どうも、麦酒男です。

大阪・天満橋商店街の天満酒蔵で飲んだ後は、BEER BELLY 天満からの
〆のステーキでも食べようじゃないかと「肉」と大きく書かれた駅前のバル、
「gob III(ゴブ トレス)」に行ってきました。

天満 ゴブトレス

店内は細長く面白い造りになっていましたが、これもまた大阪らしいですね。
鱧のアヒージョが始まっていましたが、鱧ってのも関西らしくていいです。

ゴブトレス 店内

お店の外に大きく「肉」と書かれていただけあって、こちらのメニューは
お肉がメインです。今風に云うと、肉バルって感じでしょうか。

ゴブトレス メニュー

三軒目の我々ですが、やはり一杯目はビールなんですね。
こちらもアサヒ スーパードライでした。

まずはビールで

そしてすぐに出てくるおつまみメニュー、オリーブ(280円)です。

オリーブ(280円)

続いては関西らしく鱧のアヒージョ(680円)をいただきました。

鱧のアヒージョ(680円)

バルと云えばアヒージョってくらい、バルにはアヒージョがありますが、
鱧とてっちゃん(ホルモン)があるのが大阪ですね。そういえばアヒージョって
海老とマッシュルームとか、ミックスされてるのってあまり見ない気がします。
ニンニクの香りが強そうですが、意外と食材を合わせづらいメニューなのでしょうか。

さて、続いてはイベリコ豚セクレトステーキ(1,280円)です。

イベリコ豚セクレトステーキ(1,280円)

ちょっとオトクなセレクトステーキかと思ったら、シークレットな部位の
セクレトステーキでした。なんでもイベリコ豚のセクレトは1頭から
600gしか取れない高級希少部位なんだそうです。たしかにジュワっとした
食感に噛み応えがあって美味しかったです。これはビールよりもワインかも…
なんてことも思いましたが、最後の一杯もビールを頼んじゃいました!

ラスト1杯

大阪の酒場放浪はアサヒ スーパードライに始まり、スーパードライに
終わりました。それもまた大阪っぽくていいですね。
古参のお店から新しい肉バルまで、懐の深い天満なのでした!
またこの街で酔いどれたいです。

[関連リンク]
ゴブ トレス(食べログ)