那覇・牧志公設市場すぐの「さかなや厨房 海山味」で沖縄の魚を楽しむ!

カテゴリーおいしいお店 | 沖縄 タグ | |
updated on 2016-06-30 by タカバシ ショウヘイ

どうも、麦酒男です。

東京から来た友だちからのリクエストは「沖縄の魚が食べたい」というもの。
先日は大安丸に、そして今回は牧志公設市場の近くにある
「さかなや厨房 海山味」に行ってきました。海山味でカザミと読みます。

さかなや厨房 海山味

お店の看板はでっかく出ているので、かなり目立ります。
店内はカウンターの他にテーブル席もあり、この場所にしては
かなり広いお店だと思いました。奥には階段があったので、
もしかしたら二階席もあるのかもしれません。

さかなや厨房 海山味 店内

ビールはオリオン系で、ドラフト、サザンスターがありました。
みんな思い思いのビールで乾杯です。アーリカンパーイ!

オリオンビールで乾杯!

お通しはホタテの貝柱のフライでした。タルタルがうれしいです。

お通しはホタテ

まずはサラダから、ということで海鮮さらだ(850円)をいただきます。
ツマ的な大根が入っていますが、これが意外とドレッシングと馴染んで
美味しいんですよね。ツマを海鮮サラダに使うの、いいですね。

海鮮さらだ(850円)

開けてびっくりお刺身玉手箱(1,800円)というメニューを頼んでみました。
こんな感じでモクモクしたセイロが出てきました。開けてみます。

玉手箱?

はい、お刺身の盛り合わせです!! モクモクしてたのは
ドライアイスだったんですね~。2人前ということでしたが、
3キレずつお刺身が入っていました。

お刺身玉手箱(1,800円)

続いてはお肉に寄り道、ラフテーです。柔らかく煮込まれた
三枚肉がビールに合います。肉の気分の時にオススメです。

ラフテー

油ものもいいよね、ということで、もずくの天ぷら(500円)。

もずくの天ぷら(500円)

そして、近海魚の天ぷら(600円)もいただきました。

近海魚の天ぷら(600円)

もずくは塩で、さかなはウスターソースでいただくのが沖縄スタイル!
どちらもシンプルですが、ビールとの相性は間違いありません。

続いて、ゲストから「酢味噌和えが食べたい」というリクエストが。
メニューには無かったのですが、お店の方に相談してみると…

作っていただけました!

酢味噌和え

刺身と酢味噌の相性に、わかめがうまく絡んで美味しいんですよね~。
これはビールよりも泡盛が合いますね~。夏の疲れに酢が美味しい!

さらに夜光貝のバター炒め(780円)もいただきます。

夜光貝のバター炒め(780円)

しっかりと歯ごたえのある夜光貝、コリコリとした食感がクセになります。
バターの風味もお酒がすすみます。夜光貝って高いイメージなんですが、
780円だったらいいじゃないか、と思いますので、観光で来た時には
ぜひチャレンジしてほしいと思います。(ただお刺身は2,000円くらいしました…)

ソーメンチャンプルー(600円)

〆はソーメンチャンプルー(600円)。これでお腹いっぱいです。

ということで、牧志公設市場の近くにあるカザミで新鮮な魚介を楽しみました。
牧志公設市場付近は、だいたいアーケードだったり屋根があるので、
急な雨の時にも濡れずに移動できる、という利点もあります。

近くには大衆酒場や立ち飲みも多いですし、まずはこちらで腹ごしらえをして、
二軒目、三軒目に移動して行くのもいいんじゃないかと思います。

[関連リンク]
海山味 市場場外店(食べログ)

今日の一枚

市場通りでお姫様抱っこ

東京からのゲストを市場通りでお姫様抱っこ!

 
PAGE TOP
Translate »