どうも、麦酒男です。

ブランド豚で有名なアグーですが、現状、アグーとして流通している豚は「琉球在来豚の血統が100%」ではなく、「琉球在来豚を原種としたブランド豚」なのだそうです。そんな中、琉球在来豚アグーの血統が100%の「金武(きん)アグー」を食べられるお店があるということで行ってきました。

金武アグーしゃぶしゃぶ 金武

それがこちら、「金武アグーしゃぶしゃぶ 金武」です。パンパイナッポーアッポーペンみたいなフレーズです。この日は、飲み物別でひとり4,000円のコースでいただきました。

コースでいただきます。

まずはお通しとしゃぶしゃぶにつける調味料が出てきました。お通しは、じーまみー豆腐とくーぶいりちーです。じーまみー豆腐は落花生を使った豆腐で、甘みが美味しいです。くーぶいりちーは昆布を使った沖縄料理で素朴な味わいが美味しいです。

お通し

そして乾杯! 樽生ビールはオリオンビールでした!

オリオンビール

お鍋が始まるまでに島らっきょうをつまみつつ、ビールを飲みます。

島らっきょう

金武アグーは綺麗で匂いのない美味しい豚肉



そして出てきた、琉球在来豚の血統100%の金武アグーです。左がロース、右がバラ肉です。真ん中でバラのようになっているのもバラ肉です。

金武アグーの豚バラとロース

そして、こちらが島野菜の数々です。雲南百薬、オオタニワタリ、島人参、田芋、ハンダマなどなど、県産の野菜がいろいろあります。

島野菜の数々

このお肉とお野菜をしゃぶしゃぶしていくわけです。こちらのお出汁は鯖節を使ったものだそうです。早速、しゃぶしゃぶしていただきます!

鯖出汁でいただきます!

しゃぶしゃぶしたお肉はポン酢や胡麻ダレではなく、「シークワァーサー胡椒」「玉那覇味噌」「屋我地島の塩」という、こちらも沖縄県産の調味料でいただきます。こちらはシークワーサー胡椒。スッキリしていて肉の旨みを引き立てつつも、ビールにも合う素敵な調味料です。

シークワーサー胡椒で!

海ぶどうと一緒に食べても美味しかったです。海ぶどうの弾ける食感とほどよい塩分が豚肉と合うんですよね〜。この食べ方、沖縄県外ではなかなか食べられないんじゃないでしょうか。

海ぶどうと一緒に!

島野菜から海藻までしゃぶしゃぶ



豚肉が美味しいし、いろいろな食べ方があるのに夢中で、野菜は後半になってしまいました。ということで、一気に投入!

島やさいたくさん!

ちょっとカラフルなのも沖縄っぽくていいですかね。

野菜いろいろ

他には、もずくもしゃぶしゃぶしましたが、これがまた美味しかったです。しっかりと出汁が絡むので、火傷に注意ですが、プルプルした食感と出汁の風味が美味しいです。沖縄以外でもずくといったら「もずく酢」がほとんどだと思いますが、こういう食べ方も楽しんでほしいです。

もずくもうまい!

もうひとつ。海ぶどうのしゃぶしゃぶも美味しいんですよ! こちらも独特の食感と出汁の旨みが合わさって、かなりローカロリーだけど、お酒がすすむおつまみになっています。

海ぶどうもしゃぶしゃぶで!

さて、〆は麺ですが、普通の沖縄そばではありません。じゃが芋を練り込んだ「じゃが麺」という麺です。独特の食感が美味しい宜野座村の特産品だそうです。

最後はじゃが麺

麺は若干、出汁を吸いやすいんでしょうか。とにかくこの出汁を楽しむことができました。麺ももちろん美味しいですが、それよりも出汁かなぁ。

出汁が最高です!

アグーが吹っ飛ぶくらい美味しいデザート



さて、最後にデザートが出てきました。この日はアイスということで、塩パインかマンゴーか選べました。こちらは塩パインのアイスです。

デザート

アイスは「スノーラグーンアイスクリーム」、上にのっているお菓子は「謝花きっぱん店」とふたつのスイーツを合わせたデザートになっているのですが、この相性が抜群で美味しいんです。甘さ控えめながら素材の味がしっかりと味わえるアイスに、砂糖漬けながらほのかな苦味が甘さを引き出す冬瓜漬のコンビネーション、すごいです。このデザートは別格です。別腹はしっかり空けてデザートに臨んでほしいと思います。

ということで、豚肉から島野菜、そしてデザートまで、沖縄県産の美味しいものを存分に楽しめる「アグーしゃぶしゃぶ 金武」のコースでした。観光で沖縄に来た時はもちろんですが、沖縄の人でもなかなか食べる機会の少ない食材もあるので、県内の人にもオススメのお店です!

[関連リンク]
金武(食べログ)
金武アグーしゃぶしゃぶ 金武(ぐるなび)