日本のバレンタインデー、会社で義理チョコを配った女性の皆様、大変お疲れさまでした。
これからホワイトデーのお返しを考える男性の皆様、ご苦労さまです。
Beer Study Groupではバレンタイン用のビールに続き、
現在ホワイトデー用のビールを準備しております。
ちょっと特別なビールを待っているので、まだサイトが出来ていないのが申し訳ないのですが、
どうぞホワイトデーのビールもお楽しみに♪ 女性も男性も楽しめるビールを揃える予定です。


ココアブラウニー


写真はココアブラウニー。アメリカでよく作られる、
どっしりとしたチョコレート生地のお菓子です。
これはアメリカ版料理の鉄人のホスト、アルトンブラウンのレシピ。
我が家では毎年これを焼いて、バレンタインデーをお祝いします。
ココアがおうちにある方は、是非つくってみてくださいね。
(Foodnetworkのレシピはこちら




さて、Beer Study Groupのブログでも書かせて頂きましたが、
アメリカでは日本と逆に、男性が女性にプレゼントを送ったり、
ディナーに連れて行ったりする日なんです。
確かにテレビのコマーシャルなんかを見てると、
薔薇の花束やダイヤモンド(!)なんかをプレゼントする男性が
溢れているような印象ですが、アメリカ人だって、
ロマンチックなことが苦手な男性もいます。(イベント好きもいますけど)


私は朝ラジオを聴くことが多いのですが、バレンタインが近いからか、
先日のお題は“夫もしくは彼がしてくれた最もロマンチックなこと”
リスナーが電話して自分の経験を話すのですが、出てくるわ出てくるわ。
“ロマンチックイベントめんどくせ~男” を夫もしくは彼にもつ、女性達の不満。
結局、彼がしてくれた“最もロマンチックなこと”が最低だった人が勝者になると決定。
数々の経験談の中で “スーパーで買った花束をくれた" という
女性に決まりそうなその時。
あるリスナーが言った “夫がしてくれた最もロマンチックなこと”


“He proposed to me – プロポーズしたこと。”


これにはラジオの司会者も大笑い。つまりプロポーズされて結婚してからその後は、
一度もロマンチックなことが無かったというわけです。彼女が勝者に決定。
釣った魚にエサはやらない、とはアメリカでも通用しそうですね。
ところで、タイトルの Beer My Valentine!
これは Be my Valentine -僕のバレンタインになって をもじったものなんです。
僕のバレンタインになって、はバレンタインデーに使われる告白の言葉。
贈り物や薔薇の花束のカードに書いて渡します。
意訳すると、“好きです” “前から気になってました” “デートしませんか”
といった感じでしょうか。この言葉にちなんで、
バレンタインデーにビールのイベントを開く際、ビールをプレゼントする際に、
Beer my Valentine! が使われるようになりました。


インペリアルチョコレートスタウト
(写真は昨年のイベントでのインペリアルチョコレートスタウト)


以上、カリフォルニアからこんにちは。
全10回を生ビールブログとりあえず生!のスペースをお借りし、
ゲストブログとして掲載していただきました。
書かせて頂いたこの数ヶ月、本当に楽しかったなあ~♪ と改めて感じています。
本当はこれで最終回の予定でしたが、まだ続けてもいいですよ、という
タカバシ王子様のお言葉にあまえ、
これからもちょくちょくお邪魔させて頂こうと思います。(^_^)


ビールのこと、アメリカのこと、カリフォルニアのことなど、
皆様に楽しんで頂ける情報をお届けしていきたいと思いますので、
どうぞこれからもこのゲストブログ、
そしてBeer Study Groupをどうぞよろしくお願い致します。


2013年2月14日 よく晴れたバレンタインデーの日に。カリフォルニアにて


▼Beer Study Group
http://www.beerstudygroup.com/