生ビールブログ

ビールに関するブログです。おいしいお店、ビールの情報、ビアガーデン、ビール美人、つまみレシピ、豆知識…

タグ:アメリカ

アメリカ・Pizza Port Brewing(ピッツァポート)のピルスナーをいただきました。フルーティーな香り、果実味のある味わい、程よい苦味… アメリカンクラフトビールのピルスナーとしてはかなり美味しかったです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

Firestone WalkerSaint ArcherSierra Nevada に続き、アメリカ・Pizza Port Brewing(ピッツァポート)のピルスナーをいただきました。グラスに注ぐとすぐにフルーティーな香りが漂いました。

アメリカ Pizza Port Brewing Pick Six Pilsner

いただいてみると、果実のようなフルーティーな風味、そして程よい苦味を感じられます。果実のような香りがあるので、甘さがあるのかもと脳が勘違いをしている気もしますが、それもまた美味しいんですよね。ポント セッショナブル IPA を始め、ピッツァポートのビールはどれもハズレが無くて素晴らしいと思っているのですが、このピルスナーもまた素晴らしいビールでした。

できたてじゃなくっても…



さて、前回いただいたSierra Nevadaのビールは、時間が経っていたので少し残念な感じがしたのかな、と思いましたが、賞味期限を見るとこのピックシックスピルスナーも同じ期日でした。いろいろな要素はあると思いますが、このビールの味は十分なものでした(早めに飲んだらもっともっと美味しかったのかもしれませんけども…)。劣化しやすいビール、しにくいビールがありそうですが、そういう点でもピッツァポートのビールは信頼できるビールだと思いますし、多くの人にオススメしたいビールです。

アメリカのホッピーなピルスナー



アメリカのホッピーなピルスナーを4ついただきましたが、全体的には数年前と比べてレベルがすごく上がっていると思いました。数年前にアメリカでいろいろなピルスナーを飲んだ時には「やっぱりアメリカはペールエールで、ピルスナーは日本の方が美味しいなぁ」なんて思っていたんですが、それは今では変わってきたようです。美味しいビールが増えるってのは悩みが増えることでもありますが、うれしいことでもありますね。2017年のトレンドはどんな感じになりますかね〜。

[関連リンク]
Pizza Port Brewing(公式サイト)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

アメリカ Sierra Nevada Brewing(シエラネバダ ブルーイング)の NOONER PILSNER(ヌーナーピルスナー)を飲んだ感想です。ただ、飲むのが遅すぎたかもしれません。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

Firestone WalkerSaint Archer に続き、またまたホッピーなピルスナーにチャレンジです。今回の Sierra Nevada Brewing もアメリカ・カリフォルニアのブルワリーです。

アメリカ Sierra Nevada Brewing NOONER PILSNER

ビールのスタイルはボヘミアンピルスナーではなく、ジャーマンピルスナーということで甘さを感じるようなものではないのかもしれませんが、香りも苦味も少し弱く感じました。「アレッ?」と思って製造年月日を見てみると、去年の7月… これは飲むのが遅かったのかもしれません。とはいえ、オフィシャルの賞味期限は2017年4月なので、美味しくあってほしい気もします。

ビールはできたてが美味しいわけで…



大抵のビールはできたてが美味しくて、特にピルスナースタイルが缶の中で熟成されるなんて聞いたことがありません。ということで、今回のビールは飲むのが遅すぎたようです。できれば缶詰から2ヶ月以内にいただきたいものですが、アメリカから日本にやってくるとなるとなかなか難しいかもしれないですし、そうなるとやはり自分で飲みに行かなければなんですよね。

たまには劣化しにくいビールもあります



時々時間が経っていても美味しいビールがある不思議… 保存されていた状態だったり、自分の体調にも関わってくるのでなんとも言えないんですけども。ともかくこれはアメリカに行って飲むフラグだと思って、次回、このビールを飲むのを楽しみにしたいと思います。

[関連リンク]
NOONER® PILSNER(公式ページ)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

カリフォルニア・Saint Archer Brewing のホッピーピルスナーをいただいた感想レポートです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

最近、流行りのホッピーピルスナーをいただきました。前回の Firestone Walker に続き、今回はカリフォルニアの Saint Archer Brewing のホッピーピルスナーです。

アメリカ Saint Archer Hoppy Pilsner

このビールも名前の通り、ホッピーなピルスナーで美味しいですが、Firestone Walker のものと比べると甘みというか旨みが少し弱く感じます。香りと苦味はさすがアメリカのブルワリーという感じでよく出ていますが、ボヘミアンスタイルとしては甘さが弱いので、ちょっと物足りない気もします。

ただ、喉が渇いた時にある程度の満足感も得つつ、グイッと飲むならこれくらいでもいいのかな、とも思いました。ドリンカビリティに優れているビールって、考え方によってはドンドン飲んじゃってお金がかかるということもあるかもしれませんが、このビールだったら1杯で満足感を得られるかもしれない… みたいな。

アメリカンクラフトピルスナー

個人的な好みだと Firestone Walker に軍配が上がりましたが、さてまだ冷蔵庫に眠る残りのふたつのビールはどうでしょうか? 近々、飲んでみたいと思います。

[関連リンク]
Saint Archer Brewing(公式サイト)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

アメリカ西海岸にあるブルワリー Firestone Walker Brewing の PIVO: HOPPY PILSNER をいただいた感想レポートです。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカ西海岸のブルワリー FIRESTONE WALKER BREWING COMPANY(ファイアストーンウォーカーカンパニー)のピルスナー「PIVO: HOPPY PILSNER(ピヴォ ホッピーピルスナー)」をいただきました。ドイツ、イタリア、チェコのピルスナーを意識して造られたピルスナーということですが、色はかなり明るく、まるでライトラガーのようですが、果たして!?

アメリカ Firestone Walker Brewing PIVO: HOPPY PILSNER

いただいてみると、ホップの爽やかな香り、ほどよい苦味、さらには麦芽の甘みというか風味を感じられる美味しいピルスナーでした。プラズドロイ(ピルスナー・ウルケル)よりもフルーティ、エーデルピルスよりも苦味は強く、さすがアメリカンクラフトのピルスナーという感じでした。サクッと書いてしまいましたが、これ、美味しいです! 見かけたら買うべきビールです!

バランスで評価するならば、少し崩れているというか、飽きやすい部分もあるのかもしれませんが、一杯目の満足感はかなりのものです。これもグラスによって味わいが変わるかもしれませんが、公式サイトでは細いグラスに泡をしっかり立てての写真でした。今回は一缶しか買って来なかったので飲み比べることはできませんが、機会があったらマグと細いグラス、泡の有無など、飲み比べてみたいですね。

アメリカンクラフトピルスナー

実はこの他にもアメリカのブルワリーがリリースしているピルスナーをいくつか買ってきたので、早めに飲んでみようと思います。お楽しみに!

[関連リンク]
FIRESTONE WALKER BREWING COMPANY(公式サイト)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ニューヨークの南、ペンシルベニア州にあるVictory Brewing(ヴィクトリーブルーイング)のPrima Pils(プリマピルス)をいただきました。緑茶のような苦みが美味しいビールでした。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

昨日に引き続き、アメリカのビールをいただきます。今日はニューヨークの南、ペンシルベニア州にあるVictory Brewing(ヴィクトリーブルーイング)のPrima Pils(プリマピルス)です。このビール、以前は瓶でいただいたのですが、アメリカンクラフトビールの流れでしょうか、今回は缶でいただきました。

アメリカ Victory Brewing Prima Pils

一口飲んでみると、緑茶のような苦みが口に広がります。柑橘系の香りでは無く、お茶のような感じなので、どことなく高貴な印象でしょうか。ただ、食事とは合わせづらいのかな、とも… このビールはこのビールだけの世界観があるといいますか、孤高の風味があるので、これだけを楽しむ、ということでもいいのかなと思います。

振り返ってみれば、今まで飲んだプリマピルスって、あまりいい印象ってないんですよね。今回は缶だから劣化が少なかったのか、それとも飲むまでの行程に違いがあったのか… それはハッキリとはわかりませんが、輸送のコストを考えれば瓶ではなく缶になっていくのもわかりますし、沖縄に住んでいると送料もバカにならないので、日本のブルワリーでもこういった試みが広がっていけばいいなぁ、と思います(コンビニの棚を考えると、缶じゃないと並べてもらえない気もしますし)。ついでに言うと、樽もステンレスではなく、返却不要のキーケグがもっと普及したらうれしい限りです。

キーケグとは?
”Keykeg”(キーケグ)とは最新技術を使って作られたペットボトル素材の使い捨て容器で、ビールのみならず、ワインや日本酒にも使える優れた大容量パッケージです。
参考:【プロ向け】キーケグ大解説(CRAFT DRINKS)

閑話休題。昨日に引き続き、このビールも美味しいですし、大手メーカーのピルスナーとの違いが分かりやすいので、クラフトビール初心者の方にもオススメしたいビールです。

[関連リンク]
Victory Brewing Company Prima Pils(公式ページ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

アメリカ エイブリ―醸造所のエル ゴーゼをいただきました。小麦麦芽、乳酸菌、塩、ライムを使ったこのビール、とてもさわやかで毎日飲みたくなるくらいの美味しさでした。 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカのブルワリー Avery Brewing(エイブリ―ブルーイング)のEl Gose(エルゴーゼ)というビールをいただきました。とくに予備知識もなく飲んでみたんですが、このビールには驚かされました。

アメリカ Avery Brewing El Gose

このビールのスタイルはその名の通り、「ゴーゼ」というスタイルです。ゴーゼは小麦麦芽に乳酸菌、塩を使ったサワーエール(酸っぱいビール)で、日本の大手メーカーのビールからすると「全然違う」ビールになっています。

原材料を見ると、塩やライムとありますが、飲んでみると塩のしょっぱさは感じません。すっきりとした柑橘系の風味、そして穏やかな酸味を感じられます。アルコール度数は4.5%ですが、アルコールはそこまで感じず、ジュースのようにグイグイ飲めちゃいます。ジョッキでビールが飲みたい時のビールではありませんが、美味しいお酒(もしくはジュース?)を飲んでいる満足感で満たされます。

アメリカ Avery Brewing El Gose 原材料

6月にニュージーランドに行ってから、サワーエールにハマりつつあるのですが、このビールは飲んでも「酸っぱい!」とはならない飲みやすいものでした。逆に言うと、酸っぱさを求めている人には物足りないかもしれませんが、単純においしいと思える素敵なビールだと思います。

大手ビール以外のいろいろなクラフトビールが飲めるようになりましたが、このビールもまたビールの多様性を知ることができる美味しいビールのひとつだと思います。ゴーゼというスタイルのビールを飲んだことが無い方はぜひ試してみてください!

[関連リンク]
Avery Brewing El Gose(公式ページ)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 アメリカのブルワリー Alpine Beer Company(アルパインビアカンパニー) の WIPAをいただきました。名前は Pure Hoppiness(ピュアホッピネス)… 純粋なホップ的幸福、という感じでしょうか。アルパインビアカンパニーは サンディエゴのブルワリーで ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカのブルワリー Alpine Beer Company(アルパインビアカンパニー) の
WIPAをいただきました。名前は Pure Hoppiness(ピュアホッピネス)…
純粋なホップ的幸福、という感じでしょうか。アルパインビアカンパニーは
サンディエゴのブルワリーですが、同じくサンディエゴのブルワリーである
グリーンフラッシュから2014年に買収されています。

アメリカ Alpine Beer Company Pure Hoppiness

飲んでみると、さすがというか、なるほどというか、ホップのグラッシーな
苦味が個性的なおいしいIPAでした。グリーンフラッシュのWIPAは
柑橘系の香りも漂いますが、それよりも草寄りな香りを感じます。
ここは好みになりますが、美味しいWIPAであることには変わりありません。

アメリカでどれだけ流通しているのかとか、グリーンフラッシュとの価格差が
どんなものなのかはわかりませんが、選択肢としてこのビールがあるのは
素敵なことだと思います。まあ、個人的には柑橘系の香りが好みなので、
このビールをファーストチョイスにすることは無いのかな、と思いますが…
草っぽい香りや苦味が好きな方にはオススメのビールです。

[関連リンク]
Alpine Beer Company(公式サイト)
Alpine Beer Company Pure Hoppiness(RateBeer)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 3年前にSARANACのWHITE IPAを飲んで以来、美味しいホワイトIPAを 探していたんですが、やっと出会えました。同じアメリカのブルワリー、 Sierra Nevada Brewing(シエラネバダブルーイング)の Hoppy Wheat IPA です。 JR東京駅八重洲地下街のリカー ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

3年前にSARANACのWHITE IPAを飲んで以来、美味しいホワイトIPAを
探していたんですが、やっと出会えました。同じアメリカのブルワリー、
Sierra Nevada Brewing(シエラネバダブルーイング)の Hoppy Wheat IPA です。
JR東京駅八重洲地下街のリカーズハセガワ本店で購入しました。

Sierra Nevada Brewing Hoppy Wheat IPA

グラスに注ぐとフローラル&フルーティーな香りが漂います。
飲んでみると、苦味はあるけど、エグ味はありません。
香りと苦味のしっかりとしたビールで、喉にもスムースに入ってきます。

いろいろと濃いIPAを飲んでいると、飽きちゃうこともあると思いますが、
これであればずっと楽しみながら飲めるだろうなぁ、と思います。
アルコール度数は6.2%と若干高めですが、肉感の強いハンバーガーと一緒に、
ゴクゴク飲みたいIPAですね。ホッピーウィートIPA、期待通りの美味しさです!

かなりきれいなビールではありますが、フレッシュホップというか、
とれたてのホップを使ったバージョンも飲んでみたいなぁ、と思いました。
来年の今頃、ポートランドで飲めていたら幸せだなぁ。

[関連リンク]
Sierra Nevada HOPPY WHEAT IPA(公式ページ)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 アメリカ・シアトルのブルワリー Elysian Brewing(エリシアンブルーイング)の SUPERFUZZ BLOODORANGE PALE(スーパーファズ ブラッドオレンジペール)を いただきました。こちら、ジャケ買いならぬラベル買いをしてしまったビールです。 その名の ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカ・シアトルのブルワリー Elysian Brewing(エリシアンブルーイング)の
SUPERFUZZ BLOODORANGE PALE(スーパーファズ ブラッドオレンジペール)を
いただきました。こちら、ジャケ買いならぬラベル買いをしてしまったビールです。

アメリカ Elysian Brewing SUPERFUZZ BLOOD ORANGE PALE

その名の通り、ブラッド・オレンジを使ったペールエールで、柑橘系の香りのする
ホップとの相性もよく、美味しいペールエールでした。Fuzz というのは、
綿埃とか縮れっ毛みたいな意味だったり、エレキギターのエフェクターでも
あるらしく、ラベルデザインにも納得ではあるんですが、味としてはわからず…
シアトルと云えばジミ・ヘンドリックス、で、そんなラベルでもあるのですが、
SUPERFUZZ =ジミヘンだったりするのでしょうか?

気候のことを考えたら、アメリカ西海岸で飲むこのビールは
かなり美味しいだろうなぁ、と想像できます。香りを楽しんだ後にゴクリと飲めば、
オレンジの皮の渋みのような感覚が喉の奥に残ります。この感覚、面白いです。

日本のおつまみと合わせるのであれば、レモンを絞った鶏の唐揚げあたりが
良さそうな気がします。アメリカだったら、ジューシーなハンバーガーも
いいんじゃないかと思います。そのまま飲んでも美味しいですが、
何かつまみと一緒に楽しみたくなる… そんなビールだと思います。
これって、アメリカのビールでは珍しい気がするんですが、いかがでしょう?

[関連リンク]
Elysian Brewing(公式サイト)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 アメリカ・サンディエゴのブルワリー BALLAST POINT Brewing の Grapefruit Sculpin(グレープフルーツ スカルピン)をいただきました。 BALLAST POINT のスカルピンIPA といえば、IPA の中でも 定番といえる美味しいビールですが、そのグレープフルー ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカ・サンディエゴのブルワリー BALLAST POINT Brewing の
Grapefruit Sculpin(グレープフルーツ スカルピン)をいただきました。
BALLAST POINT のスカルピンIPA といえば、IPA の中でも
定番といえる美味しいビールですが、そのグレープフルーツ版です。

アメリカ BALLAST POINT Brewing グレープフルーツ スカルピン

グラスからは、フルーティーなホップに加えて、グレープフルーツの
いい香りが漂います。飲むとさらにグレープフルーツの皮のような
渋みも感じることができます。IPA ですし、決して甘いビールではありませんが、
たしかにグレープフルーツを感じる美味しいビールです。
アルコール度数は7%なんですが、強すぎず弱すぎずな感じもいいですね。

バラストポイントのビールは、この他にもパイナップルやハバネロを使った
スカルピン IPA や、スイカやマンゴーを使ったビールもあります。
これがどれもしっかりとフルーツの香りがして、ビールともマッチしていて
美味しいんです。スイカもなかなかでしたが、グレープフルーツがベストでした。
このビール、オススメです! IPA 好きでまだ飲んでいないという方はぜひ!

ラベルずれてる

そういえば、今回買ってきたボトルはめっちゃラベルがずれていました。
なかなか珍しい気がするのですが、いかがでしょうか?



[関連リンク]
BALLAST POINT Brewing(公式サイト)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 アメリカ・サンディエゴの Mike Hess Brewing のダブルIPAを いただきました。こちら、ただのライ麦を使ったダブルIPAで アルコール度数は8%、苦味を表わす数値は 100 IBU となっています。 グラスに注ぐと、IPAらしくホップのフルーティーな香り ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカ・サンディエゴの Mike Hess Brewing のダブルIPAを
いただきました。こちら、ただのライ麦を使ったダブルIPAで
アルコール度数は8%、苦味を表わす数値は 100 IBU となっています。

アメリカ Mike Hess Habitus Double IPA

グラスに注ぐと、IPAらしくホップのフルーティーな香りが漂います。
飲むとしっかり苦いのですが、その先にふんわりと甘みがあり、
ゆっくりと飲むのにいいビールだなぁ、と思いました。
あまり冷やし過ぎずに、映画でも見ながらじっくり飲むと、味わいの変化も
楽しめて良さそうです。IPA好き、ライビール好きには自信を持って
オススメできる、美味しいビールです。

今回は缶でいただきましたが、樽生だとどうなるんだろう。フレッシュな感じが
出ていると、ビールの雰囲気が変わっちゃう気がしますが… 興味深いところです。

World Beer Cup 2014 金賞受賞

さて、このビール、World Beer Cup 2014 のライ麦ビールカテゴリーで
金賞を受賞したビールで、美味しいのは確かなのですが、
それよりも気になったのがプルトップです。これ、わかりますでしょうか?

ちょっと変わったトップ

プルトップをひねるとパッカーン!

パカーン!

と、蓋の部分が大きく取れます。そのまま飲む、ということなのか、
それとも注ぐ時に泡が立たない仕掛けなのか、設計の意図はわかりませんが、
どちらにしてもこのビールに向いていると思いました。
日本でもワンカップの瓶を茶色にしたり、そんな感じでいろいろな
パッケージが出てきたら面白いなぁ、と思いました。

[関連リンク]
HABITUS DOUBLE INDIA PALE ALE(公式ページ)
Mike Hess Habitus Rye IPA(Ratebeer)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 アメリカ Bear Republic Brewing のビールをジャケ買いしました。 なぜジャケ買いなのか、お分かりになりますでしょうか…? 女性はあまりわからないかもしれません。 実はこのデザイン、日本のアニメ「マクロス」をモチーフにしていると思うん ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカ Bear Republic Brewing のビールをジャケ買いしました。

アメリカ Bear Republic Brewing  Mach 10

なぜジャケ買いなのか、お分かりになりますでしょうか…?
女性はあまりわからないかもしれません。

アメリカ Bear Republic Brewing  Mach 10

実はこのデザイン、日本のアニメ「マクロス」をモチーフにしていると思うんです。
ちなみに、マクロスのタイトルロゴはこちらです。

超時空要塞マクロス

綴りも MAC まで一緒ですし、戦闘機が飛んでますし、なぜか
カタカナも使っていますし、まあ、間違いないと思います。
ブルワーさんにマクロス好きな人がいたんでしょうか?
その割にロゴ以外のデザインは適当ではあるんですが…

さて、ビールはダブルIPAということで、しっかりと苦いアメリカの
IPAという感じでした。ルックスの色以上にホッピーで、
飲んだ後に若干スモーキーな感じがあります。
戦闘機が過ぎ去って、最後に煙が残るようなそんなイメージですかね…

通常、クラフトビールは樽生で飲みたいんですが、
こういうラベルだったら、ついつい買ってしまいそうだなぁ、
というか、買ってしまった、というビールでした。





このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 アメリカ東海岸のブルワリーのひとつにサミュエル・アダムスがありますが、 日本だとボストンラガーくらいしか見たことがありませんでした。 が! ここに来てラガー以外も日本に入ってくるようになったようです。 ということで、今回は REBEL IPA をい ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカ東海岸のブルワリーのひとつにサミュエル・アダムスがありますが、
日本だとボストンラガーくらいしか見たことがありませんでした。
が! ここに来てラガー以外も日本に入ってくるようになったようです。
ということで、今回は REBEL IPA をいただきました。

アメリカ サミュエル・アダムス REBEL IPA

サミュエル・アダムス ボストンラガーの香りを感じつつも、
しっかりと苦く、そして少しの甘さを感じます。
ホップのフルーティーな香りが強かったり、とんでもない苦味が
あったり、というIPAが目立つ中で、かなりスタンダードというか、
直球勝負なIPAという気がします。

REBEL(反逆)という名のビールですが、だからこその王道なのでしょうか?
ちなみにこのビールに使われているホップはすべて西海岸のものだそうで、
東海岸のブルワリーということを考えると、そういう意味での
「反逆」ということもあるのかもしれませんね。
アメリカのフーターズには、ボストンラガーがありましたが、
そろそろIPAもラインナップされていたりするのでしょうか…?

HOOTERSガール at サンタモニカ

日本のフーターズにも置いてほしいなぁ…



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 今年の夏にブレイク必死のビアスタイル、セッションIPAですが、 アメリカ ワシントン州 BLACK RAVEN(黒いカラス)BREWING の SON OF BIRDSERKER SIPA をいただいてみました。 アルコール度数は5%で、同じBLACK RAVEN の BIRDSERKER TIPA(こちら ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

今年の夏にブレイク必死のビアスタイル、セッションIPAですが、
アメリカ ワシントン州 BLACK RAVEN(黒いカラス)BREWING
SON OF BIRDSERKER SIPA をいただいてみました。

BLACK RAVEN BREWING SON OF BIRDSERKER SIPA

アルコール度数は5%で、同じBLACK RAVEN の
BIRDSERKER TIPA(こちらはトリプルIPA)の半分となっています。
ということで、SON OF BIRDSERKER、息子という感じなのかな?

アルコール度数は5%

そもそも BIRDSERKERってなんだろうと思ったんですが、
おそらくはバーサーカーをもじっているんじゃないかと思います。
カラスのブルワリーなので、バー(ド)サーカーというね…
日本だとバーサーカーって狂戦士っぽいニュアンスですが、
アメリカではどうなんだろう… と、いろいろわからないことが多いですが、
ビール自体は美味しいです。ホップの香り、苦味をスムーズに味わえます。

セッションIPA

ただ、コエドやヤッホーのセッションIPAを飲んだ後だと、
このビールだけの特徴という点で少し弱いかな、という気もします。
決して不味くはないんだけど、次から指名買いする感じでもない…
アイドルグループの一員、のような感じでしょうか。
ライブを観たら(現地で飲んだら)感想もだいぶ変わりそうですけども…
このブルワリー、他のビールも気になるものが多いです。
たとえば、先のBIRDSERKER TIPA とか REDFEATHER SIPA とか。
REDFEATHER SIPA なんてレッドセッションIPAです。
まだ飲んだことがないスタイル、憧れます! 飲めるのはいつになるかな〜。

[関連リンク]
BLACK RAVEN BREWING(公式サイト)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 アメリカはシアトルのブルワリー Elysian Brewing の直営店、 Elysian Fields(エリシアンフィールズ)に行ってきました。 駅からもスタジアムからも近いビアバー エリシアンフィールズは、アメリカの鉄道 アムトラックの シアトル・キング・ストリ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカはシアトルのブルワリー Elysian Brewing の直営店、
Elysian Fields(エリシアンフィールズ)に行ってきました。

Elysian Fields 外観

駅からもスタジアムからも近いビアバー


エリシアンフィールズは、アメリカの鉄道 アムトラックの
シアトル・キング・ストリート駅から歩いて5分くらいの場所にあり…

シアトル キングストリート駅

NFL や MLS で使われるセンチュリーリンク・フィールドの横にあります。

センチュリーリンクフィールド

この日はシーズンオフだったので、お客さんの入りはほどほどでしたが、
シーズン中は満員電車のように人で溢れるお店のようです。

Elysian Fields カウンター

テイスターセット、もちろんあります


さて、この日もビアバー巡りの味方、テイスターセット(9ドル)をいただきました。

テイスターセット

左から、ジャスミンIPA、CAMA CITRA(フレッシュホップIPA)、
50 SHADE OF GREEN(フレッシュホップPA)、SPACE DUST(IPA)、
P-SMOOVE(パンプキンクリームエール)となっています。

ビールメニュー

フレッシュホップを使ったビールはどうしても香りに雑味が入ってくる感じで、
ジャスミンIPAが一番好みでした。沖縄でも造ったらいいのに、さんぴんIPA!

タコスが手軽で美味しい


さて、いろいろなビールを飲みつつ、タコス(ひとつ1.5ドル)をいただきました。

タコス!

オーダーしたのは、牛タンのタコスとチキンのタコスです。
いや~、挽き肉じゃないのがいいですね! 牛タンってのは初めてです。

牛タンのタコス

これにサルサソースをかけて、がぶりといただきます。
牛タンは程よく脂も食感もあって美味しかったです。
ビアバーの皆さま、ビールとタコスの相性は抜群ですよ!

そんなわけでセンベロとは行きませんでしたが、
リーズナブルにビール&フードを楽しんだエリシアンフィールズなのでした。

先日、大手メーカーに買収されました


さて、このエリシアンですが、つい先日、バドワイザーのメーカーである
Anheuser-Busch InBev 社に買収されました。共同経営者だった
ディック・キャントウェル氏ら3名はエリシアンに残るらしいのですが、
これからどんな展開が待っているのでしょうか。

Elysian Fields 店内

以前紹介した Pyramid Brewery も大手企業に買収されたブルワリーだそうですが、
直営のエールハウスは美味しかったし楽しかったですけどね。

ブルワリー

ということで、買収前のエリシアンに行ってきた話、ではなく、
オトクにビールとフードを楽しんだエリシアンフィールズでした。
ピラミッドエールハウスと同様、ここはシーズン中にまた来たいなぁ。

[関連リンク]
ELYSIAN FIELDS(公式ページ)
Elysian Fields(yelp)


【アメリカビール】エリシアン イモータル 355ml 503円


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 アメリカはシアトルのブルーパブに行ってきました。 こちらはPyramid Brewing(ピラミッドブルーイング)という 醸造所直営のビアバーになります。建物の前にはピラミッドがあります。 さらに入口に近づくとこんな感じです。場所はシアトルの駅前、 ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

アメリカはシアトルのブルーパブに行ってきました。
こちらはPyramid Brewing(ピラミッドブルーイング)という
醸造所直営のビアバーになります。建物の前にはピラミッドがあります。

ピラミッドエールハウスのピラミッド

さらに入口に近づくとこんな感じです。場所はシアトルの駅前、
MLB マリナーズの本拠地であるセーフコ・フィールドや
NFL シアトル・シーホークスや MLS シアトル・サウンダーズFC の
本拠地であるセンチュリーリンク・フィールドからすぐの場所です。

シアトル ピラミッドエールハウス

店内はかなり広め。スポーツのシーズンの時には、ここがいっぱいになるようです。
スタジアムに入れなくても、ここでビールを飲みつつ観戦ってのもいいですね。

ピラミッドエールハウス 店内

カウンターに陣取っての一杯目は India red session ale をいただきました。
アメリカではセッションエールが増えてきました。飲みやすいビール大歓迎!

India red session ale


さて、落ち着いてビールメニューを見ると、こちらで醸造しているビールだけで
かなりの数がありました。飲みきれねえ… とてもじゃないけど飲みきれねえ。

ビールメニュー

ということで、こういう時のテイスターセットです。写真的にも素晴らしい!

Pyramid Alehouse サンプラーセット

この5つのビール(実はひとつはサイダーですが…)に合わせるのは、
カラマリストリップスという、細長いイカフライです。
リングをカットしたら細長くなりますね。

カラマリストリップス

マヨネーズをガッツリつけて食べるのがアメリカ流、たぶん。

続いては、名物だというワイルドアラスカンサーモンをいただきます。
この肉厚のカットがアメリカ流、たぶん。

ワイルドアラスカンサーモン

日本のビアバーだとこういうサーモンってあまり出てこないので
なかなか興味深かったです。もちろん、美味しかったですし。
ご飯の上にのっていたので、日本風に言えば、焼きジャケご飯とか?

ワイルドアラスカンサーモン

こちらのブルワリーは元々オレゴンにあったそうですが、
シアトルに移転してきたんだそうです。そんなこともあるんですね。

受賞歴

いろいろなアワードのメダルなんかも掲げられていました。
日本では馴染みが少ないブルワリーではありますが、人気なのかな~。

そうそう、お土産もいろいろありました。こういうのはうれしいです。

ピラミッドエールハウス グッズ

そんなわけでビールも食事もお土産も、もひとつ、雰囲気も楽しめました。
スタジアムの近くにある広いクラフトビールのお店… 日本でもできないかなぁ。
名古屋あたりだったら、スポーツチームもあるし、ブルワリーもあるし、
良さそうなんじゃないかと思うんですけど、どうでしょうか。

[関連リンク]
Pyramid Brewing Seattle Alehouse(公式ページ)
Pyramid Brewing(yelp)


富士山/フジサン/グラス/父の日/ビアグラス 日本の最高峰、富士山がグラスになりました。4,078円


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 オレゴン州とワイントン州の境目にある街・バンクーバーに行ってきました。 バンクーバーというとカナダの街を思い出しますが、アメリカにもあるんですね。 公園を散歩していると、ビアバーらしき看板を見つけました。 看板が指す方向に歩いてみる ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

オレゴン州とワイントン州の境目にある街・バンクーバーに行ってきました。
バンクーバーというとカナダの街を思い出しますが、アメリカにもあるんですね。
公園を散歩していると、ビアバーらしき看板を見つけました。

ワシントン州バンクーバーで

看板が指す方向に歩いてみると、ありましたよ、Loowit Brewing です。

Loowit Brewing Company - Vancouver ...

中に入ると赤い壁、そしてカウンターで飲んでいるお客さんが見えます。
平日の夕方ですが、結構お客さんがいて、やはり時間がゆったりと流れている感じ。

ルーウィット店内

メニューは壁にかかった黒板に書かれています。

メニューボード


ビアフライト(テイスターセット)は4種類で5.5ドル、6種類で7.5ドル。
ということで、6種類のテイスターをオーダーしてみました。

Loowit Brewing Company  テイスターセット

季節限定のスッキリ系からスタンダードなビールまで。
ビールの色がとてもきれいです。ドイツスタイルのデュンケルもありつつ、
ブロンドエールやIPAなどなど、一通り揃えている感じですね。

スッキリ系

芳醇なホップの香りが楽しめつつ、スッキリと飲めるブロンド&サマーエールが
美味しかったです。(訪問したのは9月だったので… 今は何が飲めるんだろう…)

ゆったりとしたバンクーバーらしく、地域の常連さんが多く来ていました。
というか、地域の人じゃないのは我々くらいだったんじゃかないかと。
お店の中にはペット用のお皿もあって、微笑ましかったです。

ペット用

ボトル販売の冷蔵庫、そして奥には…

奥には…

醸造設備がありました。そうなんです、ブルーパブなんですね、ここ。

醸造設備

今までにアメリカのいくつかのビアバーを巡ってきましたが、
ここでしか見なかったものを発見! それはアーケードゲームです。

アーケード!

とっても懐かしいガントレットやストリートファイターII がありました。

ビールを飲みつつゲームをしている人、飲みながら話をしている人、
グラウラーのビールを買いに来る人、いろいろな人がいましたが、
地域に根付いている感じがうらやましい、そんな素敵なお店でした。

[関連リンク]
Loowit Brewing Company(公式サイト)
Loowit Brewing Company(yelp)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 CASCADE BREWING(カスケードブルーイング)のブルーパブ、 バレルハウスに行ってきました。カスケードブルーイングは 日本ではまだあまり馴染みのない酸っぱいビール(サワーエール)を たくさんラインナップしているブルワリーのようです。 ランビッ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

CASCADE BREWING(カスケードブルーイング)のブルーパブ、
バレルハウスに行ってきました。カスケードブルーイングは
日本ではまだあまり馴染みのない酸っぱいビール(サワーエール)を
たくさんラインナップしているブルワリーのようです。
ランビックという酸っぱいビールを飲んだことのある人は多いかな?

CASCADE BREWING BARREL HOUSE(カスケードブルーイング バレルハウス)

中に入ると結構な広さで、たくさんの人がビールを飲んでいました。
かなり特徴的なサワーエール中心のお店だというのに、
ちゃんと賑わっているのは、ポートランドならでは、なのかなぁ。

バレルハウス 店内

サワーエールという、ここにしかない魅力もあるんだと思いますが、
この日、一緒に行ったメンバーでサワーエールが好きという人はおらず…

カウンター

カウンターの前にはタップが並んでいますが、その名前の通り、
バレル(樽)のあしらいがあります。そして上を見上げれば、
ビールのメニューがあります。ここも種類豊富ですね~。

本日のビール


いろいろと飲み比べたいので、みんなでサンプラーを頼みました。
僕は、ウィートスタウト(小麦の黒ビール)やIPA、
そして定番のサワーエール2つをチョイスしました。

オーダー

ということで、みんなの分と一緒にビール、キターッ!

ビール、キターッ!

横に並べてみると圧巻です。何がどれなんだかわすれないようにしないと…

カスケード バレルハウス

僕のオーダーしたものは4杯で8.5ドル。ポートランドは消費税がないので楽ですね。

レシート

サワーエールは、やはり酸っぱくって、味の個性を吟味するまでには至らず…
慣れもあるんだろうなぁ。梅干しとかレモンとか、酸っぱいものは好きなので
美味しいとは思うんですが、ビールの美味しさじゃないんだよな~、なんて思ってました。
食事やデザートと合わせると、未知なる扉が開くのかもしれませんね。

今回一緒に行ったメンバーはだいたいそんな感じの感想だった気がします。

記念撮影

そんなメンバーとみんなで記念撮影! まだ二軒目だったのでみんな元気ですね!

日本でサワーエールを飲む機会はそんなに無い気がしますが、
海外ビールに詳しい人からは、時々その評判を聞くので、
そろそろ日本でも広がって行くのかもしれません。

まだサワーエールを飲んでいない方は、ぜひ最初に飲む時の顔を
写真に撮ってみるといいかもしれません。酸っぱいあの顔になると思います!

[関連リンク]
CASCADE BREWING BARREL HOUSE(公式サイト)
CASCADE BREWING(公式サイト)
Cascade Brewing Barrel House(yelp)




このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 ポートランドのダウンタウンを歩いていたら、 Yard House(ヤードハウス)というビアバーに出会いました。 ヤードハウスはアメリカ西海岸を中心に20以上の州にお店があります。 外の看板はシンプルですが… 中にはこんな空間が広がっています。か ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

ポートランドのダウンタウンを歩いていたら、
Yard House(ヤードハウス)というビアバーに出会いました。
ヤードハウスはアメリカ西海岸を中心に20以上の州にお店があります。

外の看板はシンプルですが…

ヤードハウス

中にはこんな空間が広がっています。かっこいい!

Yard House Portland

カウンターに陣取れば、たくさんのタップが目の前に!

ヤードハウス タップ


見上げれば、限定ビールの情報や…

サインボード 今日のスペシャル

サンプラーセットの内容が表示されています。
こちらは6種類の IPA が飲めるサンプラーセット。

IPA 6パック

続いて、ベルジャンのセットもあるようです。

ベルジャン6パック

IPA好きとしては、IPAのセットをいただくわけです。
サンプラーセットのトレイって、木製のところが多いですが、
ここはイメージに合わせてか、メタルでした。クールです。

IPAセット

各IPAの説明が書かれたカードも一緒に出てきました。
こういうのがしっかりしているのは、チェーン展開しているからこそでしょうね。

IPA説明

食事は軽く、クラムチャウダーをいただきました。
塩分、ミネラルを摂りつつ、出汁的な味わいもいただける、
日本人にはありがたいメニューじゃないかと思います。

クラムチャウダー

さらにありがたいことにオイスタークラッカーもついてきました。
シアトルのパイクブルワリーでも付いてきたけど、
クラムチャウダーにはオイスタークラッカーが当たり前なのでしょうか。

オイスタークラッカー

この日はこれだけしか食べなかったのですが、公式サイトを見ると
美味しそうな食事がたくさん載っていました。次はいろいろいただきたいなぁ。

ビールをサーブするスタッフがみんな美人だったのが印象的。
みんな、様になってました。あと、写真で見ると、空間の使い方が贅沢だなぁ、と。

サーブするスタッフ

最後はホワイトIPAをいただきました。が、どのブルワリーのものだったか…

ホワイトIPA

クラフトビールを扱うビアバーというと、温かみを感じるデザインのところが
多い気がするんですが、ターミネーターが出てきそうな、こういうお店もなかなか
かっこよくていいなぁ、と思いました。他のヤードハウスもこんな感じなのかな?
Hooters じゃないけど、他のヤードハウスにも行ってみたいですね。

[関連リンク]
Yard House Restaurants(公式サイト)
Yard House(yelp)


グリーンフラッシュ Hop Odyssey White IPA 650ml 1,520円


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

どうも、麦酒男です。 シアトルで最大のタップ数を誇るのではないかという TAP HOUSE GRILL(タップハウスグリル)というお店に行ってきました。 元々、このお店のことを知らなかったのですが、 宿泊したホテルでもらったガイドに載っていたので せっかくだからと行ってみ ... 続きを読む
どうも、麦酒男です。

シアトルで最大のタップ数を誇るのではないかという
TAP HOUSE GRILL(タップハウスグリル)というお店に行ってきました。

元々、このお店のことを知らなかったのですが、
宿泊したホテルでもらったガイドに載っていたので
せっかくだからと行ってみたら、ハンパないタップ数だった、という。

TAP HOUSE GRILL 店内

夜9時くらいに行きましたが、店内は満席でした。
少し待てば座れるとのことで、ウェイティングスペースで
メニューを見つつ待ちます。160 BEERS ON TAP!

TAP HOUSE GRILL メニュー


10分少々待って、テーブル席に案内されました。
テーブルには、今日のビールなるメニューもありました。
最近、ハマっていたホワイトIPAがある!と思ったら…

今日のメニュー

ウィートIPAでした。でも珍しいのでオーダー!

Wheat IPA

小麦を使っていますが、フルーティーというよりもIPAの強さが
前面に出ている感じでした。この日はパイクブルワリーに続いての
2軒目だったので、ガツンとくるビールでよかったかな。

二軒目ですが、食事も少々いただきます。まずはメキシカンチョップサラダ。

メキシカンチョップサラダ

コブサラダ的なものの上にチキンがのっています。
軽めにサラダ、と思ってオーダーしたのですが、
こんなにガッツリと肉がのっているとは…

続いて、サクッとしたフライ的なものがいただきたいな、ってことで
オーダーしたのが、クリスプカラマリ。サクッとしたイカフライですね。

クリスプカラマリ

こちらは食感も良かったですが、甘辛のチリソースがいい仕事をしてました。
ふたりで二品オーダーしたのですが、すごいボリュームでびっくり。
このお店は4〜5人で来て、みんなでシェアしつつがいいのかな。

と思ったら、隣のテーブルのファミリーは、でっかいお皿に入ったパスタを
ひとり一皿食べていてビックリしました。アメリカンサイズだったのか…

ということで、ゆっくり食べつつ飲もうと思い、二杯目は重めのビールを…
Fort George の VORTEX IPA だったかな。お水も一緒にいただきました。

Heavy Beer

今回はテーブル席でいただきましたが、
このお店みたいにたくさんタップがあるビアバーでは
カウンターでの眺めを楽しみつつ、というのがいいかも。

TAP HOUSE GRILL カウンター

デパートもオフィスビルもある銀座のような立地で、
客層はファミリー2割、デート2割、仕事帰りのビジネスマン6割って感じでした。
お店の会員になるとお得なこともあるようで、職場の近所にあったら
ひとりでも会社のメンバーとも来ちゃうだろうなぁ、と思いました。

会員特典

ちなみに、シカゴにも TAP HOUSE Grill というお店があるのですが、
そちらとは別のお店のようです。シカゴもいつか行ってみたいなぁ。

[関連リンク]
TAP HOUSE GRILL(公式サイト)
Tap House Grill(Yelp)



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote