どうも、麦酒男です。

隠れ家ダイニング、なんて感じのお店が時々ありますが、
今回はこんなところで飲んできました。
再開発を逃れた建物、というか、これはもう小屋ですよね。
果たして、この中に何かがあるのでしょうか?

こんなところに?

こちらが入口です。ベル、押さないと入れません。ハードル高いです。

ココロマンス 入口

意外と広い店内と気の利いた空間に驚く



ベルを鳴らすと、お店の人がドアを開けてくれます。
そして、中に入れば、急にオシャレな空間となっています。
店内は意外と広くて、2名、4名、6名、8名くらいのテーブル席がありました。

ココロマンス 店内

天井を見上げれば屋根の瓦が見えるので、
紛れもなく先ほどの小屋なんですけども。

瓦屋根

窓は外から目隠しがされており、内側にはメニューが書かれていました。
外観からはまったく想像もできない、ビストロメニューでした。

窓にもメニュー

ビールは各社ラインナップ



まずはビールをいただきます。ビールはプレモルの樽生、そして
オリオンビール、スーパードライ、一番搾り、ギネスのボトルもありました。
僕は樽生のプレミアムモルツからいただきました。

プレミアムモルツ(500円)

お通しはスモークサーモンを使ったペースト、という感じのものでした。
当たり前なんですが、これがかなりスモークサーモンの味でビックリ。

お通し(スモークサーモン)

もっと食べたい、ということで厚切りスモークサーモン(750円)もいただきます。

厚切りスモークサーモン(750円)

程よく脂がのったサーモンに薫製の薫り、ビールとも合って美味しいです。
続いて、キリンの一番搾りをいただきました。なぜかシャンパングラスで出てきましたよ。

一番搾りはシャンパングラスで

もうひとつ、疑問に思ったのがお箸の長さ! 普通のお箸の倍くらいはありそう。

長いお箸

テーブルが大きいから、みんなが届くようにこの長さなんでしょうか…
そういえば昔、天国のお箸は、自分で食べるためではなく、
人の口に運ぶものなので長いと絵本で読んだことがあるような…

味はもちろん、盛り付けも綺麗でデートにも良さそう



さて、ビストロ的なお料理をどんどんいただいていきます。
こちらは新鮮なお魚のカルパッチョ3点盛り(1,200円)です。

カルパッチョ3点盛り(1,200円)

この日は、イシダイ、金目鯛、そしてホッケでした。
九州で獲れた魚だそうですが、どれもプリッとしてて美味しかったです。

こちらはチーズフォンデュです。野菜とバゲットがセットで1,300円です。

チーズフォンデュ 野菜とバゲット(1,300円)

このあたりからワインもいいなぁ、ってことでワインをいただきました。
店内にはワインセラーもあって、いろいろなワインを置いていました。

ワインをオーダー

赤ワインと合わせるのは、子羊のミニョネット仕立て(1,800円)です。
メニューにはミニュエットと書いてあったんですが、一般的にはミニョネット?
フランス語で胡椒のことだそうです。

子羊のミニョネット仕立て(1,800円)

ソースはトリュフを使ったものだそうで、高価なラムチョップという
感じでしょうか。柔らかくて美味しかったです。

最後はピザ、マルゲリータ(580円)をいただきました。リーズナブル!

マルゲリータ(580円)

おひとり様でも楽しめそうなカウンター席



この日は4人で伺ったのでテーブル席だったんですが、
その席から奥をみると何やらカウンターらしく席が見えました。

テーブル席の奥には…

奥をのぞかせてもらうと、やはりカウンター席がありました。
キッチンが目の前なので、ひとりで来ても、シェフの動きを眺めつつ、
美味しい料理とお酒を楽しめそうです。

カウンター席

ちなみにテーブル席はカーテンで仕切られていて、
半個室のような雰囲気だったので、デートの時は相手や雰囲気に合わせて
席を選ぶといいかもしれませんね。初めてのデートなら横並び、かな?

もちろん美味しい自家製デザートで〆



この日のデザートは3種類あり、オペラ、チーズケーキ、バニラアイスでした。
どれも300円とのこと。食後のコーヒーと一緒にいただきました。

自家製デザート オペラ

チーズケーキとコーヒー

お店の外観を見た時は驚きましたが、まさかこんな素敵なお店だったなんて…
スタッフの方の対応も素敵でしたし、また落ち着いた空間で美味しいものを
食べたくなった時には伺ってみようと思います。
外観や瓦は沖縄的なので、そういう意味では観光で来た方を連れてきてもいいのかも?

[関連リンク]
ココロマンス(食べログ)
Coco Romance 隠れ家風ビストロ ココロマンス(Facebookページ)