沖縄在住の麦酒男・タカバシさんに代わって、
東京周辺のビアバーをレポートしております、はるかです!

今回は、ちょっと羽を伸ばして静岡へ参上!
静岡駅の近くにあります、「ビールのヨコタ」に行ってまいりました!

ビールのヨコタ

今回はどアウェーな地でもあるので、やや緊張気味。
ドキドキしながら店内に入ると…
暗めの落ち着いた空間がそこに。とても大人っぽいです。

言うなれば、
戦地に赴き疲れ果てたサラリーマンが羽休めに行き着く場所…
そんなイメージでしょうか。

とはいえ、女性の団体客もいらしていて、仲間うちの集会所的役割も果たしてました。
多分、全面禁煙という点が、女性でも安心して入れる所以なのだろうと思います。

サーバーは15タップ。
ベアードビールを中心に、韮山反射炉ビール、御殿場高原ビールなど、
静岡のビールがメインで繋がれています。
この日はゲストビールをあわせて14種類の用意がありました!

能書きはいい、飲めばわかる。
ということで、飲んでみましょう!

ベアードブルーイング特別醸造・ブロンプトンエール(写真右)


この日のお目当てはビールのヨコタ限定の、
ベアードブルーイング特別醸造・ブロンプトンエール(写真右)。
モルト強めのビールですが、料理との相性も抜群。
ベアードらしさの溢れる、麦芽の旨味を最大限に活かしたビールです。

もう1つのビール(写真左)は、ベアードのウィートキングエール。
一口めに小麦のいい香りがやってきます。
その後のノド越しは大手のビール並みに良く、ゴクゴク飲めるビールです。

料理もいただきます。まずはヨコタのコールスロー。

ヨコタのコールスロー

野菜のシャキシャキ感! ドレッシングのさっぱりビネガー感!ハーブ感!
これが、とっても旨いんです。

マッシュルームロースト。

マッシュルームロースト

まるごと1個のマッシュルームに、バジルやにんにく、オリーブオイルで味付けしたもの。
このキノコの食感がいいんです。アヒージョにしても美味しそう、かな♪

八丁味噌ウィング。

八丁味噌ウィング

最初は八丁味噌の味が訪れます。
噛むごとに甘辛ダレの辛い部分が主張してきます。
2段階で美味しさを味わえるバッファローウィングです。

ビールで煮込んだ、牛すじのトマト煮込み。

ビールで煮込んだ、牛すじのトマト煮込み

トマトが甘く、玉ねぎが甘く、さらに牛すじも甘く…。
IPAに良くあう味だと思いました。

…ということで、締めのビールにIPAを。
オレゴン ブレイクサイドブルワリー ワンダーラストIPA。

ブレイクサイドブルワリー ワンダーラストIPA

苦みの指数・IBUが50ですが、70ぐらいあるんじゃないかと錯覚するくらいに苦みを感じます。
鼻を近づけるとホップの香りが良く、飲むと麦芽を一瞬感じるもすぐに苦味が訪れました。

店主の横田さんと。

店主の横田さん。お店は奥様とお二人で経営されているそうです。
横田さんは大のカープファン。店内にカープグッズがちらほらと見受けられました。
お名刺も、お店のペナントも赤がモチーフ!

ええっと、最初に載せた写真をもう1回使います。

ビールのヨコタ

ビールのヨコタといえば、このかわいらしい酔いどれロゴ。
お店に行ってみて初めて気づいたのは、
この酔いどれは横田さんご本人なのではないか、ということでした。
雰囲気がとっても似ているんです。
でも横田さん、目が回るほど飲んじゃダメ〜ッ!

【オススメのシチュエーション】
出張帰りにカウンターに座って、横田さんと深い話をしてみてはいかがですか。
あるいは、カープへの熱い思いにゆっくり耳を傾けてみては。
多分、1を聞いたら、77ぐらい返ってくると思うんです。

▼ビールのヨコタ
http://beer-yokota.com
https://twitter.com/beeryokota