どうも、麦酒男です。

台湾のビアバー巡り、最後のお店はボトルショップ「家途中啤酒屋」です。
なんとなく、漢字だけでお店のコンセプトがわかりそうですよね。
こんな街中の一角にお店はあります。夜はもう少し目立つかな?

way home beer house

入口の前に立つと、ガラス戸なのでお店の奥まで見渡せます。
そして右手には大きな冷蔵庫が見えました。

家途中啤酒屋

早速、中に入ってみましょう。

なかなか広い店内にはたくさんのビールが!



お店の外からも見えた冷蔵庫には、たくさんのビールが冷えています。

冷蔵庫

入口を入って左側には、テーブル席があります。
テーブルにはかわいい栓抜きもありました。

テーブル席

そして、奥にはビールの棚が続きます。

ビールの棚

ビールの棚には、こんなビールもありました。
200 NTD なので、日本円にすると、だいたい800円くらいか~。

キャプテンクロウ

ず~っと奥まで進むとさらにビールの棚があるのかと思いきや、
ソファのある部屋になっていました。VIPルーム的な?

VIPルーム?

カウンターでビールを楽しむ



僕は棚の向かいにあるカウンターでビールをいただきました。
冷蔵庫からビールを取りだしたら、スタッフに注いでもらいます。

注いでもらいます

自転車のラベルがかわいいペールエールをいただきました。
ホップの特徴はそんなに無い、イングリッシュペールエールという感じでした。

家途中啤酒屋

フードメニューは壁の黒板に書かれています。

フードメニュー

Spicy fish chips を見て、魚のフライが出てくるのかな~、なんて思い、
頼んでみたんですが、スパイシーな味付けのスナックでした。

スナック

そんなわけでもう一品、滷味(ルーウェイ)の盛り合わせ(200 NTD)を
オーダーしてみると、こちらはいろいろなおつまみが入っていました。

ルーウェイ盛り合わせ

中でも美味しかったのがこちらのお肉です。ネギと和えてあるんですが、
食感も味付け的にも、ビールとの相性がよかったです。

お肉がうまい

続いてはデザート代わりにフルーツビール的なものを…

フルーツビール

オレンジのビールをいただきましたが、オレンジの渋みや苦味というよりも
甘味が前面に出たビールで… これは甘すぎました。ジュースみたいでした。

フルーツビール

まあ、デザート代わりだからありっちゃありかな?

やっぱりビールはコミュニケーションツールだ!



そんなわけで家に帰る前に寄りたいボトルショップですが、
土曜日の午後ということもあってか、いろいろなお客さんが来ていました。

カウンターで静かにビールを楽しむ女性や…

ビールを楽しむ女子

これからのパーティーに向けてビールを仕入れにきた人たち…

ビールを選ぶ人たち

何かの打ち上げなのか、ここからスタートなのか、
ビールを楽しむ若いグループもいました。

飲みニュケーション

いずれにしても飲みニュケーションを楽しんでいて楽しそうでしたよ。
ビアバーもそうですが、ビールに関わるいろいろな業態のお店があって
台湾も盛り上がってきているなぁ、と思いました。
次に台湾に行く時は、どんな風に進化しているのか… 楽しみです!
台湾の皆さま、ありがとうございました!!

[関連リンク]
家途中啤酒屋(公式サイト)
家途中啤酒屋 Way Home Beer House(Facebookページ)