい苦み、そしてスッキリと味わい、と 三拍子揃った美味しいビールです。これでアルコール度 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカ Pizza Port Brewing のポント セッショナブル IPA という
ビールをいただきました。ビールの色は少し薄い感じです。

アメリカ Pizza Port ポント セッショナブル IPA

フルーティーな香り、ほどよい苦み、そしてスッキリと味わい、と
三拍子揃った美味しいビールです。これでアルコール度数が4.5%という
飲みやすさなのも素敵ですね。

とにかく飲みやすいのですが、ホップの香りがシトラス系なのもあって
柑橘系のミックスジュースを飲んでいるようです。
これで副原料は使っていない、麦芽とホップだけのビールなんて
ビール好きじゃないとわからない気がします。
そういう意味でも、日本のラガービールが苦手な人にも
飲んでみてほしいビールですね。
ああ、このビール、どこか樽生で飲めないものでしょうか。

[関連リンク]
Pizza Port Brewing(公式サイト)





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 アメリカはフィラデルフィアのブルワリー、 ヴィクトリーブルーイングのホップデビルなるビールをいただきました。 ホップの悪魔とは一体どんなビールなのか!? 色は結構、濃い目でスタイルはアメリカンIPAとのことですが、 苦みよりも風味が特徴的だ ... 続きを読む

どうも、麦酒男です。


アメリカはフィラデルフィアのブルワリー、
ヴィクトリーブルーイングのホップデビルなるビールをいただきました。
ホップの悪魔とは一体どんなビールなのか!?


アメリカ VICTORY BREWING HopDevil


色は結構、濃い目でスタイルはアメリカンIPAとのことですが、
苦みよりも風味が特徴的だなぁ、と思いました。
デビルってくらいだから、苦みも香りもドカーン!って感じの
アメリカンエクストリームなビールかと思いきや、
ホップの悪魔は意外とマイルドでした。
苦みを表す数値、IBU は80と高めなんですけどね。


麦芽の香りなのか、それとも酵母によるものなのか、
印象としては、Punk IPA に近かったです。IPAと云われて飲むんだけど、
イメージとは違う美味しさがある、というような。
ともすれば、薬品的な香りに感じてしまうパンクIPAですが、
こちらもちょっとその気があるかも。ペアリングには気をつけたいところです。


▼AQベボリューション(インポーター)
http://www.aqbevolution.com/




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 先日、日本でも発売が開始されたアメリカのクラフトビール、 ブルームーンをいただきました。アメリカではかなりメジャーなビールで、 クラフトビールを好きになるきっかけのビールとしても いろいろな人の思い出に残っているビールな気がします。 オ ... 続きを読む

どうも、麦酒男です。


先日、日本でも発売が開始されたアメリカのクラフトビール、
ブルームーンをいただきました。アメリカではかなりメジャーなビールで、
クラフトビールを好きになるきっかけのビールとしても
いろいろな人の思い出に残っているビールな気がします。


ブルームーン Belgian-Style Wheat Ale


オススメにしたがってオレンジを添えていただきました。
スパイシー&フルーティーで飲みやすいビールです。
夏の昼間にグイッと飲んでもいいし、夜にまったり飲んでもいい。
合わせる料理はちょっと選びますが、老若男女問わず、
人を選ばずにオススメできるビールなんじゃないかと思います。


オレンジを添えるスタイルに関してですが、
すごく香りのいいオレンジを添えてしまうと、
オレンジのフルーティーさにビールが負けてしまう気がしました。
グラスを口元に持って行った時にオレンジが香り、
ビールを飲むとそのギャップでアルコール感を強く感じるような…


このあたりは注ぎ方、飲み方で変わってきそうなので、
流儀みたいなものを教えてもらいつつ、
美味しいブルームーンを飲んでみたいなぁ、と思いました。
いずれにしても、これは一度飲むべきビールです。
まだ飲んだことのない方はぜひ!!


▼BLUE MOON BREWING
http://bluemoonbrewing.jp/



バカラ ビアタンブラー 350cc 12,495円(税込)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 アメリカのブルワリー SARANAC(サラナック)のWHITE IPAをいただきました。 その名の通り、小麦を使ったホワイトビールのIPAという感じの見た目です。 いただいてみると、オレンジピールとコリアンダーを使った感じがあり、 とても飲みやすいのですが ... 続きを読む

どうも、麦酒男です。


アメリカのブルワリー SARANAC(サラナック)のWHITE IPAをいただきました。
その名の通り、小麦を使ったホワイトビールのIPAという感じの見た目です。


アメリカ SARANAC WHITE IPA


いただいてみると、オレンジピールとコリアンダーを使った感じがあり、
とても飲みやすいのですが、後味に心地よい苦味が残ります。
同じくオレンジピールとコリアンダーを使っている有名なビールに
ヒューガルデンホワイトがありますが、ヒューガルデンは柑橘系の香り、
こちらは桃やアプリコットのような甘い香りが特徴的です。
さらに最後に苦味が来るので、ある意味で贅沢なビールと云えそうです。


数年前からアメリカのトレンドは、IPA→ベルジャンと移ってきたようですが、
このビールはベルジャンホワイト×IPAと言った感じで、
良いとこどりをしたイメージでしょうか。
サラナックのビールで特徴的なものがあまり記憶にないのですが、
このビールに関していえば、他のビールには無い特徴があり、
サラナックを代表するビールになっているのではないかと思いました。


早くも勝手にビールアワード候補の1本ですので、
機会を見つけてぜひ試してほしいビールです!


▼Saranac
http://www.saranac.com/




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 アメリカの大手(?)クラフトブルワリー、シエラネバダの TORPEDO EXTRA IPA(トーピードエクストラアイピーエー)をいただきました。 パッケージは通常のシエラネバダのデザインですが、 その名前はかなり強力そうなものになっています。 トーピード ... 続きを読む

どうも、麦酒男です。


アメリカの大手(?)クラフトブルワリー、シエラネバダの
TORPEDO EXTRA IPA(トーピードエクストラアイピーエー)をいただきました。
パッケージは通常のシエラネバダのデザインですが、
その名前はかなり強力そうなものになっています。
トーピードとは魚雷のことですが、ここでいうトーピードは “Hop Torpedo”、
ホップの詰まった筒のようなものだそうです。その筒を通すことで、
ビールがさらにホッピーになるという… ということで、EXTRA IPAなんですね。


アメリカ シエラネバダ TORPEDO EXTRA IPA


いただいてみると、フルーティというよりもグラッシーな香りがするビールです。
アルコール度数は7.2%とIPAとしては一般的でしょうか。
苦味が際立って強いとは思いませんが、ドッシリとしていて重い苦味があります。
缶なので、冷やして飲むようなイメージがありますが、
温度は少し高めにしても美味しいかもしれません。


最近のアメリカのクラフトブルワリーは、缶での流通を取りいれるところが
増えているようですが、日本でもいくつかのブルワリーが共同で
缶詰の工場を作ったりすることもあるのでしょうか?


いずれにしても、アメリカのクラフトビールが缶になることによって、
日本にも流通しやすくなって、いろいろとおいしいビールが
飲めるということはファンにとっても喜ばしいことではないでしょうか。
特にアメリカの強いIPAや樽熟成の珍しいビールが
どんどん輸入されたら、個人的には嬉しいなぁと思います。


▼Sierra Nevada TORPEDO EXTRA IPA
http://www.sierranevada.com/beer/year-round/torpedo-extra-ipa



シエラネバダ ペールエール 520円




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote