どうも、はるかです。
麦酒男さんが沖縄転勤中につき、
代わりに東京のビアバーをレポートしております。


第11回目の今回は、
浦和にあります「CRAFT BEER BABY!」に行ってまいりました!


1階はスタンディングとカウンター席(喫煙OK)。
2階は禁煙のテーブル席となっています。
お店にはサーバーが10タップ。
この日は9種類のビールが繋がっていました。


さて、お料理とビールを紹介していきましょう!


1杯目はいわて蔵のレッドエール。
カラメルモルトの味わい豊かで、すこし苦いビールです。


いわて蔵のレッドエール




そうそう、このグラスにも描かれているCRAFT BEER BABY!のキャラクター・ロゴは、
オーナーのお子さんが書いたイラストとのこと。
愛嬌があり親しみがもてますよね。
目がサッカーボールなのが、さすがサッカーの街(浦和レッズ!)、といった印象です。


お料理は、お野菜が食べたかったので、IPAにあうというクレソンサラダをオーダー。


クレソンサラダ


クレソンにマスタード風味のソースがかかっています。
IPAを飲んだ後に食べると、飲まずに食べた時と
口の中でのクレソンの香り方が全然違いました!
葉っぱの味わいがより深く濃く感じられる、というのでしょうか…。
いやはや、不思議です。


このお店のオススメは、
山形県高畠町で飼育された、琢朗さんの国産豚のソーセージ料理です。
その中から2品オーダーしてみました。


1つめはグリル・ド・ぐるぐるソーセージ。


グリル・ド・ぐるぐるソーセージ


お口の中で肉汁が溢れ出すほどのジューシーさ!
とっても柔らかく、豚の甘みが濃縮されていてとっても美味しかったです。


2つめは無菌豚のレバパテ。


無菌豚のレバパテ


バジルとレバーとのバランスが絶妙!
後味がいいのでしばらくお口の中で余韻を楽しめるという逸品です。


ビールもぐんぐん進みます。湘南ビールのW-IPA!
柑橘系のいい香りと風味のある、オーソドックスなIPAでした!


湘南ビールのW-IPA


他にも湘南ビールのギャラクシーIPAや、
アウトサイダーのオーストラリアンIPA、スワンレイクのIPAなど、
この日はIPAばっかり飲んでいました…。
たまたまIPAが多く繋がっている日だったのでしょうか。
9タップのうち4つがIPA!
ここまでIPAを飲み比べできる機会もなかなかないですよね♪


〆は地元の方オススメの、ビール煮のビーフカレー!


下の階からカレーのいい匂いがしてきて、頼まずにはいられませんでした…。
オーダーした時はオーダー殺到につきすでに売り切れと言われたのですが、
無理を言って、最後の最後の濃い部分を提供していただきました。
ありがとうございます!


ビール煮のビーフカレー


いやー、これはウマい!
ビーフがルーにとろけているんです、ほろほろに。
まるでビーフシチューかというほどの濃厚さ。
ビールがグングンすすみます! これのために再訪したい!!
ちなみに、このカレーは今後ランチでも食べることができるそうです。


店長の佐々木さんと


店長の佐々木さんと。
サービスもお人柄もとっても紳士的でした。


“浦和の秘密基地”といった雰囲気のビアバー、CRAFT BEER BABY!。
浦和に行った際には必ず立ち寄りたいお店です!


【オススメのシチュエーション】
というわけで、浦和に行った際には、誰といようが必ずお立ち寄りください!
一軒目、二次会ともに対応の食べ物のラインナップ。
お店の規模からして、一人飲みや4人程度の小規模グループでの飲み会に最適です。


▼CRAFT BEER BABY!
http://craftbeer-baby.com
http://www.facebook.com/pages/Craft-BEER-Baby/351368421617574