カリフォルニアからこんにちは!
タカバシさんは沖縄を満喫していらっしゃいますね。
ブログを見るたびに、一度行きたいなあって夢見ています (^_^)


さて、カリフォルニアからは、先週末に行われたビアフェスの話題です。


これはカリフォルニアのブルワリー、
ファイヤーストーンウォーカーが主催するフェスティバルで、
参加できるブルワリーは、招待されたブルワリーのみ。
チケットも限定発売で、一般客も、当日参加が出来ないんです。
クラフトビールブームのアメリカ。今年のチケットは5時間で売り切れたそう。


ファイヤーストーンウォーカー


真夜中の12時発売開始で、私が購入したのは12時2分。
チケット購入の先着5名にプレゼントと聞いていたので
これはもしや。。?と期待しておりましたが、なんと該当せず。
みんな、どんだけ早いのよ!


。。と、今、ファイヤーストーンのアップした
フェスティバルの写真を見ていたら、こんなファンが!


ファイヤーストーンのファン




大好きすぎて、体に彫っちゃってます。負けました。。
(ちなみに写真は左がデイビット・ウォーカーさん(ライオン)、
右がアダム・ファイヤーストーンさん(熊)です。
真ん中のファンの方、逆側にはちゃんと、ライオンを彫っています。


さて、フェスティバルではブルワーたちによるトークショーも行われました。
最初に登場したのは、もちろんファイヤーストーンのヘッドブルワー、マットさん。


ブルワーたちによるトークショー


彼のトークによると、このフェスティバルに参加したいという
ブルワリーからの電話が多いそうですが、ファイヤーストーンウォーカーからの
招待が無い限り参加できないそうです。


”。。。。。。。。。それ、友達が減らない?大丈夫?” と司会者に聞かれたマットさん。
” I hope so.. 大丈夫。。だと思う” と答えて、観客が大笑い。
確かに醸造者同士で、断るのは難しいですよね。


次に登場したのは、日本から参加のヤッホーブルーイング!(写真がボケてる。。ごめんなさい!)


日本から来たヤッホーブルーイング


“日本から来たヤッホーブルーイング!” という司会の紹介に
イエーーイ!と拍手でひときわ大きく盛り上がった私。
司会に “あっ あそこにファンがいますよ!”と指差される始末。
私も体に彫ろうかしら(←痛みに弱いので無理)


英語でてきぱきと質問に答えるヘッドブルワーのもーりーさん。
特に 好みなんて聞いてないぜソーリーの第2弾
についての説明に関しては、みな興味深そうに聞いていました。


それにしてもこの日は暑かったです。
なんと最高気温は38度まで上がったそう(*)


ビールをサーブした人たちはもちろんのこと、BBQやピザを焼いて
提供していたブースの人たちは倒れそうだったに違いありません。
(大釜でパエリアを焼いていたおじさんは、途中で辞めていた)


Firestone Walker Invitational Beer Festival


ちなみにチケットは一人75ドル。入り口でグラスとお皿とフォーク、
ブルワリー紹介の冊子が渡され、各ブースでビールと食べ物を頂く
という仕組みです。大人気のThree Floydsなどは、長蛇の列。
フェスティバルが開始してから2時間後には、無くなってしまいました。
来年は、きっともっと沢山持ってきてくれるでしょう。


来年はどんなブルワリーが参加になるのか、楽しみです!^_^


▼Beer Study Group
http://www.beerstudygroup.com/