どうも、麦酒男です。

沖縄は浦添にある「串本陣」という焼鳥屋さんに行ってきました。
なんでも、レバーとササミが絶品ということでお誘いいただきまして…

浦添 串本陣

中山美穂の一番搾り!



まずはビールです。キリン一番搾りをジョッキでいただきます!

一番搾り ジョッキ

お店のトイレには、一番搾りのポスターがあったんですが、
イメージキャラクターが中山美穂で懐かしさを感じると同時に
やっぱり中山美穂って美人だったんだなぁ、と思ったり…

お通しのキャベツ

おっと、話がそれました。お通しはキャベツです。
焼鳥屋のお通しはキャベツか枝豆だとうれしいですよね~。
ちなみにこのキャベツ、100円でお替わりができます。

ウォーミングアップで冷製から



串焼きの前にいただいたのがささみの酢の物(380円)です。
ニンニク、ショウガ、大葉と混ぜて、いくつかまとめていただきます。

ささみの酢の物(380円)

さっぱりしつつも、スタミナ系の一品ですね。
ビールとの相性も良く、美味しかったです。

続いては赤鶏のタタキ(540円)です。

赤鶏のタタキ(540円)

こちらは地鶏的な歯ごたえ、食感を楽しめます。
これからの串焼きに備えて、あごのウォーミングアップです。

超絶デカいレバー串



いよいよ串焼きの登場です。まずは話題のレバー(1本170円)から!

レバー(1本170円)

これ、大きさが伝わるでしょうか。僕がこれまでに食べた
レバーの串焼きの中でトップクラスの大きさです。
そして焼き加減も抜群で美味しいんですね。
大きいからこそよく焼くんだと思いますが、
それでもジューシーで美味しいんですよね~。
トロリととろけるようなレバーがもてはやされがちですが、
デカいレバーをゆっくり焼いたのも美味しいですね!

が、しかし! 誘ってくれた友だちに言わせると
食べてほしかったのは、タレではなく塩だった…
ということで塩でもいただきました。

レバー(塩)

もちろんこちらも大きくて、焼きもバッチリ、美味しかったです。
肉の焼き方って本当に奥が深いんだろうなぁ、と
その片鱗を見た、味わった気がします。

バラつきの無い綺麗なササミ串



さて、続いてはもうひとつのオススメ、ささみ(1本160円)です。

ささみ(1本160円)

ささみはカットされたものが串に刺さっているタイプですが、
大きさにバラつきがないのが印象的です。
バラつきがないのは、焼き加減も一緒ですね。

均一なササミ

こちらは少しレアでとろみがある感じなんですが、
普段はもっとレアな焼き加減らしく…
これはまた次回いただいてみようと思います。

他には豚巻でしいたけとプチトマトをいただきました。
塩加減バッチリな安定の美味しさという感じです。

しいたけ豚巻(170円)

プチトマト巻(170円)

ちょっと珍しいメニューを二品



沖縄の焼鳥屋さんではあまり見かけないメニューもいただきました。
まずは手羽中香り揚(490円)です。見た目は名古屋の手羽先みたいな
感じでしょうか。胡椒がガッツリかかっています。

手羽中香り揚(490円)

いただいてみると、甘辛のタレ+胡椒という感じで
つまみにもいいですが、おかずにも良さそうな味わいでした。

続いては、牛タンシチュー(480円)です。

牛タンシチュー(480円)

入っているタンのサイズはそこまで大きくありませんでしたが、
それも踏まえて、ひとりひとつ頼んでも、いいかもしれません。
奇をてらわない安定の美味しさでした。
コッテリしたものが食べたい時にオススメです。

浦添 串本陣 店内

ということで、ごちそうさまでしたっ!

大きなレバーはタレも塩もオススメ



今回食べられなかったせせりやハツ、砂肝えんがわなんかも
次回は食べてみたいと思いますが、やはりここに来たら
レバーは外せませんね。タレも塩も甲乙つけがたかったので、
お好きな方はぜひ両方食べてほしいです。

[関連リンク]
浦添市の焼き鳥・串焼きなら【やきとり 串本陣】(公式サイト)
串本陣(食べログ)