どうも、麦酒男です。

SPRING VALLEY BREWERY(スプリングバレーブルワリー)の
代官山店に行ってきました。スプリングバレーはキリンビールが
クラフトビールブランドとして立ち上げたプロジェクトで、
大手メーカーがクラフトビールに参入と話題になりましたよね。

SPRING VALLEY BREWERY TOKYO

お店に入ると、まずは左側の醸造設備が目立ちます。

醸造タンク

良く見れば、モックアップなどではなく、本当に醸造している感じ…
光が当たってるけど大丈夫なんでしょうか… 日光じゃなければいいのかな?

発酵中?

さて、そのタンクをぐるっと回るようにして席が広がっています。

店内

カウンターもテーブルもかなりたくさんありました。
ちなみに2階もありまして、同じように醸造タンクやテーブル席がありました。

スプリングバレーブルワリー店内

カウンターの前にはタップハンドル。シンプルなものですが、たくさんありました。

タップハンドル

さて、それでは、テーブルに座って、ビールからいただきます。
まず定番のビールを6種類、テイスターセット(1,000円)でいただきました。

テイスターセット(1,000円)

解説を見つつ、ちょっとずつ飲んでみました。
こういう印刷物もちゃんと作れるのは大手っぽいですよね。

スタンダードビールの説明

今までに多くのクラフトビールを飲んできた僕としては、
今までに飲んだことのないくらいユニークなものは無かったですが、
気に入ったのはピルスナーのコープランドでした。

ビールを飲みつつ、おつまみもいただいていきます。
まずはビアバーの定番メニュー、フィッシュ&チップス(1,400円)です。

フィッシュ&チップス(1,400円)

白身魚は衣がしっかりしていましたが、中の魚も肉厚で美味しかったです。
ただ、写真だとわかりにくいんですが、ポテトがめっちゃ細くて…
アラフォーにはちょっとしんどいフライドポテトでした。

続いては、ピザ。スモークマルゲリータ(1,500円)です。

スモークマルゲリータ(1,500円)

マルゲリータ自体、間違いのないメニューですよね。
とろけるスモークチーズがなかなかのボリュームで満足できました。
ホットソース的なものは出てこなかったんですが、云えばもらえたのかな?

そして、メインにオーダーしたのはこちらのイチボです。
200g で 2,600円と安くはありませんが、なかなかの迫力です。

イチボ(200g/2,600円)

カットしてみると、ドリップも少なく、いい焼き加減です。

いい焼き加減!

バジルのソースもついてきましたが、シンプルにレモンと塩で
いただくのが美味しかったです。
柚子と山椒を使ったビール Daydream との相性もなかなかでした!

シンプルに食べるのが美味しい!

6種類の定番ビールの他に、限定ビールもあるということで、
IPA#1 をいただきました。100ml で 300円って結構なお値段ですよね…
ブルーパブ的な値段ではなく、代官山的なお値段でしょうか。

限定IPAの解説

味もわからないので、テイスターでいただきました。
ホップの香り、そして苦味、最後にちょっと残る甘み、なるほど、IPAですね。

限定 IPA #1

ということで、「あれ? ちょっと高い?」と思いつつオーダーしていたんですが、
直営店だと油断して、ビールをたくさん飲んでしまうと、
かなりの金額になってしまうかもしれないので注意が必要です。

オシャレな代官山にビールのテーマパーク的にできたお店なので、
代官山価格×テーマパーク価格と考えれば、安いくらいかもしれませんけども…

オシャレな帰り道

まずはスプリングバレーブルワリーのお試しということで、
テイスターセットを味わう、というのがとりあえずの楽しみ方なのかもしれません。

[関連リンク]
スプリングバレーブルワリー(食べログ)
SPRING VALLEY BREWERY TOKYO(公式サイト)