どうも、麦酒男です。

京都&大阪に遊びに行ってきました。空港に着いてからまず向かったのはこちら…

京都醸造の工場

どこに行っても評判のビールを醸造している、京都醸造の工場です。工場でビールが飲めると聞いて来てみたんですが、この日はイベント的にフードトラックも出ていて賑やかでした。

京都醸造の工場内

建物の中は工場と、立ち呑みのスペースがありました。中はクーラーが効いてて快適だった〜! 飲めるビールは6種類です。

タップは6TAP

この日のメニューはこんな感じでした。スタンダードメニューが3種類、限定醸造のビールが3種類。

本日のメニュー

限定のビールはこんな感じでした。今の時期にぴったりのビールがラインナップされています。

限定メニュー

一杯目はグイッといきたかったので、セッションIPAである「夏のきまぐれ」からいただきました。

夏のきまぐれ

ホップの香り、そして苦味がクリアに感じられて美味しいんです。3口くらいで飲んじゃいました。

外に停まってたフードトラックは大阪にあるイタリアンのお店「タベルナ・エスキーナ (Taberna Esquina)」のものだそうで、プレート(1,000円)もかなり豪華&美味しかったです。

Taberna Esquinaのプレート

さて、この日は旅の途中で寄った(酔った?)感じなので、1時間程度の滞在となりましたが、工場には近所の人たちだけではなく、全国各地からいろいろな人が来ていて、とても楽しい時間を過ごすことができました。

日本のクラフトビールのすべて」の著者のマーク・メリさんとも偶然お会いすることができました。お互いに「初めて会った気がしない」と話しをしてましたけども…

日本のクラフトビールのすべての著者・メリさんと

我々と同じように赤ちゃん連れで遊びに来ている人も… こういう雰囲気、クラフトビールっぽくて好きです。

赤ちゃんたち

それぞれがいろいろなところから来て、好きなビールを飲み、笑顔で会話を交わす… そんな空間でした。いや、ここ、ビール工場なのにすごいな。

立ち呑み

ということで、こちらはスタンダードなメニューの一期一会です。まさにこの場所にピッタリのビールです。

一期一会

今までビールを飲む旅は何度かしてきましたが、子どもと一緒なのは今回が初めて… 一緒に飲めるようになるのは20年も先か…

飲めるのはいつかな?

その時まで、まずは健康第一でがんばらねば… と、そんな意味でもセッションエールが美味しかった京都醸造でした。京都駅からタクシーですぐですし、京都に行く時にはもちろん、大阪に向かう途中でも立ち寄りたいビール工場です。オススメ!

[関連リンク]
京都醸造株式会社 試飲スペース(食べログ)
Kyoto Brewing Co.(公式サイト)